Hatena::ブログ(Diary)

適宜覚書はてな異本 このページをアンテナに追加 RSSフィード



dacs(@daccot) - Twilog
 RSSリーダーで購読する
カレンダー
カスタム検索
 | 

2009/12/06(日)

動作の遅くなったGoogle ChromeChromeタスクマネージャーでメモリ最適化 16:51 動作の遅くなったGoogle ChromeにChromeタスクマネージャーでメモリ最適化のブックマークコメント

Google Chromeはサクサク動く軽量なWebブラウザですが、その代償としてメモリを暴食します。RAMなんぞ腐るほどあるわという人には問題にならない話ですが、そうもいかないのが普通でしょう。

【以下はdev版でのみ有効です】そこでタスクマネージャーを使ってChromeで使用しているメモリを管理します。まず、Google Chromeの起動オプションに「--purge-memory-button」を追加して起動します。この状態で[Shift]+[Esc]を押すと下図のようにタスクマネージャーがポップアップします。(先のオプションが正しく動作していないと画面右下にある「Purge Memory」ボタンは表示されません。)

f:id:dacs:20091206165030p:image

拡大(または最大化)したり、列幅を調整することも出来ます。

f:id:dacs:20091206175904p:image

見たように各タブでどれだけのメモリとCPUを使用しているか、ネットワークとどれだけの通信をしているかというのがよく分かります。また、タブだけではなく、インストールしている拡張の使用状態も一覧出来ます。

試しにメモリで降順に並び替えをします。すると、「拡張機能:GmailChecker(Gmail Checker « Google Chrome Extensions)」が323,904kBと最もメモリを使用していることが分かりました。これは一般的なタブで使用されているメモリの10倍くらいですから、この拡張を使用しているならメールを実際に読んでいようがいまいがタブをプラス10枚開いているのと同じ状態となっているようです。必要さと手持ちリソースを天秤にかけ、場合によっては拡張のアンインストールも検討すると良いかと思います。

f:id:dacs:20091206175902p:image

あまりにも動作が遅い場合は、このタスクマネージャーを開き、「Purge Memory」ボタンをクリックしてみましょう。Chromeで使用しているメモリが最適化され、状態が改善するかもしれません。

それでも上手くいかない場合は、消しても問題ないプロセスを終了させます。終了させるプロセスを上から選んでクリックし、「プロセスを終了」ボタンをクリックします。

タスクマネージャーの左下には「統計情報」というリンクがあり、これをクリックすると別画面でメモリの使用状態の詳細がポップアップされます(URL欄にabout:memoryと入力した画面)。これは、各プロセスID毎に物理メモリと仮想メモリを分け、更にそのなかでもPrivateとSharedを分けて表示されます。例えばWindows環境下でWindowsのタスクマネージャーでプロセスを見るとあたり一面Chrome.exeで埋まっていて吃驚(゚д゚)!したことはありませんか?一般的なソフトウェアの場合pid一つあたりに1つのアプリケーションが紐づきますが、GoogleChromeは基本思想としてブラウザをマルチプロセス化するというものがあり、これが正にそれです。

f:id:dacs:20091206180950p:image

ここでpidを付けてみるとchromeで表示した詳細情報と紐付けが出来ます。わざわざそんなことをしなくともタスクマネージャーでプロセスのKillが出来る訳ですからWindowsのタスクマネージャーの出る幕じゃないと思われるかもしれませんが、プロセスの優先度設定をして少し様子を見るなんてことも出来ますので知っておいて損は無いと思います。

さて、ここでちょっとGoogle謹製の漫画「Google Chrome Comic」を読んでみましょう。日本語化もされていますのでご心配なく。

f:id:dacs:20091206185901p:image

メモリに関しては、P3-P11です。ちょうどこのタスクマネージャーについても触れています。面白いので先へ先へと読み進んでしまうかもしれませんが、Episode1が39ページ、Episode2が9ページあるのでごゆっくり腰を落ち着けてお読みください。昨今GoogleDNSやChromeのプリフェッチ機能等がHOTな話題ですが、この漫画だけでもかなり詳しい思想やロードマップを垣間見ることが出来ます。

追記

KooniesKooniesGoogle Mail Checkerなら7MBくらいです2009/12/06

はてなブックマーク - Koonies のブックマーク

有難うございます。恐らくは環境による誤差はあると思いますがこういう目安があると拡張を選択する際の参考になりそうですね。

参考情報

 | 
LINEからFacebookまで、セキュリティのプロがSNS乗っ取りの手口を明かす - ASCII.jp
ASCII.jpLINEからFacebookまで、セキュリティのプロがSNS乗っ取りの手口を明かすASCII.jp矢崎:三上さんのテレビ露出が増えたのは、SNSとセキュリティに関してですよね。LINEなんか、ネットで検索するとLINEそのものよりも、三上さんの乗っ取りの話のほうが多く出てくる。LIN
標的型攻撃対策のセキュリティサービス市場は2018年に4000億規模へ - IDC - マイナビニュース
マイナビニュース標的型攻撃対策のセキュリティサービス市場は2018年に4000億規模へ - IDCマイナビニュースIDCでは、標的型サイバー攻撃向け対策ソリューション市場を特化型脅威対策製品市場とセキュリティサービス市場に分類し、市場規模算出/市場予測を行っている。標的型サイバー攻撃向け特化型脅威対
パロアルト、次世代セキュリティ基盤を実現するモバイル/クラウドの機能を拡張 - クラウド Watch
クラウド Watchパロアルト、次世代セキュリティ基盤を実現するモバイル/クラウドの機能を拡張クラウド Watchパロアルトネットワークス合同会社(以下、パロアルト)は24日、次世代クラウドセキュリティ、モバイルセキュリティソリューションの提供を開始すると発表した。8月に日本法人の代表執行役員社長に
Google、USBセキュリティキーを使った2段階認証に対応。要ChromeブラウザとU2F対応キー - Engadget 日本語版
Engadget 日本語版Google、USBセキュリティキーを使った2段階認証に対応。要ChromeブラウザとU2F対応キーEngadget 日本語版Google では携帯に確認コードを送る(または確認コードジェネレータアプリを使う) 方法よりもセキュリティキーが優れた点として、フィッシングへの耐
セキュリティ脆弱性報告多数に注意、10/12〜18週 - JPCERT/CC報告 - マイナビニュース
セキュリティ脆弱性報告多数に注意、10/12〜18週 - JPCERT/CC報告マイナビニュースJPCERTコーディネーションセンター(Japan Computer Emergency Response Team Coordination Center、JPCERT/CC)は10月22日、「JPCE
パロアルト、モバイル向けセキュリティソリューション最新版を発表 - ITpro
パロアルト、モバイル向けセキュリティソリューション最新版を発表ITproパロアルトネットワークスは2014年10月24日、モバイルデバイス向けセキュリティソリューションの最新版を発表。同日、提供を開始した。 同社のモバイル向けセキュリティソリューションは、モバイルデバイスの設定や管理を行う「Glob
Shellshock脆弱性の影響、様々なプロトコルに拡大 - ITpro
ITproShellshock脆弱性の影響、様々なプロトコルに拡大ITpro世界のセキュリティ・ベンダーのブログから、押さえておきたい話題をピックアップして紹介する。今回は業界を賑わした「Shellshock」に関する後続の記事から紹介しよう。 Shellshockは、LinuxなどUNIXベースの
サイバーセキュリティ基本法を見据えた月額7980円のクラウドWAF - RBB Today
Security NEXTサイバーセキュリティ基本法を見据えた月額7980円のクラウドWAFRBB Todayサイバーセキュリティクラウド(CSC:旧社名アミティエ)は、攻撃遮断くんの前進となるIaaS型のWAF(Web Application Firewall)を2013年から展開しており、同年1
Google、USBによる物理的セキュリティー・キーを提供開始 - TechCrunch
Google、USBによる物理的セキュリティー・キーを提供開始TechCrunchGoogleは長い間アカウントのセキュリティー強化のために2段階認証を利用するようユーザーに勧めてきた。それに加えて今日(米国時間10/21)、Googleは第2のさらに強力なセキュリティー手段をローンチした。Goog
越後湯沢で感じた「社会全体で考える」情報セキュリティの難しさ - ZDNet Japan
ZDNet Japan越後湯沢で感じた「社会全体で考える」情報セキュリティの難しさZDNet Japanパネルディスカッションでは、セキュリティ対策推進協議会(SPREAD)の平田真由美氏、フィッシング対策協議会運営委員の鈴木哲治氏、地方公共団体情報システム機構(J-LIS)永野恵寿氏の3人が議論を
Error : RSSが取得できませんでした。
Error : RSSが取得できませんでした。 -My Google Profile
最新トラックバック一覧
あわせて読みたいブログパーツ