d1021の日記 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2018-05-15-Tue

[] 19:45 を含むブックマーク のブックマークコメント

[] 19:45 を含むブックマーク のブックマークコメント

[] 19:45 を含むブックマーク のブックマークコメント

[] 19:45 を含むブックマーク のブックマークコメント

角谷暁子 - Wikipedia

東京都立日比谷高等学校慶應義塾大学文学部卒業後、2017年テレビ東京に入社。

大学時代はメディア・コミュニケーション研究所に入所し、マスメディアの報道姿勢と社会心理学について学ぶ。


また「ミス慶應コンテスト2014」に出場しグランプリを獲得したほか、一時期スプラウトに所属していた。

[] 19:45 を含むブックマーク のブックマークコメント

[] 19:45 を含むブックマーク のブックマークコメント

山形純菜 - Wikipedia

岩手県立盛岡第三高等学校、実践女子大学・生活科学部食生活科学科(管理栄養士専攻)卒業。


2013年11月ミス実践コンテスト2013グランプリ。2013年12月 Miss of Miss CAMPUS QUEEN CONTEST 2013ファイナリスト。2014年2月 Miss of Tokyoグランプリ。2014年4月 Miss of Japan グランプリ。2015年11月 2016 ミス・インターナショナル日本代表選出大会グランプリ。2016年10月 2016ミス・インターナショナル世界大会ファイナリスト。また、大学在学中は雑誌『JJ』の専属読者モデルを務めた。

[] 19:45 を含むブックマーク のブックマークコメント

http://d.hatena.ne.jp/d1021/20180514#1526294415

[] 19:45 を含むブックマーク のブックマークコメント

[] 19:45 を含むブックマーク のブックマークコメント

「陛下は、小室さんの存在をお知りになった時から『いい青年ではないですか』と仰っていて、そのままご裁可へと繋がっていったのですが、皇后陛下におかれては、全く正反対でした」


 というのも、


「NHKで『ご婚約』と報じられたのは5月16日の夜。翌日、小室さんは取材攻勢に遭い、勤務先の法律事務所で報道対応するのですが、我々は事前に“すべてノーコメントで”と強く要請していた。にもかかわらず彼は、当日の眞子さまとの『行ってきます』『行ってらっしゃい』といった通話内容を、事もなげに漏らしてしまったのです」(同)


 これに驚いたのは、宮内庁だけではなかった。


「皇后陛下もまた、小室さんの翌日の振舞いをお聞きになって尋常ならざるご様子でした。誠実さが感じられないとお嘆きで、周囲にはしきりに『あのような方で一体、眞子は大丈夫なのでしょうか』とお尋ねになるなど、ご心配を隠せずにいらっしゃったのです」(同)


 海の王子やインターナショナルスクール、メガバンク勤務などとメディアが囃していた最中、皇后さまは一報の翌日から小室さんに疑問符を付けられていたというのだ。

 その“視点”は、おのずと皇室で共有されていく。


「小室さんの経済力や境遇が報じられるにつれ『なぜ眞子さまは、ああした方をお選びになったのか』と、いずれも年齢が上である未婚の女王方からは、訝しむ声があがっていました」


 とは、さる宮内庁幹部である。それが頂点に達したのは、9月の婚約内定会見だったという。


「この時、眞子さまに太陽と称えられた小室さんが、反対に眞子さまを月に譬えていたことで、ある女王殿下は『皇族を月とは、どういうおつもりでしょうか』と怒りを露わになさっていた。また、眞子さまが馴れ初めについて『初めてお話をしたのは2012年』と躊躇なく西暦を使われたことに『内親王ともあろう方が公の場で元号をお使いにならないなんて……』と、愕然とする方もおられたのです」(同)


 かてて加えて、再来年までの延期である。


「2年間、女王方は足止めされる形で、お相手の“ハードル”は一層上がりながらもご縁談を進めづらくなる。かねて聡明で堅実と評されてきた眞子さま、そして紀子さまがこの度の事態を引き起こしたことに対し『(小室さんと)ご親戚繋がりになるのはお断りしたい』といった、ご不満の声も漏れてきています」(同)

http://d.hatena.ne.jp/d1021/20180514#1526294417

[] 19:45 を含むブックマーク のブックマークコメント

http://d.hatena.ne.jp/d1021/20151108#1446979307(「太田夫人は、大正九年の頃、聖師様から「千の利休は明智光秀である」と言う事を承って、それを師匠(お茶の先生)の名倉某氏に話されたそうです。そうすると名倉氏はそれをまた家元(当時第十三代円能斎氏・道号法諱 鉄中宗室一八七二年ー一九二四年)に話されました。すると円能斎氏の顔色がサッと変ってしばらくは物も言われなかったそうですが、太い吐息と共に口を突いて出た言葉は、「まあどうしてそれが分ったのですか」といふ事であったと言う事です。そして、さらに語をついで、「その事こそ、千家に伝わる、一子相伝の大秘密であって、後を嗣ぐ長男のみが知って、次から次へと言い伝え語りつぎて、世に知るものが絶えてないはずです。)

[][] 19:45 を含むブックマーク のブックマークコメント

大悟したから。

[] 19:45 を含むブックマーク のブックマークコメント

[] 19:45 を含むブックマーク のブックマークコメント

いわば“社員のつて”に頼ったこうした採用手法は英語で「紹介」を意味する「リファラル(referral)採用」と呼ばれ、アメリカでは、グーグルやフェイスブックなどのIT企業をはじめ、広く採り入れられています。


日本でも外食産業など人手不足に悩む多くの企業が、この数年、相次いで「リファラル採用」に乗り出していて、今後さらに広がっていきそうです。

リファラル採用で獲得を狙う「転職潜在層」とともに採用難の企業が注目しているのが、新卒一括採用に乗り切れなかった若者、いわば「埋もれた人材」です。

[][] 19:45 を含むブックマーク のブックマークコメント

[][] 19:45 を含むブックマーク のブックマークコメント

[] 19:45 を含むブックマーク のブックマークコメント

閣議決定された今後5年間の海洋政策の指針となる新たな「海洋基本計画」は、外国公船による領海侵入や外国漁船の違法操業などを例示し、「わが国周辺海域を取り巻く情勢は一層厳しさを増し、海洋権益は深刻な脅威にさらされている」としています。


そして重点分野を従来の海洋資源開発から安全保障に移すとしたうえで、海洋の状況を適切に把握するため、人工衛星などで得られた情報を内閣府で一元的に管理し、防衛省や海上保安庁など関係府省庁で共有することや、同盟国や友好国と連携して海洋の監視体制を強化することを明記しています。


また北極圏での開発や研究を強化する方針が初めて盛り込まれ、資源開発などに関する国際的なルール作りにも積極的に取り組むとしています。


閣議に先立って開かれた政府の総合海洋政策本部の会合で、安倍総理大臣は「海洋をめぐる情勢が一層厳しさを増す中、政府一丸となって、わが国の領海や海洋権益を守り抜くとともに、開かれ安定した海洋を維持・発展させなければならない。各閣僚は新たな計画のもと十分連携し、各施策の実施に一層のご尽力をお願いする」と述べました。

[][][] 19:45 を含むブックマーク のブックマークコメント

アルゼンチンでは、通貨ペソの急落を防ぐため、中央銀行が4月下旬以降、政策金利を40%の高い水準に引き上げるなど異例の事態となっています。


こうした中、ホワイトハウスは14日、トランプ大統領がアルゼンチンのマクリ大統領と電話で会談したと発表しました。


この中でトランプ大統領は「アルゼンチン経済を改革するマクリ大統領の取り組みを強く支持する」と述べて、成長を重視したマクリ政権の経済改革を支持する考えを表明しました。


一方、マクリ大統領から支援の要請を受けたIMFは14日、「IMFのスタッフとアルゼンチン当局は、支援計画の策定に向けて協議を続けている。共通の目標は、早期に結論に達することだ」と述べて、支援に前向きな姿勢を示しました。


そのうえでIMFは今週18日にアルゼンチンへの支援について協議するため理事会を開く予定で、世界の金融市場が不安定にならないよう早急に対策を講じたい考えです。

中国の通信機器大手ZTEは、イランと北朝鮮に違法に通信機器を輸出していた問題で虚偽の報告を行っていたとして、アメリカ政府から先月、制裁措置を科され、主力事業が停止に追い込まれています。


これについてトランプ大統領は13日、ZTEの主力事業の再開に向けて中国の習近平国家主席と対応を協議していることを明らかにしたのに続いて、14日、ロス商務長官も講演で、今の制裁を緩和する代替策を早急に検討する考えを示しました。


またアメリカの有力紙、ウォール・ストリート・ジャーナルは、米中の対立が激しくなる中で、トランプ政権がZTEへの制裁を緩和するかわりに、中国側がアメリカの農作物に課している高い関税を撤廃することなどで調整が進んでいると伝えました。


この問題は15日から5日間の日程で、ワシントンで行われる米中の貿易摩擦の解消に向けた協議でも焦点になっていて、両国が合意できるかどうか注目されます。

[][] 19:45 を含むブックマーク のブックマークコメント

#ロン・ポール

[][] 19:45 を含むブックマーク のブックマークコメント

アメリカのトランプ政権は14日、イスラエルの建国70年にあわせてイスラエルの首都と認定したエルサレムに大使館を移転し、トランプ大統領の娘のイバンカ氏らが出席して式典が行われました。


トランプ大統領は式典にビデオメッセージを寄せ「建国以来、イスラエルはエルサレムを首都としてきた」と述べ、国際社会の反対を押し切って強行した大使館の移転はあくまで正しい判断だったと主張しました。


これに対してエルサレムを将来、樹立する国家の首都と位置づけるパレスチナ側は、各地で大規模な抗議デモを行いました。


とくにガザ地区ではイスラエルとの境界付近で数万人規模のデモとなり、イスラエル軍が実弾を使って鎮圧にあたった結果子ども6人を含む55人が死亡し、1359人がけがをしたということです。


こうした事態に国連のゼイド・フセイン人権高等弁務官が「イスラエルは直ちに発砲をやめるべきだ」とツイッターに投稿するなど国際社会からは批判の声があがっていますが、アメリカのクシュナー上級顧問は、エルサレムでの式典でパレスチナ側の抗議行動が暴力を招いているとしてイスラエルを擁護しました。


15日は、パレスチナ難民がイスラエルの建国に伴って故郷を追われてから70年という節目にあたり、抗議デモが拡大し、さらに衝突が激しくなることも予想されます。

アメリカがイスラエルの大使館をエルサレムに移転したことについて、欧州各国からは非難する声が上がる一方、中東諸国の反応からはアメリカとの距離感の違いなどから足並みの乱れがかいま見えます。


アメリカ大使館のエルサレムへの移転を受けてフランスのルドリアン外相は「アメリカの決定は、国際法や国連安保理決議に違反し、容認できない」とする声明を発表したほか、ロシアのラブロフ外相代行も「国際社会の合意をこのような一方的なやり方でひっくり返してはならない」と述べるなど、ヨーロッパ諸国からはアメリカを非難する声が相次ぎました。


一方、トルコの最大都市イスタンブールでは14日、中心部の大通りに数千人の市民が集まり、トルコとパレスチナの旗を掲げてパレスチナの人たちとの連帯を呼びかけるとともに、「アメリカとイスラエルを絶対に許さない」と、激しい口調で非難しました。


ただ中東諸国の反応からはアメリカとの距離感の違いから足並みの乱れがかいま見えます。アラブ諸国やパレスチナが加盟する「アラブ連盟」は、アメリカを非難する声明を出し、16日にエジプトの首都カイロで緊急会合を開き、対応を協議すると明らかにしました。


しかし多くの政権は、財政的、軍事的に依存するアメリカとの関係の悪化を避けたいのが実情で、このうちサウジアラビアとバーレーンは、イスラエル軍が実弾を発砲して多数の死傷者が出ていることについては強く非難したものの、アメリカが大使館を移転したことについては言及を避けました。


これに対してイランのザリーフ外相は「イスラエルが多くのパレスチナ人を無慈悲に虐殺しているにもかかわらず、トランプは法に反するアメリカ大使館の移転を祝い、アラブの親米の協力者たちは、そこから注意をそらそうとしている。まさに恥ずべき日だ」とツイッターに投稿し、アラブ諸国の煮えきらない対応を痛烈に批判しました。


エルサレムの帰属をめぐる問題はイスラム教徒が多い中東各国にとって本来、譲れない問題ですが、アメリカとの関係や中東のパワーバランスが変化するなか、足並みの乱れが顕著になっています。

パレスチナ側の抗議デモにイスラエル軍が実弾を発砲し多数の死傷者が出ていることについて、アメリカのホワイトハウスは「責任はパレスチナ側にある」と主張してイスラエルを繰り返し擁護しました。


ホワイトハウスのシャー副報道官は14日の記者会見で、「イスラエルはこれまで暴力を使わない形での事態の鎮静化を目指してきた」と主張し、ガザ地区でのデモを事実上主導するイスラム原理主義組織ハマスに責任があるとしてイスラエルを繰り返し擁護しました。


また、大使館の移転が中東和平に及ぼす影響については、「エルサレムをイスラエルの首都と認定したことは、現実をありのままに認めたにすぎない。しかるべき時がくればわれわれの和平案を提示する」と述べて、中東和平の実現に向けて仲介に取り組む姿勢を改めて強調しました。


ただ、パレスチナ側はアメリカが仲介者としての役割を放棄したと批判を強めており、トランプ政権のもとで中東和平は交渉の糸口すら見えなくなっているのが現状です。

EU=ヨーロッパ連合のモゲリーニ上級代表は14日、声明を出し、イスラエルに対して平和的なデモを行う権利を認めるよう求めるとともに、イスラエルに対抗するイスラム原理主義組織ハマスなどに対してもデモの参加者に非暴力を呼びかけるよう求めました。


また、アメリカのトランプ政権がエルサレムをイスラエルの首都と認めて大使館を移転したことについて「イスラエルの人たちとエルサレムの結びつきは否定されるべきでないが、パレスチナの人たちにとっても同じことが言える」としてエルサレムの帰属の問題はイスラエルと将来のパレスチナ国家の2国家共存の原則に基づく解決を図るべきだとの考えを改めて強調しました。

レバノンのシーア派組織、ヒズボラの最高指導者ナスララ師は14日、アメリカ大使館のエルサレムへの移転を受けてテレビ演説を行い「アメリカにとって大事なのはモラルではなく、イスラエルの利益だ」と非難しました。


そのうえでイスラエルが今月10日、シリア側からロケット弾攻撃を受けた報復だとしてシリアに越境して空爆を行ったことに触れ「イスラエルとの戦いは新たな段階に入った」と宣言しました。


さらにナスララ師は「イスラエルがヒズボラやイランなどへの敵対的な姿勢を続けるなら、ふさわしい方法で報復する」として、イスラエルとの対決姿勢を鮮明にしました。


イランの支援を受けるヒズボラは今月6日にレバノンで行われた総選挙で躍進するなど国内で影響力が増しているうえ、シリアも含めたイスラエルとの国境地帯で軍事的な存在感を高めています。

このためイスラエルは関係施設への攻撃を繰り返すなどイランやヒズボラの動向に神経をとがらせており、中東地域の緊張が一層高まることが懸念されます。

アメリカのトランプ政権が14日、エルサレムに大使館を移転したのに対し、波紋が広がる中、ワシントンにあるトルコ大使館によりますとトルコ政府は駐米大使を召還する方針を決めたということです。また、イスラエルに駐在する大使も召還する方針だということです。


トルコは、イスラム教の国と地域で作るイスラム協力機構の議長国となっていて、アメリカやイスラエルに対してとりわけ強い姿勢を内外に示していることから、大使館の移転への対抗措置とみられています。

アメリカがイラン核合意から離脱したことを受け、イランのザリーフ外相は、中国に続いて14日、ロシアを訪問し、ラブロフ外相代行と会談しました。


ザリーフ外相は「各国の義務の上に成り立っていた合意が、アメリカの離脱によってバランスを失った。イランの目的は国民の利益をいかに守っていくかだ」と述べ、アメリカ抜きで合意を維持することに協力を求めました。


これに対しラブロフ外相代行は「国際的に重要な合意をひっくりかえそうとしている」と述べ、アメリカを非難しました。


そして、イランだけでなく合意に加わっているロシアや中国、それにヨーロッパの各国は核合意で利益を得ることができるとして「この利益をともに守らなければならない」と述べ、アメリカ抜きで核合意の維持に努めていくことで一致しました。


またロシアのプーチン大統領も、IAEA=国際原子力機関の天野事務局長と会談し、ロシアはイラン核合意を維持していくと強調しました。

[][] 19:45 を含むブックマーク のブックマークコメント

Football beyond politics; shame that some politicians don’t get that - Russia 2018 WC Chief RT — SophieCo

As the 2018 World Cup kickoff is getting closer, Russian cities are going through last-minute adjustments and checkups, making sure everything is up to the level of the biggest sporting event in the world. Is everything checked on the Russian World Cup bucket list? And what will be new and unique about the tournament this year? We asked Alexey Sorokin, CEO of the Local Organising Committee for the 2018 FIFA World Cup Russia.

[] 19:45 を含むブックマーク のブックマークコメント

スペイン北東部のカタルーニャ州では、一方的な独立宣言を可決した州議会が中央政府によって解散させられ、州首相だったプチデモン氏も解任されましたが、去年12月の州議会選挙で独立支持派が再び過半数を占め、プチデモン氏の再任を目指してきました。


しかし、国家への反逆行為などの疑いで拘束されるのを避けるため、国外にいるプチデモン氏の再任を中央政府は認めず、カタルーニャ州の州議会では14日、プチデモン氏がみずからの代わりとして推薦した新しい州首相の信任投票が行われ、賛成66票、反対65票のわずかな差で承認されました。


就任するのは、プチデモン氏の政党に所属する州議会議員のジョアキム・トラ氏(55)で、独立支持派の中でも過激な主張で知られています。


去年12月の州議会選挙から半年近くかかって新しい首相がようやく決まりましたが、地元メディアは、トラ氏の就任で中央政府と新たな対立が起きるのではないかという見方も示していて、長引く混乱の収束につながるか注目されます。

[] 19:45 を含むブックマーク のブックマークコメント

中国最大手の旅行予約サイト、「シートリップ・ドット・コム」が、日本市場に本格参入することになりました。

日本の旅行市場では、このところアメリカの「エクスペディア」やオランダの「ブッキング・ドットコム」など海外の旅行予約サイトがシェアを拡大していて、今後、競争が一段と激しくなりそうです。

[] 19:45 を含むブックマーク のブックマークコメント

[] 19:45 を含むブックマーク のブックマークコメント

[] 19:45 を含むブックマーク のブックマークコメント

[] 19:45 を含むブックマーク のブックマークコメント

二葉百合子 - Wikipedia

1931年6月23日(86歳)