ITをめぐる法律問題について考える このページをアンテナに追加 RSSフィード

2016-05-24

こすモ〜&キティちゃん

f:id:cyberlawissues:20160323160650j:imagef:id:cyberlawissues:20160523152042j:image

宮崎県小林市さんから、こすモ〜ちゃんのストラップとキティちゃんのタオルをいただきました。ありがとうございました。

キティちゃんはいろんなキャラクターとコラボすることで有名ですが、小林市チョウザメともコラボしていたのですね。しかし、チョウザメキャビアとはすごいですね。

小林市さんとは某件でご一緒していますが、マイナンバー制度に対して大変積極的に取り組んでいらっしゃり、本当に細かく、主務省令などを見てくださり、助かっています!

2016-05-23

新潟県市町村総合事務組合で講演しました

5月10日に新潟県市町村総合事務組合で講演しました。

f:id:cyberlawissues:20160523152108j:imagef:id:cyberlawissues:20160523153943j:image

新潟駅まで新幹線で行き、駅から少し歩いて万代橋に行きました。万代橋からウォーターシャトルに乗り、信濃川を通って県庁前に行き、県庁横の自治会館で講演をしました。雨でしたが、そんなに降っておらず、ウォーターシャトルはとても気持ちがよかったです。

齋藤邸別邸にも行ってみましたが、雨でお庭に出ることができず、大変残念でした。

f:id:cyberlawissues:20160523152107j:image

新潟はお酒が有名とのことでしたので、日本酒とあとSAPPORO新潟限定(?)ビールを買いました。

去年まではあまりに講演数が多くて、地方に行っても、辺りを見て回ることはほぼできず、行って帰ってくる感じでしたが、新潟は早めに着いて、少し見て回ることができて、本当によかったです。お寿司もいただきましたが、大変おいしかったです。

2016-05-20

個人情報の原稿執筆が順調です

今は、個人情報に関する原稿を執筆しています。

非常に、順調に筆が進み、「これも書きたい、あれも書きたい」となっているところです。

つい、概念解説に力を入れてしまうのですけれども、実務本としては、概念の抽象的な解説よりも、具体例とその当てはめの方が、読者に喜ばれそうに思います。執筆前の計画段階では、具体例を挙げていっぱい書こうと思いつつ、書いていくと、概念解説が長くなりすぎて、字数の関係で、具体例を端折るという事態にもなりかねず、どうしたものかと。

個人情報の原稿だけではなく、マイナンバーの詳解書を書き上げなければいけないのですが、こちらはあまり順調ではありません(残念)。もうちょっと個人情報の原稿が進んでから、マイナンバーの詳解書にじっくり取り掛かりたいと思っているところですが、そういうことを言っていると、詳解書の発行が遅れてしまうので、気を引き締めないとと思っているところです。

私は、普通に書いているとかなり字数がオーバーしてしまうタチなのですが、マイナンバーの詳解書は、出版社のご厚意で600ページまではOKと許可が出ましたので、長々と書いていきたいと思います。

論文なんかも、普通にばーっとドラフトを書くと、たいていは2万字とかになっていて、多くの論文誌は1万字なので、そこから字数を削ったりしています。この点、WEB原稿と書籍は、そういう字数削減が不要なので、ありがたいです。

そういえば、私は、大学受験の時の200字作文とかも、いつも字数がオーバーして、余白に書いてから字数を削って答案に書いていたような記憶が・・

個人情報の原稿の方は、1問1答で、見開きとか片面1ページの方が見やすいので、字数厳守で頑張りたいところです。

そういえば、ドラマで「重版出来」を見ました。編集者さんのお話は興味深いです。

自分は著者しかやったことがないので、編集者さんがどういう風に実際お仕事されているのか、興味があるところです。ドラマだとマンガの週刊誌の編集部なので、私が本を出している法律出版社さんとはずいぶん雰囲気が違いそうです。

そうそう、出版社といえば、原稿料を催促しないと支払ってくれない出版社があるので、困ったものです。有名な会社なら未払いとかないだろうと思っていたのですが、会社としては未払いする気はなくても、担当者が経理に書類を回したり作業するのを忘れていたりすると、未払いがあったりするようです。

2016-05-13

サンリオの切手

f:id:cyberlawissues:20151022111417j:image

切手は、サンリオの切手を使っています。最初、切手がかわいくても、私の手元には残らないしな、とか思っていたのですが、どうせならやっぱり、かわいい切手の方がいいかなと思い。

いつもサンリオでしたが、毎回同じなのもどうかなと思い、ミッフィーちゃんの切手もこの前買いましたが、それも特に新しいのが出ないので、そろそろディズニープリンセスでも買おうかなと思っていたところ、サンリオの新しい切手が登場するようです。前のより、ほんわかバージョンのようです。

しかし、ビジネスマナー的に、サンリオの切手をビジネス文書の郵送に使用するというのはどうなのですかね。

かわいい切手といっても、猫ちゃんの切手とか、お花の切手だったら、ビジネスマナー的に問題ない気がしますが、キャラクターとなると、ちょっとビジネスマナー上は微妙な気もしますが、そこはあえて気にせず、請求書を、堂々とサンリオ切手で出してしまっています。私から書類が郵送される方、申し訳ありません…。

私のところに来る郵便物でかわいい切手が使われているのって、お洋服のショップからのハガキぐらいですかね。お洋服のショップで、かつラブリー系テイストのショップの場合は、かわいい切手を使った方が、お客さんも喜ぶし、店員さんもハッピーな気がします。

そうそう、お洋服のショップといえば、この前、香取慎吾さんが主演していた「家族ノカタチ」を見ていたら、私がSwingleというショップ(BURNEDEST)で買ったスーツを、水原希子さんがドラマ中で着用されていました。私が着るとそこまでミニスカートになりませんが、水原希子さんは身長が高くてスタイルが良いので、私がいつも着ていたスーツとは全くの別物に見えました^^ あと、Will Selectionで買ったツーピースを着て、Will Selectionのショップを見ていたら、店員さんが「そのツーピース、水原希子さんがドラマで来てたんですよ」とおっしゃってました。水原希子さんのスタイリストさんが、BURNEDEST好きなのでしょうか。BURNEDEST、私、大好きなので、サンリオサンエックス、BURNEDESTさんと弁護士としてお仕事をさせていただくのが夢です^^

そのSwingleのスーツは、これです(プリン展のときの写真なので、プリンが目立っています)。

f:id:cyberlawissues:20160309091501j:image

2016-05-09

今後の講演予定

今後の講演予定のお知らせです。

今後の著作物の予定