Hatena::ブログ(Diary)

CYCLIST FAN

2016-09-30 2016年女子短期登録選手が来日!

[] 2016年女子短期登録選手のクリスティナ・フォーゲル、リ・ケイシ、ケイティ・マーシャン、モニク・サリバンの来日記者会見開催 いよいよ10月よりガールズケイリンに参戦!

f:id:cyclistfan:20160930223940j:image

Photo:Takenori WAKO


今年の女子短期登録選手4名が来日し、本日都内で記者会見が行われました。

ケイリン世界チャンピオンのクリスティナ・フォーゲル選手をはじめ、ロンドンオリンピックケイリン3位で日本にも馴染みが深いリ・ケイシ(李慧詩)選手、リオオリンピックメダルを獲得し一躍ブレイクしたイギリスの新鋭ケイティ・マーシャン選手、国際大会でコンスタントな活躍を見せるモニク・サリバン選手と、今年の外国勢は凄すぎます!


外国人選手たちは10月から11月上旬まで日本のガールズケイリンに参戦し、すでに出場予定も決まっています。4選手が勢ぞろいする11月4日〜6日の京王閣はかなり盛り上がりそうですね!


f:id:cyclistfan:20160930224203j:image

Photo:Takenori WAKO

リ・ケイシ(李慧詩) 香港・29歳

★出場予定

◎10月2日〜4日 弥彦FII

◎10月15日〜17日 防府FII

◎10月23日〜25日 川崎FII(ナイター

◎11月4日〜6日 京王閣FI(ナイター


※リ・ケイシ選手は国際大会では名前の表記は“LEE wai sze”としており、日本語読みだと“リー・ワイジー”と表記されることが多いのですが、今回のガールズケイリンでは漢字表記の“李慧詩”、読み方は“リ・ケイシ”で統一されます。


f:id:cyclistfan:20160930225812j:image

Photo:Takenori WAKO

今日のリ選手のファッションはとても大人っぽくてセクシー! ジュニア時代からよく日本にも来ていて、競技大会で顔を合わすことも多いのですが、気づけば29歳の美しいレディになっておりました。


f:id:cyclistfan:20160930225146j:image

Photo:Takenori WAKO

モニク・サリバン カナダ・27歳

★出場予定

◎10月5日〜7日 松戸FI(ナイター

◎10月15日〜17日 防府FII

◎10月29日〜31日 平塚FI(ナイター

◎11月4日〜6日 京王閣FI(ナイター


f:id:cyclistfan:20160930225311j:image

Photo:Takenori WAKO

クリスティナ・フォーゲル ドイツ・25歳

★出場予定

◎10月5日〜7日 松戸FI(ナイター

◎10月15日〜17日 函館FII(ナイター

◎10月29日〜31日 平塚FI(ナイター

◎11月4日〜6日 京王閣FI(ナイター


f:id:cyclistfan:20160930225510j:image

Photo:Takenori WAKO

ケイティ・マーシャン イギリス・23歳

★出場予定

◎10月2日〜4日 弥彦FII

◎10月15日〜17日 函館FII(ナイター

◎10月23日〜25日 川崎FII(ナイター

◎11月4日〜6日 京王閣FI(ナイター


先週来日した4選手は、これまで競輪学校でレースに向けた準備を行っていたのですが、先日実際の競走を想定した「競走訓練」が実施されました。日本人選手は杉沢毛伊子選手、小川美咲選手、鈴木奈央選手が参加し、外国人選手4名とレースを行ったのですが、その模様を少しご紹介。


f:id:cyclistfan:20160930231427j:image

周回練習中の外国人選手たち。


f:id:cyclistfan:20160930231549j:image

これから競走訓練に臨む。


f:id:cyclistfan:20160930231711j:image

自転車は各選手自前のもの。黒いフレームはマーシャン選手の自転車で、ロンドンオリンピックイギリスナショナルチームが使用したモデルのよう。


f:id:cyclistfan:20160930232059j:image

レースは3本行われ、訓練なので完全に全力というわけではないながらも、やはり外国勢の迫力はさすが。


f:id:cyclistfan:20160930232223j:image

実際のレースが楽しみです!

2016-09-12 2016年男子短期登録選手が来日!

[] 今年はテオ・ボス、フランソワ・ペルビス、リオオリンピックメダリストのマティエス・ブフリら5選手が参戦! 2016年男子短期登録選手の来日記者会見レポート


f:id:cyclistfan:20160912224524j:image


外国人選手が日本の競輪を走る短期登録制度、2016年は男子も女子も超豪華メンバーが参戦です!

今年は男子5選手、女子4選手が出場予定で、男子は9月〜12月まで、女子は10月〜11月上旬まで日本のレースに参加します。

なお、男子はこれまではFIグレードの開催にしか出場していませんでしたが、今回はその上のグレードとなるGIII開催にも出場。また、競輪用の自転車ではなく競技用の自転車を使って行われる一発レースの「エボリューション」にも外国人選手が登場するなど、今年は一層新しい試みが行われていますので、ぜひご注目ください!


まずは男子選手が来日し、本日記者会見を行いました。

男子はフランソワ・ペルビス(フランス)、マティエス・ブフリ(オランダ)、デニス・ドミトリエフ(ロシア)、シェーン・パーキンス(オーストラリア)、テオ・ボスオランダ)の5名。

ちなみに女子も今月末に勢揃いし、記者会見を行う予定です。


f:id:cyclistfan:20160912225209j:image

フランソワ・ペルビス(フランス・31歳)


競輪参戦歴5回(2010年、2012年〜2015年

★9月〜10月の出場予定

◎9月27日 玉野GIII ※エボリューションのみ

◎10月4日〜6日 大宮FI

◎10月11日〜13日 小田原FI

以降、一時帰国予定


ペルビス選手は今年で6回目の来日。もう日本の競輪でもお馴染みとなりました。ペルビス選手は大の日本好きで、日本での生活もとても楽しいと言います。短期登録で来日する外国人選手たちは、共同生活をしているメンバーもいれば、一人暮らしを選ぶ選手もいて、ペルビス選手は後者。一人の時間も大事にしたいタイプのようで、特に不便もないのだとか。

昨年は競輪で優勝1回と、ペルビス選手にしてはちょっと物足りなかったのですが、今年はまた暴れてくれるでしょう!



f:id:cyclistfan:20160912232432j:image

マティエス・ブフリ(オランダ・23歳)


競輪参戦歴1回(2015年

★9月〜10月の出場予定

◎9月24日(土)〜27日(火) 玉野GIII

◎10月4日〜6日 大宮FI

◎10月12日〜14日 別府FI

◎10月26日〜28日 名古屋FI


今年が2回目の競輪参戦となるブフリ選手。初参加だった昨年は優勝5回、勝率は8割近くと、かなりの活躍でした。今年も期待して間違いなさそうですね!

リオでは、オリンピック初出場でケイリン銀メダルを獲得。あのメンバー、あの大舞台で2位に入るわけですから、やはり力は本物です。まだ23歳ということを考えると、この先もっともっと強くなるのではないでしょうか。楽しみな選手です!


f:id:cyclistfan:20160912233816j:image

ちなみにこの写真、銀メダルを見せてほしいというカメラマンの要望でブフリ選手がポーズをとったのですが、なぜが隣にドミトリエフ選手が寄り添い、一緒にメダルを持って微笑むという、よくわからないツーショットになっています(笑)。



f:id:cyclistfan:20160912234424j:image

デニス・ドミトリエフ(ロシア・30歳)


競輪参戦歴2回(2014年2015年

★9月〜10月の出場予定

◎9月24日(土)〜27日(火) 玉野GIII

※10月の出場予定なし(ナショナルチームの合宿等のため帰国


2014年から競輪に参戦しているドミトリエフ選手。最初の年は競技ケイリンとの違いに戸惑うことが多かったそうで、優勝もなかったのですが、昨年は2回優勝を飾り、少しずつ日本の競輪に順応してきているようです。もともと競技でもケイリンよりもスプリントのほうが得意で、リオではあの異次元の強さだったジェイソン・ケニーから唯一1本取って、銅メダルを手にしました。もともと持っている力は凄まじいだけに、今年こそは日本でも大ブレイクするかもしれませんよ!

ドミトリエフ選手はとにかく茶目っ気たっぷりで、愛嬌いっぱいの選手。短期登録のメンバーの中でもムードメーカー的な存在なのか、常にみんなを笑わせています。日本のファンから「ドミちゃん」と呼ばれるのがとても嬉しいそうなので、ぜひ競輪場でドミちゃんコールで応援してあげてください!



f:id:cyclistfan:20160913000559j:image

シェーン・パーキンス(オーストラリア・29歳)


競輪参戦歴6回(2009年〜2010年、2012年〜2015年

★9月〜10月の出場予定

◎9月24日(土)〜27日(火) 玉野GIII

◎10月2日〜4日 四日市FI(ナイター

◎10月11日〜13日 小田原FI

◎10月26日〜28日 名古屋FI


パーキンス選手は今年で7回目の競輪参戦。優勝の数もすごいですが、勝率は8割を超え、2連対率はなんと9割超え! もうパーキンス選手を買っておけば間違いありません。安心して勝負に出られる、有難い選手です(笑)。

そんなパーキンス選手ですが、若手の台頭が続くオーストラリアにあって、リオオリンピックには出場できませんでした。リオのレースは、自国のテレビ放送のコメンテーターとして観戦したそうで、そこに自分がいない悔しさとともに、先を見据える気持ちも沸いたと言います。まだまだ諦めず、以前のようにW杯世界選手権、そしてオリンピックで活躍することを目指していると話すパーキンス選手。新田祐大選手が立ち上げたトラックチーム「ドリームシーカー」に入ったことも、そんな気持ちの表れであり、情熱はいささかも衰えていないと感じました。

競輪だけでなく、パーキンス選手の今後の競技活動にも注目したいですね。



f:id:cyclistfan:20160913002433j:image

テオ・ボスオランダ・33歳)


競輪参戦歴4回(2003年、2005年〜2007年) ※短期登録制度では初出場

★9月〜10月の出場予定

◎9月27日 玉野GIII ※エボリューションのみ

◎10月2日〜4日 四日市FI(ナイター

◎10月12日〜14日 別府FI

◎10月26日〜28日 名古屋FI


テオ・ボス選手が久々に帰ってきました! 今年の短期登録選手のなかでもやはり一番注目を浴びていましたが、いつの間にやら33歳になっていて、今回のメンバーでは最年長。しみじみ時間の流れを感じます…。

それにしてもトラック短距離で世界の頂点を極めた選手が、長距離のロードに転向し、再び短距離に戻ってくるという、かなり特異な経歴の持ち主となったボス選手。「ロードのほうは辞めるのか?」という質問に対し、「まだはっきりとはわからないが」と前置きをしたうえで、ロードはもう走らない可能性を示唆していたので、ボス選手としては完全にトラック競技にシフトする意向があるようです。ロードの経験を生かしてオムニアムへの参戦も聞いてみたのですが、オムニアムには興味がないそうで、「短距離がやりたい」ときっぱり。メインはもちろんケイリンのようです。

昨年から本格的にトラック短距離に復帰し、リオにも出場したものの、やはりブランクがあるということで、今回の日本の競輪参戦にも多少不安はあると口にしていましたが、どんなレースを見せてくれるのでしょうか。かなり興味深いです!

2015-04-21 今年も外国人選手が日本の競輪を走る!

[] 世界チャンピオンのフランソワ・ペルビスを筆頭に、今年も世界のトップ選手が日本の競輪に参戦!

今年も短期登録制度で、外国人選手が日本の競輪を走ります!

昨年から引き続きのフランソワ・ペルビス(フランス)、シェーン・パーキンス(オーストラリア)、シュテファン・ボティシャー(ドイツ)、デニス・ドミトリエフ(ロシア)に加え、オランダの新鋭マティエス・ブフリ(オランダ)が初参戦。

全選手すでに来日しており、早い選手は4月の開催から出場しますので、ぜひチェックしてみてください!


尚、昨年はガールズケイリンにも女子選手が参戦していましたが、リオデジャネイロオリンピックも来年に迫る中、今年は海外勢のスケジュール調整が難しかったそうで、残念ながら女子選手の参加はありません。


♦︎外国人選手のプロフィールや昨年の成績、近況の出場予定などは競輪公式サイト『KEIRIN.JP』の特設サイトで!

http://keirin.jp/pc/dfw/portal/guest/report/kokusai/H27/racer.html


♦︎各選手のインタビューはこちらでどうぞ。

http://keirin.jp/pc/dfw/portal/guest/column/tokusyu/2015/20150417.html


今年は4月12日に来日し、成田空港で全選手集合してから日本滞在中の拠点となる修善寺へと出発していましたが、成田空港でメディア取材が行われました。


f:id:cyclistfan:20150422004300j:image

フランソワ・ペルビス(フランス 30歳)


言わずと知れた世界チャンピオン、ペルビス選手は今年で競輪参戦5回目となります。「日本の競輪を走るようになって強くなった」と常に口にするペルビス選手。サービス精神も旺盛で、“日本大好き”をアピールしまくってくれます(笑)。今年もその圧倒的な走りに注目です!



f:id:cyclistfan:20150422004944j:image

シェーン・パーキンス(オーストラリア 28歳)


競輪参戦は6回目となるパーキンス選手。昨年は国際大会ではあまり目立った成績が残せなかったと本人も話していましたが、今は調子もいいようで、「日本の競輪では大丈夫!」とのこと。いつも笑顔で好青年のパーキンス選手ですが、この日は朝6時すぎに成田空港に到着し、5時間以上も待ち時間があったのでさすがに少々お疲れの表情をしていました(笑)。



f:id:cyclistfan:20150422004945j:image

シュテファン・ボティシャー(ドイツ 23歳)


競輪参戦2回目となるボティシャー選手ですが、昨年の連対率は90%以上と、車券を買うファンにとっては本当に有難い存在です(笑)。本人もかなり自信を持っているようですので、今年もがっちり狙えそうですよ!



f:id:cyclistfan:20150422004946j:image

デニス・ドミトリエフ(ロシア 29歳)


ボティシャー選手と同じく、昨年が競輪初参戦だったドミトリエフ選手ですが、日本の競輪の独特なスタイルに少々苦戦したようで、昨年は思ったような成績が残せなかったといいます。「初めてのことばかりでいろいろ考えすぎてしまった」ということですが、今年はだいぶ消化できたそうで、期待したいですね!

ちなみに、ドミトリエフ選手はこの日一番最後に到着したこともあり、ものすごく元気で、今流行りの自撮り棒を持参し、他の選手のインタビューを邪魔(?)したりと遊び放題でした(笑)。



f:id:cyclistfan:20150422004947j:image

マティエス・ブフリ(オランダ 22歳)


今年が競輪初参戦となるブフリ選手。実は1日前に日本に到着していて、時間があったので東京周辺(新宿あたりでしょうか?)に行ってみたそうで、予想以上の街の大きさにかなり驚いたようです。

事前に日本の競輪の研究を熱心にしてきたようで、どんな走りを見せてくれるのか楽しみですね!



f:id:cyclistfan:20150422004948j:image

自撮り棒にスマホをセッティングする「ドミさん」こと、ドミトリエフ。


f:id:cyclistfan:20150422004949j:image

みんなで賑やかに撮影中!

2014-04-29 女子も男子も海外勢が参戦中!

[] ガールズだけじゃない! 男子も外国人選手が日本の競輪に参戦中! 今季はシュテファン・ボティシャー(ドイツ)とデニス・ドミトリエフ(ドイツ)が初登場!!

ガールズケイリンでは現在、短期登録選手として海外からミリアム・ベルテ選手とエレナ・カサスロイヘ選手が参戦中ですが、男子のほうも4月中旬に短期登録選手が来日し、一部の選手はすでにレースを走っています。


今季の短期登録選手は以下の6選手です。


f:id:cyclistfan:20140430011234j:image

フランソワ・ペルビス(フランス


f:id:cyclistfan:20140430011235j:image

サイモン・バンベルトーヘン(ニュージーランド)


f:id:cyclistfan:20140430011237j:image

アンドレイ・ビノクロフ(ウクライナ)


f:id:cyclistfan:20140430011238j:image

シェーン・パーキンス(オーストラリア


f:id:cyclistfan:20140430011239j:image

シュテファン・ボティシャー(ドイツ


f:id:cyclistfan:20140430011240j:image

デニス・ドミトリエフ(ドイツ


6選手とも来日時に成田空港で取材させていただいたのですが、これが面白かった!

昨シーズンは1kmTTでの驚異的な世界記録の樹立や、世界選での3冠など大活躍だったペルビス選手は日本語をたくさん知っていてサービス精神いっぱい。常に笑顔で丁寧に対応してくれ、まさにミスターナイスガイ!のパーキンス選手など、6選手それぞれのカラーがあって皆さんとても魅力的! レースも楽しみです!!


今季初めて日本の競輪に参戦するのはボティシャー選手とドミトリエフ選手。

ボティシャー選手はまだ22歳と若いのですが、ひとつの質問にもとても丁寧にたくさんの言葉を返してくれ、真面目な好青年といった雰囲気でした。ちょっと驚いたのはドミトリエフ選手。W杯などで何度か実際に顔を見ているのですが、かなり印象が違う気がして…(気のせい??)。ちなみにドミトリエフ選手はビノクロフ選手と同じ飛行機で成田に到着し、2人一緒に現れたのですが、ビノクロフ選手がスキンヘッドになっていたこともあり(!)、一瞬どちらがどちらなのか判断できず、ちょっとうろたえてしまいました…。ドミトリエフ選手は以前から日本にかなり興味があったそうで、日本を訪れたことのある友人たちからは日本のことを『まるで別世界のようだ』と聞いているそうです。


ペルビス選手、ボティシャー選手、ドミトリエフ選手のインタビューは競輪公式サイト『KEIRIN.jp』内の月刊競輪WEBに掲載されています。

http://keirin.jp/pc/dfw/portal/guest/column/tokusyu/2014/20140425.html


他にもこの月刊競輪WEBでは短期登録選手の動画や競輪関係の情報はもちろん、先日行われた全日本トラックの動画もありますので、ぜひ色々とチェックしてみてください!

http://keirin.jp/pc/dfw/portal/guest/column/index.html


今回が競輪初参戦となるボティシャー選手とドミトリエフ選手は、4月30日(水)〜5月2日(金)の西武園競輪での開催が初戦となりますので、注目ですよ!

インターネットでのライブ配信も開催場のHPや『KEIRIN.jp』から観られますので、ぜひご利用を。


明日の関東は雨が降りそうなのですが、「ドイツでは雨の中バンクを走ることはあり得ない」と話していたボティシャー選手。日本の競輪は雨の日も関係なく走るので「いい経験になると思う(笑)。でもずぶ濡れになっちゃうのかな…?」とちょっと心配そうな顔をしていたのですが、初戦から早々に洗礼を浴びそうでなんだか可哀想な…。ともかく頑張ってほしいですね!

2014-03-24 競輪学校105・106回生の卒業記念レースは明日から開催!

[] 日本競輪学校第105・106回生卒業記念レースは3月25日(火)〜26日(水)に平塚競輪場で開催!

昨年5月に日本競輪学校に入学した第105回生(男子)と第106回生(女子3回生)が、いよいよ卒業の時を迎えます。


卒業式は3月28日(金)ですが、それに先立ち、3月25日(火)〜26日(水)までの2日間に渡り、神奈川県の平塚競輪場において卒業記念レースが行われます。

平日の開催ではありますが、観戦は無料ですので、ご都合のつく方はぜひ未来の競輪界を背負って立つ生徒たちの走りを楽しんでください!


♦第105・106回生卒業記念レースの特設サイトはこちら。タイムスケジュールやレース展望、全生徒の名簿やデータも掲載されています!

http://keirin.jp/pc/dfw/portal/guest/nkg/report/105_106_graduationrace/annnai.html


平塚競輪場のHPはこちら。

http://www.shonanbank.com


♦レース結果は競輪公式サイト「KEIRIN.jp」で掲載されるかと思います。

http://keirin.jp/


競輪情報サイト『KEIRIN MAGAZINE WEB』も取材に行っていますので、レース後に写真やレポートがアップされるかも? 

トップページはこちら。http://www.keirinmagazine-web.com/

レポートページのアドレスはこちら。 http://blog.goo.ne.jp/keirinblogmagazine

ツイッターのアドレスはこちら。 https://twitter.com/KEIRINmagazine