d1021の日記 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2014-08-31-Sun

[][] 19:44 を含むブックマーク のブックマークコメント

「マインドフル・リーダーシップ」のすすめ | HBRマインドフルネスブログ|DIAMOND ハーバード・ビジネス・レビュー

「マインドフルネス」とは、「いまこの時」に向き合うことで状況や全体像、変化を敏感にとらえる行為だ。ビジネス界では以前からその効用が注目され、2012年にはダボス会議で初めて取り上げられた。

「マインドフルネス」とは、新しい物事に気づくという単純な行為を指す。もしこれを組織が実践しているなら、リーダーシップはまったく違ったものになるはずだ。自身がマインドフルであるよう努めるだけでなく、部下がマインドフルになれるよう後押しすることがリーダーの最も重要な役割となる。ますます複雑さを増すこの世界――1つの仕事が部門の枠を超えて波及する環境――では、「マインドフルネスの拡散」こそがリーダーの唯一の役割であるとさえいえるかもしれない。


 私たちは気づくという行為によって、物事の背景に対して敏感になり、変化と不確実性を感じ取るようになる。反対にマインドレスな状態では、認識を一定に保とうとする。そして思考が固定化しているだけなのに、物事が安定しているものと勘違いしやすくなる。その状態を保とうとしても構わないが、それでも物事は変化しているのだ。

http://d.hatena.ne.jp/d1021/20140814#1408013789

[] 19:44 を含むブックマーク のブックマークコメント

EU次期大統領に対ロシア強硬派で合意 NHKニュース

EUは30日、ベルギーのブリュッセルで首脳会議を開き、EUを対外的に代表する大統領とEUの外相に当たる上級代表の後任人事について協議しました。

その結果、ファンロンパイ大統領の後任にはポーランドの首相を務めるトゥスク氏を選ぶことで合意しました。

トゥスク氏は2007年から現在までポーランドの首相を務めていて、ポーランド経済の活性化に手腕を発揮したほか、外交面では対ロシア強硬派として知られています。

記者会見でトゥスク氏はウクライナ情勢について「われわれは大胆でかつ効果的な解決方法が必要だが、最終的な目標はあくまでもウクライナが平和になることだ」と述べて、EUの大統領として事態の鎮静化に力を尽くす考えを明らかにしました。

一方、ことし10月で任期が切れるアシュトン上級代表の後任にはイタリアのモゲリーニ外相が指名され、2代続けて女性が上級代表を務めることになりました。

EUではバローゾ委員長に代わる新しい委員長にルクセンブルクの前の首相のユンケル氏が就任することが決まっており、これで主要な3つのポストの後任が決まったことになります。

EU次期大統領にポーランド首相 初の東欧出身者:朝日新聞デジタル

 欧州連合(EU)は30日、ブリュッセルの首脳会議で、「大統領」にあたるファンロンパイ首脳会議常任議長の後任に、ポーランドのドナルド・トゥスク首相(57)、「外相」にあたるアシュトン外交安全保障上級代表の後任に、イタリアのフェデリカ・モゲリーニ外相(41)を選んだ。


 12月に就任し、任期は常任議長が2年半(1回まで再任可能)、上級代表が5年。二つのポストの選任には、女性の起用が重視されたほか、欧州議会の多数派の中道左派中道右派、東欧と西欧の地域バランスも配慮された。


 トゥスク氏は、加盟国の調整役を務めるほか、対外的にも「EUの顔」として活動する。東欧出身者が、最重要ポストの一つに選ばれるのは初めて。


 EU外交を担う上級代表には、女性のモゲリーニ氏が選ばれた。ウクライナ情勢を受けてEUとロシアの関係が悪化するなか、重責を担うことになる。

Italy’s Mogherini voted in as new EU foreign affairs chief ― RT News

http://d.hatena.ne.jp/d1021/20140710#1404990251

[] 19:44 を含むブックマーク のブックマークコメント

「NATOは対ロシアで国防費増額を」 NHKニュース

アメリカのオバマ大統領は、来月4日からイギリス南西部のウェールズで開かれるNATOの首脳会議に出席する予定です。

これを前にオバマ大統領は30日、カナダのハーパー首相と電話で会談しました。

ホワイトハウスによりますと、この中で両首脳は「あらゆる脅威に対するNATOの備えを強化する措置をとるため加盟国が結束することが重要だ」という認識で一致しました。

そのうえでオバマ大統領は「国防費を増やすことで合意することがNATO首脳会議の最優先課題だ」と強調し、理解を求めたということです。

オバマ大統領としてはウクライナ情勢で高まるロシアの軍事的な脅威などに備えるため、NATO首脳会議で加盟国が一致して国防費を増額させる方針を確認したい考えです。

また首脳会議では、ウクライナ情勢に加えて、イラクやシリアで勢力を拡大させているイスラム過激派組織「イスラム国」への対応策についても話し合われる見通しです。

http://d.hatena.ne.jp/d1021/20140830#1409395818

http://d.hatena.ne.jp/d1021/20140830#1409395819

[] 19:44 を含むブックマーク のブックマークコメント

オバマ大統領「ロシアは欧州において強者の権利確立を試みている」 - The Voice of Russia

29日、オバマ大統領はニューヨーク州ハリスで演説した中で「ロシアは、強者が権利を有する様な欧州の秩序確立を試みている」と指摘し、次のように述べた―


「欧州を見渡すと、ロシアの大統領が前ではなく後ろを見る事を決め『力のあるものが権利を持つ』という主張を証明しながら、自分の隣人達の主権や領土保全を侵害している事が分かる。


私には、なぜ多くの人々が不安を感じているのか、よく理解できる。


私が言いたい肝心な事は、米国の軍事的優位性が、他国との関係に関して、より重要な意味を持ったことは決してなかったという点である。」

[] 19:44 を含むブックマーク のブックマークコメント

オバマ大統領:米国が現在直面する脅威、冷戦時代ほどでない - Bloomberg

オバマ米大統領は29日、ウクライナやイラクの紛争問題はあるが、米国が現在直面している脅威は冷戦時代ほどではないとの見解を示した。


オバマ大統領はニューヨーク州パーチェスで民主党の資金集めのために開いたバーベキューパーティーで、イラクやシリアで戦闘を繰り広げている過激派武装組織「イズラム国」の残酷さやロシアのウラクイナ侵攻によって米国民は海外の騒乱に不安になっているが、米国はこれまでにも冷戦などもっと深刻な危険を経験し克服してきたと語った。同パーティーには約250人の民主党支持者が参加した。

Obama Downplays Threat of World Unrest - Bloomberg

http://d.hatena.ne.jp/d1021/20140830#1409395816

[] 19:44 を含むブックマーク のブックマークコメント

RIA Novosti

EU leaders ask European Commission to prepare proposals for sanctions against Russia within week - Merkel

RIA Novosti

Merkel confirms that there will be no arms supplies to Ukraine

http://d.hatena.ne.jp/d1021/20140830#1409395824

[] 19:44 を含むブックマーク のブックマークコメント

キエフ、欧州の武器を手にする - The Voice of Russia

ウクライナのピョートル・ポロシェンコ大統領は、EUはウクライナへの軍事的・技術的支援を準備している、と述べた。


ポロシェンコ大統領は、これら援助が手に入り、国防部門でのEUとの協力が成立すれば、ウクライナ軍の軍事能力は飛躍的に向上する、と述べた。支援の大部分を占めるのは非飛翔高性能兵器である、と大統領。インターファクスが伝えた。

[] 19:44 を含むブックマーク のブックマークコメント

【ウクライナ情勢】リトアニア大統領「ロシアは事実上、欧州と交戦」 - MSN産経ニュース

 リトアニアのグリバウスカイテ大統領は30日、ウクライナ情勢をめぐり「ロシアは欧州への統合を望むウクライナと戦っている。事実上、欧州に対して交戦状態にあるということだ」と述べた。


 ブリュッセルでの欧州連合(EU)臨時首脳会議の会場に入る際、記者団に語った。


 旧ソ連構成国のリトアニアはウクライナ危機をめぐり、ロシアに対し強硬な姿勢を示している。グリバウスカイテ氏は「ウクライナは欧州を代表して戦っている」として、欧州はウクライナを軍事的に支援する必要があると訴えた。

[] 19:44 を含むブックマーク のブックマークコメント

オランダ、嘘ついたことをプーチンに謝る - The Voice of Russia

オランダのプロフェッサー、シス・ハメリンク氏がロシア大統領ウラジーミル・プーチン氏に宛てた書簡が欧州メディアの注目を集めている。オランダの知識人・大学人数十人の署名入りの手紙だ。彼らはロシア大統領に対し、ボーイング、シリア、ウクライナに関する嘘を詫びている。


「我々、力なきウォッチャーは、米国を筆頭とする西側諸国が、自分たち自身の犯罪についてロシアを非難したことの、目撃者だ」。


「我々は全ての希望をあなた様の賢明さにかける。我々は平和を望む。我々は、西側諸国の政府が民衆に奉仕するのでなく、新世界秩序のために働いているさまを目の当たりにしている。主権国家の解体と無辜の幾百万の死、これこそが、彼らがその目的を達するために支払わねばならぬ対価であるらしい」。

[] 19:44 を含むブックマーク のブックマークコメント

ゴルバチョフ元ソ連大統領「ウクライナ紛争は欧州大戦に拡大する可能性あり」 - The Voice of Russia

ソ連邦の元初代大統領ミハイル・ゴルバチョフ氏は「ロシア・ニュースサービス」の取材に応じた際「ウクライナでの紛争は、欧州大戦へと拡大するかもしれない」との危惧の念を明らかにし、次のように続けた―


「プロセスを止める必要がある。紛争の停止と交渉を求めなければならない。もし国家に言及するなら、規模は拡大し、あらゆる国々は巻き込まれ、恐ろしい欧州での大戦へと向かう可能性がある。決してそれを許してはならない。


紛争調整において決定的な役割を果たすべきは、国連、EUそして紛争の直接当事者らである。


我々の提案は、人道回廊を開き、燃え盛るかまど(ホットポイント)のすべてから人々を救いだす事だった。しかし、ある者は、温かいオフィスに座って論じるばかりだ。一方その時に、人々、子供、女性達のもとで何が起きているだろうか。故郷の家々が攻撃され、病院や学校が破壊されているのだ。公式発表だけでも2千人が南部・東部ウクライナで亡くなった。負傷者の数は、いかばかりだろうか。即刻すべてを止めさせなければならない。」

Gorbachev on Kiev’s military op: ’It must be stopped immediately’ ― RT News

Ex-Soviet president Mikhail Gorbachev has urged Kiev to bring their military operation in eastern regions to an end. Russia, he added, is doing the right thing by keeping away from interfering with the neighboring country, thus saving thousands of lives.


“It must be stopped immediately,” Gorbachev told RSN Radio, referring to Kiev’s “anti-terrorist” operation, launched in April this year in the Donetsk and Lugansk regions. Gorbachev cited UN figures on the conflict: as of August 13, over 2,000 people were killed there.


“They must do everything possible to stop murdering each other; it is one nation,” Gorbachev said. However, he warned that this should remain Ukraine’s own business.


“If [other] states get involved, the scope may widen and everyone would want a hand there – we may end up with a terrible slaughter in Europe,” he said. “We can’t afford it.”


Gorbachev also praised Russia’s policy of staying away from direct engagement, commenting on the accusations coming from the West that Moscow has started a “military intervention.”


“If our country intervenes, such a fire could break out that the whole world wouldn’t be able to put it out. And it is right that the politicians are upholding their position,” Gorbachev said.


Gorbachev also called on the UN, EU and the parties involved in the conflict to take concrete steps to resolve the crisis in Ukraine.


Our proposal was to open corridors, to take people away from all those mousetraps. But no, no. Some prefer staying in warm offices and commenting from there. And what is happening to the people [in Ukraine] in the meantime – to kids, women? Maternity hospitals are being shelled, and schools and hospitals are being destroyed.”


Earlier this year, Gorbachev supported the results of the referendum, when Crimea decided to join Russia following a coup in Kiev that toppled President Viktor Yanukovich. “People want it, it means we have to meet their needs,” Gorbachev told Itar-Tass in March, referring to the referendum.


In January, Gorbachev, 83, also appealed to Russian President Vladimir Putin and his US counterpart Barack Obama to resolve the conflict in Ukraine.


“It cannot be tolerated that Ukrainians fight with Ukrainians. It is an awful absurdity,” he wrote in a letter to both presidents, where he drew upon the example of his own family – both his mother and wife were of Ukrainian origin.

http://d.hatena.ne.jp/d1021/20140830#1409395820

http://d.hatena.ne.jp/d1021/20140830#1409395821

http://d.hatena.ne.jp/d1021/20140628#1403953757

[] 19:44 を含むブックマーク のブックマークコメント

ウクライナ東部で激しい戦闘続く NHKニュース

ウクライナ国家安全保障・国防会議のルイセンコ報道官によりますと、政府軍は30日、ルガンスク州のスラビャノセルブスク地区などの親ロシア派の拠点を攻撃し、40人以上を殺害しました。

ルガンスク州内では29日から30日にかけて、空港など10か所で政府軍と親ロシア派の間で断続的に激しい戦闘が続いているということです。

一方、親ロシア派の幹部はロシアのインターファクス通信に対し、中心都市ドネツクと工業都市マリウポリの間の町ボルノバハを制圧したと述べました。

そのうえで「政府軍はこの戦線を制御できていない」と述べ、優位に立っていることを強調しました。

さらに別の幹部は「マレーシア航空機の墜落現場の大部分の地域を掌握しており、真相究明に向けた国際的な専門家チームが現地調査を再開することはいつでも可能だ」と述べ、この地域の安定化に自信を示しました。

またウクライナのアバコフ内相は、ドネツク州の町イロバイスクで親ロシア派に包囲されていた政府軍の28人が、政府軍が管轄する地域に移動したことを明らかにしました。

政府軍の関係者によりますと、これに先立って親ロシア派は捕虜の交換などを条件に包囲を解くことで政府軍と合意しており、この合意が実行に移されたとみられています。

[] 19:44 を含むブックマーク のブックマークコメント

ロシア:ウクライナえん戦 軍事紛争「支持しない」43% - 毎日新聞

 ウクライナ東部で政府軍と親ロシア派武装勢力の戦闘が長期化するなか、ロシア国内で「えん戦機運」が広がっている。ロシアの独立系世論調査機関レバダセンターが29日発表した調査によると、ロシアとウクライナの軍事紛争が始まった場合、政府を「支持する」のは41%で、ウクライナ南部クリミアを強行編入した3月時点の74%から激減。「支持しない」は3月の13%から43%と3倍以上に増え、初めて支持を上回った。


 ロシアがクリミアをほぼ「無血」で軍事制圧したのと異なり、ウクライナ東部は戦闘で多数の犠牲者が発生し、80万人以上とされるウクライナ難民がロシアに流入している。ロシア軍のウクライナ侵入で両国の本格的な軍事衝突に発展する可能性が指摘されるなか、ロシア国民の間で戦闘の泥沼化への懸念が強まっているようだ。


 またウクライナ東部のドネツク州、ルガンスク州のロシア編入を支持する人は、4月の35%から21%に落ち込んだ。一方、プーチン大統領の最新支持率は84%で、前回(8月上旬)の87%より若干下がったが、依然として高い数字を維持している。

[] 19:44 を含むブックマーク のブックマークコメント

Putin: Impossible to say when political crisis in Ukraine will end ― RT News

Russian President Vladimir Putin has called on Kiev to start substantial talks on deescalating the crisis in eastern Ukraine. He added that it’s an illusion to expect that the rebels would calmly watch their homes being destroyed.


“We have agreed on a plan, so its realization must be pursued,” Putin told Channel 1 TV, adding that the Ukrainian government “must immediately start substantial talks – not a technical discussion – on the political organization of society and the state in southeast Ukraine so that the interests of people who live there are protected.”


Putin said that, while the resolution of the crisis now mostly depends on Kiev, it is impossible to say when it may end. He said it could be explained by the upcoming Ukrainian parliamentary elections.


“All the participants in the electoral race will want to show how cool they are,” Putin said. “Everyone will want to show they are strongmen or strongwomen, and as the political struggle sharpens it is hard to expect anyone to seek a peaceful resolution and not a military one.”


At the same time, it is an illusion that the rebels would sit and patiently wait for the promised talks to start, Putin said, especially when they see “cities and towns in southeast Ukraine shelled to the ground with direct fire.”


Commenting on the new batch of sanctions against Russia threatened by western countries, Putin advised his counterparts to think again about what they are advocating.


“What are the so-called European values then? Support for an armed coup, suppression of opponents with armed forces – so these are ‘European values’? I believe our colleagues should be reminded of their own ideals,” the president said.

[][][] 19:44 を含むブックマーク のブックマークコメント

Monsanto in Ukraine: IMF loan for Ukraine may give GMO giant a backdoor into EU ― RT Op-Edge

Ukraine’s bid for closer ties with the west could come at a cost. With the IMF set to loan the country $17 billion, the deal could also see GMO crops grown in some of the most fertile lands on the continent, warns Frederic Mousseau.

[] 19:44 を含むブックマーク のブックマークコメント

イラン大統領 米の追加制裁に不快感 NHKニュース

アメリカ政府は29日、イラン国内外の30余りの企業や個人をイランの核やミサイル開発に関わっていたとして制裁の対象に追加したと発表しました。

これについてイランのロウハニ大統領は30日の記者会見で、「国家の権利を侵害するもので、全力で抵抗する」と述べ、不快感をあらわにしました。

イランの核開発問題を巡るこれまでの協議では、イランが核開発を制限する見返りに欧米側が新たな制裁を科さないことなどで合意していますが、ロウハニ大統領は今回の制裁対象の追加はこの合意に反しているという認識を示しました。

そのうえで「こうしたふるまいによって、アメリカへの不信感が一層強まることになる」などと批判し、アメリカに対し信頼関係の構築につながる行動を取るよう促しました。

イランの核開発問題を巡る協議は、包括的な解決を目指して来月再開される予定ですが、ウランの濃縮活動の規模などを巡って双方の隔たりは依然として大きいうえ、今回ロウハニ大統領が不快感を示したことなどから難航が予想されます。

http://d.hatena.ne.jp/d1021/20140830#1409395824

[][] 19:44 を含むブックマーク のブックマークコメント

徳永みちお

「自民党ヘイトスピーチ対策等検討プロジェクトチーム」で国会周辺のデモで「仕事にならない」と不快感を述べる高市早苗。高市早苗にとって国会周辺デモはヘイトスピーチデモなのだろう。それにしても彼女はどんな仕事をしているのだろうか?w http://t.co/uMO7LVY8GM

[][] 19:44 を含むブックマーク のブックマークコメント

新宿デイジー

森永卓郎「新自由主義でタカ派は必ずセットになっています。新自由主義かつタカ派の人たちは“自分たちだけがよければいい”という価値観。格差が大きいほど幸せになれるという考えです。自分と自分の仲間だけが守られていれば、弱いやつは死んじゃえ、逆らうやつも死んじゃえ。それが新自由主義です」

[][] 19:44 を含むブックマーク のブックマークコメント

景気に「まさか」の下振れ 〜 「まさか」なのか、「道に背けば必ず負ける」という先人の教え通りなのか

「道を守れば不思議に勝ち、道に背けば必ず負ける」という心理術理の妙を教えている剣術の達人松浦静山のこの言葉を知っている人は、消費増税後の景気の下振れは「まさか」でなかく「道に背けば必ず負ける」という教え通りだと受け取っているはずです。

松浦清 - Wikipedia

随筆集『甲子夜話』で著名である。

清は17男16女に恵まれた。そのうちの十一女・愛子は公家の中山忠能と結婚して慶子を産み、この慶子が孝明天皇典侍となって宮中に入って孝明天皇と結婚し、明治天皇を産んでいる。つまり、明治天皇の曾祖父にあたることになり、現在の天皇家には、この清の血も少なからず受け継がれているのである。

[][] 19:44 を含むブックマーク のブックマークコメント

Amazon JP Kindle

8/31の #Kindle 日替わり #セール は、『大戸屋 にっぽんの定食レシピ (ヒットムック料理シリーズ)』399円(53%OFF) (スマホ) http://t.co/H4ZiiqXi5D (PC) http://t.co/v1WToZEXaj

[] 19:44 を含むブックマーク のブックマークコメント

「延長50回」に続き勝利 中京が優勝 NHKニュース

軟式野球の高校日本一を決める全国高校軟式野球は31日、決勝が行われ、準決勝で延長50回を戦った岐阜の中京高校が神奈川の三浦学苑に2対0で勝ち、2年ぶり7回目の優勝を果たしました。


中京は31日、延長50回に及んだ準決勝を3対0で勝ち、その2時間余りあとに始まった決勝に臨みました。

準決勝を1人で投げ抜いたエースの松井大河投手は、4回途中から2人目としてマウンドに上がって、疲れを感じさせない好リリーフを見せました。打線は6回と7回に1点ずつ入れて、中京が2対0で勝ち、2年ぶり7回目の優勝を果たしました。

三浦学苑は初出場で決勝まで進みましたが、4回に先制の絶好のチャンスを逃すなど、あと一歩及びませんでした。

[] 19:44 を含むブックマーク のブックマークコメント

両親合意で再び渡英 ハーグ初適用の日本の子 - MSN産経ニュース

 両親の離婚などにより国境を越えて連れ去られた子供の取り扱いを定めたハーグ条約に基づく返還命令を受け、母親と滞在していた英国から7月、父親のいる日本に帰国した子供(7)が、両親の合意で再び渡英していたことが31日、関係者への取材で分かった。


 関係者によると、母親と英国で暮らしながら、時折父親と面会することを条件に、8月上旬に日本の家庭裁判所で調停が成立した。子供は月末に再出国したという。日本が4月にハーグ条約に正式加盟後、日本人の子供への条約適用が初めて判明した事例だった。


 父親側の代理人弁護士によると、面会の具体的な日程のほか、来年には日本に帰国する約束も得られたことなどから渡英に合意したという。