Hatena::ブログ(Diary)

世界を感じる感性をひらく〜感覚開き・心開き・自分開き人“くり”の自分と世界を感じる日々〜自分と相手と世界と仲良く調和した世界を目指して RSSフィード Twitter

2013-10-28

世界を感じるための方法:目の前の人が何をしてきたのか/これから何をするのか想像してみよう

その人の今の状態や行動を観察してみよう

そこには、癖やパターンが潜んでいる


その人は、こういうことをしていると、次にこういう行動に出やすい

それをした後にこれをやりやすい

といったパターンを集めていこう


すごくわかりやすい例としては、

息を乱して到着したら、寝坊したか電車逃したかで急いで向かってきたとか

横を観ていた人が目を見開いてこちらを観てくると、話しかけてくるとか

柔軟体操をしていると、その後運動しに出かけるとか

電車で本を読んでいた人が本を閉じて鞄に仕舞うと、次の駅で降りるとか


その癖やパターンを掴むと

人が何をしてきたのか/これから何をするのか推理をすることができる


ある行動と行動の前後のつながりや、ある行動とものごとの関係がわからなければ推理できない


推理をしようとすると自然と観察力が高まっていきますよ





これまでの世界を感じる方法リストはこちら

他の方法も知りたい方はどうぞ。

投稿したコメントは管理者が承認するまで公開されません。

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/culi/20131028/1382945146