d1021の日記 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2017-03-01-Wed

[] 20:05 を含むブックマーク のブックマークコメント

[] 20:05 を含むブックマーク のブックマークコメント

[] 20:05 を含むブックマーク のブックマークコメント

[] 20:05 を含むブックマーク のブックマークコメント

[] 20:05 を含むブックマーク のブックマークコメント

[] 20:05 を含むブックマーク のブックマークコメント

[] 20:05 を含むブックマーク のブックマークコメント

[] 20:06 を含むブックマーク のブックマークコメント

https://pbs.twimg.com/media/C5zllKyXEAEH_rZ.jpg

[] 20:06 を含むブックマーク のブックマークコメント

[] 20:06 を含むブックマーク のブックマークコメント

 ユニー・ファミリーマートホールディングスは28日、昨年9月の経営統合以来進めてきたコンビニ商品の一本化を完了したと発表した。サークルKやサンクスの独自商品はほとんど廃止し、集客力で勝るファミマ側にまとめた。


 まずは、ファミマのプライベートブランドや無印良品を全店に導入。最後に弁当やサンドイッチを一緒にした。


 サークルKやサンクスで扱ってきた商品のうち、今後も販売するのは「濃厚焼きチーズタルト」のみ。スイーツのブランド「シェリエドルチェ」は、名前はなくしたものの、レシピは受け継いだという。


 看板のサークルKやサンクスからファミマへの掛け替えは、2月末時点で対象の1割超にあたる約830店で終えた。看板を改めた店では、売り上げが平均して2割ほど伸びているという。掛け替えの完了は、当初予定の19年2月からの前倒しをめざす。

http://d.hatena.ne.jp/d1021/20160825#1472121430

http://d.hatena.ne.jp/d1021/20160527#1464346462

[] 20:06 を含むブックマーク のブックマークコメント

[] 20:06 を含むブックマーク のブックマークコメント

[] 20:06 を含むブックマーク のブックマークコメント

http://d.hatena.ne.jp/d1021/20170228#1488279243

#文房具

[] 20:06 を含むブックマーク のブックマークコメント

[] 20:06 を含むブックマーク のブックマークコメント

【第46回】

[][] 20:06 を含むブックマーク のブックマークコメント

[][] 20:06 を含むブックマーク のブックマークコメント

みんなのレビュー:債権総論/内田 勝一 - 紙の本:honto本の通販ストア

手と頭を使って「読む」教科書

投稿者:法学セミナー

  図表を多用した「見る」教科書が増加する中で、本書は、「読む」ことに徹した教科書である。なぜなら、「図や表を作成し、分かりやすくすることは読者の仕事」であり、自分の頭に定着させるには、読者が「手と頭を使う」必要があるから、と筆者は言う。

 そのため、本書には、隅々まで読みやすさへの配慮が行き届いている。読者が作図しやすいような叙述がなされ、また、判例や学説も精選されている。非常にクリアで読みやすい教科書である。初学者でも無理なく読み通すことができ、また、債権法の全体像をつかむことができると思われる。

 本書では、解釈論上の論点について、学説や判例をさまざまな立場に分類・整理するということをしていない。歴史的な流れに沿った学説や判例の位置づけが優先されているからである。本書の叙述に慣れてきたら、ぜひこれらの学説を各自で分類してみてほしい。「手と頭を使う」ことの面白さが分かってくるだろう。それは、民法学習の醍醐味でもある。(C)日本評論社

http://d.hatena.ne.jp/d1021/20170228#1488279245

http://d.hatena.ne.jp/d1021/20170228#1488279246

http://d.hatena.ne.jp/d1021/20170227#1488192732

http://d.hatena.ne.jp/d1021/20170227#1488192733

http://d.hatena.ne.jp/d1021/20170222#1487762155

#勉強法

[][][] 20:06 を含むブックマーク のブックマークコメント

大阪などに住む388人は、安倍総理大臣が平成25年12月に靖国神社を参拝したことで、信教の自由を侵害されたなどとして、今後の参拝の禁止と賠償を国などに求めました。


1審の大阪地方裁判所は「参拝で原告の信仰が妨げられたとはいえない」として訴えを退け、原告側が控訴していました。


28日の2審の判決で、大阪高等裁判所の松田亨裁判長は「参拝によって原告の心情や感情が害され、不快の念を抱いたとしても、権利や利益が侵害されたとはいえない」として、1審に続いて訴えを退けました。


また、靖国神社への参拝が政教分離を定めた憲法に違反するかどうかについては、1審と同じく判断を示しませんでした。

[][] 20:06 を含むブックマーク のブックマークコメント

#gold

 米政府によると、トランプ大統領は国防費を500億ドル(約5兆6000億円)以上増やす予算案を策定している。政府関係者は前日、国務省やその海外支援部門など非国防分野の大幅な予算削減により軍事費拡大を実現すると述べていた。


 国務省とUSAIDの今年の予算は約500億ドル。


 複数の関係者によると、現政権がバラク・オバマ前政権時代の国務省の支出拡大を調べており、特使増員による支出増も調査対象となっている。ただ、それだけでは提案された削減額をカバーできないという。ある政府関係者によると、国務省は海外への開発援助が大幅な削減の対象になるとみている。

トランプ米大統領は28日、イスラム圏7カ国からの入国禁止を定めた大統領令が裁判所の一時差し止めを受けるなど大きな混乱を招いたことについて「(国民などへの)意思伝達がうまくいかなかった。たぶん私の責任だ。私のメッセージの出し方はうまくない」と反省の弁を述べた。FOXニュースのインタビューで語った。


 一方で「ギャング、麻薬取引の元締、殺人者ら悪いやつらを国外に締め出す」と、厳格な入国制限や不法移民の強制退去強化などを推進する決意を改めて強調。「私はより厳しくやる。彼はあまり力を入れていなかった」とオバマ前大統領を批判した。

決議案はアメリカやイギリスなどが提出したもので、シリアのアサド政権と過激派組織IS=イスラミックステートが化学兵器を使用していたとして双方を非難するとともに、化学兵器の製造や使用に関与した政権側の個人や企業の資産を凍結するほかシリアへのヘリコプターの輸出を禁止するなどの制裁措置を定めています。


決議案は2月28日、国連安保理で採決にかけられ、欧米や日本など9か国が賛成しましたが、常任理事国のロシアと中国が拒否権を行使したため、否決されました。


採決のあと、アメリカのヘイリー国連大使は「ISの残虐性はアサド政権の残虐性の免罪符にはならない。化学兵器を使ったどちらにも責任を負わせるべきだ」と述べ、ロシアと中国を非難しました。


一方で、ロシアの代表は、国連が仲介してシリアの内戦の終結を目指す和平協議が先月、スイスで始まったばかりであることから、今は協議に集中すべきで制裁は逆効果だなどと反論しました。アメリカのトランプ大統領は、ロシアとの関係改善に意欲を示していますが、今回、国連の場で、シリアへの対応をめぐる欧米とロシアの対立が改めて鮮明になり、シリア情勢の先行きは不透明な状況が続いています。

アメリカの外交政策を担うティラーソン国務長官は2月28日、ワシントンで中国の楊国務委員と会談しました。


国務省によりますと、ティラーソン長官と楊国務委員は建設的な関係を構築し、ハイレベルの対話を定期的に行うことが重要だという考えで一致したということです。

また、楊国務委員がティラーソン長官の訪中を要請し、ティラーソン長官も前向きな考えを示したということです。さらに、今回の会談では、トランプ政権発足後、まだ行われていない米中首脳の直接会談の開催についても議論が交わされたと見られます。一方、会談でティラーソン長官と楊国務委員は北朝鮮の核開発についても協議したということです。


トランプ大統領は、北朝鮮の核やミサイル開発を止められないのは、中国の取り組みが不十分だからだという考えを示していて、ティラーソン長官も楊国務委員にこうした考えを伝えたと見られます。


これに対して、楊国務委員は先月、北朝鮮からの石炭の輸入を停止したことを説明し、中国が国連安全保障理事会の制裁決議を着実に履行していると主張したと見られます。

http://d1021.hatenablog.com/entry/2017/03/01/200010

[][][] 20:06 を含むブックマーク のブックマークコメント

http://d1021.hatenablog.com/entry/2017/03/01/200523

#ロン・ポール

[][] 20:06 を含むブックマーク のブックマークコメント

[][] 20:06 を含むブックマーク のブックマークコメント

#gold

[][] 20:06 を含むブックマーク のブックマークコメント

[][] 20:06 を含むブックマーク のブックマークコメント

[] 20:06 を含むブックマーク のブックマークコメント

#リフレ#アベノミクス

[] 20:06 を含むブックマーク のブックマークコメント

[] 20:06 を含むブックマーク のブックマークコメント

[] 20:06 を含むブックマーク のブックマークコメント

イトーヨーカ堂の親会社である、流通大手のセブン&アイ・ホールディングスは、総合スーパー事業を立て直すため、この1年で20店舗を閉鎖する計画で、すでに16店舗の閉鎖が決まっています。


これを受けて、イトーヨーカ堂が新たに4つの店舗を来月中に閉鎖することが明らかになりました。

このうち神奈川県秦野市の秦野店は来月5日に、東京・杉並区の食品館高井戸店は来月12日に閉鎖します。

また、横浜市の上大岡店は来月20日に、兵庫県姫路市の広畑店は来月26日に閉鎖します。


会社では、4年後の平成33年2月末までに、さらに20店舗を閉鎖する計画で、この中では、長野県松本市の商業施設、アリオ松本も候補に上がっているということです。


総合スーパーは、専門店やネット通販との競争の激化で経営環境が厳しさを増していて、業界では、流通大手のユニー・ファミリーマート ホールディングスも店舗の閉鎖を進めています。

[] 20:06 を含むブックマーク のブックマークコメント

弁護士鶴間洋平の「新時代のプロフェッションを目指して」 - Yohei TSURUMA Attorney at Law

「出光興産」と「昭和シェル石油」は合併することで合意していますが、大株主である出光の創業家が反対しています。


これについて、先月から出光の創業家の新しい代理人に就任した弁護士3人が、1日、記者会見し、「どのような条件を出されても、合併に反対するという姿勢が、これまでは必ずしも伝わってこなかった。譲れない一線をしっかり引いて、創業家の立場が変わらないことを示したい」と述べました。


また、反対の理由としては、サウジアラビアの石油会社が株主になっている昭和シェル石油と、海外の大株主がいない出光との社風の違いなどを挙げました。


石油元売り業界では、国内のガソリンなどの需要が減り続けるなか、来月には最大手の「JXホールディングス」と「東燃ゼネラル石油」が経営統合するなど再編が進んできましたが、創業家が反対の姿勢を明確にしたことで、出光興産と昭和シェル石油の合併は、より不透明になりました。

http://d.hatena.ne.jp/d1021/20170222#1487762166

http://d.hatena.ne.jp/d1021/20170219#1487501550

http://d.hatena.ne.jp/d1021/20170219#1487501553

http://d.hatena.ne.jp/d1021/20170210#1486723681

[] 20:06 を含むブックマーク のブックマークコメント

[][] 20:06 を含むブックマーク のブックマークコメント

[] 20:06 を含むブックマーク のブックマークコメント

[] 20:06 を含むブックマーク のブックマークコメント

[] 20:06 を含むブックマーク のブックマークコメント