Hatena::ブログ(Diary)

CYCLIST FAN Twitter

2019-01-23 2018-2019トラックW杯第5戦ケンブリッジ大会最終日結果

[] 2018-2019トラックW杯第5戦ケンブリッジ大会最終日の日本勢は男子オムニアムの橋本5位。男子スプリント深谷8位、新田14位、渡邉19位。女子スクラッチの鈴木5位。女子マディソンの梶原&古山8位

f:id:cyclistfan:20190124015114j:image

男子オムニアム5位の橋本英也 Photo:Takenori WAKO


f:id:cyclistfan:20190124015115j:image

女子スクラッチ5位の鈴木奈央 Photo:Takenori WAKO


2018-2019トラックW杯第5戦ケンブリッジ大会も最終日となりました。

この日は男子スプリント、男子オムニアム、女子ケイリン、女子マディソン、女子スクラッチが行われ、日本からは女子ケイリンを除く4種目に出場しています。


まずは男子オムニアム。橋本選手は3種目終えて十分メダルを狙える位置にいましたが、残念ながらあと一歩届かず。

女子スクラッチの鈴木選手も、この種目は昨年の世界選手権で4位に入るなど得意とするところですが、やはりW杯、世界選クラスの国際大会表彰台は簡単にはいきませんね…。


男子スプリント深谷選手が第2戦ミルトン大会以来のシングルリザルトを獲得。


女子マディソンは本当に奮闘して頑張っているのですが、世界の強豪を相手に1点でもポイントを奪うことがどれほど難しいか、つくづく感じさせられます…。


では、現地から届いた写真とともに大会最終日の結果を振り返ります。


★男子スプリント

日本からは新田祐大選手、渡邉一成選手、深谷知広選手が出場。

今回は出走人数が少ないため全員が通過となる予選は、深谷選手が9秒873の10位、新田選手が9秒959の14位、渡邉選手が10秒098の19位で、次の1/16決勝へ。

1/16決勝では新田選手と渡邉選手が対戦し、新田選手が勝利深谷選手もAleksandr DUBCHENKO(ロシア)に勝利し、新田選手と深谷選手が1/8決勝へ進出。

1/8決勝では新田選手はJacob SCHMID(オーストラリア)に敗れて敗退となりますが、深谷選手は元世界王者のグレゴリー・ボジェ(フランス)から勝利をあげ、1/4決勝進出を決めます。

ベスト4を懸けた争いとなる1/4決勝、深谷選手はネーサン・ハート(オーストラリア)にストレートで敗れ、最終順位は8位。

その深谷選手を破ったハートが優勝を飾っています。


f:id:cyclistfan:20190124020131j:image

予選10位の深谷 Photo:Takenori WAKO


f:id:cyclistfan:20190124020132j:image

予選14位の新田 Photo:Takenori WAKO


f:id:cyclistfan:20190124020133j:image

予選19位の渡邉 Photo:Takenori WAKO


f:id:cyclistfan:20190124020136j:image

新田と渡邉は1/16決勝で対戦。ここは新田に軍配があがる


f:id:cyclistfan:20190124020135j:image

深谷も1/16決勝を勝利 Photo:Takenori WAKO


f:id:cyclistfan:20190124020137j:image

1/8決勝で敗れた新田 Photo:Takenori WAKO


f:id:cyclistfan:20190124020134j:image

深谷は1/8決勝も勝ち上がる Photo:Takenori WAKO


f:id:cyclistfan:20190124020138j:image

1/4決勝で敗れ、深谷のベスト4進出はならず Photo:Takenori WAKO


最終結果

1位 Nathan HART(オーストラリア

2位 Mateusz RUDYK(ポーランド

3位 Sebastien VIGIER(フランス

8位 深谷知広(日本)

14位 新田祐大(日本)

19位 渡邉一成(JPC)


★男子オムニアム

日本からは橋本英也選手が出場。

橋本選手は1種目めのスクラッチ3位、2種目めのテンポレース2位と、2種目終えた時点で暫定トップに立つ好調な滑り出しでしたが、3種目めのエリミネーションで10位となり、暫定4位に後退。それでも首位とは10点差、上位勢は接戦模様となる中、迎えた最終種目ポイントレースでしたが、思うように得点に繋がらず、5点獲得に留まり、最終的に5位でレースを終えました。

優勝はわずか1点差で逃げ切ったClaudio IMHOF(スイス)。


f:id:cyclistfan:20190124021619j:image

f:id:cyclistfan:20190124021620j:image

f:id:cyclistfan:20190124021621j:image

前半2種目をトップで折り返すも、後半で順位を落とし、惜しくも表彰台を逃す形となった橋本 Photo:Takenori WAKO


最終結果

1位 Claudio IMHOF(スイス) 113p

2位 Raman TSISHKOU(ベラルーシ) 112p

3位 Liam BERTAZZO(イタリア) 108p

5位 橋本英也(日本) 103p


★女子マディソン

12チーム出走。日本からは梶原悠未選手と古山稀絵選手が出場。

日本はポイントに絡めないままレースが進みますが、残すところ最終ポイント周回のみとなったところで、先手を打って飛び出しを図ります。1着を取ってジャンプアップを狙う日本ですが、逃げ切ることは叶わず。それでも4着に入り、2点獲得しての8位でフィニッシュとなりました。

優勝はイタリアとのマッチレースを制したベルギー


f:id:cyclistfan:20190124023250j:image

f:id:cyclistfan:20190124023251j:image

f:id:cyclistfan:20190124023252j:image

梶原&古山ペア Photo:Takenori WAKO


最終結果

1位 ベルギー 39p

2位 イタリア 27p

3位 ニュージーランド 9p

8位 日本(梶原・古山) 2p


★女子スクラッチ

日本からは鈴木奈央選手が出場。

鈴木選手は最終周回で追い上げを見せますが、あと一歩届かず5位でゴール。

優勝はイタリアのMartina FIDANZA。


f:id:cyclistfan:20190124023253j:image

f:id:cyclistfan:20190124023254j:image

持ち味のスピードを発揮し5位に入った鈴木 Photo:Takenori WAKO


最終結果

1位 Martina FIDANZA(イタリア

2位 Daria PIKULIK(ポーランド

3位 Jessie HODGES (SUBWAY NEW ZEALAND TRACK TRADE TEAM)

5位 鈴木奈央(日本)


★女子ケイリン

日本からの出場はありません。

決勝を制したのはリー・ワイジー(ホンコンチャイナ)。今季W杯ではスプリントで3勝を挙げていますが、ケイリンの優勝は今大会が初。


最終結果

1位 LEE Wai Sze(ホンコンチャイナ)

2位 Katy MARCHANT(イギリス

3位 Liubov BASOVA(ウクライナ


♦全種目のリザルトはこちらで確認できます。

http://www.tissottiming.com/2019/ctrwcV/ja-jp/Default/