d1021の日記 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2017-12-04-Mon

[] 19:43 を含むブックマーク のブックマークコメント

セクハラ疑惑が明らかになったのは、クラシック界の巨匠の1人で、世界有数のオペラハウスであるニューヨークのメトロポリタン歌劇場で長年、音楽監督を務めたオペラ指揮者のジェームズ・レバイン氏(74)です。


アメリカの主要な新聞、ニューヨーク・タイムズなどは、レバイン氏が1985年に、当時15歳だった少年にその後数年間にわたってセクハラ行為をしたとして、警察に被害届けが出されたと伝えています。


報道を受けてメトロポリタン歌劇場は、公式のツイッターで「レバイン氏が性的に不適切な行為をしたという訴えが真実かどうか、外部の捜査に協力している。結果を踏まえて適切に対応したい」として、警察が捜査を進めていることを明らかにしました。


そのうえで、メトロポリタン歌劇場は、現在、名誉音楽監督を務めるレバイン氏を停職にしたと発表しました。


一方でアメリカのメディアは、レバイン氏が今回のセクハラ疑惑を否定しているとも伝えています。


アメリカでは、ことし10月、ハリウッドの大物プロデューサーによるセクハラ行為が発覚して以降、被害者が過去の被害を訴えるケースが相次ぎ、政治家や俳優、ニュースキャスターなど著名人のセクハラ行為が次々に明らかになっています。

ハリウッド女優のジェシカ・チャステインさんは、映画のPRのため来日し、先週、都内でNHKのインタビューに応じました。


セクハラ疑惑が広がっていることについて、チャステインさんは「この問題は、映画界だけに限らず、政界や金融業界にも長きにわたって存在していた」と述べ、実態が見えない状況が長期間続いていたとの考えを示しました。


セクハラ疑惑が報じられたあと、チャステインさん自身も、あるプロデューサーから体を触られた経験があることを明らかにしています。


チャステインさんは、被害を公表した理由について、「私自身、女性が同等に扱われない業界に身を置き、とても不愉快に感じる状況が何度もあったが、それがこの業界では当たり前なのだと思っていた。しかし、女性たちが受けた被害の実態を知り、自分が黙ったままで実態を伝えないことは、悪事がはびこる状況に加担することになると思った」と語りました。


そして、こうした被害を二度と起こさないためには、「権力を使って女性を犠牲にしてきた一部の男性がのさばってきたが、こうした行為は許されないとはっきりさせることが重要だ。アメリカは、男性に支配された社会で、女性が大統領になったこともない。大企業の役員も女性は少なく、この現状は、何が何でも変えなければならない」と述べて、今こそ男性優位の社会を変えていく必要があると訴えました。


そのうえで、「同じ考えを持つ人々が集まることで変化は起こせる。被害を訴え出た人たちが守られ、勇気がたたえられるよう、できるかぎりのことをしたい。理想としたいのは、性別や人種などにかかわらず、誰もが平等な機会をもち、平等な待遇を受け、指導的地位につける世の中だ」として、すべての人が対等に扱われる社会を築けるよう活動を進めていく考えを明らかにしました。

ワインスティーン氏のセクハラ疑惑が報じられたのをきっかけに、これまで沈黙していたセクハラ被害を公表し、加害者を告発する動きが業種や国境を越えて広がり続けています。


このうち、スウェーデンでは、映画「リリーのすべて」でアカデミー賞の助演女優賞を受賞した人気女優、アリシア・ヴィキャンデルさんなど、700人を超える女優が地元紙に連名で公開書簡を出し、監督や俳優などから受けたセクハラ被害をつづりました。


また、アメリカでも、国防総省や国務省などで働く200人以上の女性たちが「これはハリウッドだけの問題ではない。私たちもセクハラや性暴力の犠牲者だ」などとする公開書簡を発表しました。


告発は政界にも及んでいます。


イギリスでは、ファロン国防相が、女性記者の膝に手を置いたなどと批判され、先月、辞任に追い込まれました。


アメリカ議会でも、セクハラ被害の訴えが相次ぎ、下院の司法委員長も務めたことがある民主党の重鎮、コンヤーズ議員が司法委員を辞任したほか、民主党のフランケン上院議員に対する倫理委員会の調査が行われています。

さらに、下院の公聴会で、民主党の女性議員が「現職議員の中にセクハラ行為に関わったことのある人が2人いる」と証言し、波紋が広がっています。


非難の矛先は、メディアにも向かい、アメリカ・NBCテレビは、朝のニュース番組のキャスターを20年間、務めてきたマット・ラウアー氏を性的に不適切な行為があったとして解雇したほか、CBSや公共放送のPBSで長年キャスターを務めてきたチャーリー・ローズ氏も、部下などにセクハラ行為を繰り返していたことが発覚し、契約の解除や番組の打ち切りが決まりました。


また、アメリカの有力紙、ニューヨークタイムズで、トランプ政権の取材を担当していた記者が、過去に同僚の女性にキスをしたり体を触ったりしたなどと報じられ、停職処分となりました。

http://d.hatena.ne.jp/d1021/20171130#1512038310

#色地獄

[] 19:43 を含むブックマーク のブックマークコメント

http://d.hatena.ne.jp/d1021/20171202#1512210818

http://d.hatena.ne.jp/d1021/20171201#1512126440

[] 19:43 を含むブックマーク のブックマークコメント

 アドラーが提唱する共同体感覚における共同体とは、ある特定の組織を指しているのではなく、抽象的な概念でしかありません。ですから、それを日常に当てはめて具体的に考えた時に「自分個人よりも会社を優先すればいいのだろうか?」などと迷いが生じる時があるでしょう。しかし、抽象的概念である共同体は会社だけではなく、家族や地域社会、さらには国家や世界、動植物を加えた宇宙なども当てはまります。そして、それぞれの利益を考えた時、答えが異なってくることがあるでしょう。

 例えば、企業の商品に不具合があった場合、それを広く社会にオープンにし回収すれば、企業には一時的に大きなダメージがあるでしょう。回収費用や在庫廃棄による直接的な損失に加え、信用の失墜もあり、売上、利益は大きくダウンするだろうからです。そこで企業は公開をためらうでしょう。しかし、企業ではなく、より大きな社会全体の利益を考えれば、少しでも早く事実をオープンにすべき、とすぐにわかるでしょう。

 このように、個人、会社、社会など、それぞれの共同体における利益・不利益が異なる場合、私たちはより大きな集団の利益を優先すれば判断を間違うことはない。 アドラーはそう訴えました。それこそが真の意味での共同体感覚であるのです。自分一人の利益だけを考えてしまっては判断を間違ってしまうのです。

http://d.hatena.ne.jp/d1021/20171203#1512297157

http://d.hatena.ne.jp/d1021/20171129#1511952109

[] 19:43 を含むブックマーク のブックマークコメント

» ある文明が終わる時に何が起きるのか (連載「続パックス・ジャポニカへの道」) | IISIA 株式会社原田武夫国際戦略情報研究所

毎朝、顔を洗うとまずは大きく窓を開け放ち、「気」を部屋へと入れる。そして戸外に出て大きく深呼吸しながら天を仰ぎ見る。今の季節=冬になると星がまだ輝いている。1日の違いなのだが、天空は着実に動いている。その時、ふと、ドイツ・ケーニヒスベルクで活躍した哲学者であるかのイマヌエル・カントの言葉を思い出すのである:


「我が上なる星きらめく天空と我が内なる道徳律(Der bestirnte Himmel ueber mir und das moralische Gesetz in mir)」(「実践理性批判」)


人間界で何があろうとも、毎日変わらずに天空は、そして地球は、大地は動いていくのである。このこと以上に畏れ多く、かつ偉大なることがあるであろうか。同時にその様なものとして私自身が感じるということもまた変わらないのである。日々の喜び、悲しみがいかにあろうとも、この余りにも直観的な気持ちには変わりがないのである。―――私は毎日を、こうした喜びと共に始めている。


先日、ロンドンで拙著「Pax Japonica」に関する講演を行った際、少しだけ時間があったので同行してくれたスタッフと共に「大英博物館」を訪問した。ほんのわずかな時間であったが、久方ぶりにそこに展示されている無数の文物の一部に触れることが出来た。そしてその時、直観的にこう思ったのである。


「これほどまでに偉大なる文明の数々はなぜ、忽然とその姿を消したのであろうか」


私たちは普段、世界史の教科書で文明や王朝の興隆と滅亡について学んでいる。確かにそこでは何が契機となってある勢力が一つの力となって他を圧倒するのか、またどういった「失敗」が決定打となってその文明や王朝が終焉の時を迎えたのかが大変”美しく”説明されてはいるのである。


しかし今、あらためてロンドンにおいて、こうやって巨大な発掘物を目の前にする時、どうしても釈然としないものが残るのである。頭の中ですとんと落ちてはこないのである。なぜか。

要するに平たく言えば「記憶が消されている」というわけなのだ。物理的に生き残った人々も決してそのことについて語ることはない。いや、余りにも衝撃的な出来事であるが故に、そのことはあたかも「無かったかの様に」扱われているというわけなのだ。そしてある出来事を直接体験したものがそう振舞い、また何も遺さない時、結果として全てが言葉として伝承されることはなく、消えていってしまうのである。後に残されるのは・・・朝、天空が白み始めると共に輝く星たちが消えて行き、太陽が再び上る、その「事実」だけなのである。


今、私たちは「意識」をもって暮らしている限り、はっきりと気づき始めている。それは「もうこのままでは先に進むことはあり得ないであろう」ということである。すなわち現在の文明が明らかにその限界に到達しているということに気づき始めているのである。だが、私たちは「その次の文明」においては恐らく常識になるであろう事柄やランゲージ、そしてルールについて未だ知らないため、そのことをそれとしてはっきりと表現することが出来ないのである。これはあたかも「二次元に暮らしている者が三次元について語ることが出来ないようなもの」であり、また「主体的・能動的でしかありえない創造主からすれば、あくまでも受け身であり続ける被造物について云々し、比較することしかできない人類が余りにもつまらない存在であるように見える」ことと同じなのである。私たちは今、全員がそうしたやり場のないもどかしさの中で生きている。


そうした中でどうやらいよいよ「本質的なこと」が動き始めた感がしてならないのだ。「本質的なこと」、それは「文明を淘汰する波は常に天空からやって来る」というルールである。事実、ここに来て余りにも多くの、しかもはっきりとした形での隕石が地球に降り注ぎ始めている。そのことの異様さについて私たちの多くは気づき始めているのである。

http://d.hatena.ne.jp/d1021/20171203#1512297157(遠く遠くはるか彼方から生まれついた、そこから始まった歴史や文化は謎に包まれしものです。どこから飛来し地球に降り立ったのかいまだ謎です。それはきっと生きる意義を人間に与えるために記憶を葬られているからです。分断の歴史や文化の衰退が争いを起こすのも事実です。欲望に駆られた人間社会には魍魎の過去しか残しません。それらをいたわりねぎらいながら支え合うことのできる人間社会こそ文化と伝統の発展だと心得ております。)

http://d.hatena.ne.jp/d1021/20171129#1511952109

http://d.hatena.ne.jp/d1021/20171118#1511001368

http://d.hatena.ne.jp/d1021/20171118#1511001369

ディープ・インパクト (映画) - Wikipedia

地球最後の日 - Wikipedia

神の鉄槌 - Wikipedia

[][] 19:43 を含むブックマーク のブックマークコメント

 家族を養っていかなければならない大変多忙な身でありながら、 自分というものを見失わないように、 何か、得意な分野を極める時間を取らなければならないと考えた。

 そこで、小さい頃から大好きだった物理学の勉強の時間を 一日1時間取ることにした。

 俺が欲しいのは「中級レベル」だ。  知識の隙間を埋めてくれるような本だ。  途中でつまづいて他の本にチャレンジするようなことが必要のない本だ。  しかし、本当にないんだ。

量子力学も、解析力学も、素粒子論も本当は難しくなんかないのだと信じている。  順を追って説明すれば高校生にだって理解できるはずだ。  本当に良い教科書が在れば大学で学ぶ範囲の概念を習得するのは数ヶ月もかからないで済むだろう。  大学での残りの時間は応用に使うべきなのだ。  素粒子論を論じることが出来る高校生を多数育てたいと思う。  そうすれば、日本からもノーベル賞級の研究者がもっと多く出るかも知れない。

私の経験では物理そのものは決して難しくないのだ。  ただ理解に達するために資料を調べる時間が異常に長いだけである。  ひとたび良い本に出会うと数時間の内に疑問が解決し、 数ヶ月に渡る探索が報われることがよくある。  せめて自分が何を知らないからつまづいているのかだけでも分かれば、 もっと素早く知識を習得できるのだが。


   理解できるようになるまでに何冊もの本を交互に読みながら 自分の知識のギャップを埋めていかなければならない現在の状況を もっと簡素化したいのだ。

 自分が大学生の時、やる気はあったけど、授業が全然わからなかった。 大学の先生というのは、生徒を過剰評価してくれている。  生徒がどれだけ単純なことでつまづいているのか分かってくれていないようだ。  大学を卒業する頃、自分がそれまでの必死の努力の末、ようやく理解した内容を振り返ってみるに、 誰かが分かり易く教えてくれさえすれば半年で習得できた事じゃないか、と感じた。 自分の4年間はあれは何だったのか、と挫折感を味わったものだ。

http://d.hatena.ne.jp/d1021/20171202#1512210817

http://d.hatena.ne.jp/d1021/20171202#1512210818

http://d.hatena.ne.jp/d1021/20171201#1512126433

http://d.hatena.ne.jp/d1021/20171129#1511952109

http://d.hatena.ne.jp/d1021/20171128#1511865486

http://d.hatena.ne.jp/d1021/20171116#1510828992

http://d.hatena.ne.jp/d1021/20171107#1510050929

http://d.hatena.ne.jp/d1021/20170619#1497869390

http://d.hatena.ne.jp/d1021/20170607#1496831610

http://d.hatena.ne.jp/d1021/20141201#1417430503

http://d.hatena.ne.jp/d1021/20141201#1417430504

http://d.hatena.ne.jp/d1021/20141201#1417430505

http://d.hatena.ne.jp/d1021/20141201#1417430506

http://d.hatena.ne.jp/d1021/20141129#1417257347

http://d.hatena.ne.jp/d1021/20131205#1386240307

テレンス・タオ - Wikipedia

本人は、後に「幼い頃から難しい問題を次々と解くことで、思考が磨かれていった」として、英才教育が自身の卓越した才能を伸ばす手助けになったと振り返っている。

道 (哲学) - Wikipedia

http://d.hatena.ne.jp/d1021/20141117#1416220635

[][][] 19:43 を含むブックマーク のブックマークコメント

https://pbs.twimg.com/media/DQMFw7HUEAA0gPK.jpg

http://d.hatena.ne.jp/d1021/20160320#1458470836

[][] 19:43 を含むブックマーク のブックマークコメント

http://d.hatena.ne.jp/d1021/20171203#1512297162

#勉強法

[][] 19:43 を含むブックマーク のブックマークコメント

そういった事情を物書堂さんが技術でカバーしてくださったら素晴らしい。

2018年版の付録にある「旧規定一覧」の該当条文が当該条文と並んで一緒に表示されるようになればベスト。

それが無理でも、2017年版のコンテンツのうち民法だけを、できれば同時に、そうでなくても新旧対照的に行き来して併用できたらうれしい。

もし新旧対照できないとしても、2017年版の「民法」をそのまま読み込んで使えるだけでもありがたい。

「旧規定」をタッチすれば「並んで一緒に表示される」ばかりか、「民法編」に「民法」とは別に「民法〔現行規定〕」が含まれていて、「よく使う法令」に登録できるようになってる。

[][][] 19:43 を含むブックマーク のブックマークコメント

刑事訴訟法 上 <新版> | 弘文堂

◆改訂中です。今しばらくお待ちくださいませ。

刑事訴訟法 下 <新版補正第2版> | 弘文堂

◆改訂中です。今しばらくお待ちくださいませ。

[] 19:43 を含むブックマーク のブックマークコメント

#政界再編#二大政党制

[][] 19:43 を含むブックマーク のブックマークコメント

中国は東アフリカのジブチをインド洋と地中海を結ぶ海上交通の要衝として重視し、中国が提唱する巨大経済圏構想「一帯一路」を進めるうえでの中東・アフリカ地域の要と位置づけています。

インフラ事業への大型融資も相次いでいて、隣国のエチオピアとを結ぶ長距離鉄道や大規模な貿易港の整備など、現地では中国の進出が加速しています。


こうした中、ジブチ商工会議所のダワレ会頭がNHKのインタビューに応じ「最初に中国が来てジブチを信用し、鉄道や港に投資してくれた」と述べ、中国の進出を評価しました。

その一方で「ジブチはすべての国に門戸を開いている。日本にも多くのチャンスがある」と述べ、日本からの投資や企業進出にも期待を示しました。


ジブチでは中国軍が海外で初めてとなる基地も建設し、NHKが撮影した基地の映像では厚さ8メートルほどの頑強な壁で囲まれているなど、部隊の長期的な駐留を見据えた重厚な造りとなっていて、アメリカなどは中国が中東やアフリカでの軍事的な関与を強めようとしているのではないかと警戒を強めています。

[][] 19:43 を含むブックマーク のブックマークコメント

アメリカ軍と韓国軍は4日からソウル近郊の空軍基地などを拠点に定例の共同軍事訓練「ビジラント・エース」を5日間の日程で実施します。


韓国に駐留するアメリカ軍によりますと、今回の訓練には最新鋭のステルス戦闘機「F35」と「F22」が初めて参加するなど、両軍で合わせて過去最大規模となる230機余りが参加します。

具体的には、領空に侵入した敵の航空機を迎撃したり、弾道ミサイルの移動式発射台など地上の標的を攻撃したりする訓練、それに海から侵入してきた敵の部隊を攻撃する訓練などが行われるとしています。


米韓両国としては圧倒的な航空戦力を示すことで北朝鮮への圧力を強める狙いがあると見られます。


これに対して北朝鮮は「アメリカが朝鮮半島情勢を一触即発の状況に追い込んでいる」と反発し、米韓両軍は北朝鮮が軍事的な挑発に踏み切る可能性もあるとして警戒と監視を強化しています。

北朝鮮の朝鮮中央通信(KCNA)は2日、米国が原子力空母を動員した軍事演習の直後に韓国との過去最大規模の空軍合同演習を計画し、核戦争を懇願していると述べた。KCNAは北朝鮮外務省の声明を引用している。


  KCNAは「米国の向こう見ずな核戦争マニアのために朝鮮半島と世界が核戦争の試練に巻き込まれるなら、米国がその責任を全面的に負うことになる」としている。


  韓国・聯合ニュースが今月4−8日の米韓空軍の合同軍事演習「ビジラント・エース」のために、F22ラプター・ステルス戦闘機6機が韓国に2日到着したと報道した後で、KCNAが声明を発表した。


原題:N. Korea’s KCNA Says Trump ‘Begging’ for Nuclear War With Drills(抜粋)

米上院軍事委員会のメンバーである共和党のリンゼー・グラム上院議員は3日、米国防総省に対し、配偶者や子供など在韓米軍の扶養家族を退避させるよう求めた。CBSの報道番組「フェイス・ザ・ネイション」で述べた。


韓国には2万8500人の米兵が駐留している。


グラム氏はまた、北朝鮮は米国に到達可能な大陸間弾道ミサイル(ICBM)への核兵器搭載に向け取り組んでおり、「軍事衝突は近付いている。残された時間は少ない」と述べた。


国防総省は米太平洋軍に対し意見を求めたが、現時点でコメントはない。


ホワイトハウスのマクマスター大統領補佐官(国家安全保障担当)はテレビ番組「フォックス・ニュース・サンデー」で、トランプ米大統領は北朝鮮に対する行動を準備しているが、中国やロシアなどに一段と経済的圧力をかけるよう説得し続けていると話した。

北朝鮮は先週、「アメリカ本土全域を攻撃できる新型のICBM=大陸間弾道ミサイル、『火星15型』の発射実験を行い、成功した」と発表しました。


これについてアメリカのCNNテレビはアメリカ政府の当局者の話として、弾頭が大気圏に再突入した際、複数に分解した可能性が高いとし、北朝鮮は再突入の技術に依然課題を抱えているという当局者の見方を報じました。


北朝鮮はことし7月にICBMの発射実験に成功したと発表した際、再突入技術を証明したと主張しましたが、NHKのカメラが捉えた映像を分析したアメリカの専門家は「弾頭部分が分解した可能性がある」と指摘するなど、再突入の技術の確立には至っていないと見られています。


これについてアメリカのマティス国防長官は3日、記者団に対し「アメリカ政府はまだミサイルの能力などを分析中だ」と述べるにとどまりました。

安全保障担当のマクマスター大統領補佐官は3日放送されたFOXテレビの番組で、北朝鮮が、先にアメリカに届くと見られるICBM級のミサイルを発射したことについて「アメリカは他国に対して北朝鮮への圧力強化こそがその国の利益になると説得を試みている。北朝鮮の核は中国とロシア、そして、すべての国々にとって重大な危険だ」と述べました。

さらに、北朝鮮の核に対抗して日本や韓国なども核兵器を保有する可能性があると指摘し「それは中国とロシアの利益ではないはずだ」と述べ、両国に対して北朝鮮への圧力を強化するよう改めて求めました。


またマクマスター補佐官は「北朝鮮が核やミサイルなどの兵器を売却・拡散するのも重大な懸念だ。北朝鮮は開発した兵器を海外に売却してきた」と述べ、大量破壊兵器の拡散という脅威に対して世界各国が結束する重要性を強調しました。


北朝鮮への最大限の圧力を掲げるトランプ政権は北朝鮮との経済的・外交的な関係を断つよう国際社会に求めていて、とりわけ中国には北朝鮮に供給している原油を制限するよう迫っています。

ベネット・ランバーグ 元国務省分析官

北朝鮮が日韓の原子力施設を攻撃すれば、何が起きるか。両国の政府はそれに備え、態勢を整えておかなければならない。これは想定外のシナリオではない。中東では建設中の原子炉をターゲットとする攻撃が起きているし、ボスニア紛争でも、インド・パキスタンの対立状況のなかでも、原子炉攻撃のリスクは意識されていた。原子力施設に対する北朝鮮のミサイル攻撃の帰結よりも、数十万人が犠牲になるかもしれない(人口密集地帯への)通常ミサイル攻撃による脅威の方が深刻だと考える者もいるだろう。しかし、原子炉が攻撃され、炉心や使用済み核燃料のプールにダメージが及べば、原子炉は、殺戮兵器ではないにしても、実質的にテロ攻撃や大量破壊兵器と同じ作用をする。日韓はアメリカとともに防衛計画をまとめていく上で、原子力発電施設の脆弱性を無視してはならない。・・・

すべてが予定通りにいけば、2017年5月までには、アラブ首長国連邦(UAE)で最初の原子炉が稼働する。豊富な原油資源を持っているとはいえ、UAEは自国の天然資源を温存し、輸出できる資源を確保するためにも、エネルギーミックスに原子力を加えて多様化する必要に迫られている。一連の原子炉が完成すれば、UAEの電力需要の4分の1を満たせると考えられている。一方で、このような民生用原子力プログラムから得られる核開発能力を利用して「アラブ諸国はいずれ核兵器を開発するのではないか」という懸念も浮上している。今後の流れを左右する大きな変数は、イランが核合意を順守するかどうか、そして「ウラン濃縮を行わない」と表明したUAEがその約束を今後も守るかどうかだ。しかし、トランプ大統領がイラン核合意を解体すると表明しているだけに、すでに事態は流動化している。・・・

[][] 19:43 を含むブックマーク のブックマークコメント

[][] 19:43 を含むブックマーク のブックマークコメント

トランプ米大統領は2日、政権移行期間中のフリン前大統領補佐官の活動は「合法だった」とツイートし、解任したのはフリン氏が連邦捜査局(FBI)やペンス副大統領にうそをついたためだとコメントした。


法律の専門家らは、大統領のこのコメントについて、コミーFBI長官(当時)にフリン氏に対する捜査中止を要請した時点で、フリン氏のFBIへの虚偽供述を知っていたことを示唆しており、その場合には司法妨害の可能性など大きな問題をはらんでいると指摘した。


ただ、ツイートのコメントだけでは、大統領がいつ、何について知ったのか明確ではないとしている。


トランプ大統領はツイッターで「フリン将軍を解任せざるを得なかったのは、副大統領とFBIに嘘をついたからだ。彼はその嘘について有罪を認めた。とても残念だ。政権移行期の行動は合法だったし、隠すことは何もなかった」と述べた。

トランプ大統領は2日、ツイッターに「フリン氏は副大統領とFBIにうそをついたので、首にせざるをえなかった」と書き込み、ことし2月にフリン氏を解任したのは虚偽の説明が原因だという認識を示しました。


この書き込みに対して、野党・民主党でロシア疑惑の調査を進めている議会下院のシフ議員は3日、ABCテレビに出演し「トランプ大統領がFBI長官にフリン氏の捜査をやめるよう求めたとき、大統領はすでにフリン氏が罪を犯したことを把握していたことになる」と指摘し、大統領による司法妨害の疑いが強まったとして追及していく考えを示しました。


当時、FBIの長官だったコミー氏は「フリン氏が解任されたあと、トランプ大統領から『この件は放っておいてほしい』と言われ、捜査中止の指示と受け止めた」と証言していますが、トランプ大統領は3日、ツイッターに「フリン氏の捜査をやめるよう求めたことはない」と書き込み、改めて司法妨害ではないと否定しています。

  ファインスタイン議員は3日のNBCの番組「ミート・ザ・プレス」とのインタビューで上院調査について、「司法妨害の根拠が固まりつつあるとわれわれは理解し始めている」と発言。「われわれが根拠としているのは4件の訴追と、行われたばかりの答弁、それにこのところのコメントの一部だ」とした上で、「ホワイトハウスのけたたましい連日のコメント、ひっきりなしに続くツイートもそうだ」と述べた。


  ファインスタイン議員が言及したのは、モラー特別検察官による捜査で資金洗浄などの罪に問われたトランプ陣営の元選対本部長、ポール・マナフォート被告と、同被告のビジネスパートナーだったリック・ゲーツ被告に加え、トランプ陣営の外交政策顧問を務めたジョージ・パパドプロス被告、前大統領補佐官(国家安全保障担当)のマイケル・フリン被告の計4人。パパドプロス、フリン両被告は連邦捜査局(FBI)に虚偽の供述をしたとして、有罪を認めた。


  ファインスタイン議員は、最も重要なのはトランプ大統領がコミー前FBI長官を解任したことだとし、トランプ大統領が求めたロシア捜査の「疑惑を晴らす」ことにコミー氏は同意しなかったために解任されたと考えていると説明。「これは司法妨害だ」と指摘した。


  同議員はNBCとのインタビューでトランプ大統領は調査の対象かとの質問に、「ホワイトハウスの多くの人がこの件で調査の対象」になっており、フリン被告が単独行動したとは思わないと発言。「誰かに指示されたはずだと思う。特別検察官ないし、われわれが証拠を見つけられるかどうか分からないが、いずれにせよその方向へと向かうとみている」と語った。


原題:Feinstein Says Obstruction of Justice Case on Trump Developing(抜粋)

アメリカのトランプ政権が離脱する方針を明らかにしたのは、当時のオバマ大統領が主導して去年9月の国連総会で全会一致で採択された移民・難民支援の国際的な枠組み「ニューヨーク宣言」です。


国連では来年の総会で移民・難民支援の新たな国際規範を含む包括的な合意文書の採択を目指していますが、アメリカの国連代表部は2日、グテーレス事務総長に対してアメリカがこの交渉過程から離脱すると通知したとする声明を発表しました。

離脱の理由について声明は「宣言にはトランプ政権の方針と相いれない多くの規定が盛り込まれている」とし、「国境をどう管理し、誰の入国を認めるかはアメリカが決めることだ」として国際的な規範作りに反発する姿勢を示しています。


アメリカ第一主義を掲げるトランプ政権は、地球温暖化対策の新たな枠組み「パリ協定」や、ユネスコ=国連教育科学文化機関からの脱退を表明するなど、国連が主導する国際協力や国際機関から離脱や脱退する動きが続いています。

[][][] 19:43 を含むブックマーク のブックマークコメント

#ロン・ポール

[][] 19:43 を含むブックマーク のブックマークコメント

[][] 19:43 を含むブックマーク のブックマークコメント

中東のエルサレムはユダヤ教、キリスト教、イスラム教の聖地があり、イスラエルは首都だと主張していますが、イスラエルの占領下にあるパレスチナ側も将来、国家を樹立する際の首都にするとして双方の主張が対立する中、国際社会はイスラエルの首都とは認めていません。


一方、アメリカのトランプ大統領はエルサレムをイスラエルの首都と認めることを検討し、娘婿のクシュナー上級顧問は3日、ワシントンの講演会で「決定すれば私ではなく大統領が話すだろう」と述べ、近くトランプ大統領自身が認めるかどうか発表する可能性を示唆しました。


これに対しパレスチナ暫定自治政府のマリキ外相は3日、声明を出し「アメリカは事態を紛糾させようとしている」と述べ、パレスチナをはじめ中東情勢が悪化した場合、責任はアメリカにあるとしてアメリカ側の出方を強くけん制しました。

そのうえで、対抗措置を協議するためアラブ連盟とイスラム諸国で作るイスラム諸国会議機構に緊急会合の開催を要請しました。

アメリカが首都だと認めた場合、各地で反米感情が高まり、イスラム過激派を勢いづかせるおそれもあり、トランプ大統領の判断が注目されます。

[][] 19:43 を含むブックマーク のブックマークコメント

US govt could ’lose perspective’ & move towards war - Oliver Stone — RT World News

Oliver Stone: Putin is ready to negotiate on everything but Russia’s national interests RT — SophieCo

He’s won Oscars and Golden Globes, and his films are cult classics, part of the American consciousness. Now, Oliver Stone’s latest project is an extensive series of interviews with Vladimir Putin. We caught up with the director himself in Moscow to talk about the experience.

http://d.hatena.ne.jp/d1021/20171202#1512210826

#十字架#黒

[] 19:43 を含むブックマーク のブックマークコメント

[][] 19:43 を含むブックマーク のブックマークコメント

http://d.hatena.ne.jp/d1021/20171201#1512126455

#gold#ビットコイン

[][] 19:43 を含むブックマーク のブックマークコメント

[][] 19:43 を含むブックマーク のブックマークコメント

[] 19:43 を含むブックマーク のブックマークコメント

 米グーグルやフェイスブックの創業者らが出資する財団は4日までに、優れた科学研究に贈る「ブレークスルー賞」の生命科学分野に、森和俊京都大教授(59)を選んだと発表した。賞金は300万ドル(約3億4千万円)でノーベル賞の約3倍となる。


 森教授は、病気の原因にもなる細胞内の異常なタンパク質を細胞内小器官の小胞体が見つけて修復する仕組みを解明した。


 ブレークスルー賞の日本人受賞者には、いずれもノーベル賞を受賞した山中伸弥氏や大隅良典氏、梶田隆章氏がいる。

[] 19:43 を含むブックマーク のブックマークコメント

今年3月10日、ドイツの名門大学、ハイデルベルク大学の研究グループがSTAP関連の論文を発表した。論文タイトルは『Modified STAP conditions facilitate bivalent fate decision between pluripotency and apoptosis in Jurkat T-lymphocytes(邦訳:修正STAP条件によって、JurkatT細胞の運命が多能性と細胞死の間で二極分化する)』である。

2016.05.15

http://d.hatena.ne.jp/d1021/20160331#1459420824

[] 19:43 を含むブックマーク のブックマークコメント

[] 19:43 を含むブックマーク のブックマークコメント