Hatena::ブログ(Diary)

適宜覚書はてな異本 このページをアンテナに追加 RSSフィード



dacs(@daccot) - Twilog
 RSSリーダーで購読する
カレンダー
カスタム検索
 | 

2008/06/16(月)

[][]1ボタンで今見てるページをURL短縮してTwitterに投稿出来る-TwShot 23:34 1ボタンで今見てるページをURL短縮してTwitterに投稿出来る-TwShotのブックマークコメント

f:id:dacs:20080616232934p:image

このページにあるBookmarkletをブラウザのツールバーに仕込む(ドラッグ&ドロップ)。これだけで準備完了!

後は普通にWebをブラウズして回って、「お、これええやんけ」というページを見つけたらすかさず、先程の「use twshot」をクリックする。すると、初回のみTwitterの認証情報を求められるが、すぐに投稿画面に遷移する。

例えば、グーグルの企業向けコンピューティング構想--クラウドにおける4つの追い風:スペシャルレポート - CNET Japanという記事はURLが馬鹿長くて*1http://japan.cnet.com/special/story/0,2000056049,20375263,00.htm」とあるが、これを「use twshot」するとこうなる。

f:id:dacs:20080616233821p:image

考えなしに赤面もののコメントをつけておいたがスルーするように…。とにかく、ここで「update」を押すだけでTwitterへの投稿完了。短縮されたURLである「http://twshot.com/?E676E」とコメントがTwitterでも確認出来るだろう。

一部のTwitterクライアントでは、オリジナルの長いURLを入力すると自動で短縮する機能を持つ者もあるが、これの場合コピーも要らない。表題のようにワンボタンで後は通常通り投稿すれば良い。ちょっとの手間も惜しむ効率至上主義者(=怠け者)にピッタリ。

蛇足

なんか遷移がモッサリしてる。後、使い方次第だけどnoscript拡張とは結構相性が悪い。

[]FirefoxGoogleツールバーVersionUp 22:01 Firefox用GoogleツールバーVersionUpのブックマークコメント

Firefox用Googleツールバーのバージョンが2から3に上がった

新規追加機能(或いは機能修正)は以下の5つだ

  • カスタム ボタン
  • 次に送信
  • Google Docs & Spreadsheets
  • ブックマーク
  • Google アカウントへのログイン

カスタム ボタン

Google ツールバー ボタン ギャラリーから出来合いのボタンを追加することも出来るし、Google ツールバー APIを使って自作することも出来る。

f:id:dacs:20080616222860p:image

試しに「goo辞書」の追加リンクをクリックするとインストールダイアログが表示される。

f:id:dacs:20080616223347p:image

「プライバシーへの配慮:なし」が非常に気になるが、お試しなので追加する。するとこのようなカスタムアイコンが追加される。

f:id:dacs:20080616223517p:image

次に送信

表示中のWebページまたは選択範囲をGmailまたはBloggerに送付して貼り付ける機能。いま一つどう使うのかよく分からない。引用してクリップしまくるなら結構便利かもしれない。ツールの紙とかみたい。

Google Docs & Spreadsheets

標準ではアイコンが出ていないので右端の「設定」で設定画面を出し、Google Docs & SpreadsheetsのチェックボックスをONにする。

ブックマーク

ブックマーク共有に便利そう。

Google アカウントへのログイン

ログイン状態の管理。

ちょっといじっての感想

今まで使っていなかったので何が新しくなったのかいまいちピンと来ないが、カスタムボタンで便利なものが増えれば使い勝手が良くなるかもしれない。現状だとGreaseMonkeyBookmarkletで代替出来そうだなあとボンヤリ思うだけ。

実を言えば、このページを最初に見たとき、英語表記だったので「おー、またいい超訳ネタだぜー」と勢いこんで訳してみたのだけど、途中で日本語版があることに気付いて引っ込めた。あのまま気付かずに曝したままだとえらく恥ずかしいことになっていた。ホッとしたものの、なんか獲物を逃がした気分。orz

*1:これでも短い方だ

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/dacs/20080616
 | 
This RSS feed URL is deprecated
This RSS feed URL is deprecated, please update. New URLs can be found in the footers at https://news.google.com/news
サイバー攻撃を防ぐのはムリ? これからは“その後”の対応力がポイントに - TechTargetジャパン
TechTargetジャパンサイバー攻撃を防ぐのはムリ? これからは“その後”の対応力がポイントにTechTargetジャパン海外はもちろん国内でも、連日のように情報漏えいやマルウェア感染といったセキュリティ事故が報じられている。つい先日も、シンガポール保健省がサイバー攻撃を受け、約150万人分の医
NEC、ネットワーク運用を効率化するセキュリティ統合型SDN製品「UNIVERGE NOE」とマネージドサービスを発表 - EnterpriseZine
EnterpriseZineNEC、ネットワーク運用を効率化するセキュリティ統合型SDN製品「UNIVERGE NOE」とマネージドサービスを発表EnterpriseZineNECは、顧客のデジタルトランスフォーメーション(DX)実現に向け、ネットワークにおけるシンプルな運用と迅速なセキュリティリス
サイバー・フィジカル・セキュリティに関する情報交流のためのコラボレーション・プラットフォーム(第3回)を開催します - 経済産業省 (プレスリリース)
サイバー・フィジカル・セキュリティに関する情報交流のためのコラボレーション・プラットフォーム(第3回)を開催します経済産業省 (プレスリリース)経済産業省と独立行政法人情報処理推進機構(IPA)は、ユーザー企業やITベンダの方々が、サイバー・フィジカル・セキュリティ対策に関するニーズの明確化・具体化
【特集】「サイバーセキュリティ」関連のテーマ性再燃へ、国家安全保障の観点で注目<注目テーマ> - 株探ニュース
株探ニュース【特集】「サイバーセキュリティ」関連のテーマ性再燃へ、国家安全保障の観点で注目<注目テーマ>株探ニュース仮想通貨のマイニングなどでもサイバーセキュリティーの充実は不可避となっている。最近では、サイバー攻撃の予兆を捉え、顧客企業に知らせる「脅威インテリジェンス」といわれる新たなサービスも立
流通や保険の大手企業がセキュリティ企業の運営するファイル転送サービスを選ぶ理由 - 日経xTECH
日経xTECH流通や保険の大手企業がセキュリティ企業の運営するファイル転送サービスを選ぶ理由日経xTECH本資料は、セキュリティの専門企業が2001年から運営を続け、利用企業の約半数を金融・保険関連企業が占めるファイル転送サービスの資料である。提供される機能の解説からユニクロやアフラック、東急百貨店
高知大学、複雑なネットワークセキュリティ基盤を次世代FWに集約 - ZDNet Japan
ZDNet Japan高知大学、複雑なネットワークセキュリティ基盤を次世代FWに集約ZDNet Japanアプリケーション、ユーザー、コンテンツに基づくトラフィックの分類・可視化と、高度化を続けるサイバー攻撃に対抗するためのさまざまなセキュリティ機能を提供する。高知大学は、キャンパスネットワークの再
Android端末は買った瞬間からセキュリティに“穴”がある? 米企業が調査結果を公表 - WIRED.jp
WIRED.jpAndroid端末は買った瞬間からセキュリティに“穴”がある? 米企業が調査結果を公表WIRED.jpAndroid端末には生産段階で脆弱性が“仕込まれて”いる──。そんな事実が、米政府の支援を受けたセキュリティ企業の調査で明らかになった。端末が乗っ取られ、機種によっては画面キャプチ
セキュリティソフト 売れ筋ランキング TOP5 - BCN+R
BCN+Rセキュリティソフト 売れ筋ランキング TOP5BCN+R「BCNランキング」日次集計データによると、2018年8月20日、セキュリティソフトの実売台数ランキングは以下の通りとなった。 1位 ウイルスバスター クラウド 3年版 同時購入版 2018年度版(トレンドマイクロ) 2位 ESET
イスラエル政府、サイバーセキュリティのグローバルリーダーを目指して資金提供へ - Yahoo!ニュース 個人
Yahoo!ニュース 個人イスラエル政府、サイバーセキュリティのグローバルリーダーを目指して資金提供へYahoo!ニュース 個人イスラエル政府は2018年8月15日に、イスラエルのサイバーセキュリティ産業の育成を目指して、9000万シェケル(約26億円)を投資することを明らかにした。イスラエルは世界
Error : RSSが取得できませんでした。
Error : RSSが取得できませんでした。
Error : RSSが取得できませんでした。 -My Google Profile
最新トラックバック一覧
あわせて読みたいブログパーツ
Connection: close