カアタンへの手紙                  From メキシコ+ニューヨーク

2011-01-15 1/15 安い食材探しです このエントリーのブックマークコメント

今朝はニューヨークでの暮らしを楽しむ為に、食材を求め、グリーンマーケットに出かけました。


NYでは月・水・金・土にユニオンスクエアにて、NY近郊の農家の皆さんが自分達の作った物を売る、グリーンマーケットが開かれています。

f:id:cyu-ta:20110115103607j:image


NYのスーパーはほとんどが日本でいう紀伊国屋スーパーのような価格。


物は良いのでしょうが、とにかく高いです。(まぁ量がどれも多めということもあるとは思うのですが)




メキシコとは違い、外食も最低10ドル位はかかるので、毎食そんなことをしていては長旅は持ちません。

もともと貧乏なのに1ヶ月もの海外旅行、、、破産してしまいます。


それにせっかくのアパート暮らしなのだから、自分で料理をした方が尚いっそう暮らしている感が出て楽しいはず。

でも、高いスーパーで購入していては結局外食と変わらなくなってしまうので、今日は安くて美味しい食材探しDAYです。




ここのグリーンマーケットは朝8時から夕方18時までやっています。

f:id:cyu-ta:20110115100546j:image

10時過ぎに出かけてみると、寒いのに結構人が集まっています。


f:id:cyu-ta:20110115100557j:image

赤い長靴のご主人と一緒にワンコもお買い物です。


f:id:cyu-ta:20110115101025j:image

リンゴの専門店です。

いろいろな種類のリンゴがバラ売りもしていました。


f:id:cyu-ta:20110115101127j:image

ここはジャム屋さんです


f:id:cyu-ta:20110115101228j:image

ここはピクルスとか日本で言うお新香屋さん

あれ?よく見てみると


f:id:cyu-ta:20110115101224j:image

Kim Chee!キムチー!おしゃれキムチですね。



f:id:cyu-ta:20110115101320j:image

ここはクッキーやパイなど美味しそうなものがいっぱい

ここでは冬のグリーンマーケット名物を買いました。

f:id:cyu-ta:20110115101402j:image


f:id:cyu-ta:20110115101423j:image

ホットアップルサイダーです。

サイダーとは言っても、炭酸ではないです。

甘―いリンゴジュースにシナモンの香りがしてとても身体が暖まります。

アップルパイが大好きなカアタンがぜーったいに好きな味。


アップルパイとシナモンが苦手な私にはなかなか辛いものでした。。。



f:id:cyu-ta:20110115100925j:image

ROONY BROOK という、NYで作っている無添加乳製品のお店です。


ここの牛乳とヨーグルトは本当に美味しいから是非飲んでみて!と宿の管理人さんに言われていたので、試しにチョコヨーグルトとイチゴヨーグルトとプレーンヨーグルトドリンクを買ってみました。

スーパーで売っているのよりセールで安かったです。


ヨーグルトは明日の朝飲むとして、今飲める、ホットチョコレートを買いました。

f:id:cyu-ta:20110115104918j:image

上に、たっぷりのホイップクリーム。これもカアタンが大好きですね。


これは私でも美味しい!

かなり身体が暖まりました。



f:id:cyu-ta:20110115103815j:image

ここは、NYで作っているワインのお店です。


f:id:cyu-ta:20110115104112j:image

洋梨やいちご、ピーチにブルーベリーなど様々な味があり、試飲もさせてくれます。

f:id:cyu-ta:20110115104121j:image

ラベルも可愛いですね。

私はこのタンポポのワインをワイン好きの叔母のお土産に買いました。

とっても美味しかったし、タンポポのワインだなんてなんだかステキですね。

値段も12ドルで、お手頃でした。



f:id:cyu-ta:20110115103013j:image

ここの八百屋さんには沢山人が集まっていました。

人が集まるところは美味しくていいものが多い!私もここで買い物です。


f:id:cyu-ta:20110115102638j:image

このジャガイモ、それぞれ1つずつ(かなり巨大でした)と、レッドオニオンの束と見たことのない白い人参と黄色い人参を1本ずつ買いました。


35ドル位でした。


どれも大きくて結構なボリュームです。

食べるのが楽しみ☆


f:id:cyu-ta:20110115105824j:image

ユニオンスクエアの木陰では、「頭隠して尻隠さず」がいます。



f:id:cyu-ta:20110115105825j:image

えさでも隠していたのかな?

かわいい子です。




グリーンマーケットを後にして、ここから徒歩10分弱のLIMELIGHT MARKET PLACE(ライムライト マーケット)に行きました。

f:id:cyu-ta:20110115123548j:image

f:id:cyu-ta:20110115123607j:image

ここはもともと教会だったところを改装して小さな店がいくつも入るマーケットになったところです。


マーケットになる前はディスコだったそうです。

でも、そのディスコがいつの間にか麻薬の巣窟となってしまい、警察が閉鎖していたようです。


ファンキーですね。ニューヨーク。

f:id:cyu-ta:20110115123706j:image


中には洋服屋さんや子供の絵本、アクセサリーショップに帽子屋、ケーキ屋にバーなど様々なお店が入っていて、とてもきらびやかでした。


f:id:cyu-ta:20110115130352j:image



f:id:cyu-ta:20110115130121j:image

元々あったステンドグラスを生かした空間がとてもおしゃれです。


f:id:cyu-ta:20110115124224j:image

美味しそうなミニケーキもいっぱい。


かなり可愛いケーキも沢山あったのですが、お店の中だったので、写真は自重しました。。





それからメトロに乗って今度はチャイナタウンを目指します。


f:id:cyu-ta:20110115142752j:image


f:id:cyu-ta:20110115142741j:image

なんだか画になる赤いダウンのお兄ちゃんとメトロのホームを隠し撮りです。





f:id:cyu-ta:20110115144225j:image


f:id:cyu-ta:20110115144251j:image

メトロに揺られ、すぐにチャイナタウンに着きました。


ついて早々安い八百屋が沢山!


中国人がいっぱいの中国語満載でかなり活気があります。

魚屋には鮮魚がいっぱいだし、豆腐屋さんには中国人の列が。



f:id:cyu-ta:20110115145035j:image

私は有名?な徳昌食品市場に行きました。



ここにはフードコート?があり、様々な種類のお惣菜を買ってすぐにイスに座って食べれます。

もちろん鮮魚も精肉も野菜もかなり安く売っています。

正直、日本の格安スーパーと同じ位。

というか東京の格安スーパーよりも安いです。


遅いランチ目的でお惣菜を買うことにしました。


まずは餃子!

焼き餃子らしきものを指差してタッパに取ってもらいます。

これはなんと結構な大きさのものが4つで2ドル。

正直一人だったらこれだけでお腹いっぱいになります。


あと、野菜炒めと肉まん、コーラを持って会計に並ぶと、なんと全部で5ドルしない位!

安っ。


ビックリです。コーラまでも、全てが安いです。



中国語か英語で注文するんですが、なんとなく指をさしてスモール!とか言いながらジェスチャーで通じました。。



残念だったのは座席数が少ないこと。


座っている中国人のおばちゃんやおじちゃんは食べ終わっていてもなかなか席を開けてくれません。

立って席が開くのを待っていても、横入りしてくる人も多々。


負けていられません。



10分後、どうにか席を確保、ゆっくり美味しく頂きました。

この大ボリュームでこの値段。

そして周りはほとんど中国人。きっと私も中国人に見えるでしょう。

たまに来る白人さんの方が肩身が狭そうでした。


さすが世界の中国人です。

NYにいてもこの活気。おみそれしました。



結局食べきれず、肉まんを持ち帰り、かなり安い食材を買い込んでアパートに戻りました。



一度この安さを知ってしまったら、もう普通のスーパーでは食材は買えません。

野菜もいっぱい買えました。幸せだなぁ。





夜、オフブロードウェイを見に行きました。

f:id:cyu-ta:20110120131406j:image

FUERZA BRUTA(フェルザブルタ)という観客参加型パフォーマンスです。

ここの劇場もユニオンスクエアにありました。


f:id:cyu-ta:20110120131326j:image

これが入り口のドアです。


オフブロードウェイって日本で言うミニシアターみたいな感じなのですね。

ちなみに写真は昼間に撮ったものです。



夜19時からの回を見に行きました。

料金は70ドル位。


劇場は地下にあり、まずはコートや荷物をクロークに預けます。


そして会場へ。





天井の高い、座席はひとつもない空間に係員の誘導で入っていきます。

ほぼ会場が満員になり、定刻になると電気が消え、音楽がなり始め、観客のところどころで歓声があがります。


それとともにスタッフの人から誘導され、後ろに下がれと言われます。

そして空いたスペースにスタッフの人が小さなベルトコンベアーのような舞台をひっぱってきました。


その舞台の上のベルトコンベアーには歩いている男の人が。

そして彼にスタッフが用意した巨大扇風機から強風があたります。

それでも懸命に歩き続ける男性。

そこへ階段で上がり、その男性とすれ違う人々が登場します。

彼らは舞台に上がってはベルトコンベアーの端で舞台下へ落ちていく、そしてまた舞台に戻り舞台上の彼とすれ違っては落ち・・・・・




ダイナミックで不思議なパフォーマンスはその後もどんどんと展開していきました。




特にキレイだったのは、劇場の周りに天井から巨大な光るカーテンが登場し、そこを重力を逆らって女の人が走ったり飛んだりしているパフォーマンス。

光る草原を走る少女。とても幻想的でした。




そしてクライマックス、天井から透明のプールが私たちの方へ降りてきました。

f:id:cyu-ta:20110120131332j:image


うっすら水が流れるそのプールを女性のパフォーマー達が優雅に流れていきます。


だんだん落ちてきたプールはとうとう手の届く位置へ。

女性達のパフォーマンスも激しく、自分の身体をビニール製のプールの底に打ち付けはじめたり、じっと私たちひとりずつの顔を見てきたり。




なんて不思議な空間。



最後は出演者達と一緒に霧雨のようなシャワーが降る中で踊り狂います。


すごい活気。

馬鹿みたいにみんなビショビショです。

でも・・・わけがわからな過ぎて楽しかったです。

そして本当にきれいでした。




いつかカアタンと見に来たいなぁ。

ビックリすると思います。




帰りはみんな濡れた身体で極寒のNYへ去っていきました。

うん。これは夏に来るべき。。。





ニューヨークの活気に満ち過ぎた夜を過ごし、アパートへ帰っても興奮が中々おさまりませんでした。