Hatena::ブログ(Diary)

CYCLIST FAN Twitter

2018-02-13 2018アジア選手権ロードレース最終日結果

[] 2018アジア選手権ロードレース最終日は男子ロードレース別府史之銀メダル獲得!

大会最終日は男子ロードレースが行われ、別府史之選手が銀メダルを獲得しています!


◎2月12日(最終日)

★男子エリートロードレース

f:id:cyclistfan:20180213040700j:image

日本からは別府、新城、小野寺、畑中の4選手が出場 Kenji NAKAMURA/JCF


f:id:cyclistfan:20180213040901j:image

新城 Kenji NAKAMURA/JCF


f:id:cyclistfan:20180213040941j:image

畑中別府 Kenji NAKAMURA/JCF


f:id:cyclistfan:20180213041023j:image

小野寺 Kenji NAKAMURA/JCF


f:id:cyclistfan:20180213041103j:image

ゴール。別府が2位で銀メダル獲得 Kenji NAKAMURA/JCF


f:id:cyclistfan:20180213041157j:image

表彰式 Kenji NAKAMURA/JCF


男子エリートロードレース(176km)

1位 MIRZA AL-HAMMADI Yousif Mohamed Ahmed UAE 3:50:32

2位 別府 史之(JPCAトレックセガフレード)3:50:32

3位 SOHRABI Mehdi IRI 3:50:32

5位 新城 幸也(JPCA・BAHRAIN MERIDA)3:51:10

16位 畑中 勇介(東京・チーム右京)3:54:53

26位 小野寺 玲(栃木宇都宮ブリッツェン)3:56:13

2018-02-12 2018アジア選手権ロードレース3日目&4日目結果

[] 2018アジア選手権ロードレース3日目&4日目は男子ジュニアロードで日野泰静、男子U23ロードで山本大喜が金メダル獲得! 女子ジュニアロードの岩元杏奈は銀メダル

2月10日(土)に行われた大会3日目と、11日(日)の大会4日目の結果をまとめてお伝えします!


◎2月10日(第3日目)

★男子エリート個人タイムトライアル

f:id:cyclistfan:20180212111718j:image

f:id:cyclistfan:20180212111743j:image

4位の別府史之 Kenji NAKAMURA/JCF


男子エリート個人タイムトライアル(42km)

1位 CHEUNG, King Lok HKG 49:53.649

2位 CHOE, Hyeongmin KOR 49:56.312

3位 MOAZAMI GODARZI, Arvin IRI 50:52.621

4位 別府 史之(JPCAトレックセガフレード)51:19.358


★男子ジュニアロードレース

f:id:cyclistfan:20180212111904j:image

スタート。日本からは4選手が出場 Kenji NAKAMURA/JCF


f:id:cyclistfan:20180212111947j:image

日野泰静が優勝! Kenji NAKAMURA/JCF


f:id:cyclistfan:20180212112105j:image

表彰式 Kenji NAKAMURA/JCF


男子ジュニアロードレース(106km)

1位 日野 泰静(愛媛・松山城南高校)2:32:38

2位 KROG Rex Luis PHI 2:32:49

3位 SAENKHAMWONG Wachirawit THA 2:33:01

10位 鳥倉 必勝(神奈川・ウォークライド)2:33:01

15位 山本 哲央(山梨韮崎高校)2:33:01

22位 香山 飛龍神奈川横浜高校)2:33:01


★女子ジュニアロードレース

f:id:cyclistfan:20180212112259j:image

ゴール。岩元杏奈が2位に入る Kenji NAKAMURA/JCF


f:id:cyclistfan:20180212112344j:image

表彰式 Kenji NAKAMURA/JCF


女子ジュニアロードレース(70km)

1位 CHIU Vivien HKG 1:59:40

2位 岩元 杏奈(宮崎・都城工業高校)1:59:40

3位 KURNOSSOVA Marina KAZ 1:59:40

7位 石上 夢乃神奈川 横浜創学館高校)1:59:40

12位 川口うらら(兵庫龍野高校)1:59:44

15位 太郎田水桜(東京東京成徳大学高校)1:59:47


◎2月11日(第4日目)

★男子アンダー23 ロードレース

f:id:cyclistfan:20180212112556j:image

f:id:cyclistfan:20180212112929j:image

日本からは4選手が出場 Kenji NAKAMURA/JCF


f:id:cyclistfan:20180212112659j:image

山本大喜が金メダル! Kenji NAKAMURA/JCF


f:id:cyclistfan:20180212113007j:image

表彰式 Kenji NAKAMURA/JCF


男子アンダー23 ロードレース(156km)

1位 山本 大喜(奈良鹿屋体育大学)3:34:05

2位 GANJKHANLOU Mohammad IRI 3:34:05

3位 SAINBAYAR Jambaljamts MGL 3:34:08

4位 石上 優大(神奈川・EQADS)3:34:13

10位 草場 啓吾(京都日本大学)3:34:44

14位 渡邉  歩(福島・EQADS)3:34:44


★女子エリート ロードレース

f:id:cyclistfan:20180212113122j:image

日本からは4選手が出場 Kenji NAKAMURA/JCF


f:id:cyclistfan:20180212113203j:image

ゴール。日本勢最上位は4位の吉川美穂 Kenji NAKAMURA/JCF


女子エリート ロードレース(106km)

1位 NGUYEN Thi That VIE 3:11:59

2位 HUANG Ting Ying TPE 3:11:59

3位 CHANG Yao TPE 3:11:59

4位 吉川 美穂(和歌山・Live GARDEN BICI STELLE)3:11:59

10位 唐見実世子(茨城弱虫ペダルサイクリングチーム)3:11:59

21位 樫木 祥子東京株式会社オーエンス)3:12:07

22位 福田 咲絵(神奈川慶應義塾大学/フィッツ)3:12:07


★女子アンダー23 ロードレース

f:id:cyclistfan:20180212113350j:image

日本勢最上位は6位の中井彩子 Kenji NAKAMURA/JCF


女子アンダー23 ロードレース(70km)

1位 LIU Zixin CHN 1:59:45

2位 SUN Jiajun CHN 1:59:50

3位 NGUYEN Mai Thi Thu VIE 1:59:56

6位 中井 彩子(宮崎・鹿屋体育大学)2:02:25

8位 下山美寿々(大阪大阪教育大学附属天王寺高校)2:03:22

12位 菅原 朱音鳥取八戸学院大学)2:09:49

2018-02-09 2018アジア選手権ロードレース2日目結果

[] 2018アジア選手権ロードレース2日目は女子エリート個人TTで唐見実世子が銅メダル、男子U23個人TTで松田祥位が銅メダル獲得! 女子U23個人TTの中井彩子は5位

2018アジア選手権ロードレース、大会2日目が終わりました。

本日はベテランの唐見実世子選手と、スーパー高校生・松田祥位選手が銅メダルを獲得しています!


◎2月9日(第2日目)結果

★女子エリート個人タイムトライアル

f:id:cyclistfan:20180209183034j:image

銅メダル獲得の唐見実世子 Kenji NAKAMURA/JCF


f:id:cyclistfan:20180209183152j:image

表彰式 Kenji NAKAMURA/JCF


女子エリート個人タイムトライアル(22km)

1位 LEE Jumi KOR 31:02.422

2位 HUANG Ting Ying TPE 31:53.084

3位 唐見実世子(茨城弱虫ペダルサイクリングチーム)32:18.127


★男子U23個人タイムトライアル

f:id:cyclistfan:20180209183329j:image

銅メダル獲得の松田祥位 Kenji NAKAMURA/JCF


f:id:cyclistfan:20180209183912j:image

表彰式 Kenji NAKAMURA/JCF


男子U23個人タイムトライアル(34km)

1位 SHI Hang CHN 40:46.654

2位 FUNG Ka Hoo HKG 41:06.863

3位 松田 祥位(岐阜岐阜第一高校)42:13.865


★女子U23個人タイムトライアル

f:id:cyclistfan:20180209184040j:image

5位の中井彩子 Kenji NAKAMURA/JCF


女子U23個人タイムトライアル(22km)

1位 LIU Zixin CHN 32:01.804

2位 LEUNG Wing Yee HKG 32:02.151

3位 MOHAMAD ZUBIR Nur Aisyah MAS 33:00.509

5位 中井 彩子(宮崎・鹿屋体育大学)33:46.387

2018-02-08 2018アジア選手権ロードレース初日結果

[] 2018アジア選手権ロードレースが開幕! 大会初日の日本勢は男子チームタイムトライアル金メダル、女子ジュニア個人タイムトライアルで石上夢乃銀メダル、男子ジュニア個人タイムトライアルは山本哲央5位

2月8日(木)〜12日(月)までの5日間にわたり、2018アジア選手権ロードレースミャンマーネピドーで開催されます。

日本からの出場選手は以下の通りJCFより発表されています。


第38回アジア自転車競技選手権大会

第25回アジア・ジュニア自転車競技選手権大会

開催場所:ミャンマーネピドー

開催日程:2018年2月8日(木)〜12日(月)

<男女エリート>(9名)

別府 史之(JPCAトレックセガフレード

畑中 勇介(東京・チーム右京)

中根 英登(愛知NIPPO VINI FANTINI) 

新城 幸也(JPCA・BAHRAIN MERIDA

小野寺 玲(栃木宇都宮ブリッツェン

唐見実世子(茨城弱虫ペダルサイクリングチーム)

吉川 美穂(和歌山・Live GARDEN BICI STELLE)

樫木 祥子東京株式会社オーエンス) 

福田 咲絵(神奈川慶應義塾大学/フィッツ)

<男女U23>(8名)

石上 優大(神奈川・EQADS)

山本 大喜(奈良鹿屋体育大学

渡邉  歩(福島・EQADS)  

草場 啓吾(京都日本大学

松田 祥位(岐阜岐阜第一高校

中井 彩子(宮崎・鹿屋体育大学

菅原 朱音鳥取八戸学院大学

下山美寿々(大阪大阪教育大学附属天王寺高校

<男女ジュニア>(8名)

山本 哲央(山梨韮崎高校)

日野 泰静(愛媛・松山城南高校)

鳥倉 必勝(神奈川・ウォークライド)

香山 飛龍神奈川横浜高校

石上 夢乃神奈川 横浜創学館高校)

川口うらら(兵庫龍野高校)

岩元 杏奈(宮崎・都城工業高校

太郎田水桜(東京東京成徳大学高校)


本日は大会初日の競技が行われ、日本勢は幸先の良いスタートを切っています!


◎2月8日(第1日目)結果

★男子チームタイムトライアル

f:id:cyclistfan:20180208195643j:image

優勝した日本チーム Kenji NAKAMURA/JCF


f:id:cyclistfan:20180208195748j:image

金メダルの笑顔! Kenji NAKAMURA/JCF


f:id:cyclistfan:20180208195923j:image

表彰式 Kenji NAKAMURA/JCF


男子チームタイムトライアル(70km)

1位 日本(新城・別府・小野寺玲・山本大・松田・畑中)1:23:15.556

2位 イラン 1:23:41.705

3位 ホンコンチャイナ 1:24:14.020


★女子ジュニア個人タイムトライアル

f:id:cyclistfan:20180208200425j:image

銀メダル獲得の石上夢乃 Kenji NAKAMURA/JCF


f:id:cyclistfan:20180208200546j:image

表彰式 Kenji NAKAMURA/JCF


女子ジュニア個人タイムトライアル(11km)

1位 KURNOSSOVA Marina KAZ 15:42.238

2位 石上 夢乃神奈川横浜創学館高校)16:14.125

3位 LEE Sze Wing HKG 16:14.266


★男子ジュニア個人タイムトライアル

f:id:cyclistfan:20180208201202j:image

5位の山本哲央 Kenji NAKAMURA/JCF


男子ジュニア個人タイムトライアル(22km)

1位 PRONSKIY Daniil KAZ 29:21.246

2位 CHU Tsun Wai HKG 29:54.554

3位 HUYNH Minh Nghia VIE 30:32.038

5位 山本 哲央(山梨韮崎高校)31:01.254

2017-12-21 「TEAM BRIDGESTONE Cycling」発足発表会レポート

[] ブリヂストンサイクル2018年のチーム体制を発表。トラック・ロード・MTB・パラサイクリングと幅広い選手が所属する新チーム「TEAM BRIDGESTONE Cycling」が発足!

f:id:cyclistfan:20171221203217j:image

東京2020を見据えた新チーム「TEAM BRIDGESTONE Cycling」


12月21日(木)、ブリヂストンサイクル株式会社2018年自転車競技チーム新体制の発表会が東京広尾にて開催されました。

ブリヂストンサイクルは、東京2020に向け、オリンピックパラリンピックメダル獲得を目指すべく、来年から自転車競技チームの体制を新たにすると発表。

チームの名称は、これまでの「ブリヂストン・アンカーサイクリングチーム」から、「TEAM BRIDGESTONE Cycling(チーム ブリヂストン サイクリング)に改称。

所属選手もトラック・ロード・MTB・パラサイクリングと幅広い布陣となりました。


◎「TEAM BRIDGESTONE Cycling」所属選手

★トラック/ロード

一丸尚伍、近谷涼、窪木一茂、橋本英也、今村駿介、沢田桂太郎原田裕成、石橋学、掘孝明、大久保陣

太田りゆ 

MTBクロスカントリー

沢田時、平野星矢 

★パラサイクリング

川本翔大、野口佳子 


◎機材サポート選手

トライアスロン

上田藍、ゴードンベンソン

★パラトライアルスロン

秦由加子、谷真海

★パラサイクリング

相園健太郎、藤井美穂福井万葉、倉林巧

★トラック

小林優香、小泉夢菜(若手育成)、中川涼(若手育成)

★サポートチーム

エカーズ(若手育成チーム)、チーム ユーラシア(若手育成チーム)


選手陣営東京2020オリンピックパラリンピックにおいて、メダル獲得を目指す有力選手を中心に編成したとのことで、特にトラック中距離は現在の強化指定選手の大部分が加入することに。

また、活動拠点を静岡県三島市に置くことも発表され、選手たちはイベント参加や自転車教室の開催など、地域貢献活動にも積極的に協力していくとのこと。


総監督を務める飯島誠氏や、選手たちに話を聞くと、ロードは基本的に国内の大会がメインとなり、トラックは海外遠征なども計画されているそうです。

現段階では詳細な活動プランは公表されませんでしたが、今後の動向が非常に注目されます。


f:id:cyclistfan:20171221203944j:image

「TEAM BRIDGESTONE Cycling」のメンバー一同が壇上に


f:id:cyclistfan:20171221204053j:image

今年3月までナショナルチームの中距離ヘッドコーチでもあった飯島誠氏が総監督に就任


f:id:cyclistfan:20171221204310j:image

トラック/ロード選手の代表として近谷涼選手が挨拶。近谷選手はブリヂストンの「アスリート・アンバサダー」も務める


f:id:cyclistfan:20171221204719j:image

パラサイクリング選手を代表して、今年の世界選手権で優勝を果たした野口佳子選手が挨拶


f:id:cyclistfan:20171221204902j:image

イタリアから戻ってきた窪木一茂選手もチームに加入。トラック中距離オリンピック種目は3つ(オムニアム・団体追抜・マディソン)ありますが、「やるからには全部に出場するつもりでやります」とキッパリ。


f:id:cyclistfan:20171221205726j:image

唯一のトラック短距離となる太田りゆ選手。もともと埼玉出身で、ブリヂストンサイクルのお膝元である上尾が地元という縁も


f:id:cyclistfan:20171221210452j:image

チームジャージも発表された


f:id:cyclistfan:20171221220244j:image

来年から選手が使用する自転車


f:id:cyclistfan:20171221210529j:image

新たなスタートを切る「TEAM BRIDGESTONE Cycling」の面々