Hatena::ブログ(Diary)

CYCLIST FAN Twitter

2017-07-04 2017台湾トラックカップI&II大会最終日レポート

[] 2017台湾トラックカップI&II大会最終日は男子スクラッチで今村駿介が優勝! 男子スプリントの和田真久留2位、女子スクラッチの鈴木奈央3位!

f:id:cyclistfan:20170704225454j:image

オムニアムに続き、スクラッチでも優勝を飾った今村駿介選手


f:id:cyclistfan:20170704225548j:image

男子スプリント2位の和田真久留選手


f:id:cyclistfan:20170704225800j:image

女子スクラッチ3位の鈴木奈央選手


2017台湾トラックカップI&II大会最終日のレポートです!

この日の日本勢は、ナショナルチームから男子スクラッチに今村駿介選手と松本憲斗選手、女子スクラッチには鈴木奈央選手と橋本優弥選手、そしてドリームシーカーの和田真久留選手が男子スプリントに出場しました。


まずは午前中に行われた女子スクラッチ。飛び出しを図る選手が出るたび、日本の2人が追って逃げを潰すという展開でレースが進み、結局集団のまま終盤へ。残り3周に入ると牽制がはじまり、集団はスローダウン。残り2周で橋本選手が一旦飛び出す様子を見せますが、すぐに集団に戻ります。残り1周でスパート合戦となり、一気にスピードが上がりますが、ここで鈴木選手、橋本選手ともに後方の位置取りとなってしまいます。鈴木選手が必死に追い上げを見せ、3着に入って辛くも表彰台を確保。橋本選手は8位という結果になりました。


男子スクラッチは出入りの激しいレースになるも、決定的な逃げはできないまま終盤へ。ここで今村選手の飛び出しをきっかけに集団が割れ、6人ほどの先頭集団と後続集団に分かれます。今村選手が先頭グループに入ったことで、松本選手は無理に前を追わず、後続集団でコントロール。残り1周で今村選手が先手を取ってスパートすると、マレーシアの選手も反応し、2人のマッチレースとなりますが、抑え切った今村選手が1着! 2日目のオムニアムに続き、見事優勝を飾りました。松本選手は後続集団の先頭を取って7位でレースを終えています。

レース後、今村選手は残り1周で先に仕掛けたことについて「(先頭グループの)最後尾からでもいける自信はあったが、自分で動いて決めたかった」と話していました。


初日に続いて、2大会目となる男子スプリントには和田選手が登場。初日のほうは予選7位スタート、1/4決勝で敗退というまさかの結果となってしまった和田選手ですが、最終日はきっちり合わせてきて、予選は10秒557の1番時計。1/8決勝はシードされ、1本勝負の1/4決勝を勝利。準決勝となる1/2決勝へ駒を進め、ここは台湾の選手を相手に3本目までもつれながらも勝利をあげ、1-2位決定戦へ名乗りをあげます。予選3位のカザフスタンの選手との対戦となった決勝は、接戦を繰り広げましたが、和田選手が一歩及ばず、敗れてしまいました。

和田選手は「予選1位だっただけに、やっぱり金メダルがほしかったですね。体力的な部分が課題」と、悔しそうな表情を見せていました。


ちなみに今大会の最終種目として行われた男子ケイリン決勝は、2日目に続き、マティウス・ブフリ選手が勝利。後続を大きくぶっちぎっての圧勝でした。今回のブフリ選手の参戦は「リオオリンピックメダリストがやってきた!」ということで、大会側としてもかなりの注目度だったようで、ブフリ選手のスタッフとして帯同していたお父さんまでレース中継の解説に呼ばれたり、ものすごい“ブフリフィーバー”でした(笑)。


f:id:cyclistfan:20170704234846j:image

午前中から凄まじい暑さの中で行われた女子スクラッチ


f:id:cyclistfan:20170704234948j:image

オムニアムに続いて優勝を狙った鈴木選手は3位


f:id:cyclistfan:20170704235048j:image

橋本選手は勝負どころの残り1周で後方に位置してしまい、8位


f:id:cyclistfan:20170704235150j:image

レース後のピットで佐藤コーチとレースを振り返る


f:id:cyclistfan:20170704235240j:image

女子スクラッチ表彰


f:id:cyclistfan:20170704235310j:image

「自分で先に動けばよかった」と反省し、悔しがる鈴木選手


f:id:cyclistfan:20170704235423j:image

男子スクラッチのスタート前。昨年もこの大会で優勝している今村選手は鈴木選手と橋本選手の応援に笑顔を見せる


f:id:cyclistfan:20170704235626j:image

2日目のオムニアムで2位に入った松本選手も虎視眈々と狙う


f:id:cyclistfan:20170704235757j:image

レースがスタート


f:id:cyclistfan:20170704235853j:image

終盤に入って集団が2つに割れた。ホーム側が今村選手の入った先頭集団。半周ほどの距離があいてバック側が松本選手のいる後続集団


f:id:cyclistfan:20170705000057j:image

今村選手がきっちり優勝を決め、松本選手もチームとしての仕事を果たし、ピットの雰囲気も和やか


f:id:cyclistfan:20170705000639j:image

男子スプリント予選1位の和田選手


f:id:cyclistfan:20170705000747j:image

1/2決勝。手強い台湾の選手に少々苦しめられるも勝利し、決勝進出を果たした和田選手


f:id:cyclistfan:20170705001005j:image

10秒8で予選3位のカザフスタンの選手と対戦した決勝。小柄ながらパワフルな走りにしてやられ、和田選手は敗れて2位という結果に


f:id:cyclistfan:20170705000912j:image

男子スプリント表彰


f:id:cyclistfan:20170705001325j:image

男子ケイリンの優勝はブフリ選手


f:id:cyclistfan:20170705001645j:image

世界の力を見せつけた


f:id:cyclistfan:20170705001922j:image

男子ケイリン表彰


f:id:cyclistfan:20170705002017j:image

表彰式後は記念撮影とサインぜめにあったブフリ選手。どこまで本当かわかりませんが、本人曰く「本国(オランダ)ではこんなに人気ではない」そうです(笑)