Hatena::ブログ(Diary)

へにゃぺんて@日々勉強のまとめ

2016-03-07

Linux 4.5-rc7(最後のrc)がリリースされました

リーナスのロサンゼルス時間で昨日(3/6)の15時頃、

日本時間で今日(3/7)の朝8時頃にLinux 4.5-rc7がリリースされました。


前回のリリースでは「rc7が落ち着いてこなければ、rc8のリリースもあり得る」といったことが書かれていましたが、

どうも落ち着いてきたようで、「rc7が最後のrc」とのことです。


要約すると以下のとおりかと思います。

  • この1週間で落ち着いてきたので、rc7が最後のリリースだろうと考えている
  • この段階としては大きな変更もあったが、個々のドライバーであるので特別問題とは考えていない
  • 変更は至る所に散らばっているが、最も大きなものはシリアルの冗長な(重複する?)ドライバーの削除
    • 残りの各修正の占める割合はいつも通り
  • このリリースで終わらせたいので、テストをよろしくお願いしたい


また、いつも通り、以下のように翻訳してみました。

まあそんなわけで、物事はこの一週間で最終的に落ち着き、rc7が最終rcで通

常リリースは終わりだろうと考えている。


もちろん、何か厄介な問題が発見された場合、私の意見は変わるかもしれない

が、全体として良さそうに見える。いくつか、この段階としては大きな変更が

あったが、それらは主に個々のドライバーだ。ここでのコミットの多くは些細

な1行から数行の変更であある。恐らく2〜3の大きな変更としては、単にブロッ

クレイヤーがステージングから上がった(ステージングアウトした)くらいだろ

う(そしてそれらは他と比較して「大きい」だけで、絶対的に特別大きかっ

たのではない)。


変更はいたるところに散らばっているが、その約3/4はドライバーである(USB

シリアルの冗長な(重複する?)ドライバーの削除が最も大きな一つのピースで

あるが、他にもcompatサウンド修正、gpu、watchdog、libata、rdma等を含む

いろいろなものが少しずつ入っている)。残りはアーキテクチャ部分の修正

(sparcx86mips、arm)、そしてファイルシステムの修正(jffs2、cifs、

ceph、btrfs、だがdentryコードへのバグ修正ではなく、愛のある修正である。

ただしクリーンアップの箇所はある)。


従って、まさにこのリリースで終わらせるべきであるので、テストをよろしく

お願いしたい。なお、事態は良好に見える。


いつも通り、今週何が起きたのかについて詳細な情報を知りたい人のために

ショートログを添付する。


リーナス


# 翻訳にかかった時間は、今回もちゃんと測ったわけではないですが、

# 1時間ほどでした。

#

# 例文を調べないと安心できない癖があり、

# よく出る言い回しでも、暗記ではなく、その都度調べてしまっています。。。

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/cupnes/20160307/1457349023
リンク元