Hatena::ブログ(Diary)

適宜覚書はてな異本 このページをアンテナに追加 RSSフィード



dacs(@daccot) - Twilog
 RSSリーダーで購読する
カレンダー
カスタム検索
 | 

2009/12/06(日)

動作の遅くなったGoogle ChromeChromeタスクマネージャーでメモリ最適化 16:51 動作の遅くなったGoogle ChromeにChromeタスクマネージャーでメモリ最適化のブックマークコメント

Google Chromeはサクサク動く軽量なWebブラウザですが、その代償としてメモリを暴食します。RAMなんぞ腐るほどあるわという人には問題にならない話ですが、そうもいかないのが普通でしょう。

【以下はdev版でのみ有効です】そこでタスクマネージャーを使ってChromeで使用しているメモリを管理します。まず、Google Chromeの起動オプションに「--purge-memory-button」を追加して起動します。この状態で[Shift]+[Esc]を押すと下図のようにタスクマネージャーがポップアップします。(先のオプションが正しく動作していないと画面右下にある「Purge Memory」ボタンは表示されません。)

f:id:dacs:20091206165030p:image

拡大(または最大化)したり、列幅を調整することも出来ます。

f:id:dacs:20091206175904p:image

見たように各タブでどれだけのメモリとCPUを使用しているか、ネットワークとどれだけの通信をしているかというのがよく分かります。また、タブだけではなく、インストールしている拡張の使用状態も一覧出来ます。

試しにメモリで降順に並び替えをします。すると、「拡張機能:GmailChecker(Gmail Checker « Google Chrome Extensions)」が323,904kBと最もメモリを使用していることが分かりました。これは一般的なタブで使用されているメモリの10倍くらいですから、この拡張を使用しているならメールを実際に読んでいようがいまいがタブをプラス10枚開いているのと同じ状態となっているようです。必要さと手持ちリソースを天秤にかけ、場合によっては拡張のアンインストールも検討すると良いかと思います。

f:id:dacs:20091206175902p:image

あまりにも動作が遅い場合は、このタスクマネージャーを開き、「Purge Memory」ボタンをクリックしてみましょう。Chromeで使用しているメモリが最適化され、状態が改善するかもしれません。

それでも上手くいかない場合は、消しても問題ないプロセスを終了させます。終了させるプロセスを上から選んでクリックし、「プロセスを終了」ボタンをクリックします。

タスクマネージャーの左下には「統計情報」というリンクがあり、これをクリックすると別画面でメモリの使用状態の詳細がポップアップされます(URL欄にabout:memoryと入力した画面)。これは、各プロセスID毎に物理メモリと仮想メモリを分け、更にそのなかでもPrivateとSharedを分けて表示されます。例えばWindows環境下でWindowsのタスクマネージャーでプロセスを見るとあたり一面Chrome.exeで埋まっていて吃驚(゚д゚)!したことはありませんか?一般的なソフトウェアの場合pid一つあたりに1つのアプリケーションが紐づきますが、GoogleChromeは基本思想としてブラウザをマルチプロセス化するというものがあり、これが正にそれです。

f:id:dacs:20091206180950p:image

ここでpidを付けてみるとchromeで表示した詳細情報と紐付けが出来ます。わざわざそんなことをしなくともタスクマネージャーでプロセスのKillが出来る訳ですからWindowsのタスクマネージャーの出る幕じゃないと思われるかもしれませんが、プロセスの優先度設定をして少し様子を見るなんてことも出来ますので知っておいて損は無いと思います。

さて、ここでちょっとGoogle謹製の漫画「Google Chrome Comic」を読んでみましょう。日本語化もされていますのでご心配なく。

f:id:dacs:20091206185901p:image

メモリに関しては、P3-P11です。ちょうどこのタスクマネージャーについても触れています。面白いので先へ先へと読み進んでしまうかもしれませんが、Episode1が39ページ、Episode2が9ページあるのでごゆっくり腰を落ち着けてお読みください。昨今GoogleDNSやChromeのプリフェッチ機能等がHOTな話題ですが、この漫画だけでもかなり詳しい思想やロードマップを垣間見ることが出来ます。

追記

KooniesKooniesGoogle Mail Checkerなら7MBくらいです2009/12/06

はてなブックマーク - Koonies のブックマーク

有難うございます。恐らくは環境による誤差はあると思いますがこういう目安があると拡張を選択する際の参考になりそうですね。

参考情報

 | 
ビジネスパートナーのセキュリティがもたらす影響をITプロフェッショナルは軽視 - ZDNet Japan
ZDNet Japanビジネスパートナーのセキュリティがもたらす影響をITプロフェッショナルは軽視ZDNet Japan米Tripwireは4月、ビジネスパートナーがサイバーセキュリティにもたらす問題についての調査結果を発表した。調査は2015年12月に実施したもので、企業のサプライチェーンに関する
“性善説”で考えるセキュリティ、もうやめませんか? - ITmedia
ITmedia“性善説”で考えるセキュリティ、もうやめませんか?ITmediaセキュリティ監査と言えば、日本国内ではプライバシーマーク制度が有名ですが、これはあくまでも国内に限った話ですし、個人情報の取り扱いについてのみ言及されているもので、プライバシーマークを取得している企業だからといって、情報セ
iPhoneの「セキュリティ絶対神話」は崩れた!? - 米Lookoutに聞くスマホセキュリティ - マイナビニュース
マイナビニュースiPhoneの「セキュリティ絶対神話」は崩れた!? - 米Lookoutに聞くスマホセキュリティマイナビニューススマートフォン専業のセキュリティベンダーである米Lookoutが5月末に発表した「日本企業のスマートフォン利用動向調査」。企業がモバイルセキュリティについてどのように考える
IoTのセキュリティの課題とその解決方法の模索 - ビジネスonIT
ビジネスonITIoTのセキュリティの課題とその解決方法の模索ビジネスonITセキュリティについては、分野横断的な検討が特に必要になる。医療などの機密性が高く、誤動作のリスクも高い分野では安心・安全レベルに高いものが求められるが、家電製品などでは必要なセキュリティレベルが高くない。しかし、あらゆるモ
OWASP ZAPで開発中にセキュリティ診断! - CodeZine
ZDNet JapanOWASP ZAPで開発中にセキュリティ診断!CodeZineウェブアプリケーションのセキュリティ対策を考える上で、リリース直前ではなく、開発中の早期の段階からセキュリティ診断を行い、すぐに脆弱性を修正するというサイクルを繰り返すことが重要です。本記事では、その実践に役立つオー
観光庁、情報流出受け旅行業界と情報共有会議 - 「セキュリティ対策は経営課題」 - Security NEXT
観光庁、情報流出受け旅行業界と情報共有会議 - 「セキュリティ対策は経営課題」Security NEXT東京オリンピックの開催に向け、旅行業界としてこれまで以上の情報セキュリティ対策が必要であると有識者が指摘。サイバー攻撃を受けた企業は被害者である一方、「情報を漏洩させた」企業としてイメージに大きな
スパイが語る、IoTセキュリティ脆弱性の旨味とは - ReadWrite Japan (ブログ)
スパイが語る、IoTセキュリティ脆弱性の旨味とはReadWrite Japan (ブログ)IoTの爆発的な成長が生み出す多くの技術のセキュリティ胞弱性は、ハッカーやスパイにとっていわば宝石箱である。彼らはその宝石箱の中を日々覗き、次の標的を見定めているのだ。 Recodeは、アメリカ国家安全保障局の
システム管理者のための「メールセキュリティ」再整理 - @IT
システム管理者のための「メールセキュリティ」再整理@IT今回と次回は、システムの「運用」の視点から考慮すべきセキュリティ上のポイントについて解説します。始めのテーマは、「メールシステムの運用におけるセキュリティ上のポイント」です。顧客の社内情報系インフラに長年携わってきた筆者の経験を踏まえつつ、企業
物理ネットワークが抱えるセキュリティリスク、低コストで克服する方法は? - TechTargetジャパン
物理ネットワークが抱えるセキュリティリスク、低コストで克服する方法は?TechTargetジャパン物理アプライアンスのみで構成された従来型ネットワークには、構成変更作業に時間と人的リソースが必要、機器の入れ替えによるコスト増、セキュリティリスクの増大といった課題がある。そこで、これらの問題を解決する
今後のセキュリティ対策を左右するマネージドサービスの使い方 - ITmedia
ITmedia今後のセキュリティ対策を左右するマネージドサービスの使い方ITmediaセキュリティ製品の広がりとともに拡大するMSSですが、原点は「ネットワーク機器の運用管理」を専門事業者がユーザー企業に代わって担うものでした。ユーザー企業内に設置されている機器、もしくは専門事業者の施設に委託して設
Error : RSSが取得できませんでした。
Error : RSSが取得できませんでした。 -My Google Profile
最新トラックバック一覧
あわせて読みたいブログパーツ