Hatena::ブログ(Diary)

カレーになりました

2011-11-19

『世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド』 村上春樹


これ、書くの忘れてました。


「BOOK」データベースより

高い壁に囲まれ、外界との接触がまるでない街で、そこに住む一角獣たちの頭骨から夢を読んで暮らす〈僕〉の物語、〔世界の終り〕。老科学者により意識の核に或る思考回路を組み込まれた〈私〉が、その回路に隠された秘密を巡って活躍する〔ハードボイルド・ワンダーランド〕。静寂な幻想世界と波瀾万丈の冒険活劇の二つの物語が同時進行して織りなす、村上春樹の不思議の国。


個人的にどうしても好きになれない、村上春樹作品。

初めて読んだのは「ノルウェイの森」。

情景の描写が受け付けなかった。おもしろいと思えなかった。


でも、これは違う!違ったのです!

私はなぜか「世界の終わり」が大好きで、風景や温度などが自分の周りにあるように感じました。

読み終わったあともしばらく現実に戻れない、そんなお話でした。

たぶん、村上春樹が苦手だと思ってた人は、おもしろいと思うのでは?


ちなみに"やみくろ"は絶対地下鉄線路にいると思うわ。


世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド〈上〉 (新潮文庫)

世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド〈上〉 (新潮文庫)

世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド〈下〉 (新潮文庫)

世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド〈下〉 (新潮文庫)

ノルウェイの森 文庫 全2巻 完結セット (講談社文庫)

ノルウェイの森 文庫 全2巻 完結セット (講談社文庫)