d1021の日記 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2017-02-24-Fri

[] 19:57 を含むブックマーク のブックマークコメント

[] 19:57 を含むブックマーク のブックマークコメント

[] 19:57 を含むブックマーク のブックマークコメント

[] 19:57 を含むブックマーク のブックマークコメント

[] 19:57 を含むブックマーク のブックマークコメント

[] 19:57 を含むブックマーク のブックマークコメント

[] 19:57 を含むブックマーク のブックマークコメント

[] 19:57 を含むブックマーク のブックマークコメント

[] 19:57 を含むブックマーク のブックマークコメント

[] 19:57 を含むブックマーク のブックマークコメント

[] 19:57 を含むブックマーク のブックマークコメント

https://lh3.googleusercontent.com/VPUjis5lUUf-d3BmsflypIJ60buDy0DZZY3nIIvmXRd47obAcd0hhViS2j3YMGQsg58cfJqqX_sYahI=w1920-h1080

https://pbs.twimg.com/media/C5YzmLSU4AApXXd.jpg

https://pbs.twimg.com/media/C5YzmMNUYAEIGZx.jpg

https://pbs.twimg.com/media/C5YzmNGU0AEmubK.jpg

https://pbs.twimg.com/media/C5YzmOsVMAANZf3.jpg

#珍獣

https://pbs.twimg.com/media/C5bEOPEU8AERft1.jpg

[][] 19:57 を含むブックマーク のブックマークコメント

「第二のゲス不倫登場で、『ゲスカット』と言えばすぐイメージが共有できます」(都内の美容師)。ひょろっとした、色白バンドマン、顔まわりがうっとうしくて、オジサンには理解できないところだ。日大芸術学部の佐藤綾子教授(パフォーマンス学)はこう言う。


「『隠したい何か』があるからあの髪形を選ぶといえます。額にシワを寄せたりしたときの感情の変化、エラの張った顔から察する頑固な性格など、顔からの情報発信を髪で隠している。サングラスやマスクをかけるのと一緒です。全てを明かしている著名人と違い、まだこれから飛躍しようとする身ですから、後ろめたいものがある、責任をとりたくないという気持ちの表れが強いと思われます。そもそも、マッシュルームカットをはやらせたのは60年代のビートルズです。男らしくなくても、女性を守らなくても、逃げてもいいじゃないかという、英国紳士たるべき姿を放棄するムーブメントでした。まさに『責任を逃れたい』気持ちにフィットした髪形ともいえます」

http://d.hatena.ne.jp/d1021/20170221#1487674477

[] 19:57 を含むブックマーク のブックマークコメント

 コトの発端は清水富美加(22)の出家騒動だ。月給5万円で1カ月間休みなしの上、嫌な仕事を押し付けられたことを告白していたが、過重労働は清水に限った問題ではない。この際、そうした芸能界の前近代的な体質に風穴をあけようというのである。芸能リポーター城下尊之氏の見方はこうだ。


「タレントと芸能事務所との契約のあり方を見直すには良い機会かも知れませんね。バラバラですから。具体的には清水さん騒動のように、所属タレントは雇用契約なのか、タレントを個人事業主とみなす請負契約なのかという争点をこれから裁判所がどう判断するかによって、大きく流れが決まっていくのではないでしょうか。また芸能の場合、どのタレントであれ、仕事に代えが利かない。そのタレントが現場に行かなければ成立しないなど、雇用契約であっても、サラリーマンのようにはいかない。売れてなんぼの人気商売、競争社会ですから、なかなか難しい面もあるかも知れません」


 たとえば清水が嫌悪感を示した握手会。「手がぬるぬるしているおじさんとかに、すっごい気持ち悪い握手のされ方をする」としているが、その握手会を「ファンへの感謝」と言って、積極的に交流し売れていった女性タレントもいる。「おまえら面白いから出してやるよ」とゴールデンタイムのバラエティー番組のひな壇に並ぶ機会を得たお笑いコンビが、「ギャラは2人で5000円」もしくは「ギャラなし」と言われたからといって、いちいち文句を言っていては、貪欲なライバルたちに仕事を奪われるし、売れていくことはできない、という世界だというのだ。

http://d.hatena.ne.jp/d1021/20170220#1487587463

[] 19:57 を含むブックマーク のブックマークコメント

芸能界には、タレント、あるいはタレント志望の女性が溢れている。そのため、芸能界とクスリは親和性があるのだ。


「芸能界でのし上がっていくには、クスリか女のどちらかを手配できることが必要なんです」


芸能界に関する噂として、いわゆる「枕営業」の話がある。これに関連して、事務所やマスコミ関係者に対する「営業」とは限らないにせよ、芸能人やモデルとの売買春を斡旋する「交際クラブ」が存在するのは事実だとXは言う。


「あるモデル事務所の人間と会った時、ひっきりなしに電話がかかってくる。『どうしたの?』と聞くと、『今から(モデルを)手配できないかと言われた』と言うんです。


ひと昔前までは、『芸能人を抱く』なんてヤクザしかやっていなかったようなことを、今は小金があれば誰でもできるようになっています。5万〜10万円払って会員登録すると、最初は女子大生なんかを紹介してもらえるんですが、金を出せば、それだけ女性のランクも上がっていく」


そう言ってXはスマホを取り出し、女性の顔写真が並んだ交際クラブの会員向けサイトを見せてくれた。


「今の交際クラブは、『芸能人とやりたい』とか『クスリを使いたい』といった、客のあらゆる要求に対応します。その中には、クスリを使ったセックスができる女の子もいる。芸能事務所の中には、こうした交際クラブを運営する組織と癒着しているところもあります」


グラビアアイドルや、ある程度有名なモデルになると、1回数百万円から1000万円程度の「値段」がつくという。客がもし「クスリを使いたい」と言い出せば、彼女たちはそこから溺れてゆくことになる。


Xは、ある芸能事務所の人間から「手配できる女性」の作り方を教えて貰ったことがあるという。


「グラビアアイドルの女の子などは、給料が安いので現金を持っていない。でも、住んでいるのは家賃40万円のマンションなんてこともある。


もちろん、セキュリティの問題というのもあるでしょうけれど、本当の理由は別にあるんです。高級マンションに住まわせて、毎晩のようにミシュランの星のついたレストランに連れて行ったり、売れっ子が出入りしている店を覗かせる。


さんざん遊ばせたあとで、女の子の家族、あるいは心ある友人たちのことを『あの人たちはこんな高級店に行くことはできない。そんなくだらない人間の話を聞く必要はない』と言い続ける。


そして、『しみったれた生活と、今の華やかな生活のどっちがいいんだ』と選択を迫る。自発的に後者を選ぶようになれば、『一丁上がり』です」

http://d.hatena.ne.jp/d1021/20170221#1487674477

http://d.hatena.ne.jp/d1021/20170223#1487847148

http://d.hatena.ne.jp/d1021/20161028#1477651060

[] 19:57 を含むブックマーク のブックマークコメント

 まず、「意識が高い」ことと「意識高い系」は違います。「意識が高い人」というのは、政治や社会問題に熱心に取り組んでいる、考えているという「大義(本書では”高次の大義”と呼んでいます)」に、自分の欲望よりも多くの按分を割き、その大義を部分的にでも達成するのが「意識が高い人」です。彼らは他人のために本気で汗を流し、本気で自己研鑽に励んでいます。

「意識高い系」とは、彼のような意識が高い人を、そうはなれない人が斜に構えて茶化すための言葉でなく、意識が高い人の「ふり」をする中途半端な人のことです。「高次の大義」が薄っぺらく、その裏に隠された欲望が透けて見える人のことですね。この場合の欲望とは、主に他者からの承認や異性からモテること、などです。

 要するに、真の強者はアピールなんかしないんです。SNSで自分がいかに派手な生活をしていて人脈も豊富で社会貢献にも関心があることを盛んにアピールする人間は偽物です。自明のことは表明されないからです。

 というのも、ほかならぬ僕自身が元「意識高い系」で、もともとその素質があると自覚しているんです。だから「意識高い系」とされている人たちの立場に立ったときに、どうして彼、彼女らが周りの承認を求めるのかが非常によくわかりました。


 この本は「意識高い系」の“研究”ではありますが、4割は僕の“自伝”といってもいい。自分自身に置き換えて、「意識高い系」とは日本の戦後の社会の根本的な歪みみたいなものが生んだ被害者なのではないか、という考えに至った時、2ちゃんねるやまとめサイトで、ただ嘲笑や揶揄の対象として消費されるだけではかわいそうで、きちんと研究しないといけないと思いました。

――古谷さんの出身地は北海道で、大学は京都の立命館大に進んだんですよね。


 北海道という土地自体、その住民は主に明治以降に内地からやってきた移民の集合体で、代々土着の民の影が薄いところです。しかしながらそこでも、スクールカーストという天然的な要素が反映する階級化は進んでいく。僕は中学でも高校でも、その階級の中でトップに立つことができなかった。よって生まれ育った地元とはまったく別の土地に行くことで、土地に立脚した人間関係を清算し、ゼロから出発するグレートリセット、いわゆる「大学デビュー」に憧れたのです。しかし、完全に失敗しましたね。

 理不尽です。でも、親から受け継いだ土地、つまり相続された土地の上で蓄積された、一言で言うと「余裕」にはどんなに頑張ってもかなわない。長い時間の積み重ねで、その人の立ち居振る舞い、真の意味での社交性などが醸成されるので、かなわないのは当然なんですよね。


 リア充とは親から受け継いだ「土地」を苗床とする物心両面で余裕のある存在・社会階層のことをします。必ずしもリア充=恋人の有無、ではありません。

 本来、嫉妬から超克するためには額に汗して努力したり、本を読んで勉強するしかないわけですが、「意識高い系」の人々は勝利や成功の部分だけをトレースし、汗臭い努力を忌避したり、あるいはそういった努力をする人自体を見下す傾向にあります。彼らは努力で以て本当の支配者になることもできない中途半端な人々だからです。中途半端な連中ほど他者を見下したり、比較したがりますね。

「意識高い系」の人は、本当の「意識高い人」ほどの基礎教養や行動力がなく、中途半端だから「系」という「意識が高い人もどき」になってしまう。


 中途半端な部分を埋めるには、無言実行ですね。自分の汚い部分、醜い嫉妬の部分を直視して、努力すれば、自然と彼らが求めてやまない「承認」がついてきて、「系」が取れるんです。手っ取り早い方法などはありません。

 ジョブズやビル・ゲイツやバフェットはいちいちお手軽承認に走りません。彼らの残した偉大な結果が、彼らを尊敬の対象に導いたのです。額に汗し、地道な努力を続ければ、必ずや承認されるでしょう。それをSNSで代替してはいけない。

「意識高い系」は承認されていないからものすごく寂しいんです。嘲笑されると彼らはディフェンスに入り、ますます承認を求めて燃え上がります。


 それに、意識高い系の人を嘲笑している人は、同属だったり、「意識高い系」の人よりもっと底辺の人が妬んだりしているのだと思うんですよね。


 だから、無理しなくていいし、「君の本当に好きなことやりなさいよ」と言ってあげたい。

http://d.hatena.ne.jp/d1021/20170216#1487242070

http://d.hatena.ne.jp/d1021/20170213#1486982424

http://d.hatena.ne.jp/d1021/20161014#1476441444

[] 19:57 を含むブックマーク のブックマークコメント

[] 19:57 を含むブックマーク のブックマークコメント

[] 19:57 を含むブックマーク のブックマークコメント

[] 19:57 を含むブックマーク のブックマークコメント

バチカン放送によると、法王は居住区で行った私的なミサで即興の説教を行い、「言っていることと実際の行いが違うのはスキャンダル(不祥事)で、それは二重生活だ」と発言。


自分が熱心なカトリック信者で、いつもミサに行き、いろいろな団体にも所属していると言う人がいるが、そうした人の中には従業員に適切な賃金を支払っていないとか、他人を搾取しているとか、汚い仕事をしているなど、自分の生活がキリスト教徒的でないと言うべき人もいると指摘した。


さらに、「こうしたカトリック信者はたくさんおり、スキャンダルを引き起こしている。『あの人がカトリック教徒なら無神論者のほうがまし』という言葉を何度聞かされてきたことか」と述べた。


法王は2013年の就任以来しばしば、聖職者だけでなく一般の信徒にも、カトリックの教義を実践するよう説いている。

[][] 19:57 を含むブックマーク のブックマークコメント

フランス革命史〈上〉 (中公文庫) | ジュール ミシュレ, Jules Michelet, 桑原 武夫, 樋口 謹一, 多田 道太郎 |本 | 通販 | Amazon

フランス革命史〈下〉 (中公文庫) | ジュール ミシュレ, Jules Michelet, 桑原 武夫, 樋口 謹一, 多田 道太郎 |本 | 通販 | Amazon

ジュール・ミシュレ - Wikipedia

その歴史記述の手法は、過去を生き生きと再現し、つまびらかに描写することにあった。また、国家・政府や人物を、倫理の象徴のように思わせるところにも特徴があった(その点に、ロラン・バルトは着目する)。歴史の中での民衆の動きを捉え、アナール学派にも影響を与えているとされる。なお、『フランス史』第7巻(1855年)においてフランスのルネサンス(フランソワ1世以降)について記述しており、これがルネサンスという用語を学問的に使用した最初の例とされる。

アナール学派 - Wikipedia

旧来の歴史学が、戦争などの政治的事件を中心とする「事件史」や、ナポレオンのような高名な人物を軸とする「大人物史」の歴史叙述に傾きやすかったことを批判し、見過ごされていた民衆の生活文化や、社会全体の「集合記憶」に目を向けるべきことを訴えた。この目的を達成するために専門分野間の交流が推進され、とくに経済学・統計学・人類学・言語学などの知見をさかんに取り入れた。民衆の生活に注目する「社会史」的視点に加えて、そうした学際性の強さもアナール派の特徴とみなされている。

『アナール』誌は、ストラスブール大学の研究者たちによって1929年に創刊された。発刊を率いたのは16世紀フランスを専門とする歴史家リュシアン・フェーヴルと、中世史の専門家マルク・ブロックだった。創刊の辞でリュシアン・フェーヴルは、専門家の専門性が高まるにつれて知的交流を阻む壁が高くなっていることを批判し、専門家間の協力の必要性を訴えている。編集委員会には同じ大学に籍を置く古代史・現代史家から、地理学・社会学・経済学・政治学など多方面の専門家が集まり、とくに経済史・数量史の分野で歴史学の新しい領域を切りひらく研究が行われた。

http://d.hatena.ne.jp/d1021/20170223#1487847144

http://d.hatena.ne.jp/d1021/20160117#1453027146

http://d.hatena.ne.jp/d1021/20150412#1428836450

http://d.hatena.ne.jp/d1021/20150206#1423219150

[] 19:57 を含むブックマーク のブックマークコメント

[] 19:57 を含むブックマーク のブックマークコメント

熊本県天草市に建設された県営の路木ダムをめぐって、反対する地元の住民は「過去に洪水による被害はなく、ダムは必要ない」などとして、蒲島知事に対して事業に公金を支出しないことや、支払った事業費を県に返還することを求めました。


1審の熊本地方裁判所は、事業費の返還は認めない一方、「過去に洪水の被害が発生していないのは明らかで、ダムの建設計画は知事の裁量を逸脱し違法だ」として、事業に公金を支出しないよう命じました。


しかし、2審の福岡高等裁判所は、工事が終わったことなどから、公金の支出についての訴えを退け、事業費の返還についても、「洪水の被害がなかったと断定することは難しく、計画に明らかな欠陥があるとは認められない」として訴えを退けました。


これに対して住民が上告していましたが、最高裁判所第3小法廷の大谷剛彦裁判長は、23日までに上告を退ける決定を出し、住民の敗訴が確定しました。

http://d.hatena.ne.jp/d1021/20170223#1487847139

[][] 19:57 を含むブックマーク のブックマークコメント

http://d.hatena.ne.jp/d1021/20170223#1487847139

[] 19:57 を含むブックマーク のブックマークコメント

政府は、重大な犯罪の実行で合意した場合の処罰を可能にする「共謀罪」の構成要件を厳しくして、「組織的犯罪集団」を対象に「テロ等準備罪」を新設する法案を今の国会に提出する方針で、企業や組合などの一般の団体であっても、重大な犯罪の実行を目的とする団体に一変すれば、処罰の対象になりうるとしています。


これについて金田法務大臣は先に、一般の団体が重大な犯罪を1回行うことで合意しただけでは、直ちに組織的犯罪集団と見なすことにはならないという認識を示していました。


これに関連して金田大臣は、24日の閣議のあとの記者会見で「1回だけ実行するとか、継続的に実行するとかの合意は、団体の目的が犯罪の実行にあるかを判断するうえで、1つの事情にすぎない。目的が一変したかは、さまざまな事情を総合的に考慮して判断する」と述べ、一般の団体が組織的犯罪集団に一変したかどうかは、合意した犯罪の回数だけでなく、さまざまな事情を踏まえて総合的に判断する考えを示しました。

[] 19:57 を含むブックマーク のブックマークコメント

#やすす

[][] 19:57 を含むブックマーク のブックマークコメント

 古代ローマ将軍ジュリアス・シーザーは予言者から「3月15日に気をつけろ」と警告を受けたが、これを無視し、予言通りこの日に暗殺された。

バノン首席戦略官はプリーバス首席補佐官と壇上に上がり、トランプ大統領への支援を呼び掛けた。バノン氏が公の場に姿を見せるのはまれ。


バノン氏は大統領へのメディアの批判に言及し、大統領が選挙中の公約を進めるのに合わせて「日増しに悪化していく」と述べた。


CPACはかつては重要視されていなかったが、現在では共和党の主要イベントとされ、約1万人の活動家の参加が見込まれている。


トランプ大統領は23日、ホワイトハウスでアメリカの製造業の経営トップを集めた会合を開きました。この中で、トランプ大統領は、「中国がWTO=世界貿易機関に加盟して以来、アメリカでは7万か所の工場が閉鎖になった」などと述べ、中国とメキシコを名指ししてアメリカの雇用が奪われたと批判しました。


そのうえで、「アメリカはよい貿易協定を持っていない」と述べ、中国やメキシコとの貿易赤字が大きい現状を改善し、貿易の不均衡を是正する必要があるという考えを強調しました。この日、貿易に関する発言で、日本については言及しませんでした。


また、トランプ大統領はドル高や為替操作についても改めて言及し、「ほかの国に公平な競争をさせなければならない」と述べ、特定の国を名指しはしなかったものの、為替政策に問題意識を持っていることをうかがわせました。


一方、トランプ大統領は、アメリカ国内で雇用の創出や投資を行う計画を発表した企業を紹介する中で、日本の通信大手、ソフトバンクグループにも触れて「アメリカに500億ドルの投資を行う。すばらしい」と述べ、日本企業によるアメリカ経済への貢献を評価しました。

アメリカのトランプ大統領は、不法移民の取締りや強制送還の強化に乗り出したほか、メキシコとの国境沿いに壁を建設し、その費用を最終的にはメキシコに支払わせると主張し、メキシコが反発しています。こうした中、ティラーソン国務長官とケリー国土安全保障長官は23日、メキシコでビデガライ外相らと会談しました。


会談後の共同会見で、ビデガライ外相は「他国に直接影響する決定を1国だけで下すことは、法律的にも不可能だということを話し合った」と述べ、大量の不法移民をメキシコに強制送還することへの懸念を伝えたことを明らかにしました。


これに対し、ティラーソン長官は「両国には意見の相違も起きる。丁寧に耳を傾け、懸念を取り上げていきたい」と述べ、国境沿いの壁の建設については言及しなかったものの、協議を続けていく考えを強調しました。また、ケリー長官は「不法移民の大規模な強制送還は起きない」と述べ、懸念の払拭(ふっしょく)に努めました。


ティラーソン長官らとしては、会談を通じてトランプ政権の政策に理解を得る狙いがあったと見られますが、メキシコ側の懸念は強く、今後の協議は難航することも予想されます。

トランプ政権のムニューシン財務長官は23日、アメリカのCNBCテレビのインタビューで為替操作国の認定にあたって、「これまでと同じ手続きで行う」と述べ、オバマ前政権の基準を引き継ぐ考えを示しました。


このためCNBCテレビは、アメリカ財務省がことし4月に公表する予定の為替政策に関する報告で、前政権の判断と同様、中国を為替操作国に認定する可能性は低くなったと伝えています。


一方、トランプ大統領は同じ日、ロイター通信のインタビューで、「中国は為替操作のグランドチャンピオンだ」と述べ、アメリカの輸出に不利になるドル高に不満を示し、引き続き、中国への圧力を強めています。

トランプ大統領が掲げる税制改革では、共和党が提案している輸出の際の法人税の負担を軽くする一方、輸入の際の税を重くする案を盛り込むかどうかが焦点の1つになっていて、アメリカに製品を輸出する日本企業も影響を受ける可能性があり、懸念の声が出ています。


この案についてトランプ大統領は23日、ロイター通信のインタビューで「アメリカ国内に、より多くの雇用を生むだろう」と述べ、輸出を促進して雇用を創出するという観点から一定の評価をしました。しかし具体的な支持は明言せず、小売業界などからの根強い反発を踏まえ、態度を明らかにしなかったものと見られます。


この案について、ムニューシン財務長官は23日、アメリカのCNBCテレビのインタビューで、ことし8月までに関連する法案の議会での可決を目指し、反対する意見などを取り入れた妥協案を作るとしていますが、企業や共和党内の意見が分かれていて、難しい調整が続きそうです。

アメリカのトランプ大統領は23日、ロイター通信のインタビューで、ロシアとの核軍縮条約「新START」について「一方的な取り引きだ」と述べ、ロシアにとって有利だという認識を示し、批判しました。


そして、アメリカの核戦力が他国に遅れをとっているという見解を明らかにしたうえで、「他国が核兵器を保有していくなら、われわれはその中で1番になる」と述べ、核戦力の強化に意欲を示しました。


ただ、具体的な説明はなく、オバマ前政権で核兵器の近代化を進める一方、新たな核兵器は作らないとしてきた政策を変更するのかどうかなどはわかっていません。


「新START」では、米ロ両国がそれぞれの戦略核弾頭の配備数を来年までに1550発に減らすことなどで合意し、相互に検証しながら現在も作業が進められています。


これについて、核政策を研究するアメリカ科学者連盟のハンス・クリステンセン代表はNHKの取材に対し、「新STARTは米ロ双方に同じ制限を課していて、一方的という認識は誤っている。またアメリカの核戦力は世界で最も能力が高いといえる」と述べ、トランプ大統領の核戦力をめぐる認識に疑問を呈しています。

http://d1021.hatenablog.com/entry/2017/02/24/140904

中国外務省の耿爽報道官は、22日の記者会見で「中国がみずからの領土に正常な施設を建設し、国土の防衛に必要な適度な施設を配備することは、国際法が主権国家に与えた当たり前の権利だ」と反論しました。

http://d.hatena.ne.jp/d1021/20170221#1487674491

シリアの和平協議は23日、ジュネーブの国連ヨーロッパ本部で始まり、アサド政権と反政府勢力の代表が向かい合う形で座りました。会合には、アメリカやロシアなど各国の代表も招かれ、仲介役を務める国連のデミストラ特使が、「このひどい内戦を終わらせるために協力してほしい。いまこそ責任を果たすときだ」と述べ、内戦の政治的な解決に向けて双方に歩み寄りを促しました。


今回の和平協議は、去年12月に、双方の停戦が始まったのを受け、およそ10か月ぶりに開かれ、国連の安保理決議に基づいて、新しい憲法の起草やこれに続く民主的な選挙など政治プロセスをどう進めるかが議題となります。


ただ、アサド大統領の処遇などをめぐり双方は鋭く対立しているうえ、停戦の発効のあとも、各地で戦闘が相次ぐなど不安定な状況が続いています。さらに、反政府勢力を支援してきたアメリカもトランプ政権が発足したばかりで、具体的な政策を打ち出すには至っていません。


このため国連は、大きな成果は期待できないとしながらも、協議の枠組みを維持し、双方の妥協点を探っていきたいとしています。

Syrian peace up to Moscow & Ankara, West’s involvement a joke – Erdogan adviser RT — SophieCo

A successful ceasefire brokered by Ankara, Moscow, and Tehran finally gets the warring sides in the Syrian civil war talking to each other, as Turkish forces and their rebel allies advance further inside Syria. Turkish President Recep Tayyip Erdogan is declaring that his troops will not stop until ISIS is defeated. How far is Turkey planning to go? And why was the unlikely Turkey-Russia-Iran alliance able to achieve more than the West in brokering peace for Syria? We ask senior adviser to the Turkish president – Ilnur Cevik.

The Stakes for Trump and All of Us -- Paul Craig Roberts - PaulCraigRoberts.org

トランプと我々全員にとっての危機: マスコミに載らない海外記事

[][] 19:57 を含むブックマーク のブックマークコメント

#ロン・ポール

[][] 19:57 を含むブックマーク のブックマークコメント

[][] 19:57 を含むブックマーク のブックマークコメント

http://d.hatena.ne.jp/d1021/20170216#1487242069

[][] 19:57 を含むブックマーク のブックマークコメント

モルガン・スタンレー・アジアの会長を務めていたスティーブン・ローチ米エール大学上級研究員は、米国が貿易相手国に対し1930年代に行ったような関税賦課に踏み切れば、経済的な破滅につながるとの考えを示した。


  ブルームバーグテレビジョンとのインタビューで保護主義に関する質問に答えたもので、ローチ氏は「米国および世界経済にとって無条件で純然たる災難となるだろう」と指摘。「歴史が繰り返すことはないが、韻を踏むことはよくあり、それが現在、私の恐れている点だ」と語った。


  ローチ氏は、ホワイトハウスの当局者の間では保護主義的措置への「支持が高まりつつある」とし、そのような措置は苦境にある消費者にとって課税と同様な作用をもたらすと論じた。


原題:Yale’s Roach Warns U.S. of Disastrous Effects of Protectionism(抜粋)

[][] 19:57 を含むブックマーク のブックマークコメント

#FRB

[][] 19:57 を含むブックマーク のブックマークコメント

ビットコインが最高値更新、トランプ政権の政策に関する不透明感で - Bloomberg

#gold

[] 19:57 を含むブックマーク のブックマークコメント

[] 19:57 を含むブックマーク のブックマークコメント

http://d.hatena.ne.jp/d1021/20170221#1487674484

[][] 19:57 を含むブックマーク のブックマークコメント

[] 19:57 を含むブックマーク のブックマークコメント

http://image.2chlog.com/2ch/live/livenhk/image/1487928803-0087-001.jpg

http://image.2chlog.com/2ch/live/livenhk/image/1487928803-0087-005.jpg

http://image.2chlog.com/2ch/live/livenhk/image/1487928803-0087-008.jpg

ニュース7