ITをめぐる法律問題について考える このページをアンテナに追加 RSSフィード

2018-03-27

懐かしいご縁

最近、懐かしいご縁に恵まれることがありました。

1.内閣官房時代の同僚との遭遇

仕事で経済産業省に連絡したら、なんと内閣官房時代の同僚の人から折り返しがあり、今、少しご一緒にお仕事しています。

その方は、まさに二人で一緒にPIAを作ったというか、マイナンバー個人情報保護に本当にいろいろとご尽力くださった方で、まさかこんな機会があるとはと思い、びっくりしました。

2.大学時代の先輩との遭遇

大学時代に省庁でバイトしていましたが、その時隣の席だった方から、ご連絡がありました。

異動に伴い個人情報保護関係をいろいろとお調べになっていたら、私の名前を見つけたとのことでご連絡をくださいました。なんと大学時代ぶりのご連絡です!こんな懐かしい出会いもあるんだなあとびっくりしました。

3.その他

私が担当していたシステムではないのですが、私の勤めていた会社が担当させていただいたシステムで、かなりお客様にご迷惑をおかけしたシステムがありました。そのお客様先で、今、私は委員等を拝命しています。「その節は、会社がご迷惑をおかけしまして…」と思わず謝りました。

その他、いろいろなご縁がありますが、意外と会社時代の知り合いや大学の同級生には遭遇しませんね。ロー同期や修習同期も一部の人以外はほぼ会いません。この前たまたま神楽坂で事務所をやっているロー同期に会いましたが。

日々の業務におわれ、あまり立ち止まって考えている余裕がないこの頃ですが、懐かしいご縁に恵まれたり、新しいご縁に恵まれたり、ありがたいことです。マイナンバーの課題をまとめる際も、いろいろなところでお知り合いになった方からのご助言等もあり、様々な方とお知り合いになり、様々な方からの影響を受けて、今の私があるということを日々自覚して、感謝していきたいなと思いました。

2018-03-22

行政ビッグデータの取得・活用マニュアル

何度かブログに書いていますが『行政ビッグデータの取得・活用マニュアル』が発売になりました!

よろしければ、ぜひお手に取ってくださいね。

非識別加工情報の本です。

内容紹介

国・自治体が持つビッグデータから「価値」を抽出し、ビジネスに活かす!

個人情報保護法や行政機関個人情報保護法など関連法の改正により、

「匿名加工情報」(非識別加工情報)というカテゴリーが新設された。

これを受け、民間の企業や個人は、国・地方自治体が保有する公共のビッグデータや個人情報を、

加工情報というかたちで取得し、利用できるようになった。

本書は、この「行政ビッグデータ」というべき公共データを実際に利用するにあたり、

前提となる知識と利用ルール、どのようなデータが存在するのか確認するためのノウハウ、

データ取得の具体的手続および必要な書式のサンプル等をマニュアル化した初の書籍である。

マイナンバー法の立法にも携わるなど、個人情報に精通する弁護士が解説。

国・自治体の公共データをビジネスに活かしたい個人・企業担当者や、

これら業務に携わる行政機関・自治体の担当者にとって、最初に手に取るべき1冊。

2018-03-07

マイナンバー改善に関する追記2

マイナンバー制度の改善のために必要なこと」の資料、ありがたいことに、さらにコメントをいただいております。

私としては、より良いマイナンバー制度のために、改善が必要な課題を確認し、改善策を具体的に提示していきたいと考えています。

コメントがある方がいらっしゃいましたら、ぜひ、お寄せください。

Facebook、ブログ、個別メール何でも構いませんので、どうぞよろしくお願いいたします。


余談ですが、

マイナンバーによって、より良い社会が実現できるように、人々の暮らしが便利に安全になるように、微力ながら、これからも生涯をかけて、マイナンバー制度の改善のために私にできることをやっていきたいと思っています。」

と書かせていただきましたが、ここに私の本気を示してみました(笑)

なんか、マイナンバーにしてもそれ以外のテーマにしても、「ビジネスチャンス!」と思う方や流行に敏感な方や指導者タイプの方がいろいろコメントされることはあります。それはそれでよいと思うのですが、私はそういう意図ではなく、心からマイナンバー制度の発展・より良い社会の実現を願っていて、「生涯をかけて」取り組んでいきたいと思っているという、意思の表明をしました(笑)。

2018-03-06

マイナンバー改善に関する追記

マイナンバー制度の改善のために必要なこと」の資料、ありがたいことにコメントをいただき、以下の点を修正しました。

  • マイナポータルで「私のマイナンバーこの人に教えて」機能を付けることは、券面入力補助APで対応できるのではないかというご指摘
  • 本人確認義務を緩和できると考える論拠

※リンクの関係上、ファイル名は昨日のと同一です。


マイナンバーに関しては、本当に苦しくて辛くてひどい経験もたくさんありましたが」という私の記述に対し、「実感がこもってますね」という感想もいただきました(笑)

マイナンバーによって、より良い社会が実現できるように、人々の暮らしが便利に安全になるように、微力ながら、これからも生涯をかけて、マイナンバー制度の改善のために私にできることをやっていきたいと思っています。」と書かせていただきましたが、私のマイナンバー、PIAへの思いは非常に深いです!個人情報も好きですが、マイナンバーの思い入れは極めて深いです!