Hatena::ブログ(Diary)

サクニッキ RSSフィード

2008-06-24

子宮の記憶

ある病院で一人の新生児が連れ去られた―。17年後、成長した少年真人(柄本佑)は裕福な家庭で何不自由なく暮らしていたが、家族に愛されることなく、衝突ばかりの毎日を過ごしていた。そんな真人自分誘拐されていた過去を知り、その犯人女性沖縄に住んでいることを知る―。沖縄に旅立った真人は、人里外れた海辺にある食堂で、かつて自分誘拐した犯人愛子松雪泰子)と出会う。そして、素性を隠したまま彼女の営む食堂住み込みアルバイトをすることに。いつもどこか寂しげで、なかなか周囲に心を開かない愛子も、懸命に働き慕ってくる彼に次第に心を許すようになるのだった。何も知らない愛子、そして、彼女が本当の母親ではないかと考え始める真人。2人の間にはいつしか恋人とも親子ともいえない不思議愛情が芽生え始めるが・・・

以前読んだ本映像。やっと見つけた。

えぇっ?!と思うところがあったけど 原作を裏切る事無く。

本を読んでいない人には 入りづらい作品かも知れない。

うーん。ビミョー。

投稿したコメントは管理者が承認するまで公開されません。

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

Connection: close