Hatena::ブログ(Diary)

適宜覚書はてな異本 このページをアンテナに追加 RSSフィード



dacs(@daccot) - Twilog
 RSSリーダーで購読する
カレンダー
カスタム検索
 | 

2009/12/06(日)

動作の遅くなったGoogle ChromeChromeタスクマネージャーでメモリ最適化 16:51 動作の遅くなったGoogle ChromeにChromeタスクマネージャーでメモリ最適化のブックマークコメント

Google Chromeはサクサク動く軽量なWebブラウザですが、その代償としてメモリを暴食します。RAMなんぞ腐るほどあるわという人には問題にならない話ですが、そうもいかないのが普通でしょう。

【以下はdev版でのみ有効です】そこでタスクマネージャーを使ってChromeで使用しているメモリを管理します。まず、Google Chromeの起動オプションに「--purge-memory-button」を追加して起動します。この状態で[Shift]+[Esc]を押すと下図のようにタスクマネージャーがポップアップします。(先のオプションが正しく動作していないと画面右下にある「Purge Memory」ボタンは表示されません。)

f:id:dacs:20091206165030p:image

拡大(または最大化)したり、列幅を調整することも出来ます。

f:id:dacs:20091206175904p:image

見たように各タブでどれだけのメモリとCPUを使用しているか、ネットワークとどれだけの通信をしているかというのがよく分かります。また、タブだけではなく、インストールしている拡張の使用状態も一覧出来ます。

試しにメモリで降順に並び替えをします。すると、「拡張機能:GmailChecker(Gmail Checker « Google Chrome Extensions)」が323,904kBと最もメモリを使用していることが分かりました。これは一般的なタブで使用されているメモリの10倍くらいですから、この拡張を使用しているならメールを実際に読んでいようがいまいがタブをプラス10枚開いているのと同じ状態となっているようです。必要さと手持ちリソースを天秤にかけ、場合によっては拡張のアンインストールも検討すると良いかと思います。

f:id:dacs:20091206175902p:image

あまりにも動作が遅い場合は、このタスクマネージャーを開き、「Purge Memory」ボタンをクリックしてみましょう。Chromeで使用しているメモリが最適化され、状態が改善するかもしれません。

それでも上手くいかない場合は、消しても問題ないプロセスを終了させます。終了させるプロセスを上から選んでクリックし、「プロセスを終了」ボタンをクリックします。

タスクマネージャーの左下には「統計情報」というリンクがあり、これをクリックすると別画面でメモリの使用状態の詳細がポップアップされます(URL欄にabout:memoryと入力した画面)。これは、各プロセスID毎に物理メモリと仮想メモリを分け、更にそのなかでもPrivateとSharedを分けて表示されます。例えばWindows環境下でWindowsのタスクマネージャーでプロセスを見るとあたり一面Chrome.exeで埋まっていて吃驚(゚д゚)!したことはありませんか?一般的なソフトウェアの場合pid一つあたりに1つのアプリケーションが紐づきますが、GoogleChromeは基本思想としてブラウザをマルチプロセス化するというものがあり、これが正にそれです。

f:id:dacs:20091206180950p:image

ここでpidを付けてみるとchromeで表示した詳細情報と紐付けが出来ます。わざわざそんなことをしなくともタスクマネージャーでプロセスのKillが出来る訳ですからWindowsのタスクマネージャーの出る幕じゃないと思われるかもしれませんが、プロセスの優先度設定をして少し様子を見るなんてことも出来ますので知っておいて損は無いと思います。

さて、ここでちょっとGoogle謹製の漫画「Google Chrome Comic」を読んでみましょう。日本語化もされていますのでご心配なく。

f:id:dacs:20091206185901p:image

メモリに関しては、P3-P11です。ちょうどこのタスクマネージャーについても触れています。面白いので先へ先へと読み進んでしまうかもしれませんが、Episode1が39ページ、Episode2が9ページあるのでごゆっくり腰を落ち着けてお読みください。昨今GoogleDNSやChromeのプリフェッチ機能等がHOTな話題ですが、この漫画だけでもかなり詳しい思想やロードマップを垣間見ることが出来ます。

追記

KooniesKooniesGoogle Mail Checkerなら7MBくらいです2009/12/06

はてなブックマーク - Koonies のブックマーク

有難うございます。恐らくは環境による誤差はあると思いますがこういう目安があると拡張を選択する際の参考になりそうですね。

参考情報

 | 
Google、USBセキュリティキーを使った2段階認証に対応。要ChromeブラウザとU2F対応キー - Engadget 日本語版
INTERNET WatchGoogle、USBセキュリティキーを使った2段階認証に対応。要ChromeブラウザとU2F対応キーEngadget 日本語版Google では携帯に確認コードを送る(または確認コードジェネレータアプリを使う) 方法よりもセキュリティキーが優れた点として、フィッシングへの
セキュリティソフト「Avast 2015」の正式版が公開 - 窓の杜 - 窓の杜
セキュリティソフト「Avast 2015」の正式版が公開 - 窓の杜窓の杜チェコのAVAST Software s.r.o.は21日(現地時間)、セキュリティソフト“Avast(アバスト)”シリーズの最新版「Avast 2015」を正式公開した。現在、同社のWebサイトからダウンロード可能。なお、本
不正操作したユーザーはセキュリティルームに閉じ込めるDNPが情報漏えい防止システム開発 - ITmedia
不正操作したユーザーはセキュリティルームに閉じ込めるDNPが情報漏えい防止システム開発ITmedia退出禁止フラグが書き込まれたICカードは、入退室用のカードリーダーにかざしても電気錠が解錠できないため、ユーザーは一時的にセキュリティルームから退出できなくなる。その間にシステム部門の責任者や警備員が
サイバーセキュリティ基本法を見据えた月額7980円のクラウドWAF - RBB Today
Security NEXTサイバーセキュリティ基本法を見据えた月額7980円のクラウドWAFRBB Todayサイバーセキュリティクラウド(CSC:旧社名アミティエ)は、攻撃遮断くんの前進となるIaaS型のWAF(Web Application Firewall)を2013年から展開しており、同年1
インテック、ウェブルートのエンドポイントセキュリティサービスを開始 - クラウド Watch
インテック、ウェブルートのエンドポイントセキュリティサービスを開始クラウド Watch「SecureAnywhere」は、クラウドベースのエンドポイントセキュリティサービスで、約3,500万台の自社、およびパートナー企業の利用者のデバイスをリアルタイムで監視しています。刻々と発生する新たな脅威、新種
カスペルスキー、iOS対応のセキュリティブラウザを無償で提供開始 - マイナビニュース
マイナビニュースカスペルスキー、iOS対応のセキュリティブラウザを無償で提供開始マイナビニュースカスペルスキー、iOS対応のセキュリティブラウザを無償で提供開始. [2014/10/21]. 印刷. カスペルスキーは21日、iOS端末向けのセキュリティブラウザ「Kaspersky Safe Brow
Android OSに新たなセキュリティ問題 情報漏えいにつながる恐れ - ITmedia
Android OSに新たなセキュリティ問題 情報漏えいにつながる恐れITmedia同社のセキュリティ研究者ニテイ・アーテンシュタイン氏によると、この問題はプロセス間通信のメッセージを伝達する「Binder」に起因する。Binder経由でやり取りされるデータは、キャプチャすることができてしまうといい
DropboxのCEO兼共同設立者が日本市場に期待する理由 - ITmedia
ITmediaDropboxのCEO兼共同設立者が日本市場に期待する理由ITmedia社内セキュリティ部門の調査結果も明らかに:DropboxのCEO兼共同設立者が日本市場に期待する理由. 競合が無料容量を拡大する状況において、Dropboxは高い信頼性と使いやすさと“日本との親和性”を訴求。“ID
マイクロソフト、10月のセキュリティ更新プログラムで一部ユーザーに不具合 - ZDNet Japan
マイクロソフト、10月のセキュリティ更新プログラムで一部ユーザーに不具合ZDNet JapanMicrosoftは米国時間の10月14日に更新プログラムをリリースしたが、インストールに伴い問題が発生したとのユーザーからの報告を受け、セキュリティアドバイザリ2949927で説明されていた更新プログラム
IBMセキュリティー運用監視サービスの対象にマカフィー製品を追加 - EnterpriseZine
IBMセキュリティー運用監視サービスの対象にマカフィー製品を追加EnterpriseZine日本IBMは、セキュリティー運用監視サービス「IBM Managed Network Security Services(IBM MNSS)」における監視・運用の対応プラットフォームにマカフィーのセキュリティ
Error : RSSが取得できませんでした。
Error : RSSが取得できませんでした。 -My Google Profile
最新トラックバック一覧
あわせて読みたいブログパーツ