Hatena::ブログ(Diary)

適宜覚書はてな異本 このページをアンテナに追加 RSSフィード



dacs(@daccot) - Twilog
 RSSリーダーで購読する
カレンダー
カスタム検索
 | 

2009/12/06(日)

動作の遅くなったGoogle ChromeChromeタスクマネージャーでメモリ最適化 16:51 動作の遅くなったGoogle ChromeにChromeタスクマネージャーでメモリ最適化のブックマークコメント

Google Chromeはサクサク動く軽量なWebブラウザですが、その代償としてメモリを暴食します。RAMなんぞ腐るほどあるわという人には問題にならない話ですが、そうもいかないのが普通でしょう。

【以下はdev版でのみ有効です】そこでタスクマネージャーを使ってChromeで使用しているメモリを管理します。まず、Google Chromeの起動オプションに「--purge-memory-button」を追加して起動します。この状態で[Shift]+[Esc]を押すと下図のようにタスクマネージャーがポップアップします。(先のオプションが正しく動作していないと画面右下にある「Purge Memory」ボタンは表示されません。)

f:id:dacs:20091206165030p:image

拡大(または最大化)したり、列幅を調整することも出来ます。

f:id:dacs:20091206175904p:image

見たように各タブでどれだけのメモリとCPUを使用しているか、ネットワークとどれだけの通信をしているかというのがよく分かります。また、タブだけではなく、インストールしている拡張の使用状態も一覧出来ます。

試しにメモリで降順に並び替えをします。すると、「拡張機能:GmailChecker(Gmail Checker « Google Chrome Extensions)」が323,904kBと最もメモリを使用していることが分かりました。これは一般的なタブで使用されているメモリの10倍くらいですから、この拡張を使用しているならメールを実際に読んでいようがいまいがタブをプラス10枚開いているのと同じ状態となっているようです。必要さと手持ちリソースを天秤にかけ、場合によっては拡張のアンインストールも検討すると良いかと思います。

f:id:dacs:20091206175902p:image

あまりにも動作が遅い場合は、このタスクマネージャーを開き、「Purge Memory」ボタンをクリックしてみましょう。Chromeで使用しているメモリが最適化され、状態が改善するかもしれません。

それでも上手くいかない場合は、消しても問題ないプロセスを終了させます。終了させるプロセスを上から選んでクリックし、「プロセスを終了」ボタンをクリックします。

タスクマネージャーの左下には「統計情報」というリンクがあり、これをクリックすると別画面でメモリの使用状態の詳細がポップアップされます(URL欄にabout:memoryと入力した画面)。これは、各プロセスID毎に物理メモリと仮想メモリを分け、更にそのなかでもPrivateとSharedを分けて表示されます。例えばWindows環境下でWindowsのタスクマネージャーでプロセスを見るとあたり一面Chrome.exeで埋まっていて吃驚(゚д゚)!したことはありませんか?一般的なソフトウェアの場合pid一つあたりに1つのアプリケーションが紐づきますが、GoogleChromeは基本思想としてブラウザをマルチプロセス化するというものがあり、これが正にそれです。

f:id:dacs:20091206180950p:image

ここでpidを付けてみるとchromeで表示した詳細情報と紐付けが出来ます。わざわざそんなことをしなくともタスクマネージャーでプロセスのKillが出来る訳ですからWindowsのタスクマネージャーの出る幕じゃないと思われるかもしれませんが、プロセスの優先度設定をして少し様子を見るなんてことも出来ますので知っておいて損は無いと思います。

さて、ここでちょっとGoogle謹製の漫画「Google Chrome Comic」を読んでみましょう。日本語化もされていますのでご心配なく。

f:id:dacs:20091206185901p:image

メモリに関しては、P3-P11です。ちょうどこのタスクマネージャーについても触れています。面白いので先へ先へと読み進んでしまうかもしれませんが、Episode1が39ページ、Episode2が9ページあるのでごゆっくり腰を落ち着けてお読みください。昨今GoogleDNSやChromeのプリフェッチ機能等がHOTな話題ですが、この漫画だけでもかなり詳しい思想やロードマップを垣間見ることが出来ます。

追記

KooniesKooniesGoogle Mail Checkerなら7MBくらいです2009/12/06

はてなブックマーク - Koonies のブックマーク

有難うございます。恐らくは環境による誤差はあると思いますがこういう目安があると拡張を選択する際の参考になりそうですね。

参考情報

 | 
ベネズエラからLINEアカウントにログインされて、セキュリティの心構えを改めて考えた - ITpro
ベネズエラからLINEアカウントにログインされて、セキュリティの心構えを改めて考えたITpro記事によると、プライベート画像が多数流出した件は、米アップルのサービスにあった脆弱性を利用した比較的単純な手口で漏れたようだ。セキュリティ対策ベンダーである米ファイア・アイは「2要素認証を有効にしていたら防
バラクーダ、メールセキュリティゲートウエイをAWSで提供開始 - ITpro
バラクーダ、メールセキュリティゲートウエイをAWSで提供開始ITproBarracuda Spam & Virus Firewall PLUSは、迷惑メール/ウイルス対策機能を提供するメールセキュリティゲートウエイ装置である。企業のメール受信サーバー(DNSのMXレコードで指定)とし
セキュリティ担当者を“燃え尽き症候群”にしない3つのおきて - TechTargetジャパン
TechTargetジャパンセキュリティ担当者を“燃え尽き症候群”にしない3つのおきてTechTargetジャパン情報セキュリティの現場では、仕事の多さに担当者が悲鳴を上げている。 企業のネットワークを保護することは、世界中のおびただしい数の敵に囲まれた要塞を守るようなものだ。防御を破ろうとする巧妙
8月のPatch TuesdayでInternet Explorerのセキュリティと機能が向上 - InfoQ Japan
8月のPatch TuesdayでInternet Explorerのセキュリティと機能が向上InfoQ JapanMicrosoftは最新のPatch Tuesdayにおいて、合計37個のcommon vulnerabilities and exposures (CVE)をカバーする9個のセキュリ
「おいおいウソだろう? アマゾン倉庫はセキュリティの建物まで『あの箱』で出来てた…」証拠写真が話題に - らばQ
「おいおいウソだろう? アマゾン倉庫はセキュリティの建物まで『あの箱』で出来てた…」証拠写真が話題にらばQアマゾン倉庫はセキュリティの建物まで『あの箱』で出来てた…」証拠写真が話題に. Amazon倉庫の建物00 愛用する人の多いアマゾンの通販ですが、徹底した倉庫の効率化でも知られています。 アメリ
UBIC、ヘルスケア分野のデータセキュリティ、ビックデータ解析事業へ参画 - MSN産経ニュース
UBIC、ヘルスケア分野のデータセキュリティ、ビックデータ解析事業へ参画MSN産経ニュースIT化の進むヘルスケア業界において、データインフラのデータセキュリティ強化は急務であります。特に健康情報に関するデータの取り扱いは、関係する企業や団体(※)の幅広さを背景として、便利さと有益性とは逆に膨大なリス
ITセキュリティの最先端、Black Hat USA 2014レポート - @IT
ITセキュリティの最先端、Black Hat USA 2014レポート@IT攻撃者の視点でセキュリティを考える同カンファレンスは、今年は91カ国、9000人以上が参加、113の講演が行われた。 「今年ほどITセキュリティへの関心が高まった年はない」。Black Hat創設者のジェフ・モス氏は冒頭のあ
ベネッセ顧客名簿漏えい事件から考える情報セキュリティの具体策--後編 - ZDNet Japan
ベネッセ顧客名簿漏えい事件から考える情報セキュリティの具体策--後編ZDNet Japanより踏み込んだセキュリティとしては、作業エリアにUSBメモリやスマートフォンなどの外部記憶媒体を持ち込ませないようにしたり、KVMやシンクライアントソリューションを組み合わせることによりUSB接続禁止措置の確実
マカフィー、セキュリティサービス「LiveSafe」をミニストップで販売 - AV Watch
マカフィー、セキュリティサービス「LiveSafe」をミニストップで販売AV Watchマカフィー株式会社は、PCやモバイル端末を台数無制限で保護するセキュリティサービス「McAfee LiveSafe(マカフィー リブセーフ)」について、ミニストップ店舗での販売を9月4日に開始する。価格は980円
2015年は官民挙げての“セキュリティブーム”が来る? - ITpro
2015年は官民挙げての“セキュリティブーム”が来る?ITpro2014年度の情報セキュリティ分野の当初予算額は542億3000万円。2013年度の当初予算額に比べて300億円超、率にして126%の大幅増だった。2015年度予算の伸びはさらに大きくなる可能性がある。政府機関へのサイバー攻撃が急増して
Error : RSSが取得できませんでした。
Error : RSSが取得できませんでした。 -My Google Profile
最新トラックバック一覧
あわせて読みたいブログパーツ