Hatena::ブログ(Diary)

CYCLIST FAN Twitter

2018-08-31 2018アジア大会トラック最終日結果

[] 2018アジア競技大会トラック最終日は男子ケイリン新田祐大銀メダル獲得! 脇本雄太は5位。男子マディソンは橋本英也&今村駿介が銅メダル獲得! 女子マディソンは4位、女子スプリントは太田りゆ8位、前田佳代乃9位

f:id:cyclistfan:20180831223155j:image

男子マディソンで銅メダルを獲得した橋本英也(左)と今村駿介。 提供・日本自転車競技連盟


2018アジア大会、トラック種目最終日となる本日は男子ケイリン(1回戦〜決勝)、女子スプリント(1/4決勝〜決勝)、男女マディソンが行われました。


まずは男子ケイリン、新田選手が銀メダル! ゴールの写真を見ると、本当に僅差でタイの選手に差されての2着ということで、新田選手としてはかなり悔しい結果だとは思うのですが、ケイリンでのメダルは絶対条件のなか、銀メダルを確保してくれました。同じく決勝に乗った脇本選手は残念ながら5位でレースを終えています。


男子マディソンは銅メダル獲得です! 2月のアジア選手権では表彰台に上がれなかったこともあり、ちょっと心配な種目ではありましたが、今回は橋本選手と今村選手のコンビで臨み、見事メダル獲得となりました。


女子マディソンは梶原悠未選手と橋本優弥選手のコンビで臨みましたが、残念ながら4位とメダルには届かず。

マディソンは東京オリンピックの種目でもありますが、現状で男女ともにかなりの強化が必要な種目だけに、これからどう戦っていくのか注目したいところです。


女子スプリントは1/4決勝まで勝ち上がった太田選手でしたが、ホンコンチャイナのリー・ワイジー選手が相手ではさすがに分が悪く、1/2決勝に勝ち進むことはできませんでした。


では、トラック最終日(8月31日)のレポートです。 ※写真と選手コメントはJCFからの提供。


★男子ケイリン(1回戦〜決勝)

日本からは新田祐大脇本雄太が出場。

2着勝ち上がりの1回戦は新田、脇本ともに1着で2回戦進出を決める。2回戦は第1ヒートの新田が2着、第2ヒートの脇本が1着で両名揃って1-6位決定戦へ。

1-6位決定戦では先行する新田と追い込んできたタイの選手が僅差のゴール勝負となり、わずかに差したタイの選手が優勝。新田は惜しくも銀メダルとなった。脇本は5着。


競技結果>

1位 ANGSUTHASAWIT Jai (タイ)

2位 新田祐大 (日本)

3位 AWANG Mohd Azizulhasni (マレーシア

5位 脇本雄太(日本)


新田祐大コメント

「今大会のチームスプリントで自己ベストが出たので、最終日のケイリンに向けて高いモチベーションをもっていた。決勝では落ち着いて、力を発揮することだけを考えて走った。思ったような展開にはならなかったが、残り1周回で自分の力を出そうと思っており、それはうまくいったが、最後に抜かれてしまった。ゴールライン直前で、抜き返すべくハンドルを投げたがわずかに届かなかった。今大会への出発直前に落車したが、コーチに『出たいと思っているなら出るべき』と言ってもらい、そう思ってくれる監督や、現地に来てから完璧な状態に調整していただいたスタッフ、ここに来れなかった仲間のためにも必ずメダルを取りたいと思っていた。」


f:id:cyclistfan:20180831223410j:image

決勝戦。ゴール前の直線、先行する新田にANGSUTHASAWIT(タイ)が迫る。 提供・日本自転車競技連盟


f:id:cyclistfan:20180831223549j:image

ゴールは僅差で新田が敗れ、銀メダルとなった。 提供・日本自転車競技連盟


f:id:cyclistfan:20180831223653j:image

表彰式。 提供・日本自転車競技連盟


★男子マディソン

日本からは橋本英也と今村駿介が出場。

前半はホンコンチャイナ、韓国と並びラップにも成功した日本だが、後半でラップダウンとなってしまう。それでも最終的に28点獲得の3位に入り、銅メダルを獲得した。

優勝は韓国との競り合いを制したホンコンチャイナ。


競技結果>

1位 ホンコンチャイナ 59点(1ラップ)

2位 韓国 53点(1ラップ)

3位 日本(橋本英也・今村駿介) 28点


橋本英也コメント

「昨日のオムニアムの疲れが残っていたので、最終日のマディソンは勢いで走った。ここに来るまでマディソンに特化したトレーニングをしていなかったため、まずはメダルを目標にして走った。銅メダルを獲得できて良かったが、上位2カ国とは大きな差があった。東京オリンピックに向けて、チームパシュート、オムニアム、マディソンとすべての種目への能力を高めていき、もし今後マディソンに集中するなら、ヨーロッパの六日間レースに出場することなども考えていきたい。」


f:id:cyclistfan:20180831223808j:image

橋本と今村のコンビで臨んだ日本。 提供・日本自転車競技連盟


f:id:cyclistfan:20180831223858j:image

ホンコンチャイナ、韓国には水をあけられたものの、3位に入り銅メダルを獲得。 提供・日本自転車競技連盟


f:id:cyclistfan:20180831224629j:image

表彰式。 提供・日本自転車競技連盟


★女子マディソン

日本からは梶原悠未と橋本優弥が出場。

韓国とホンコンチャイナがリードする展開のなか、日本は思うように得点が伸ばせず、最終的に14点獲得の4位となり、メダル獲得はならなかった。

金メダルは2位のホンコンチャイナに15点差をつけて圧勝した韓国


競技結果>

1位 韓国 76点(2ラップ)

2位 ホンコンチャイナ 61点(2ラップ)

3位 中国 31点

4位 日本(梶原悠未・橋本優弥) 14点


★女子スプリント(1/4決勝〜決勝)

日本からは前日の1/8決勝を勝ち上がった太田りゆが出場。

1/4決勝でリー・ワイジー(ホンコンチャイナ)と対戦した太田はストレートで敗れ、ここで敗退となった。

リー・ワイジーとリ・ヘジン(韓国)の対戦になった1-2位決定戦は、リーが勝利。リーは前回大会同様、今回もケイリンスプリントの2冠を達成した。3-4位決定戦はチョ(韓国)がゾン(中国)を下した。


競技結果>

1位 LEE Wai Sze (ホンコンチャイナ)

2位 LEE Hyejin (韓国

3位 CHO Sunyoung (韓国

8位 太田りゆ(日本)

9位 前田佳代乃(日本)


♦全てのリザルトはこちらで確認できます。

http://www.tissottiming.com/Competition/0003100003


以上でトラック種目の全競技が終了、また今大会における自転車競技の全日程も終了しました。


今大会でのトラックのメダル獲得数は金2、銀3、銅4。自転車競技全体ではBMXでの金1と、ロードの銀2、銅2を合わせ、日本勢は金3、銀5、銅6という結果になりました。

2018-08-30 2018アジア大会トラック4日目結果

[] 2018アジア競技大会トラック4日目は男子オムニアムで橋本英也が金、男子スプリント深谷知広が銀メダルを獲得! 女子個人追抜は中村妃智6位。女子スプリントは太田りゆが1/4決勝進出、前田佳代乃は1/8決勝敗退

f:id:cyclistfan:20180830230018j:image

男子オムニアムで金メダルを獲得した橋本英也。 提供・日本自転車競技連盟


f:id:cyclistfan:20180830230107j:image

男子スプリント銀メダルを獲得した深谷知広。 提供・日本自転車競技連盟


2018アジア大会、トラック種目4日目となる本日は男子オムニアム、男子スプリント(1/2決勝〜決勝)、女子個人追抜(予選〜決勝)、女子スプリント(予選〜1/8決勝)が行われました。


まずは男子オムニアム、橋本選手が昨日の梶原選手に続いて金メダル獲得です! 3種目終えて暫定首位で最終種目のポイントレースを迎え、途中逆転され3位に落ちるなど、ちょっとハラハラもしましたが、最後は僅差の争いを制して優勝。

前回大会ではトップと50点以上の差がありながら、最後のポイントレースでひっくり返す大逆転劇を演じた橋本選手ですが、これで2大会連続での金メダル獲得となりました。橋本選手、おめでとうございます!


男子スプリント深谷選手が惜しくも銀メダル! アワン選手との1-2位決定戦でしたが、やはり簡単には勝たせてくれませんね…。

とはいえ深谷選手はしばらく競技を離れていて、昨シーズンからナショナルチームに復帰したこともあり、スプリントを走る機会がまだ少なく、2月のアジア選手権の時にも「もっと250バンクの走り方に慣れないといけない」と話していたのですが、だいぶ感触がつかめてきているのではないしょうか。もともとスプリントでも「怪物」ぶりを発揮していた深谷選手なので、これからがさらに楽しみです。


女子個人追抜は中村選手が出場しましたが、予選6位で残念ながらメダル決定戦には進めず。2月のアジア選手権では3分40秒台で走った中村選手だけに、予選のタイム(3分50秒台)はちょっと予想外でもあり、なんとも悔しいですね…。


女子スプリントは前田選手が予選8位、太田選手が予選9位とちょっと厳しいところからのスタートとなりましたが、1/8決勝で日本人対決となってしまい、ここは太田選手が勝利し、明日の1/4決勝に駒を進めています。


では、トラック4日目(8月30日)のレポートです。 ※写真と選手コメントはJCFからの提供。


★男子オムニアム

日本からは橋本英也が出場。

1種目めのスクラッチは、5人のラップが決まり、8位からのスタートとなった橋本。2種目めのテンポレースはラップに成功し、2位。3種目めのエリミネーションは1位となり、ここで橋本が暫定トップに立つ。

2位のレン(ホンコンチャイナ)、3位のザカロフ(カザフスタン)とは4点差で最終種目のポイントレースを迎えた橋本は、前半で一度逆転され、3位まで順位を落とすも、後半に入っての2回の1着通過で大きく得点を伸ばし、再びトップに。そのまま最後まで順位を守りきり、優勝を飾った。

橋本はこの種目で2大会連続の金メダル獲得となった。


競技結果>

1位 橋本英也(日本) 119点

2位 LEUNG Chun Wing(ホンコンチャイナ) 114点

3位 ZAKHAROV Artyom (カザフスタン) 112点


橋本英也コメント

「最初のスクラッチは8位と良くないスタートだったが、スクラッチでは強い選手がわかっているので、彼らに先行されないよう気をつけていた。その後のテンポレース、エリミネイション、ポイントレースと自分らしく走ることができ、優勝することができた。最後のポイントレースでは、2位と4ポイント差、思っていたより少ないポイント差からのスタートで、途中逆転される場面もあったが、上位の選手をマークしながら、他の選手が疲れたところでポイント獲得を重ねた。前大会は運が良くて勝ったが、今大会では実力で勝つことができた。強さを証明できたと思うし、手応えがある。次はワールドカップ世界選手権での優勝をめざしたい。」


f:id:cyclistfan:20180830230219j:image

2種目めのテンポレースではラップを決め、2位の橋本。 提供・日本自転車競技連盟


f:id:cyclistfan:20180830230333j:image

3種目めのエリミネーションでは1位となり、ここで暫定首位に立った橋本。最終種目のポイントレースでは一度逆転されるも、再びトップを奪い返し、2大会連続の優勝を果たした。 提供・日本自転車競技連盟


f:id:cyclistfan:20180830230616j:image

表彰式。 提供・日本自転車競技連盟


★男子スプリント(1/2決勝〜決勝)

日本からは前日の1/4決勝を勝ち上がった深谷知広が出場。

準決勝となる1/2決勝でシャロム(マレーシア)と対戦した深谷はストレートで勝利し、1-2位決定戦進出を決める。1-2位決定戦の相手は、かつてこの種目で世界選手権銀メダルも獲得しているアワン(マレーシア)。強豪との対戦に、深谷勝利は叶わず、惜しくも銀メダルとなった。

3-4位決定戦は3本目までもつれながらも、シャロムを下したイム(韓国)が銅メダル獲得。


競技結果>

1位 AWANG Mohd Azizulhasni (マレーシア

2位 深谷知広(日本)

3位 IM Chaebin (韓国

7位 脇本雄太(日本)


深谷知広コメント

「決勝の1本目は手ごたえがあったけど負けてしまった。2本目は何度かチャンスがあったものの、それを掴むことはできなかった。アワン選手との力の差はあまり感じていない、経験の差だと思う。今回は自分の成長を実感する大会になった。競技を始めて1年でここまで来れるとは思っていなかった。しかし、金メダルが取れる位置にあったのでやはり悔しい気持ち。短距離種目のうちどの種目が向いているか、自分の特性はまだわからないので、今後、競技をやりながら、全ての底上げを図っていきたい。」


f:id:cyclistfan:20180830230704j:image

1-2位決定戦でアワン(マレーシア)に敗れて銀メダルとなった深谷。 提供・日本自転車競技連盟


f:id:cyclistfan:20180830230913j:image

表彰式。 提供・日本自転車競技連盟


★女子3km個人追抜(予選〜決勝)

日本からは中村妃智が出場。

3分50秒604 で予選6位となった中村は、メダル決定戦には進出できず。

予選で3分33秒048をマークし、自身の持つアジア記録を更新したリー(韓国)が、1-2位決定戦では追い抜きでワン(中国)に勝利し、金メダルを手にした。3-4位決定戦はファンチャイニーズタイペイ)がインドネシア勝利


競技結果>

1位 LEE Jum (韓国) 追い抜き勝ち

2位 WANG Hong (中国

3位 HUANG Ting Ying (チャイニーズタイペイ) 3分45秒449

6位 中村妃智(日本) 3分50秒604


★女子スプリント(予選〜1/8決勝)

日本からは前田佳代乃、太田りゆが出場。

予選は前田が11秒305で8位、太田は11秒360で9位。予選1位は10秒583の大会記録を出したリー(ホンコンチャイナ)。

続く1/8決勝は前田と太田の対戦となり、太田が勝利で1/4決勝に進出。前田はここで敗退となった。


<途中経過>

太田りゆ→1/4決勝進出

前田佳代乃→1/8決勝敗退


リザルト、スタートリストはこちらで確認できます。

http://www.tissottiming.com/Competition/0003100003


トラック5日目となる明日は、いよいよ最終日。男子ケイリン(1回戦〜決勝)、女子スプリント(1/4決勝〜決勝)、男女マディソンが行われます!

2018-08-29 2018アジア大会トラック3日目結果

[] 2018アジア競技大会トラック3日目は女子オムニアムで梶原悠未が金、男子個人追抜で近谷涼が銀メダルを獲得! 男子スプリント深谷知広がセミファイナル進出、脇本雄太は1/4決勝敗退

f:id:cyclistfan:20180829230815j:image

女子オムニアムで金メダル獲得の梶原悠未 提供・日本自転車競技連盟


f:id:cyclistfan:20180829230900j:image

男子個人追抜で銀メダル獲得の近谷涼 提供・日本自転車競技連盟


2018アジア大会、トラック種目3日目となる本日は女子オムニアム、男子個人追抜、男子スプリント(予選〜1/4決勝)が行われました。


まずは女子オムニアムで梶原選手がやってくれました! チャイニーズタイペイファンティンイン選手との一騎打という様相になりましたが、3種目を終えトップで迎えた最終種目のポイントレースでも、きっちりポイントを積み重ね、最終的に10点以上の差をつけて優勝。見事金メダル獲得となりました!

アジア大会でのオムニアムは前回大会から採用され(前回は6種目を2日間で争うルールでの実施でしたが)、女子のメダル獲得は今回が初。そして今大会の自転車競技ではBMXの長迫吉拓選手に次ぐ2つ目の金メダルとなりました! 梶原選手、本当におめでとうございます!


男子個人追抜の近谷選手は銀メダル! 予選2位で1-2位決定戦に進出しましたが、残念ながら韓国のパク選手に敗れてしまいました。ただ、これはもう4分19秒台というアジア記録を叩き出したパク選手が強かった…。


男子スプリントは1/4決勝までが行われ、脇本選手は予選4位、深谷選手が予選6位から順調に勝ち上がります。1/4決勝では深谷選手が中国の選手にストレートで勝利し、明日の1/2決勝へ駒を進めましたが脇本選手はマレーシアの強豪・アワン選手に敗れてしまい、ここで敗退となってしまいました。脇本選手はケイリンがもっとも得意な種目ではあるものの、スプリントでも相当強くなっているのですが、やはりずば抜けたセンスとテクニックを持つアワン選手の底力はさすがとしか言いようがありません。

しかし、深谷選手が勝ち上がっていますので、金メダルを目指して張ってほしいですね!


では、トラック3日目(8月29日)のレポートです。 ※写真と選手コメントはJCFからの提供。


★女子オムニアム

日本からは梶原悠未が出場。

1種目めのスクラッチは、ウズベキスタンの選手が単独ラップを決めるなか、梶原は最後のゴールスプリントで2着に入り、3位。2種目めのテンポレースは後半から怒涛の連続得点で1位、3種目めのエリミネーションも1位。暫定2位のファンティンイン(チャイニーズタイペイ)とは2点差の暫定首位で、最終種目のポイントレースを迎える。

ポイントレースでは最初のスプリント周回以外はすべてのポイントに絡み、貫禄の走りを見せた梶原が優勝を決め、金メダルを手にした。


競技結果>

1位 梶原悠未(日本) 138点

2位 HUANG Ting Ying(チャイニーズタイペイ) 126点

3位 KIM Youri(韓国) 121点


梶原悠未コメント

アジア選手権で二連覇しているので、今回は金メダルだけを狙ってきた。金メダルを獲

得し、表彰台に立ったときはすごく嬉しかった。たくさんの方々に応援してもらったこと、会場に来てくれた母、サポートしてくれたチームに感謝の気持ちを伝えたい。スタッフの皆さんが全力でサポートしてくれたので、今日は自信をもって走ることができた。最初のスクラッチでは、1選手先行を許し、スプリントでも負けて3位だったが、次のテンポレースは得意なレースだったので、自分が一番強いという強い気持ちをもって走り、ここからは落ち着いて走ることができた。最後のポイントレースでも冷静にライバルたちのポイントを計算しながら走ることができた。」

f:id:cyclistfan:20180829231448j:image

1種目めのスクラッチを走る梶原。 提供・日本自転車競技連盟


f:id:cyclistfan:20180829231555j:image

暫定首位で迎えたポイントレースも落ち着いたレース運びで得点を重ね、見事金メダル獲得となった。 提供・日本自転車競技連盟


f:id:cyclistfan:20180829231733j:image

表彰式。 提供・日本自転車競技連盟


★男子4km個人追抜(予選〜決勝)

日本からは近谷涼が出場。

4分26秒503で予選2位となった近谷は、1-2位決定戦へ進出。予選で4分19秒672のアジア記録を出したパク・サンホン(韓国)との対戦となった1-2位決定戦は、パクが追い抜きで勝利。敗れた近谷は銀メダルとなった。

3-4位決定戦はザカロフ(カザフスタン)がコウ(ホンコンチャイナ)に追い抜き勝ち。


競技結果>

1位 PARK Sanghoon (韓国) 追い抜き勝ち

2位 近谷涼(日本)

3位 ZAKHAROV Artyom (カザフスタン) 追い抜き勝ち


近谷涼コメント

「仕上がりについては満足できるものではなかったが、今できることはできたと思う。今回出場した全ての種目でメダルが取れて良かった。今年のアジア選手権で優勝しており、同じ年に開催されるアジア大会だったため、金メダルを取りたかった。しかし、韓国はすごく強く、今回の相手も今まで勝ったことがない相手。いいレースをして勝てたら良かったが力負けしてしまった。東京五輪メダルを取ることを目標にやっており、そのためにはアジアのトップになることが必要。次は負けたくない。」


f:id:cyclistfan:20180829231835j:image

予選2位で1-2位決定戦に臨んだ近谷。残念ながら敗れるも、銀メダルを獲得。 提供・日本自転車競技連盟


f:id:cyclistfan:20180829232005j:image

表彰式。 提供・日本自転車競技連盟


★男子スプリント(予選〜1/4決勝)

日本からは脇本雄太深谷知広が出場。

予選は脇本が9秒963で4位、深谷は10秒052で6位。予選1位は9秒865の大会記録を出したイム(韓国)。予選上位13名は1/8決勝からの登場となる。

1本勝負の1/8決勝は脇本、深谷ともに勝利。1/4決勝へ駒を進める。

3本勝負となる1/4決勝、脇本は実力者のアジズルハスニ・アワン(マレーシア)にストレートで敗れ、ここで敗退。ゾウ・ユ(中国)と対戦した深谷はストレートで勝利し、準決勝となる1/2決勝進出を決めた。


<途中経過>

深谷知広→1/2決勝進出

脇本雄太→1/4決勝敗退


リザルト、スタートリストはこちらで確認できます。

http://www.tissottiming.com/Competition/0003100003


明日のトラック4日目は男子スプリント(1/2決勝〜決勝)、男子オムニアム、女子スプリント(予選〜1/8決勝)、女子個人追抜(予選〜決勝)が行われます!

2018-08-28 2018アジア大会トラック2日目結果

[] 2018アジア競技大会トラック2日目の日本勢は団体追抜で男女とも銅メダルを獲得! 女子ケイリンは太田りゆ8位、前田佳代乃13位

f:id:cyclistfan:20180828222729j:image

団体追抜は男女とも銅メダル獲得! 提供・日本自転車競技連盟


2018アジア大会、トラック種目2日目となる本日は、男女団体追抜(1回戦・決勝)と女子ケイリン(1回戦〜決勝)が行われました。


まずは男子団体追抜。前日の予選で5位となり、金メダル獲得の望みは絶たれてしまいましたが、1回戦ではきっちりタイムを出し、3-4位決定戦へ進出。対戦相手のカザフスタンを追い抜きで下し、銅メダル獲得となりました!

今回選手たちが目指していたのは表彰台の一番高いところだったはずなので、この結果には悔しい思いもあるかと思うのですが、これを糧にこれから始まるW杯シーズンに向け(ここから東京オリンピックに向けた枠取りがスタートします!)頑張ってほしいですね!


そして、女子団体追抜も銅メダル獲得! 前日の予選3位から1回戦では中国に敗れ、1-2位決定戦進出を逃しますが、タイム順で3-4位決定戦へ。ただ、この1回戦でのタイムも4分33秒台(予選とほぼ同じタイム)で、タイムが上がってこないのが少々気がかりではあるのですが、3-4位決定戦では対戦相手のホンコンチャイナを追い抜きで下しました。

女子も4分22秒台のアジア記録を持つ日本としては、狙っていたのはもっと上の順位だったと思うのですが、それでもアジア大会での女子団体追抜のメダル獲得は今回が初(前回大会は4位)。最近の活躍を見ているとつい忘れがちなのですが、女子団体追抜の急激な進化は、まだここ1年ほどのこと。これまでのことを思うと、たとえどんな色でもアジア大会でのメダル獲得には感慨深いものがあります。本当におめでとうございます!


女子ケイリン前田佳代乃選手が1回戦敗退で13位、太田りゆ選手が2回戦まで進みましたが、決勝には進出できず、最終的に8位でレースを終えました。女子の短距離アジアの大会でも苦戦が続き、表彰台に上がることもなかなか簡単ではないのですが、各国のレベルもどんどん上がってきているようで、本当に厳しいですね…。


では、トラック2日目(8月28日)のレポートです。 ※写真と選手コメントはJCFからの提供。


★男子団体追抜(1回戦・決勝)

1回戦、予選5位の日本は予選8位のUAEと対戦。一丸尚伍、今村駿介、近谷涼、橋本英也のメンバーで臨んだ日本は、4分04秒222で勝利。タイム順で3-4位決定戦進出を決める。カザフスタンとの対戦となった3-4位決定戦は追い抜き勝ち。2大会連続での銅メダル獲得となった。

予選でアジア記録を更新した韓国が1回戦でDNFとなる波乱のなか、優勝したのは中国


競技結果>

1位 中国 4分03秒790

2位 ホンコンチャイナ 4分10秒368

3位 日本(一丸尚伍・今村駿介・近谷涼・橋本英也) 追い抜き勝ち


橋本英也コメント

「最低限の結果を出すことができた。今日は有酸素運動に強い自分がメンバーに入り、確実に銅メダルを狙える作戦で走った。調子はいいのでディフェンディングチャンピオンとして出走するオムニアムでは優勝を狙いたい。優勝する自信はある。」


f:id:cyclistfan:20180828225215j:image

銅メダルを獲得した日本。 提供・日本自転車競技連盟


f:id:cyclistfan:20180828225439j:image

表彰式。 提供・日本自転車競技連盟


★女子団体追抜(1回戦・決勝)

1回戦、予選3位の日本は予選2位の中国と対戦。吉川美穂、梶原悠未、鈴木奈央、橋本優弥のメンバーで臨んだ日本は、4分33秒370 で中国に敗れ、1-2位決定戦進出を逃すも、タイムで3-4位決定戦に進む。3-4位決定戦ではメンバーを鈴木から中村妃智に変更した日本は、対戦相手のホンコンチャイナを追い抜きで下し、銅メダルを手にした。

この種目でのアジア大会でのメダル獲得は今大会が初となる。


競技結果>

1位 韓国 4分23秒652

2位 中国 追い抜かれ

3位 日本(吉川美穂・梶原悠未・中村妃智・橋本優弥) 追い抜き勝ち


梶原悠未コメント

金メダルを狙っていたため、銅メダルになってしまったことに悔しさは残っている。予選では隊列が乱れ、反省点が残る走りだった。一回戦で対戦した中国とは、予選のタイムを見ても戦える自信はあった。中国に勝って決勝に進みたかったが、後半にペースが落ちてしまい2秒ほど及ばず、3位決定戦に回ることになった。3位決定戦では、メダルを確実に獲得することを目標に走った。今回は全員の脚が揃っていない状態だったが、それでもチームとしてメダルを取れるということを証明できたことはよかったと思う。明日のオムニアムでは絶対に金メダルを取りたい。」


f:id:cyclistfan:20180828225706j:image

女子も銅メダルを獲得! 提供・日本自転車競技連盟


f:id:cyclistfan:20180828225820j:image

表彰式。 提供・日本自転車競技連盟


★女子ケイリン(1回戦〜決勝)

日本からは前田佳代乃、太田りゆが出場。

2着勝ち上がりの1回戦は、太田4着、前田6着でともに敗者復活戦へ。敗者復活戦では太田が1着で2回戦進出を決めるも、前田は4着で敗退となる。

準決勝となる2回戦、第1ヒートに出走した太田はリー(ホンコンチャイナ)やゾン(中国)ら強豪を崩せず4着。決勝進出はならず、7-12位決定戦へ。7-12位決定戦は2着で、太田の最終順位は8位となった。

優勝は前回大会の覇者、リー・ワイジー


競技結果>

1位 LEE Wai Sze(ホンコンチャイナ)

2位 LEE Hyejin (韓国

3位 ZHONG Tianshi (中国

8位 太田りゆ(日本)

13位 前田佳代乃(日本)


リザルト、スタートリストはこちらで確認できます。

http://www.tissottiming.com/Competition/0003100003


明日のトラック3日目は男子スプリント(予選〜1/4決勝)、男子個人追抜(予選〜決勝)、女子オムニアムが行われます!

2018-08-27 2018アジア大会トラック初日結果

[] 2018アジア競技大会トラック初日は男子チームスプリント銅メダル獲得! 女子チームスプリントは4位。男子団体追抜は予選5位、女子団体追抜は予選3位でそれぞれ明日の1回戦へ進出

f:id:cyclistfan:20180827232743j:image

銅メダルを獲得した男子チームスプリント。 提供・日本自転車競技連盟


2018アジア大会、本日からトラック種目がスタートです。初日の日本勢は男女チームスプリント(予選〜決勝)、男女団体追抜(予選)が行われました。


まずは男子チームスプリント銅メダル獲得です!

予選で1走の雨谷一樹選手のタイムが18秒台と振るわなかったのですが、2走の新田祐大選手が全体で3番目のタイム、3走の深谷知広選手が全体のトップタイムを出して挽回、予選4位となります。銅メダルを懸けた韓国との3-4位決定戦では、日本は3選手が本来の力を発揮し、予選・決勝を通じての一番時計をマークして勝利。予選がちょっと悔やまれるところではありますが、これも勝負。最低条件である銅メダルを確保しました。


女子チームスプリントは、日本記録を持つ前田佳代乃選手と太田りゆ選手で臨みましたが、残念ながらメダルには届かず4位。

それにしても、ホンコンチャイナの予選2位はちょっと驚きました。抜けた強さの中国は別として、韓国を上回るタイムを出してきたのは意外。ホンコンチャイナはこれまでタイムを出せる1走がおらず、2走のリー・ワイジー選手を生かせないでいたため、アジアの大会でもこの種目でメダルを取ることは少なかったのですが、今後は日本にとっても強力なライバルになっていくのでしょうか…。


予選のみが行われた男女団体追抜は、男女ともアジア記録を持つ日本にとってはあまりにも意外な結果となってしまいました。

特に男子は4分12秒台で予選5位。1-2位決定戦に進む権利はなくなりました。ただ、明日の1回戦のタイム順で3-4位決定戦へは進める可能性があるので、ここは気持ちを切り替えて頑張ってほしいところです!

女子もタイムは4分33秒台と振るわなかったのですが、予選3位。明日の1回戦を勝利すれば1-2位決定戦進出が決まり、負けた場合も男子同様、タイム順で3-4位決定戦の可能性があります。


では、トラック初日(8月27日)のレポートです。 ※写真と選手コメントはJCFからの提供。


★男子チームスプリント(予選〜決勝)

日本からは雨谷一樹、新田祐大深谷知広が出場。

44秒489で予選4位となった日本は、3-4位決定戦へ。予選3位の韓国との対戦となった3-4位決定戦は日本が大会新記録となる43秒899で勝利し、銅メダルを獲得した。

予選1位のマレーシアと予選2位の中国の対戦となった1-2位決定戦は、中国勝利し、優勝。


競技結果>

1位 中国 44秒160

2位 マレーシア 44秒598

3位 日本(雨谷一樹・新田祐大深谷知広) 43秒899


雨谷一樹コメント

「予選ではミスをしてしまったが、3-4位決定戦ではいつもの走りができたので良かったと思う。」


新田祐大コメント

「予選で自分と深谷が自己ベストを出すことができた。ミスがあったものの3-4位決定戦に出ることができたので、タイムを出すことを目標に走り、全体で一番よいタイムを出すことができた。直前の落車で治療や調整をしながら大会を迎えたが、万全の状態にしてもらい、それが高いモチベーションにもつながった。昨日から身体は良い状態になり、今日も走るのが楽しみで、思った以上の成績が出た。とても良い大会になった。」


深谷知広コメント

「予選は残念だった。チームワークのバランスが崩れてしまったことが原因。しかし、3-4位決定戦ではしっかりと力を出すことができた。3-4位決定戦では(予選と比べ)タイムが落ちてしまっているので、2本目にタイムを上げていくことを今後の課題にしたい。」


f:id:cyclistfan:20180827232718j:image

3-4位決定戦を走る日本。1走雨谷・2走新田・3走深谷で見事勝利し、銅メダルを獲得。 提供・日本自転車競技連盟


f:id:cyclistfan:20180827233013j:image

表彰式。 提供・日本自転車競技連盟


f:id:cyclistfan:20180827233052j:image

2大会連続で銅メダル獲得の日本。向かって左から新田、深谷、雨谷。 提供・日本自転車競技連盟


★女子チームスプリント(予選〜決勝)

日本からは前田佳代乃、太田りゆが出場。

34秒132 で予選4位となった日本は3-4位決定戦へ。予選3位の韓国との対戦となった3-4位決定戦は、日本は33秒911で敗れ、4位が確定。残念ながらメダル獲得はならず。

中国とホンコンチャイナの対戦となった1-2位決定戦は、予選で32秒台の大会記録をマークした中国が圧勝し、金メダルを獲得。


競技結果>

1位 中国 33秒118

2位 ホンコンチャイナ 35秒024

3位 韓国 33秒476

4位 日本(前田佳代乃・太田りゆ) 33秒911


★男子団体追抜(予選)

日本からは一丸尚伍、沢田桂太郎、今村駿介、近谷涼が出場。

予選の日本は4分12秒173 で5位となり、1回戦進出を決めた。明日の1回戦では予選8位のUAEと対戦。日本は1回戦のタイム次第で3-4決定戦へ進める可能性がある。

なお、予選1位の韓国は3分56秒247で、日本が今年2月に出したアジア記録(3分57秒801)を更新するタイムをマークした。


★女子団体追抜(予選)

日本からは吉川美穂、梶原悠未、中村妃智、橋本優弥が出場。

予選の日本は4分33秒768 で3位となり、1回戦進出を決めた。明日の1回戦では予選2位の中国と対戦する。中国勝利すれば1-2位決定戦へ、負けた場合もタイム次第で3-4位決定戦に進める可能性がある。


リザルト、スタートリストはこちらで確認できます。

http://www.tissottiming.com/Competition/0003100003


明日のトラック2日目は、男女団体追抜(1回戦・決勝)、女子ケイリン(1回戦・2回戦・決勝)が行われます!

Connection: close