Hatena::ブログ(Diary)

CYCLIST FAN

2016-09-15 2016ジャパンカップは10月21日(金)〜23日(日)開催!

[] 2016ジャパンカップサイクルロードレース記者発表会 今年のクリテリウムスペシャルチームにはテオ・ボスらとともに競輪界から渡邉一成、金子幸央が参戦!


f:id:cyclistfan:20160916001753j:image


9月13日(火)、「2016ジャパンカップサイクルロードレース」の記者発表会が恵比寿スバルショールームSUBARU STAR SQUARE」で開催されました。


◎2016ジャパンカップ開催日程

10月21日(金) チームプレゼンテーション

10月22日(土) クリテリウム

10月23日(日) ロードレース


◎出場チーム

UCIワールドチーム 6チーム

トレックセガフレード

ビーエムシー・レーシング・チーム

キャノンデール・ドラパック・プロサイクリングチーム

ランプレメリダ

オリカ・バイクエクスチェンジ

チーム・スカイ


UCIプロコンチネンタルチーム 2チーム

ニッポ・ヴィーニ・ファンティーニ

チーム・ノボノルディス


UCI海外コンチネンタルチーム 1チーム

アタッキ・チーム・グスト


UCI国内コンチネンタルチーム 6チーム ※9月13日時点での暫定

チーム右京

キナンサイクリングチーム

ブリヂストンアンカーサイクリングチーム

宇都宮ブリッツェン

マトリックスパワータグ

那須ブラーゼン


★日本ナショナルチーム


クリテリウムスペシャルチーム ※クリテリウムのみの出場

渡邉一成(競輪

金子幸央(競輪

テオ・ボス(チーム・ディメンションデータ)

エドヴァルド・ボアソン・ハーゲン(チーム・ディメンションデータ)

小坂光(宇都宮ブリッツェン


記者会見では、それぞれのチームの現時点での出場予定選手も発表されたのですが、一番の驚きはトレックファビアン・カンチェラーラ選手。カンチェラーラ選手は今季で引退を表明しているのですが、なんとこのジャパンカップが引退レースとなる予定とのこと! クリテリウムのみの出場だそうですが、最後の勇姿をぜひ見たいですよね。日本のファンだけでなく、世界も注目するレースになりそうです。


さらに昨年のクリテリウムで日本人初の優勝を飾った別府史之選手(トレックセガフレード)、ロードレース表彰台に上がった新城幸也選手(ランプレメリダ)も、もちろん出場予定となっています!


クリテリウムスペシャルチームには、現在短期登録制度で来日中のテオ・ボス選手と、チームメイトのエドヴァルド・ボアソン・ハーゲン選手が参加。ボス選手は前日の短期登録の記者会見でも、ロードからトラックに完全にシフトする可能性を示していましたが、この日会場で流されたビデオメッセージでも「もしかしたら最後のロードレースになるかもしれない」とコメントしていたので、本当にロードを走る姿はこれで見納めになるかもしれません。

毎年、競輪選手も参加しているクリテリウムスペシャルチームですが、今年は渡邉一成選手と金子幸央選手が出場します。渡邉選手は初めてクリテリウムが行われた2010年大会以来、6年振りの参戦。地元の金子選手は昨年に続いて2度目となり、ぜひ競輪選手初の完走を果たしてほしいところです。


また、メンバーはまだ発表されませんでしたが、クリテリウムに先立ってガールズケイリン選手のレースも行われます。選手たちはレースだけでなく、トークショーやイベントなどにも参加しますので、競輪ファンの皆さんもぜひ宇都宮に観戦にいらしてください!


◎詳細な情報は2016ジャパンカップサイクルロードレース公式サイトで!

http://www.japancup.gr.jp


f:id:cyclistfan:20160916002200j:image

25周年記念大会となる今年のジャパンカップ。情報盛りだくさんで行われた記者発表会


f:id:cyclistfan:20160916002201j:image

今回のクリテリウムは従来の1周1.55kmから2.25kmに延長され、周回数は減るものの、総距離を伸ばして行われる


f:id:cyclistfan:20160916002203j:image

クリテリウムスペシャルチームのメンバー。相変わらずのごちゃ混ぜ感はあるものの(笑)、こんなすごい混成チームを見られるのはジャパンカップだけ


f:id:cyclistfan:20160916002204j:image

ビデオメッセージを寄せたテオ・ボス。10月は競輪も3開催出場予定


f:id:cyclistfan:20160916002205j:image

宇都宮の市街地で行われるクリテリウム。現地で観戦するなら早めの場所取りをお勧めします!


f:id:cyclistfan:20160916002206j:image

森林公園で行われるロードレース。こちらも毎回すごい人出!

2015-09-16 2015ジャパンカップは10月16日(金)〜18日(日)開催!

[] 2015ジャパンカップサイクルロードレース記者発表会レポート 今年のロードレースは大雨被害のためコース短縮で開催。クリテリウムには競輪界から浅井康太、金子幸央が出場!

本日9月16日(水)、「2015ジャパンカップサイクルロードレース」の記者発表会が恵比寿スバルショールームSUBARU STAR SQUARE」で開催されました。


★今年のジャパンカップは以下の日程で開催されます。

10月16日(金) チームプレゼンテーション

10月17日(土) クリテリウム

10月18日(日) ロードレース


尚、この記者発表会の中で、宇都宮市森林公園で行われるロードレースについて一部コース変更の発表がありました。

先日の台風18号の大雨被害により、コースの一部が土砂崩れで使用できない状況のため、今大会はこの部分をショートカットし、周回距離を短縮してレースが行われるとのこと。カットされる部分は「下野萩の道」から「鶴カントリークラブ」にかけてのエリアで、通常大会の最終周回で使われているコースと同じものになります。

通常コースは1周14.1kmですが、短縮コースでは1周10.3kmとなり、今回はその短縮コースを14周する総距離144.2kmで争われます。


★出場チームは以下のように決定しています。

◎海外チーム 計8チーム

ビーエムシー・レーシング・チーム

ランプレメリダ

トレック・ファクトリー・レーシング

チーム・キャノンデール・ガーミン

チーム・スカイ

ニッポ・ヴィーニ・ファンティーニ

チーム・ノボノルディス

アタック・チーム・ガスト


★国内チーム 7チーム

宇都宮ブリッツェン

ブリヂストンアンカーサイクリングチーム

チーム右京

マトリックスパワータグ

愛三工業レーシングチーム

那須ブラーゼン

日本ナショナルチーム


クリテリウムスペシャルチーム ※クリテリウムのみ出場

浅井康太(競輪

金子幸央(競輪

スティール・ヴォン・ホフ

橋本英也(鹿屋体育大学

小坂光(那須ブラーゼン)


クリテリウムスペシャルチームには毎年、競輪界からもトップ選手が参戦しているのですが、今年は2013年に続いて2度目となる浅井康太選手に、地元栃木の若手ホープ・金子幸央選手が出場します!

また、今回の記者発表会ではまだオープンな情報はありませんでしたが、ガールズケイリンの選手たちも大会に参加予定ですので、競輪ファンの皆さんもぜひ宇都宮に来て盛り上がりましょう!


大会公式サイトでは、コース変更についての詳細や、現時点での出場予定選手、関連グッズなど様々な情報が掲載されていますので、ぜひともチェックを!


★2015ジャパンカップサイクルロードレース公式サイト

http://www.japancup.gr.jp


f:id:cyclistfan:20150916224412j:image

佐藤栄一宇都宮市長による挨拶


f:id:cyclistfan:20150916224414j:image

ロードレースのコース短縮が発表された


f:id:cyclistfan:20150916224415j:image

レースの観戦マナーを紹介した映像。年々観客数が増えるジャパンカップならでは。公式サイトにアップされているので、観戦前にぜひご覧を


f:id:cyclistfan:20150916224417j:image

絹代さん、栗村修さん、今中大介さんのお馴染みの顔ぶれによる出場チーム紹介


f:id:cyclistfan:20150916224416j:image

クリテリウムスペシャルチームのメンバー


f:id:cyclistfan:20150916224419j:image

2013年に出場したときの浅井選手


f:id:cyclistfan:20150916224420j:image

クリテリウムのあとはトークショーにも参加


f:id:cyclistfan:20150916224421j:image

国内チームの監督も交えて今大会を展望。左からマトリックスパワータグの安原監督宇都宮ブリッツェンの清水監督、那須ブラーゼンの清水監督、チーム右京の土井選手(監督代行として登壇)


f:id:cyclistfan:20150916224422j:image

マイクを逆さまに持ってボケる原監督(笑)。際どいトークも炸裂し、ステージは安原監督の独壇場に(笑)


f:id:cyclistfan:20150916224423j:image

今年もJALキャビンアテンダントさんが花を添える


f:id:cyclistfan:20150916224424j:image

最後は全員でフォトセッション

2014-09-12 2014ジャパンカップは10月18日〜19日開催!

[] 2014ジャパンカップサイクルロードレース記者発表会 今年はカンチェラーラやペタッキ、競輪界からは村上義弘が参戦!

本日9月12日(金)、東京スカイツリータウン内にある「東京ソラマチ」にて2014ジャパンカップサイクルロードレースの記者発表会が行われました。

今年のジャパンカップは10月18日(土)に宇都宮市街地でのクリテリウム、19日(日)に宇都宮市森林公園でのロードレースが開催されます。


出場チームは以下の通り発表されています。


UCIプロチーム

ガーミン・シャープ

キャノンデール・プロサイリング

ランプレメリダ

チーム・ヨーロッパカー

チーム・スカイ

ティンコフ・サクソ

トレック・ファクトリー・レーシング


UCIプロコンチネンタルチーム

ドラパック・プロフェッショナル・サイクリング

チーム・ノボノルディス


♦国内チーム(UCIコンチネンタルチーム)

5チーム+主催者招待枠1チーム

※主催者招待枠は必要に応じて選抜


♦日本ナショナルチーム


クリテリウム・スペシャルチーム ※クリテリウムのみ参加


出場メンバーでは、ヨーロッパカーの新城幸也選手、トレック別府史之選手の参加が決定! 新城選手はかなり久しぶりのジャパンカップ参戦、別府選手もここ数年はクリテリウムのみの参加でしたので、これは楽しみですね。しかも2人ともチームのエースとして走る予定のようですので、期待が膨らみます!

さらにトレックからは、なんとあのファビアン・カンチェラーラが出場予定!! これはすごい…。


また、クリテリウムスペシャルチームには、現段階でアレサンドロ・ペタッキ(オメガファーマ・クイックステップ)と、競輪界から村上義弘選手の参加が発表されています。ペタッキの出場もかなりのビッグニュース!

村上選手は選手会脱退騒動のペナルティとして、当初1年という長期間の競輪競走への出場自粛勧告を受けましたが、その後自粛期間短縮となり、8月から競走に復帰しています。村上選手にとって今年はとても辛く、重い苦しみを味わったことだろうと思いますが、ジャパンカップでは一人のサイクリストとして楽しんでほしいですね。

なお、残りの3選手は後日発表となります。


今年はクリテリウム開催5周年記念ということで、新たなイベントも予定されています! 10月11日(土)〜12日(日)に宇都宮城址公園で行われるシクロクロスレースや、「レジェンドクリテリウム」と銘打たれた謎に包まれたレース(往年の名選手によるレース??)など、これまでにない試みも盛りだくさんのようです。

詳細は発表されませんでしたが、ガールズケイリンの選手たちのイベントもあるようですので、ご都合のつく方はぜひ宇都宮にお越し下さい!


♦詳細は2014ジャパンカップ公式サイトをご覧下さい。

http://www.japancup.gr.jp


f:id:cyclistfan:20140913034327j:image

記者発表会会場には出場チームのジャージとバイクを展示。


f:id:cyclistfan:20140913034328j:image

佐藤栄一宇都宮市長の挨拶。


f:id:cyclistfan:20140913034329j:image

JCFの大島研一副会長の挨拶。


f:id:cyclistfan:20140913034330j:image

左からMCの絹代さん、宇都宮ブリッツェンTAの栗村修さん、大会オブザーバーの今中大介さん。お馴染みのお3方で、出場チームやメンバー、大会の魅力についてを紹介。


f:id:cyclistfan:20140913034331j:image

ついに出場が実現したヨーロッパカーの新城選手からのビデオレター。


f:id:cyclistfan:20140913034332j:image

ロードレースのほうには久々の出場となる別府選手からのビデオレターも。


f:id:cyclistfan:20140913034333j:image

大会オリジナルジャージ。左は、今大人気の『弱虫ペダル』とコラボしたもの。


f:id:cyclistfan:20140913034334j:image

JALキャビンアテンダントさんも交え、記念撮影。

2013-08-20 今年のジャパンカップは10月18日(金)〜20日(日)開催!

[] UCIプロチームが史上最多の7チーム参戦! 2013ジャパンカップ記者発表会レポート

本日8月20日(火)、羽田空港第1旅客ターミナルビル6Fギャラクシーホールにて『2013ジャパンカップサイクルロードレース記者発表会』が行われました。

今年のジャパンカップは10月18日(金)〜20日(日)の3日間に渡り、宇都宮で開催。18日がチームプレゼンテーション、19日がクリテリウム、20日が本戦となるロードレースが行われます。

今回はUCIプロチームが7チームも参戦するとあって、一段と盛り上がりそうですね!

出場チームは以下のとおり発表されています。


UCIプロチーム

★オメガファーマ・クイックステップサイクリングチーム

★レディオシャック・レオパード

ランプレメリダ

★スカイプロサイクリング

キャノンデール・プロサイクリング

★ガーミン・シャープ

★サクソ・ティンコフ


UCIプロコンチネンタルチーム

★チャンピオンシステム・プロサイクリング


UCI海外コンチネンタルチーム

★ジェリーベリー・プレゼンテッド・バイ・ケンダ

★アモーレ・エ・ヴィータ


UCI国内コンチネンタルチーム

UCIランキングとJCFランキング基準を用いての選抜5チームに、必要に応じて主催者推薦1チームを加え、最大6チームが出場。出場チームの確定はツールド・北海道終了後に発表。


◎日本ナショナルチーム


クリテリウムスペシャルチーム

クリテリウムのみ出場


各チームの現時点での出場予定選手は公式サイトで発表されていますので、そちらでご確認ください。

ちなみに記者発表会では、未定となっているチームのメンバーも一部、正式決定ではないものの名前が挙げられていました。SKYはマシュー・ヘイマン(オーストラリア)、 ダビ・ロペスガルシア(スペイン)など、サクソ・ティンコフはダニエーレ・ベンナーティ(イタリア)、そして宮澤崇史選手の名も。

キャノンデールもまだ正式ではありませんが、増田成幸選手の参戦も実現しそうです。


クリテリウムスペシャルチームは、昨年に続き別府史之選手とロビー・マキュアンの参加が決定。さらに競輪選手3名を加えた5名でのチーム編成となります。現時点で競輪選手3名の名前は発表されていませんが、今回も競輪界を代表する顔ぶれを揃えるべく調整しているとの情報を耳にしていますので、かなり期待できますよ!


また、今年もクリテリウムの生中継がJ SPORTSにて行われます! さらにニコニコ動画での配信も予定されているとのこと。本戦のロードレースは後日、特別番組としてJ SPORTSとBS日テレで放送予定。


♦詳細は2013ジャパンカップ公式サイトをご覧下さい。

http://www.japancup.gr.jp/2013/


f:id:cyclistfan:20130821013044j:image

佐藤栄一宇都宮市長の挨拶で記者発表会がスタート。


f:id:cyclistfan:20130821013045j:image

大島研一JCF副会長の挨拶。当初は橋本聖子JCF会長が来場する予定となっていたものの、オリンピック誘致活動などでスケジュールの調整がつかなくなってしまったとのこと。


f:id:cyclistfan:20130821013046j:image

大会オブザーバーの今中大介氏(右)と宇都宮ブリッツェン監督の栗村修氏が、出場チーム&選手の発表と今年の見所を解説。


f:id:cyclistfan:20130821013048j:image

ゲストを交えたトークショー


f:id:cyclistfan:20130821013047j:image

ゲストは今回ジャパンカップと様々なコラボをしている、『弱虫ペダル』の作者・渡辺航先生。


f:id:cyclistfan:20130821013049j:image

もう一人のゲストは大会サポーターを務める山田玲奈さん。


f:id:cyclistfan:20130821013050j:image

渡辺先生が着ているサイクルジャージが『弱虫ペダル』とジャパンカップのコラボウエアのひとつ。


f:id:cyclistfan:20130821013051j:image

バックショットはこんな感じ。


f:id:cyclistfan:20130821013052j:image

全員でフォトセッション

2012-11-11 ジャパンカップをCYCLIST FAN的に振り返るパート2

[] 2012ジャパンカップサイクルロードレースフォトレポート。クリテリウムロードレース

前回に引き続き、2012ジャパンカップのフォトレポートをお届けします。今回はクリテリウムロードレース編。またまた競輪選手たちを中心に取り上げておりますので、そのつもりで見ていただけると有り難いです(笑)。


f:id:cyclistfan:20121111232105j:image

宇都宮駅前の大通りが舞台となるクリテリウム。レースの前にパレードが行われ、こちらはクリテリウムスペシャルチーム。テオは走りながら動画を撮影中。


f:id:cyclistfan:20121111232331j:image

もちろんレースには出ませんが、ガールズケイリンの選手たちもパレードに参加。


f:id:cyclistfan:20121111232452j:image

地元栃木支部の競輪選手たちも勝負服で登場!


f:id:cyclistfan:20121111232607j:image

こちらは愛三工業レーシング。品川真寛選手と鈴木謙一選手がジャパンカップを最後に引退を表明。シーズン終盤はこういうニュースがあるのでちょっと寂しくなりますね…。


f:id:cyclistfan:20121111232917j:image

いよいよレースがスタート! 1周目のかなり先頭に近いところの写真なのですが、中央に小嶋敬二選手と、左後方に成田和也選手がいます。小嶋選手によると、レース前日にマキュアン選手から「コーナーは絶対に外側に行ってはいけない。内側を回るように」とアドバイスをもらっていたのだとか。


f:id:cyclistfan:20121111233513j:image

このクリテリウムを想定した練習や機材の準備まであれこれ行い、「打倒、ペテル・サガン!」と話していた小嶋選手ですが(笑)、気づけば後方で単独走行に…。6月の終わりに競輪競走で落車し、鼻の骨を折るなど大けがを負った小嶋選手。9月に復帰したばかりで、まだ万全な状態ではない中での参加でしたが、走るからには努力を惜しまないその姿勢に、厳しい勝負の世界で長くトップにいる選手の神髄を見たような気がします。そして「楽しむ」ことの大事さも改めて感じさせてもらいました。


f:id:cyclistfan:20121111235308j:image

一番最後まで粘ったのが新田祐大選手。競走のため翌日に富山に移動というハードスケジュールでしたが、昨年に続いてのクリテリウム出場はやっぱり楽しかったようです!


f:id:cyclistfan:20121111235653j:image

こちらが小嶋選手に“打倒される予定?”だったペテル・サガン。


f:id:cyclistfan:20121111235848j:image

沿道ギリギリのところからの眺めはこんな感じ。ものすごく近い!


f:id:cyclistfan:20121112000037j:image

ゴール! 優勝は右端のヤロスラフ・マリチャ。別府選手は惜しくも届かず2位、そして3位にはなんとマキュアンが!


f:id:cyclistfan:20121112000232j:image

3人のスリーショット!


f:id:cyclistfan:20121112000539j:image

翌日の本戦には出場しない廣瀬選手が、最後のジャパンカップを終え、目を真っ赤にしながらファンの方たちと手を重ねていました。


f:id:cyclistfan:20121112001900j:image

クリテリウムのあとは様々なトークショーが行われ、スペシャルチームからは競輪3選手とテオが参加。一番驚いたのは成田選手のトークセンス! 寡黙なイメージのある成田選手ですが、実はかなり面白い人なのかも(笑)。


f:id:cyclistfan:20121112002634j:image

ガールズケイリンからは7名全員が参加。右端の重光選手はトーク上手でしっかり者。ショーを盛り上げていました。


f:id:cyclistfan:20121112003205j:image

クリテリウムの表彰式。こちらはスプリント賞。3回とも日本人選手がゲット! 左から宮澤選手、窪木選手、初山選手。


f:id:cyclistfan:20121112003648j:image

2位の別府選手、優勝のマリチャ、3位のマキュアン。


f:id:cyclistfan:20121112003807j:image

表彰式終了後、ビッグなニュースが発表に! 増田成幸選手が来季からキャノンデール・プロサイクリングチームに移籍。また楽しみがひとつ増えましたね!


f:id:cyclistfan:20121112004856j:image

翌日、森林公園で開催されたロードレース。今年は公式発表で7万8千人の観客動員数。確かに例年より多いなあと感じました。


f:id:cyclistfan:20121112005556j:image

最終周回へと向かう先頭グループ。


f:id:cyclistfan:20121112005641j:image

先頭グループを追いかける清水都貴選手!


f:id:cyclistfan:20121112005815j:image

ゴールを制したのはイヴァン・バッソ! ついにジャパンカップで優勝を手にしました!!


f:id:cyclistfan:20121112005926j:image

表彰式。山岳賞はチームNIPPOの中根英登選手とアンカーの井上和郎選手。中根選手は積極的に動いて2回獲得!


f:id:cyclistfan:20121112010254j:image

アジア最優秀選手賞は日本人最上位の6位となった清水都貴選手。


f:id:cyclistfan:20121112010352j:image

2位ダニエル・マーティン、優勝イヴァン・バッソ、3位ラファル・マイカ。