ITをめぐる法律問題について考える このページをアンテナに追加 RSSフィード

2018-01-31

【法律Q&A】新元号が予定されていますが、新元号は法律のどこで書かれているのですか

元号が予定されていますが、新元号法律のどこで書かれているのですか

天皇の退位等に関する皇室典範特例法」が成立しました。これは天皇陛下のご退位に関する事項を定めた法律ですが、元号については特段の規定がありません。

では、元々の「皇室典範」に元号に関する規定があるかというと、そうでもありません。

元号は、「元号法」という本則2項から成る大変短い法律があり、そこで規定されています。元号法は次の項からなります。条ではなく項で構成されているという稀な法律です。

1 元号は、政令で定める。

2 元号は、皇位継承があつた場合に限り改める。

そして、この元号法第1項に規定された「政令」にて、具体的な元号が規定されています。

平成については、「昭和六十四年政令第一号(元号を改める政令)」にて次の通り、規定が置かれています。

元号を平成に改める。

したがって、新元号についても、平成三十一年政令第〇号という政令が定められ、その中で具体的な元号名が規定されるものと予想されます。

元号に関しては、今回のご退位特有のものではなく、皇位継承があったたびに新しくなるものですので、その意味で、「天皇の退位等に関する皇室典範特例法」に規定するのはふさわしくありません。皇位継承があつた場合に限り元号が改められるということを踏まえると、皇位継承について定めた皇室典範の中で元号についても規定するという方法も考えられます。元号法という法律を制定するか、皇室典範の中に規定するかは、どちらでも可能であり、国会の判断として、皇室典範とは別途異なる元号法が定められたということだと考えられます。