ITをめぐる法律問題について考える このページをアンテナに追加 RSSフィード

2017-11-15

書籍、脱稿

書籍執筆中だったのですが、脱稿しました。

あー、よかった。

執筆自体は10月上旬ぐらいに終わっていたような気がしますが、読み直しにダラダラと時間をかけすぎてしまいました(反省)。

今年は、

『逐条解説マイナンバー法』

『個人情報保護法 (1冊でわかる! 改正早わかりシリーズ) 』

『自治体の実例でわかる マイナンバー条例対応の実務』

『個人情報保護士認定試験公認テキスト―全日本情報学習振興協会版』

を出版しましたが、とはいっても、3冊は去年に執筆自体は終わっていたものでした。

なので、今年、執筆作業をしたのは、『個人情報保護法 (1冊でわかる! 改正早わかりシリーズ) 』と、今脱稿したものになります。

来年は、特に書籍執筆予定がないので、まあ、気が向いたら何か原稿でも書くかなという感じです。

2017-10-31

Webサイトのページを新設しました

Webサイト業務内容のページを追加しました。

あと、Webサイト、ようやくリニューアルに向けて着手しだしました。

まだ宮内さんと話し合っていないのですが、私の中での準備が進行中です(笑)

来年初頭ぐらいには新しいWebサイトにしたいなー。

あと、最近、お医者さまからお問い合わせいただくことが増えています。

自分が病院に行く以外、お医者さんとかかわることって、医師会・歯科医師会で講演するときとか、有識者会議でお会いするときだけだったので、なんというか新鮮というかそんな感じです。

医師って、事務作業というか、スキーム作りもされるんですね。診療して研究してスキーム作りもして、大変なお仕事ですね。

大変といえば、前に、大学院生だったときに、東大教授って、学生向けの事務書類作成までもが仕事で、大学院の案内とか心得みたいなガイダンス書類以外にも、どのロッカーの何番は学生何番に、みたいなロッカー割当表まで教授が作っていて、大変な職業だなあと思いました。ちょっと、余談でした。

2017-10-11

ビジネスガイド『国・自治体が持つビッグデータ等の民間活用 〜データ入手までの流れと必要な手続〜』

月刊ビジネスガイドに『国・自治体が持つビッグデータ等の民間活用 〜データ入手までの流れと必要な手続〜』を寄稿いたしました。

関連パワポはコチラです。パワポに説明を加えて文章化した原稿のイメージです。

2017-09-21

逐条解説 マイナンバー法の出版予定が立ちました

マイナンバー法に関する長々とした解説書「逐条解説 マイナンバー法」の出版予定が立ちました。

11/3発売予定、528頁、定価:7,020円 (本体6,500円+税)

Amazon  →商事法務

「逐条解説マイナンバー法」というタイトルだと、宇賀先生の「番号法の逐条解説」とタイトルがかぶるのでちょっと…と思ったのですが、商事法務はかたいタイトルしかつけないということで、ほかに良い案もなく、このタイトルになりました。まあ、いいかな、と。

定価が高いですね。ページ数が多かったのがいけないのでしょうかね。まあ、今の時期に出版しても、図書館とか自治体とか以外にはあまり売れないように思いますので、そういうことを踏まえての定価ですかね。

私としては、今の私にできる限りのすべてを書ききったという思いの本ですので、ぜひ多くの方に手に取っていただけるとうれしいです。


あと、今、行政機関個人情報保護法の書籍を執筆中です。7月ぐらいから書いています。意外と執筆が順調で、この分だと10月ぐらいには脱稿しそうです。行政機関個人情報保護法については、雑誌原稿も執筆済ですので、雑誌については11月頃、公表されるのではないかと思います。書籍は来年1〜3月ごろの出版ですかね。

2017-09-07

今後の講演予定

今後の講演予定についてお問い合わせいただいたので、ブログにも書いておきます。


私の希望

  • 非識別加工情報の講演をしたい(民間向け、官向けともに)
    • 現在、雑誌原稿と書籍原稿を執筆中
  • プライバシー影響評価の講演をしたい(現在、鋭意作業中)
    • 現在、評価の実施・調整中
  • 医療ビッグデータの講演をしたい
    • 今、興味のあるテーマ