ITをめぐる法律問題について考える このページをアンテナに追加 RSSフィード

2017-02-28

【個人情報Q&A】個人データの第三者提供を受けた/行った際の記録はどうすればよいですか

改正個人情報保護法により、個人データを第三者提供したり第三者提供を受けた際には記録をつけなければいけないと聞きましたが、どうすればよいですか。

個人データの取得/提供記録の作成・保存等が、改正個人情報保護法で義務付けられました(法25条・26条)。様式自体は、法律ガイドラインで指定されているわけではありませんので、自由形式でも構いません。とはいえ、取得や提供の都度に、従業者に自由に記録を付けさせていると、必要な法定事項が網羅されない可能性もあるので、企業として様式を作成しておくと便利でしょう。

コチラに当職作成のひな形を掲載していますので、ご利用・ご参照ください。なお、本様式はあくまで参考用ですので、ご利用の際は、最新の法令ガイドライン等を自身でご参照の上、ご利用ください。

投稿したコメントは管理者が承認するまで公開されません。

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/cyberlawissues/20170228/1488270455