Hatena::ブログ(Diary)

へにゃぺんて@日々勉強のまとめ

2013-04-01

Emacs 24.3のインストール

いきさつ

これまで、Emacs 23.1を使用していましたが、JavaScriptを読むために「js2-mode」を入れようとしたら、

内部で使用している「prog-mode」というものが必要なようで、

Symbol's function definition is void: prog-mode

と言われてしまいました。


こちらのページによると、「js2-mode」は「Emacs 24系」を要求しているようなので、

これを期に、Emacs 24系をインストールすることにしました。


事前準備

apt-getによるインストールでは23までしかありませんでしたので、

ソースコードダウンロードしてビルドすることにしました。


一般的に、以下の手順で行います。

  1. ソースコードダウンロード、展開
  2. configure
  3. make
  4. make install(要rootsudo等)

ただし、「configure」時に「依存するライブラリが足りない」と言われることがあります。

今回も、以下のエラーに遭遇しました。

configure: error: No X toolkit could be found.

If you are sure you want Emacs compiled without an X toolkit, pass

--with-x-toolkit=no

to configure. Otherwise, install the development libraries for the toolkit

that you want to use (⁖ Gtk+) and re-run configure.


そのため、事前準備を行います。

こちらのページの受け売りですが、

以下のコマンドを実行してEmacsビルドに必要なパッケージをインストールしておいてください。

(注意:Ubuntu等のDebian系に限定のコマンドです。)

$ sudo apt-get install build-essential
$ sudo apt-get build-dep emacs23

なお、二つ目の

$ sudo apt-get build-dep emacs23

は、「build-dep」と「emacs23」という2つのパッケージをインストールするコマンドではなく、

「emacs23」というパッケージをビルドする際に必要なパッケージをインストールしてくれるコマンドのようです。


ダウンロードビルドインストール

こちらから、最新の「24.3」をダウンロードしてきます。


あとは、以下のコマンドでダウンロードしたファイルの展開とビルドインストールが完了です。

なお、ここではダウンロードしたファイルは「emacs-24.3.tar.gz」だとしています。

$ cd (ダウンロードした場所を指定)
$ tar zxf emacs-24.3.tar.gz
$ cd emacs-24.3/
$ ./configure
$ make
$ sudo make install

所感

「js2-mode」のメジャーモードで「*.js」のファイルを開くことは成功していますが、

  • 色がつかない
  • 初めてファイルを開いた状態で編集済みになっている(モードラインの左端が「-U:**」のようになっている)

などEmacs自体の調整が必要そうです。


あと、編集を保存せずに終了しようとした際には、

「変更を保存しますか?」

という旨のメッセージがミニバッファに表示されますが、

そのメッセージがチラッと表示された後、すぐ消えてしまい、

挙動が不安です。


追記(2013/04/01 18:20)

上記の3つの問題全てに関して、

Emacs 23.1でjs2-mode.elをバイトコンパイルしたものがそのままになっていた」

ことが原因でした。


js2-mode.elをEmacs 24.3でバイトコンパイルし直して試した所、

問題なく動作を確認できました。


お恥ずかしい。

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/cupnes/20130401/1364806604