Hatena::ブログ(Diary)

適宜覚書はてな異本 このページをアンテナに追加 RSSフィード



dacs(@daccot) - Twilog
 RSSリーダーで購読する
カレンダー
カスタム検索
 | 

2006/10/27(金)

[]「論理で人をだます法」の感想 00:12 「論理で人をだます法」の感想のブックマークコメント

論理で人をだます法

論理で人をだます法

訳者もあとがきで指摘しているが、この本の題名は適切ではない。これでは、詐欺のマニュアルみたいではないか?この本に適切な題名は、「相手を混乱に陥れ、話を自分有利にする方法」である*1

え?何?どちらにせよ人聞きが悪いことこの上無い?そりゃ勘違いというものだ。そういう指摘をするあなたの頭脳の明晰さは確かに素晴らしい。でも、その純朴にして無垢過ぎる心のありようは、世間を渡る上でとてもとても脆弱で貧乏くじをひくために生きているようなものだ。現実問題世の中嘘を嘘としてわかっていないと損をする。多かれ少なかれ「相手を混乱に陥れ、話を自分有利にする方法」が当たり前のように日常に遍在している。それは無理めな屁理屈なのに、何故か正論を押しのけて罷り通る。そういう目にあって、不条理だと思いつつ押し黙るしかない状態になって口惜しく思うこともあるだろう。実のところ、正論は負けるべくして負けているのだ。

筆者が指摘するカモになる人々の反応や思考を特徴づけるパターンを引用してみよう。

  1. 自分の「信じたい」ことを信じる
  2. 自分の偏見や経験を、いろんなことに当てはめる
  3. たった一回の出来事を一般化する
  4. 問題を分析している途中で感情的になり、自分の個人的な感情を、客観性より優先する。
  5. 人の話を聞くのが下手。話の一部しか耳に入らない。自分の聞きたい部分だけ聞いている。
  6. 後付けで理屈をつけて正当化したがる
  7. 関係あることと関係無いことを、区別できない
  8. 目の前の問題から、すぐに注意がそれてしまう
  9. ある問題のもたらす結果を、十分に検討しようとしない。単純化しすぎる
  10. 外見で判断しがち。見たものを誤解し、判断をひどくまちがえる
  11. そもそも、自分が何の話をしているかわかっていない
  12. 一貫した基準で行動することはほとんどない。根拠をきちんと検討してから結果をだすこともまずない
  13. 言った通りのことを考えていないし、考えた通りのことを言わない

自分に当てはまるところはどれくらいあるかな?

この本を読んで、然るべき対策を打つなり、同じ手法で対抗するなりはその人次第だ。ただ、敵の手管を知らないで負けて歯軋りするのはあまり楽しいことではない。より優秀な使い手はその口惜しささえ対象には気付かせない。実のところ、あなたが尊敬しているあの人も、あなたが忌み嫌う無神経な奴も、いつも誘いを断る彼女も、ワンフレーズ大好きな元首相もみんなふんだんにこのテクニックを使い、優位にいるのかもしれないよ。

補足

有効な手段が数多く載っているが、「騙してやろう」とか「だ、騙されるもんか!」と本気で目を血走らせて読むのはお勧めしない。煽っておいてナニだが、ネタとしては面白いし、教養としても使えるけど、それ以上では無い…と思う。

まあ、Webで盛り上がる議論、フレームはもろ典型的なのが多いと思うけどね、「わら人形」とか「単純化」とか「理想主義の虚偽」とか。程度問題で全面的に否定するものでもないし、バランス良く使えると面白いのかもしれないけど下手に手出すとヤケドしそう。自分はせいぜい遠くから眺めるくらいかな。

本の形式

この本はどこから取り掛かっても問題ない。一つの項目につき短ければ半ページ、長くても3ページくらいで出来ている。ある程度類似項目を纏めて章立てているが、それぞれの項目の相関性は低い。ハンドブック、小ネタのレファレンスとして使うのに便利である。

蛇足

「欺術」のあとに「だます」本なので、何だか人格を疑われそうだ。むしろカモ側の中でもチョロい方だと思う。対策になるかどうかは怪しいものだけど、どちらの本もとても面白く読めたことは間違いない。

更に蛇足(11/2追記)

意外に注目してもらえたみたいなので、言葉足らずを追記*2

この本に興味を持ったなら試しに読んでみたら良いと思う。書評として自分が切り出したのは、自分が印象深く感じた部分であって、当然ながらこの本の全貌ではない。「人々の反応や思考を特徴づけるパターン」の引用に煽られて拒否反応を示されている向きがあるが、他にも面白い部分は沢山ある。例えば、借りていた本なのでもう手元に無いから正確な表現は出来ないけれど、後半には思考のパターンを集合図で示す下りが読み応えが*3あった。

正直に言うと自分はこの本は買ってまで手元に置こうとまでは思っていない。でも、娯楽として「ああ、こういうのあるね。うん」という感じで結構楽しめたし、きっと目を通して損はない。

*1:訳者はもう少しソフトに「人を論理から逸脱させる方法」としている

*2:こうやって欲をかいて書くと要らないボロを出すことが分かっているんだけど。救われないなあ

*3:少し

 | 
「サイバーセキュリティタスクフォース」の開催 - 総務省 (プレスリリース)
INTERNET Watch「サイバーセキュリティタスクフォース」の開催総務省 (プレスリリース)そこで、総務省は、「IoTサイバーセキュリティ アクションプログラム2017」を踏まえて、2020年東京オリンピック・パラリンピック競技大会を3年半後に控え、IoT/AI時代を見据えたサイバーセキュリテ
NISC、今年度は桐ヶ谷和人氏をサイバーセキュリティ調査官に任命 - INTERNET Watch
INTERNET WatchNISC、今年度は桐ヶ谷和人氏をサイバーセキュリティ調査官に任命INTERNET Watch内閣サイバーキュリティセンター(NISC)は、国民に向けた情報セキュリティ普及・啓発を行う2017年の「サイバーセキュリティ月間」を2月1日から3月18日まで実施し、そのイメージキ
「SECCON 2016」1月27〜29日開催、セキュリティコンテスト決勝大会 - INTERNET Watch
INTERNET Watch「SECCON 2016」1月27〜29日開催、セキュリティコンテスト決勝大会INTERNET Watchコンピューターセキュリティ技術を競う日本最大規模のCTF(Capture The Flag)大会「SECCON 2016」の決勝大会が1月27〜29日に東京電機大学東
CTC、企業のセキュリティ対策状況を診断する簡易アセスメントサービスを無償提供 - クラウド Watch
クラウド WatchCTC、企業のセキュリティ対策状況を診断する簡易アセスメントサービスを無償提供クラウド Watch伊藤忠テクノソリューションズ株式会社(以下、CTC)は20日、企業向けのセキュリティ支援サービスを強化する一環として、企業が自社のセキュリティ対策状況を把握できるようにする簡易アセス
「Windows 7」のセキュリティは時代遅れ、今から移行準備を--独MS - ZDNet Japan
ZDNet Japan「Windows 7」のセキュリティは時代遅れ、今から移行準備を--独MSZDNet JapanMicrosoftによると、Windows 10に搭載されている最新のセキュリティ機能には生体認証ログイン機能「Windows Hello」や、AppContainerによるサンドボ
Microsoft、セキュリティ情報公開の方式を変更 2月からはサマリー掲載廃止 - ITmedia
ITmediaMicrosoft、セキュリティ情報公開の方式を変更 2月からはサマリー掲載廃止ITmedia米Microsoftは1月10日に公開した月例セキュリティ情報を最後に、長年続けてきた更新プログラムに関する情報提供の方式を変更する。2月からは従来の月例セキュリティ情報ページへのサマリー掲載
改善しているものの不十分なPOSのセキュリティ - ZDNet Japan
ZDNet Japan改善しているものの不十分なPOSのセキュリティZDNet Japanアーバーのセキュリティ研究者は先ごろ、バンキング型トロイの木馬Zeusの亜種であるFlokiBotの分析を行いました。Zeusは2009年以降に広まったマルウェアです。これまでに数多くのバージョンと亜種が出現し
「つながる工場」は悪意もつなぐ、防ぐにはセキュリティ対策が必須 - @IT MONOist
@IT MONOist「つながる工場」は悪意もつなぐ、防ぐにはセキュリティ対策が必須@IT MONOistこうした企業に対し、スマート工場のセキュリティリスクを訴えるために出展したのが「スマート工場システムへの脅威デモ」である。「あくまでもデモ用のシンプルなシステムではあるが、日常の小さな不注意や何
サイバーセキュリティタスクフォース (第1回)開催案内 - 総務省 (プレスリリース)
サイバーセキュリティタスクフォース (第1回)開催案内総務省 (プレスリリース)傍聴を御希望の方は、下記の内容を明記の上、平成29年1月26日(木)18:00までに、Eメール又はFAXにて、下記連絡先まで事前に申し込みをお願いします。 なお、Eメールでお申し込みの場合には、件名を「第1回サイバーセキ
ロシアの「サイバーセキュリティ軍」 - ロシアNOW
ロシアの「サイバーセキュリティ軍」ロシアNOW情報セキュリティ・コンサルティング会社のゼクリオンアナリティクス(ZecurionAnalytics)によれば、ロシアの国家機関のハッカーらは、世界屈指の「サイバーセキュリティ戦士」となった。ロシアは、2010年の一連のアメリカとイスラエルによるイランの
Error : RSSが取得できませんでした。
Error : RSSが取得できませんでした。 -My Google Profile
最新トラックバック一覧
あわせて読みたいブログパーツ