d1021の日記 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2018-06-13-Wed

[] 19:39 を含むブックマーク のブックマークコメント

[] 19:39 を含むブックマーク のブックマークコメント

[] 19:39 を含むブックマーク のブックマークコメント

 福田前事務次官のセクハラ問題発覚直後に、いち早くそうした憤りを露わにしたのが、7年間にわたり『報道ステーション』のサブキャスターを務める小川彩佳アナウンサー(33)だったといわれる。

「飲み会や打ち上げの席で、お気に入りの女子アナを必ず自分の隣に座らせるプロデューサーがいます。お酒が入ると彼女の肩や腰に手を回したり、太腿やお尻に手を伸ばすこともある。彼女は明らかに嫌がっていて、それを何人も見ているはずなのに咎める人もいない。局の看板番組を担当する人気アナですが、“会社に何を言っても変わらない”と半ば諦めています」

#色地獄#お家芸

[] 19:39 を含むブックマーク のブックマークコメント

昭和女子大学付属昭和小学校、奈木野昌一指導部長「(以前は)もっと教科書も小さかったですし、それから上下巻に分かれていたと思うんですけども、今の教科書は上下巻合本にしたような形で厚さも増している。どんどん資料とか教科書とか増えている」


大きさや厚さが増しているという教科書。小学校では、学習指導要領の内容が変更したことなどから、2005年度からの11年間で、教科書の合計ページ数が約3割増えた。さらに、習い事などの荷物も増えているため、この学校では「置き勉」をすることで、子どもたちへの負担を減らせるという。

ランドセル職人が手作りする、土屋鞄のランドセル

[][][] 19:39 を含むブックマーク のブックマークコメント

http://d.hatena.ne.jp/d1021/20180609#1528540776

[][] 19:40 を含むブックマーク のブックマークコメント

http://d.hatena.ne.jp/d1021/20180612#1528802156

#勉強法

[][] 19:40 を含むブックマーク のブックマークコメント

[] 19:40 を含むブックマーク のブックマークコメント

岐阜地方裁判所の58歳の裁判官が、前任地で担当していた36件の民事裁判で判決文が未完成のまま法廷で言い渡しを行っていたことがわかり、裁判所は懲戒の申し立てを行いました。


懲戒を申し立てられたのは岐阜地方裁判所の山崎秀尚裁判官(58)です。


岐阜地裁によりますと、山崎裁判官は前任地の名古屋地方裁判所岡崎支部で去年4月からことし3月にかけて担当した36件の民事裁判で、判決文が未完成のまま法廷で言い渡しを行い、あとから判決文を完成させて当事者に送っていたということです。


ことし4月、名古屋地方裁判所の職員がこの裁判官が担当していた裁判の記録を確認したところ、判決の言い渡しから発送まで通常より時間がかかっていたため、詳しく調べたところ判明したということです。


岐阜地裁は、裁判所法が定める職務上の義務違反に該当するとして、13日、名古屋高等裁判所に懲戒の申し立てを行いました。


山崎裁判官は「処理に追われてやむなくやってしまった」と話しているということです。


岐阜地方裁判所は「法を順守すべき裁判官が、法律に基づかない手続きを行ったことは誠に遺憾で、再発防止に努めたい」とコメントしています。

[] 19:40 を含むブックマーク のブックマークコメント

[] 19:40 を含むブックマーク のブックマークコメント

 西郷決起の知らせに九州各地の士族たちが呼応します。


 熊本からは、熊本隊、協同隊、人吉隊、大分からは中津隊などが参戦しました。

 熊本隊は、池辺吉十郎(1838〜77年)率いる熊本士族ら1500余人で、2月23日に薩軍に加わります。


 協同隊は同県の士族結社「民権党」のグループで、平川惟一、宮崎八郎(1851〜77年、中国革命運動家・宮崎滔天の兄)らをリーダーに、政府打倒を期して総勢300人が参加しました。


 平川と宮崎は、台湾出兵の際も、熊本で義勇隊を組織して参戦。その後、中江兆民がルソーの「社会契約論」を抄訳した『民約論』をテキストに自由民権の教育活動などをしていました。


 宮崎(日向)では、延岡、高鍋、福島、佐土原、飫肥、都城の各隊が兵をあげます。ほとんどが士族だった熊本諸隊に対して、日向諸隊は約半数が農兵で占められていました(小川原正道『西南戦争』)。


 こうしてみると、西郷を追って旗揚げした諸隊には、民権家やインテリ士族、農民らが自主的に参加していたのです。


 西南戦争は、単に反動派士族の抵抗とみられがちですが、民主的権利の拡大要求を掲げる諸隊の参加からして、ある種の「革新」性を帯びていたとの評価があります。


 高知県には、全国各地から民権家が集結していました。板垣退助主宰の自由民権結社「立志社」内では、薩軍の決起を受けて挙兵計画が練られました。


 これに対し、陸軍卿代理として軍政の要職にあった西郷従道(隆盛の弟)は、九州以外への戦火拡大を防ぐため、立志社をはじめ四国の動静に細心の注意を払っていました。ただ、薩軍不利の戦況が明らかになると、立志社の計画は尻つぼみになります。

http://d.hatena.ne.jp/d1021/20180610#1528627898(西郷従道)

http://d.hatena.ne.jp/d1021/20180609#1528540780(田中角栄)

http://d.hatena.ne.jp/d1021/20180606#1528281558広尾学園

http://d.hatena.ne.jp/d1021/20180524#1527158722(明治14年の政変)

http://d.hatena.ne.jp/d1021/20171222#1513939155(『未完の西郷隆盛』先崎彰容(新潮選書))

http://d.hatena.ne.jp/d1021/20161213#1481625394(自由民権運動の思想はその基礎を王政復古に求めるものであり、天賦人権論を基盤としたものである。)

http://d.hatena.ne.jp/d1021/20160909#1473417417(高知出身の思想家、中江兆民は明治時代にフランスの哲学者ルソーの思想を日本などに紹介したことから、東洋のルソーと呼ばれ、自由民権運動の理論的指導者となりました。)

http://d.hatena.ne.jp/d1021/20150809#1439116606(土台にあったのは、西郷の遺訓に沿った「日本の真の独立を目指す」ということです。)

http://d.hatena.ne.jp/d1021/20140815#1408099476(ハイエクは社会主義とケインズ経済学の両方を批判していて、田中は、とくに人為的な信用によって一時的に景気を上昇させても、それによっておこる相対的な価格体系の混乱はやがて景気を反転させるという思想に共感していた。)

http://d.hatena.ne.jp/d1021/20091222#1261463700(「先生又海舟翁の談に依て、西郷南洲翁の風彩を想望し、欣仰措(きんぎょうお)かず、深く其時を同じくせざるを恨みとせり。西郷南洲をして在らしめば、想うに我をしてを其材を伸ぶるを得せしめならん。而(しこう)して今や即ち亡し」)

[][] 19:40 を含むブックマーク のブックマークコメント

日本などが参加するTPP協定は、アメリカが参加していた当初の協定の内容をほぼ踏襲する一方、アメリカの将来的な復帰も念頭に一定期間、効力を停止する22の「凍結」項目を定めています。


また早期の発効に向けて、署名した11か国のうち6か国が国内手続きを終えれば発効できることになっています。


TPP協定の国会承認を求める議案は13日の参議院本会議で採決が行われ、自民・公明両党などの賛成多数で可決・承認されました。


協定をめぐっては、発効後の農家への支援策などを盛り込んだ関連法案も国会で審議が行われていて、政府は今の国会での成立を目指しています。


政府としては日本が率先して国内手続きを進める姿勢を示すことで、早期発効に向けた各国の機運を高めたい考えです。

#TPP

[][] 19:40 を含むブックマーク のブックマークコメント

https://pbs.twimg.com/media/Dfh5gjBVQAAh_Y9.jpg

12日、シンガポールで開かれた史上初の米朝首脳会談の結果について、北朝鮮の朝鮮労働党機関紙「労働新聞」など国営メディアは13日朝、初めて報道しました。


この中でキム・ジョンウン(金正恩)朝鮮労働党委員長とアメリカのトランプ大統領が、ことし4月の南北首脳会談での「パンムンジョム(板門店)宣言」を再確認し、朝鮮半島の完全な非核化に向けて取り組むことなど4つの項目を盛り込んだ共同声明に署名したと伝え、「新しい米朝関係を樹立し、朝鮮半島に恒久的で強固な平和体制を構築する問題について、包括的で深い意見交換を行った」と評価しました。


そのうえで、キム委員長が、「相手を刺激し、敵視する軍事行動を中止する勇断を下すべきだ」と述べたの対し、トランプ大統領がこれに「理解」を示して、「米朝対話が続く間は、米韓合同軍事演習を中止して、安全の担保を提供し、対話を通じて関係改善が進めば制裁を解除できるという意向を示した」としています。

また、「朝鮮半島の平和と安定、非核化を成し遂げていく過程で段階別の同時行動原則を順守することが重要だという認識をともにした」と強調しました。


さらに、キム委員長とトランプ大統領が、それぞれピョンヤンとアメリカへの訪問を招請し、ともに快諾したとしています。


一方、トランプ大統領が12日の記者会見で米朝首脳会談で取り上げられたとした日本人の拉致問題や、北朝鮮の主要なミサイルエンジンの試験場を取り壊すことについては、一切触れていません。

13日付けの朝鮮労働党機関紙「労働新聞」には、「米朝関係の新しい歴史を開拓する世紀の出会い」というタイトルとともに、シンガポールで12日開かれた史上初の米朝首脳会談の写真を30枚余り掲載しました。


1面には、米朝両国の国旗を背景にキム・ジョンウン朝鮮労働党委員長が笑顔でアメリカのトランプ大統領と握手したり、1対1の会談で笑みを浮かべている両首脳の様子などを撮影した写真が掲載されています。このほか、双方の閣僚らを加えた拡大会談や、昼食を取りながら意見を交わしたワーキングランチの写真も掲載され、いずれもキム委員長の笑顔や穏やかな表情が中心で、会談が和やかなムードで行われたと印象づけています。

朝鮮労働党委員長であり、朝鮮民主主義人民共和国国務委員長であり、朝鮮人民軍最高司令官であるわが党と国家、軍隊の最高指導者キム・ジョンウン同志が、アメリカ合衆国大統領ドナルド・J・トランプと、2018年6月12日、シンガポールのセントーサ島で朝米両国の歴史上初めてとなる首脳会談を行った。


地球上で最も長い歳月、鋭く対立し続けてきた朝米間の極端な敵対関係を終わらせ、両国人民の利益と世界の平和と安全のための新しい未来を切り開こうとする首脳らの確固たる決断と意志によって、今世紀最初の朝鮮民主主義人民共和国とアメリカ合衆国の首脳会談が行われることになる。


全世界が一日一日と待った世紀の出会いが実現するシンガポールのあちこちには、数千名の内外の記者と、数多くの群衆が殺到し、歴史に末永く残るこの日の瞬間を注視していた。


敬愛する最高指導者同志(キム・ジョンウン氏)は、現地時間の午前8時10分、宿舎を離れ、会談場であるシンガポール・セントーサ島のカペラホテルに到着した。


朝米の首脳が初めて対面することになる会談場のロビーには、朝鮮民主主義人民共和国の国旗とアメリカ合衆国の国旗が並んで立てかけられていた。


現地時間の午前9時、わが党と国家、軍隊の最高指導者キム・ジョンウン同志が、アメリカ合衆国大統領ドナルド・J・トランプと対面し、初めて握手を交わした。


朝鮮半島が2つに分断され、対立と反目の歴史が流れてきた70年余りで初めて朝米の首脳が和解に向かう第一歩を踏み出して、対話の場に向かいあうことになった。


敬愛する最高指導者同志はトランプ大統領と記念撮影をした後、談笑しながら会談室へ向かった。


敬愛する最高指導者同志とトランプ大統領の間の単独会談が行われた。


敬愛する最高指導者同志は、こんにち、ここまで来る過程が決してたやすくはなかったと述べ、過去の歴史がわれわれの足かせとなり、偏見と慣行がわれわれの目と耳を覆ったこともあったが、あらゆることを果敢に乗り越えて、このように、この場まで来て、新たな出発点に立つことになったという、意義深い言葉を述べた。


朝米の首脳は、数十年間持続してきた敵対的な朝米関係に終止符を打って、朝鮮半島に平和と安定が宿るようにする上で、重要な意義のある実践的問題について率直に意見を交わした。


朝米の首脳の単独会談に続いて、拡大会談が行われた。


拡大会談には、われわれ側から朝鮮労働党中央委員会副委員長であるキム・ヨンチョル同志、リ・スヨン同志、外相リ・ヨンホ同志が参加した。


相手側では、アメリカ合衆国国務長官のマイク・ポンペイオ、アメリカ合衆国大統領国家安全担当補佐官のジョン・ボルトン、ホワイトハウスの秘書室長ジョン・ケリーが参加した。


会談では新たな朝米関係の樹立と、朝鮮半島における恒久的で強固な平和体制の構築に関する問題についての包括的で深い議論が行われた。


敬愛する最高指導者同志は、トランプ大統領をはじめとするアメリカ側代表団とこのように席をともにしたことをうれしく思うと述べ、敵対的な過去を問わず、対話と交渉を通じて、現実的な方法で問題を解決しようとする大統領の意志と熱望を高く評価した。


アメリカ合衆国トランプ大統領は、今回の首脳会談が朝米関係の改善につながるだろうという確信を表明し、敬愛する最高指導者同志がことしのはじめから取った主導的で平和愛好的な措置によって、わずか数か月前には軍事的衝突の危険が極度に達していた朝鮮半島と地域に、平和と安定の雰囲気が到来することになったと評価した。


敬愛する最高指導者同志は、両国間に存在している根強い不信と敵対感から多くの問題が生まれたと述べ、朝鮮半島の平和と安定を成し遂げて、非核化を実現するためには、両国が互いへの理解を持って、敵視しないということを約束し、これを担保する法的、制度的措置を取らなければならないと述べた。


敬愛する最高指導者同志は、朝米双方が近いうちに、今回の会談で話し合われた問題と共同声明を履行していくための実践的措置を、積極的に取っていくことについて述べた。


敬愛する最高指導者同志は、トランプ大統領が提起したアメリカ軍の遺骨発掘及び送還問題を、即座に受諾して、これを速やかに解決するための対策を立てることについて指示した。


敬愛する最高指導者同志は、朝鮮半島で恒久的で強固な平和体制を樹立することが、地域と世界平和と安全保障に重大な意義を持つと述べ、さしあたって相手を刺激して敵視する軍事行動を中止する英断から下さなければならないと述べた。


アメリカ合衆国大統領は、これについて理解を示し、朝米間に善意の対話が行われる間、朝鮮側が挑発と見なすアメリカと南朝鮮(韓国)の合同軍事演習を中止し、朝鮮民主主義人民共和国に対する安全の担保を提供し、対話と交渉を通じた関係改善が進むに従って、対朝鮮制裁を解除することができるという意向を表明した。


敬愛する最高指導者同志は、アメリカ側が朝米関係改善のための真の信頼構築措置を講じていくならば、われわれもそれに応じて、引き続き次の段階の追加的な善意の措置を講じていくことができるという立場を明らかにした。


朝米の首脳は朝鮮半島の平和と安定、朝鮮半島の非核化を成し遂げていく過程で段階別、同時行動の原則を順守することが重要だということについて認識を一致した。


この日、朝米の首脳と双方の会談出席者が参加する昼食会があった。


昼食会では、朝米会談の成果を強固にして、朝米関係を画期的に発展させていくために、双方の間の意思疎通と接触往来をより活性化していくことについて意見を交わした。


朝米の首脳は昼食会が終わったあと、ともに散歩して親交を深めた。


朝鮮民主主義人民共和国国務委員会委員長キム・ジョンウン同志とアメリカ合衆国ドナルド・J・トランプ大統領は、歴史的なシンガポール首脳会談の共同声明に署名した。


敬愛する最高指導者同志は、きょう、過去を伏せ、新たな出発を知らせる歴史的な共同声明に署名することになると述べ、世界は重大な変化を目撃することになるだろうと述べた。


敬愛する最高指導者同志はトランプ大統領と歴史的な文書を採択した記念として、意義深い写真を撮って、別れのあいさつを交わした。


敬愛する最高指導者同志とトランプ大統領は、敵対と不信、憎しみの中に生きてきた両国が、不幸な過去を伏せて、互いに利益になる立派で誇らしい未来に向かって力強く進み、また一つの新たな時代、朝米協力の時代が繰り広げられることになるという期待と確信を表明した。


敬愛する最高指導者同志はトランプ大統領が都合のよい時期に、ピョンヤンを訪問するように招請し、トランプ大統領もキム・ジョンウン国務委員長にアメリカを訪問することを招請した。

朝米の首脳は、このような招請が朝米関係改善のためのもう一つの重要な契機になるだろうと確信し、これを快諾した。


全世界の熱狂的な支持と歓迎の中で、成功裏に行われたシンガポール朝米首脳会談は、朝鮮半島と地域に到来している和解と平和、安定と繁栄のための歴史的な流れをより促し、最も敵対的だった朝米両国間の関係を時代の発展の要求に即して、画期的に転換させていく上で、重大な意義を持つ巨大な出来事になる。

韓国大統領府は、ムン・ジェイン(文在寅)大統領が日本時間の12日午後8時20分からおよそ20分間、大統領専用機で帰国の途についたトランプ大統領と電話で会談したと発表しました。


この中で、ムン大統領は「トランプ大統領が米朝首脳会談で朝鮮半島はもちろん、世界の平和のために大きな土台を築いた」と述べ、評価しました。


これに対し、トランプ大統領は、北朝鮮との首脳会談について説明し「会談は期待以上の成果を上げた。キム・ジョンウン(金正恩)朝鮮労働党委員長は立派な対話の相手であり、今回の会談を通してしっかりとした信頼関係ができた」と強調しました。


また、北朝鮮が主要なミサイルエンジンの試験場を取り壊すことで合意したことについては、「キム委員長が何かをしようという意思を見せたものだ」との見方を示しました。


そのうえで、両首脳は米朝首脳会談での合意を完全かつ速やかに履行することが重要だとして、米韓両国がより緊密に連携していくことを確認したということです。

米朝首脳会談を受けて、ロシア外務省は12日声明を発表し、「会談の開催を歓迎する。両国の関係正常化は、核を含めた朝鮮半島をめぐる問題を包括的に解決するうえで欠かせない要素だ」と歓迎しました。


そして、トランプ大統領が会見で、北朝鮮との交渉の進捗(しんちょく)次第では将来的に米韓合同軍事演習の中止も検討していく考えを示したことについて「挑発的な行動をやめることは朝鮮半島周辺の緊張を緩和し、信頼醸成のための環境を作り出すため必要なステップだ」と述べ、北東アジアでアメリカ軍の影響力が強まることを懸念していたロシアとして、評価しました。


そのうえで「平和と安全の強固なメカニズムを作り出すことを最終目標とする、多国間協議の枠組みについての検討を開始するよう求める」と述べ、ロシアを含めた6か国協議の開催に向けて関係国が動き出すべきだと指摘しました。

12日、シンガポールで史上初の米朝首脳会談を行ったトランプ大統領は帰国する途中、ツイッターに「北朝鮮の非核化ですばらしい進展があった」と投稿しました。


そのうえで「人質は戻り、ミサイルの発射もない。キム・ジョンウン(金正恩)朝鮮労働党委員長とはうまくやれた。戦争は誰でもできるが、最も勇気のある者だけが平和をもたらすことができる」と書き込み、成果を強調しました。


さらに「キム委員長は安全と繁栄の新たな時代に導いた指導者として記憶される可能性がある。輝かしい未来に向けて大胆な一歩を踏み出したことに感謝したい」と投稿し、キム委員長をたたえました。


またトランプ大統領はFOXニュースのインタビューで「私が非核化の必要性を話したら、キム委員長は十分理解し、争わなかった。キム委員長は帰国したら直ちに非核化のプロセスを始めると確信している」と述べました。


トランプ大統領としては、米朝首脳会談の共同声明についてアメリカの議会やメディアから「非核化に向けた具体的な行動などが盛り込まれていない」として成果を疑問視する声が出る中、進展をアピールしたい考えです。

トランプ大統領が米韓合同軍事演習を中止する可能性に言及したことについて、アメリカ議会の野党・民主党などからは「北朝鮮に譲歩しすぎだ」と批判が出ています。


一方、アメリカ国防総省のホワイト報道官は12日、声明を出し、「この地域におけるわれわれの同盟関係は引き続き強固だ」として、米朝の交渉が日本や韓国との同盟関係に影響を与えることはないという認識を示しました。


また、「国防総省は米朝首脳会談の結果を歓迎し、外交的な取り組みを支持する。米朝首脳会談は朝鮮半島の完全で検証可能かつ不可逆的な非核化という目標への一歩だ」と評価しました。

北朝鮮国営の朝鮮中央テレビは、シンガポールで12日に開かれた史上初の米朝首脳会談を終えたキム・ジョンウン(金正恩)朝鮮労働党委員長が、13日午前7時、中国の専用機で帰国したと伝えました。

[][][] 19:40 を含むブックマーク のブックマークコメント

ハリウッドを代表する俳優、ロバート・デ・ニーロ氏はトランプ大統領に批判的で、10日、アメリカ演劇界で最高の栄誉とされるトニー賞の式典では、トランプ大統領を放送禁止用語を使って罵倒しました。


さらに11日には、G7サミット=主要7か国首脳会議に出席したトランプ大統領が、議長を務めたカナダのトルドー首相を非難したことについて「最低な行為だ」と強く批判しました。


これに対しトランプ大統領は、米朝首脳会談を終えアメリカに帰国する途中、ツイッターに「デ・ニーロ氏は非常にIQが低い」と投稿しました。


そして映画でデ・ニーロ氏がボクシングの元世界チャンピオンを演じたことを念頭に「デ・ニーロ氏は映画で本物のボクサーから頭にたくさんのパンチを受けて経済がいいこともわからないのだと思う」と書き込み、非難の応酬となっています。

#リベラル

[] 19:40 を含むブックマーク のブックマークコメント

[] 19:40 を含むブックマーク のブックマークコメント

旧ユーゴスラビアから独立したマケドニアの国名をめぐっては、隣国のギリシャが、かつてこの地域で栄えた古代マケドニア王国に由来する名称だとして変更を求め、20年以上にわたって対立が続いてきました。


しかし去年、マケドニアに親欧米政権が誕生したのをきっかけに、両国政府が新しい名称での合意を目指して交渉を重ね、12日、「北マケドニア共和国」という国名で合意したと発表しました。


ギリシャのチプラス首相は、マケドニア政府が憲法を改正して国名を変更すれば、マケドニアのEU=ヨーロッパ連合やNATO=北大西洋条約機構への加盟を後押しすると表明しました。


一方、マケドニアのザエフ首相は「経済発展と、よりよき市民の生活のため、決断するときが来た」と述べて、国の将来のためにも、ギリシャとの対立の火種だった国名問題を今こそ解決すべきだと強調しました。


ただ、ギリシャ国内には「マケドニア」が付いた国名は一切認められないと反発が強まっているほか、マケドニアは、国民投票を行うとしているため、新たな国名が受け入れられるかは不透明で、両国政府とも、国内で合意への支持を取りつけられるかが焦点となります。

マケドニアは、EU=ヨーロッパ連合とNATO=北大西洋条約機構への加盟を強く望んできましたが、国名をめぐって対立するギリシャが反対してきました。


今回の合意について、EUのトゥスク大統領は12日、ツイッターに、「両国の首相を祝福する。あなたたちは不可能なことも可能になると示してくれた」と投稿し、歓迎しました。


またEUで外交を担当するモゲリーニ上級代表は声明で、「歴史的な合意だ」と歓迎したうえで、「これによってマケドニアのEUへの加盟交渉の開始を各国が支持してくれることを待ち望んでいる」と期待を示しました。


またNATOのストルテンベルグ事務総長も声明を発表し、「両国が合意の国内手続きを完了すればマケドニアのNATO加盟への道筋となり、西バルカンの平和と安定にもつながる」として、両国の合意を歓迎しました。

http://d.hatena.ne.jp/d1021/20180607#1528367954

[] 19:40 を含むブックマーク のブックマークコメント

宇垣アナは自身が抱かれているイメージについて「ぶりっ子、あざとそう、男好きそう、わがままそう、性格悪そう、キツそう、とかですかね」と列挙。「暇さえあればエゴサーチ」していることを明かした。


 ネットでの批判については「ぶりっ子している瞬間だけを切り取る職人がいる」と誤解を指摘。年代別のピースサインの違いを説明するためにカメラ目線でピースした姿も切り取られ、“ぶりっ子画像”として拡散されたといい、「どの目線でそこだけ切り取るの。何様なの?」と怒りを爆発させた。


 宇垣アナの趣味であるアニメに対しても「どうせ元カレの影響」と批判的な意見が。「逆に全ての趣味は彼氏か彼女からの影響を受けとるんか。自分の好きなもんくらい自分で選ぶわ」と言葉に怒りを込めていた。

[] 19:40 を含むブックマーク のブックマークコメント

オカワカメ/おかわかめ/アカザカズラ/雲南百薬:旬の野菜百科

商業ベースでの大規模栽培は大分県の中津市が有名で、全国に出荷されています。

オカワカメとは - 育て方図鑑 | みんなの趣味の園芸 NHK出版

注染和晒(ちゅうせんわざらし) - 公益財団法人 堺市産業振興センター :南大阪地場産業ポータルサイト

注染和晒 – 堺伝統産業会館

[] 19:40 を含むブックマーク のブックマークコメント