Hatena::ブログ(Diary)

世界を感じる感性をひらく〜感覚開き・心開き・自分開き人“くり”の自分と世界を感じる日々〜自分と相手と世界と仲良く調和した世界を目指して RSSフィード

2014-05-05

問題が起きてからどう対応するかにかかっている〜争いやイライラをなくしていくには?

昨日は夜まで池袋だったのと朝一で群馬片品村に行く予定だったので、池袋のホテルに泊まっていました。今朝、レストランで朝食を食べていると、「けちばっかりつけやがって、出入り禁止にするぞ!腕の番号見せろ!」と怒鳴り、フロントに電話して「***番のお客さん出入り禁止にして!」と伝えるレストランの主人っぽいおじいちゃん。それに対してそのお客さんは「お前なんてクビにしてやる!」と言い返す。2人とも相当イライラしている。聞いているこちらも朝から気分が悪い。

「なんでこうなってしまったんだろう?」問題の発端はわからないけれど、問題が起きてからの2人の言い方や聞き方は、自体を余計に悪化させているのは間違えなかった。「なんて偉そうなやつだ!」というおじいちゃんも第三者から観れば偉そうだった。それに気分を悪くしたお客さんもまたおじいちゃんに攻撃的な態度を取る。

「どう伝えれば、相手が気持ちよく、こちらの話を聞いてくれるだろうか?」「どう聞いたら、相手が攻撃的ではなくておだやかに対話してくれるだろうか?」そんなふうに考えて、こういう争いをおさめて、みんなが心地よく過ごせるように導いていきたい。

とりあえず、僕にできることは何か?このおじいちゃんが自分の仕事に喜びを感じて満たされるように、最高の笑顔で気持ちをこめて「ごちそうさま!ありがとう!」と伝えてその場を去った。不満やイライラがあると、つい誰かに当たってしまうからね。

聞くが効く!

人間関係ストレスサヨウナラ

ミスもお叱りもサヨウナラ

コミュニケーション力がつくと人間関係が良くなり気持ちも良くなる!

会話における解釈のずれを少なくすれば、ミスがなくなり、仕事も早くなる!

ミスが少なくなれば、怒ったり怒られたりするストレスもなくなる!

ココロとコミュニケーション力をピカピカに磨いて、自分と周りと気持ちよく付き合っていく方法、知りたくありませんか?

人間関係がグンと良くなる、コミュニケーション講座in岡山

詳細はこちらをご覧ください♪

東京では、原宿で6/15, 8/24, 9/21, 10/19がつい先日決まりました!

興味のある方はこちらからお問い合わせください。詳細決まり次第先行してご案内させていただきますね。

2014-05-03

人間関係でなにかお困りではないですか?人間関係がグンと良くなる、コミュニケーション講座

「上司にいつも怒られて、いつもビクビクしながら仕事している。」

「よく夫婦で喧嘩してしまいます。どうしたら仲良くできるんだろう。」

「職場に苦手な人がいてどう付き合っていいかわかりません。」

友達ができません。なかなか仲が深まりません。」

「彼氏(彼女)とうまくいっていません。別れ話の真っ最中です。」など、



自分と相手と世界と仲良くする生き方を探究してきた”くり”が究極の聞き方を伝授します!

実際の会話ややりとりをもとに実践していくので、人間関係が良くなることをお約束します!



聞き方を磨いたら、一生涯、周りとの関係が良くなり続けます。

聞き方を磨き続ける秘訣知りたくありませんか?



詳細はこちらをご覧ください♪5/6まで総額16万円の先行予約特典をプレゼントさせていただいています!!お見逃しなく!!

次はどこに旅しよう?岡山へ旅しよう!自分の中へ旅しよう! 自由に自分の人生を歩み出そうとしている方のためのコーチングワークショップ

次はどこに旅しよう?岡山へ旅しよう!自分の中へ旅しよう!

帰ったらずっとやりたかったことを始めよう!!



自分がこれからどう生きていくか、気になっていませんか?

これからの人生を本気で考えてみませんか?



どんな人でもやりたいことが見つかる。

どんな夢も実現する。

どんな目標も達成できる。

どんな問題も解決できる。

どんな人間関係もよくなる。

どんな人でも幸せになれる。



あなたの夢実現・目標達成・問題解決を全力でサポートします!



自由に自分の人生を歩み出そうとしている方のためのコーチングワークショップ


5/6まで総額16万円の先行予約特典をプレゼントさせていただいています!! お見逃しなく!!


詳細はこちらをご覧ください♪

2014-03-14

【満員御礼!】家族、恋人、仲間、同僚、お客さん、周りの人ともっと分かり合って仲良くしたい人のための対話・傾聴トレーニング講座最終ご案内

「家族、恋人、仲間、同僚、お客さん、周りの人ともっと分かり合って仲良くしたい人のための対話・傾聴トレーニング講座」いよいよ明後日の開催となりました!今からワクワクしています!!


僕はこのトレーニングを受けたことで、自分の聞き方で相手の話し方がどう変化するか、相手の聞き方で自分が話していることがどう変化するか、その対話の最中に気づいて、修正していけるようになりました!それで、こちらが誘導してしまうのではなくて、相手が話したいことを話したい様に話してもらうことができるようになりました!


僕の講座に参加してくれた方も、最初は対話の最中に話し手と聞き手が捉えているものがずれていることを全く気づいていなかったのが、一度目の振り返りで徹底的に観察して感じ取ったことで、二回目の参加では「話のずれ」を観ることができるようになっていました。「ずれ」を観れたら、すぐに軌道修正して、お互いの話したいことを分かり合えるようになっていきます。


また、学校の教員をしている参加者の方は僕のトレーニングを受けた後、生徒や保護者の話をありのままに聞けるようになり、話の後に感謝してもらったり、元気になってくれたりということが増えたそうです。


僕は友人の自死をきっかけに、相手の話を聴き、相手が感じていることを感じることを本気で探究してきました。相手の言葉や気持ちを逃さない/流さない、話の聞き方と感覚を磨いてきました。明後日は、僕が探究してきた、相手を感じる感覚磨きのコツを出来る限りお伝えして、みなさんの感覚が高まる、お役に立てたらと想っています!


対話事例を徹底的に観察するというスタイルなので、参加される方の対話事例の数だけ学びや気付きがあります。そういう意味では、今回参加される方の事例から見えてくるものは今回しか出会えない気付きや学びになると想うので、今から楽しみです。


おかげさまで、満員御礼となりました!

話を聞く力と相手を感じる感覚を高めて、周りの人と分かり合って、人間関係を良くすることができれば、仕事もプライベートも良くなって人生楽しくなっていくと信じているので、1人でも多くの人にこの講座を受けてもらえたら嬉しいと想っています!スペースにゆとりを持たせた定員でしたので、あと1-2席は増やすことができます!

関東では約2年ぶりの開催で、今後の開催は未定です。

もし参加したいという方がいましたら、ぜひご連絡ください!

また、今回は日程の都合が合わないけれど、興味があるという方もご連絡いただけると嬉しいです。次回以降の企画につなげていけたらと思っています。


感謝★


詳細とお申し込みはこちらからお願いします。

2014-03-12

周りの人ともっと分かり合って人間関係を良くする方法:決めつけや押しつけをしないように自分を主語にしたIメッセージで伝えよう

表面に現れる言葉や欲求に囚われると、相手が見えなくなります。

相手が求めていること、言っていることに囚われずに、言葉や声にならない思いや気持ちを感じていきます。



「無視するな!」

このように要求されると言われた側も、「うっ」ってなって、自己防衛のために反論したくなったりします。



この時、聞き手としては、

「なんで無視するなと言っているんだろう?」

「その奥にある感情や欲求はなんだろう?」

「この人が本当に伝えたいことはなんだろう?」

と感じていきます。



すると、

「僕にとって大切な存在である君に大切にされていないと感じていてさみしい(感情)」

「僕は君ともっとちゃんと認められたい、大切にされたい(欲求)」

といったことが出てきたりします。



話し手としても、感情的になると、根っこにある感情や欲求に気づかずに、ただ表面的な問題を満たすために要求してしまっていたりします。

このように表面的な要求だけしか言葉にできていないことは多いです。



表面的な要求や言葉で、

「この人はそうしたいのか。そう思っているのか。」と

決めつけることで、それ以外の思いや気持ちが見えなくなってしまうからです。



本人すら、自分の感情や欲求に気づいていないことも多くあります。

ちゃんと感情や欲求に関係する大事なところを聞いていくことで、話し手がさらに奥の気持ちを感じて語り出します。



奥にある感情や欲求を捉えられるまで、出て来た言葉や要求に反応せずに、じっと聞き続けます。



「なんでこの人はそう考えているのか、感じているのか。」

出て来た言葉や目の前の相手の姿だけでなく、その言葉の背景を感じていきます。

心の奥底の思いや気持ちに集中していきます。



感情が出てきたら、その感情を生んでいる理由にも意識を向けながら聞いていきます。



これまで自分の奥底にある感情や欲求と向き合ってこなかった人はなかなか感情や欲求を言葉にすることができない人がいます。それは時にはしんどい作業だったり、恐かったりするので、表面的な話題に逃げようとしたり、本当の望みとは違うことを言ったりします。

こんな時に、聞き手が表面的な言葉や話題に流されたりしていると話し手も安心して話せなくなります。聞いている自分の心がゆれるということは、話を聞くことよりも、自分の考えや感情のうごきが先にたっているということです。こんな時こそ、聞き手はどっしりと心を動じずに聞き続ける姿勢が大切です。





3/16 にロータス治療院(原宿)で、「家族、恋人、仲間、同僚、お客さん、周りの人ともっと分かり合って仲良くしたい人のための対話・傾聴トレーニング講座」やります! 自分とは違う感覚や価値観や経験を持つ他人と分かり合うための聞き方のコツ知りたい方はこちらもご覧下さい♪

周りの人ともっと分かり合って人間関係を良くする方法:決めつけや押しつけをしないように自分を主語にしたIメッセージで伝えよう

自分の考えや気持ちを伝える時に注意したいこと

一般化すると常識の押しつけのように受け手が感じることがあります。

相手を主語にすると決めつけになってしまいます。



例:「あのときああしたのが常識的におかしい」

  「あなたは間違っている」



こうすると、受け手を否定したような感じになります。全否定している感じになります。

受け手は否定されたと感じて、黙り込むか、反論してくるでしょう。



ここで「おかしい」か「間違っている」かどうかは、あなたの主観、あなたのものさしで裁いているだけでしかないのです。



それぞれがそう考えたり、そう行動したりした理由や背景があります。

それを観ずに、聞かずに、自分のものさしだけで否定してしまうと、相手と近づいていくことにはなりません。相手の意見を受け入れなくてもいいですが、まずは聞き合い、わかろうとする時間があれば、より調和的にコミュニケーションができると僕は考えます。



なので、こちらが話し手に何か言葉を伝える時も、まずは、相手が何を問題としているのか、どうしてそういう言動や行動をしているのか、ちゃんとわかって、どんな言葉を伝えたらいいかがわかるまで、話し手の思いを丁寧に、着実に受け止めていきます。



その上でどう伝えたらいいか?



「私はこう思う」 自分を主語にしたIメッセージで伝えます。

相手がどうかは他者には決められませんが、私が思ったこと、感じたことは、否定できない事実だからです。



「私はあなたのあの時の行動はおかしいと思う。」

これだけでも少し、受け手が感じる否定感はやわらいできます。全否定ではなくなります。



ではどうしたらiメッセージで伝えられるようになるか?

自分で自分の声=メッセージを聞くことが大切です。

本当に自分の思いや気持ちがわからないせいで、「愛しているならこうすべきだ」とか、「親に対してそんなことはするものではない」とか、「それはしてはいけない決まりになっている」とか、そういった主語不在の言い方で無理矢理相手や自分を縛ろうとして、暴力的コミュニケーションが生まれたりしています。




自分の考えや気持ちを自分で聞いてあげること、

自分の考えや気持ちを伝える時に、Iメッセージを伝えること、意識してみてくださいね。




3/16 にロータス治療院(原宿)で、「家族、恋人、仲間、同僚、お客さん、周りの人ともっと分かり合って仲良くしたい人のための対話・傾聴トレーニング講座」やります! 自分とは違う感覚や価値観や経験を持つ他人と分かり合うための聞き方のコツ知りたい方はこちらもご覧下さい♪

周りの人ともっと分かり合って人間関係を良くする方法:事実と解釈と感情を分けてとらえよう+相手のものさしをとらえよう

解釈と感情はその人次第



自分の価値観と感情が出て来ると、無意識的にも、自分の考えや気持ちを話したくなります。話を聞きながら、「自分のものさし」(自分がものごとの判断をしている価値観や考え方)をもちだしてしまいます。すると、相手がどう考えているか、感じてるかが見えなくなったり、わからなくなったりします。



自分が話そうとすることを、全く異なるものさしで捉えられると話し手は自分の言いたいことが伝わらないと思い、話を進めていく気持ちがなくなってしまいます。



事実は何か?そう問いかけることで、自分のものさしや価値観や感情から離れて客観的に事実を観ることができるようになります。



さらに、話し手のものさしがどのようにできているのかを、徹底的に知ろうとすることが大切です。



ではどうしたら、話し手のものさしを捉えることができるのでしょうか?



まず、受け答えをするときには、話し手が話した言葉をそのまま使って応じます。聞き手が自分の解釈で言葉の表現を変えてしまうと、話し手のものさしからはずれることがあるからです。



話し手の言葉は、話し手のものさしを知る大切な手がかりですから、そのまま尊重することが大切です。



こうして話を聞いていくうちに、話し手のものさしがだんだんと見えてきます。聞き手は、そのものさしを使って、話し手の思いを受け止めていくことができるようになります。すると、どんな話を聞いても、「こういうものさしをもっているから、こう考えるんだな、感じるんだな」と了解しやすくなります。話し手が考えたり感じたりする理由となるものさしまで認めることで、話し手の解釈や感情を認めやすくなります。



自分の解釈や感情を離れて事実を捉えること


その事実に対する相手の解釈や感情とこれらを生み出したものさしを捉えること


意識してみてくださいね。



具体的には

「事実は何か?」「それは自分の解釈や感情ではないか?」「相手はどう解釈したり感じたりしているか?」「相手がそう考えたり感じたりするのはどうしてか?」「相手はどんなものさしで捉えているのか?」と問いかける事などから始めてみてください。



3/16 にロータス治療院(原宿)で、「家族、恋人、仲間、同僚、お客さん、周りの人ともっと分かり合って仲良くしたい人のための対話・傾聴トレーニング講座」やります! 自分とは違う感覚や価値観や経験を持つ他人と分かり合うための聞き方のコツ知りたい方はこちらもご覧下さい♪

2014-03-09

コミュニケーションを改善することで人間関係のストレスを解消しよう!対話・傾聴トレーニング講座

人間関係ストレスを抱えている方へ

コミュニケーションで疲れてしまう方へ


これまでの人生の出来事と幸福度の上下をグラフにしてみたことがなんどもあります。どんな出来事が幸福度に影響しているかというと、一番大きいのは「人間関係」でした。例えば、家族との不仲とか失恋とか離婚とか大切な人との仲違いでガタンと落ちていました。逆に、大好きな人との出逢いや結婚などで上にあがっていました。


家でも仕事でも人間関係がよければ、同じものごとでも気持ちよくできます。逆に大好きなものごとでも一緒にいる人とうまくいかずに気分が優れなければ、辛くなったりします。


この「人間関係」が日々心地よくすごすことや、人生を幸せにすることに大きく影響しているということですね。


人間関係を少しでも良くするコミュニケーションができるようにすることで、1人でも多くの人が幸せになったら嬉しい」という思いで、家族、恋人、仲間、同僚、お客さん、周りの人ともっと分かり合って仲良くしたい人のための対話・傾聴トレーニング講座やります!


興味のある方はこちらをご覧ください。