Hatena::ブログ(Diary)

CYCLIST FAN Twitter

2019-01-28 2018-2019トラックW杯第6戦香港大会2日目結果

[] 2018-2019トラックW杯第6戦香港大会2日目の日本勢は男子ケイリンで河端朋之が銀メダル! 新田祐大は4位。男子オムニアムの橋本英也7位。女子スプリントの小林優香16位、太田りゆ24位。女子マディソン中村妃智&古山稀絵11位

f:id:cyclistfan:20190128022206j:image

男子ケイリン銀メダルの河端朋之


2018-2019トラックW杯第6戦香港大会2日目が終了しました。

この日は男子ケイリン、男子オムニアム、男子スクラッチ、女子スプリント、女子マディソンが行われ、日本からは男子スクラッチを除く4種目に出場。


初日の男子チームスプリント続き、2日目も日本勢がメダルを獲得しました!

男子ケイリン銀メダルを手にした河端選手は、2018年世界選手権で同じく銀メダルを獲得していますが、W杯のケイリンでは今回が初めてとなります。


では、大会2日目の結果を振り返ります。


★男子ケイリン

日本からは河端朋之選手と新田祐大選手が出場。

2着上がりの1回戦、河端選手は1着で2回戦進出となりますが、新田選手は3着で敗者復活戦へ。敗者復活戦は1着で新田選手も2回戦へ。

2回戦は新田選手1着、河端選手3着で揃って決勝進出を果たします。

決勝戦は残り1周で河端選手が4番手、新田選手が6番手と後方からの追い上げになりましたが、河端選手が2着に入り銀メダルを獲得。新田選手は5着で入線しましたが、Hugo BARRETTE(カナダ)が降格になったことで最終的に4位となりました。

優勝は先行で逃げ切ったテオ・ボス(Beat Cycling Club)。


f:id:cyclistfan:20190128022608j:image

決勝のレースを待つ6選手


f:id:cyclistfan:20190128022609j:image

最終周回2センター


f:id:cyclistfan:20190128022610j:image

ゴール Photo:Takenori WAKO


f:id:cyclistfan:20190128022611j:image

表彰


f:id:cyclistfan:20190128022612j:image

W杯ケイリンでは初めてのメダル獲得となった河端


f:id:cyclistfan:20190128022613j:image

お約束の(?)ブノワコーチとのツーショット撮影


最終結果

1位 Theo BOS(Beat Cycling Club)

2位 河端朋之 (JPC)

3位 OH Jeseok(韓国

4位 新田祐大(日本)


★女子スプリント

日本からは小林優香選手と太田りゆ選手が出場。

上位28名が通過となる予選は、小林選手が11秒147の16位、太田選手が11秒351の24位で、2選手とも1/16決勝進出。

1/16決勝では太田選手はLEE Hoi Yan Jessica(ホンコンチャイナ)に敗れますが、小林選手はMandy MARQUARDT(アメリカ)に勝利し、1/8決勝へ進みます。

予選1位のリー・ワイジー(ホンコンチャイナ)との対戦となった1/8決勝、小林選手は勝ち上がることができず、ここで敗退。

優勝は圧倒的な強さを見せたリー・ワイジースプリントでは今季W杯4勝目。


f:id:cyclistfan:20190128023501j:image

予選16位スタートとなった小林


f:id:cyclistfan:20190128023502j:image

太田は予選24位


f:id:cyclistfan:20190128023503j:image

1/16決勝を勝ち上がった小林だが、1/8決勝では今シーズン敵なしの強さを誇るリー・ワイジーに敗れる


最終結果

1位 LEE Wai Sze(ホンコンチャイナ)

2位 LEE Hyejin(韓国

3位 Simona RUPECKAITE(リトアニア

16位 小林優香(ドリームシーカー)

24位 太田りゆ(日本)


★男子オムニアム

日本からは橋本英也選手が出場。

橋本選手は1種目めのスクラッチ11位、2種目めのテンポレース10位、3種目めのエリミネーションは落車に巻き込まれながらも7位で、3種目終えて暫定10位につけます。最終種目のポイントレースではラップを含む25点を追加し、最終的に順位を3つ上げた7位でレースを終えました。

優勝はキャメロン・マイヤーオーストラリア)。暫定2位でスタートしたポイントレースでは、元世界王者の圧巻の走りで逆転に成功。


f:id:cyclistfan:20190128023505j:image

いい流れで来ていたエリミネーションで落車に巻き込まれた橋本


f:id:cyclistfan:20190128023504j:image

f:id:cyclistfan:20190128023506j:image

ポイントレースでは前半は得点に絡めず、一旦は順位を落とすも、ラップを決めるなど最終的に7位まで順位を上げた


f:id:cyclistfan:20190128023507j:image

f:id:cyclistfan:20190128023508j:image

その強さは健在だった! 伝説のポイントレーサー、キャメロン・マイヤーが優勝


最終結果

1位 Cameron MEYER(オーストラリア) 134p

2位 Benjamin THOMAS(フランス) 120p

3位 Campbell STEWART(ニュージーランド) 116p

5位 橋本英也(日本) 95p


★女子マディソン

18チーム出走。日本からは中村妃智選手と古山稀絵選手が出場。

日本は得点はできませんでしたが、メイン集団でレースを展開し、最終的に11位でフィニッシュしています。

優勝はベルギーとの一騎打ちを制したオランダ


f:id:cyclistfan:20190128025223j:image

f:id:cyclistfan:20190128025222j:image

今回は中村と古山のペアで臨み、11位


最終結果

1位 オランダ 29p

2位 ベルギー 24p

3位 イタリア 12p

8位 日本(中村・古山) 0p


★男子スクラッチ

日本からの出場はありません。

4人がラップに成功する中、優勝は中国のGUO Liang。


最終結果

1位 GUO Liang(中国

2位 Adrian HEGYVARY(アメリカ

3位 Clement DAVY(フランス