このページをアンテナに追加

2006/09/28 (Thu)

[]天気がいいぞー! 12:30 天気がいいぞー!を含むブックマーク 天気がいいぞー!のブックマークコメント

ふとん干し&洗濯。今日はわりあい早くから起きて動けたとはいえ、あともう少し早く起きられるようにしないと来週からバイトに行けないぞ(^^;)。

昨夜、歯の麻酔が切れ出した頃から歯が痛み始めた。特に冠かぶせた歯が噛むと圧迫感を感じて痛い、という状態だったので、ガマンできなくなってセデス飲んだ。またもや肩と背中がばりばりになってることに気づき、ちょっとストレッチ。

その後いつものとおり抗うつ剤だの眠剤だの飲んで寝たんだけど、今朝はなんだか気持ちが悪かった(^^;)。歯の痛みはないんだけどね。食い合わせならぬ飲み合わせが悪いって感じ?

もうおさまったけど。

[]みょうばん水 12:30 みょうばん水を含むブックマーク みょうばん水のブックマークコメント

リンスに使ってみましたが……うーん。今のところ、お酢の方が圧倒的に使い心地がいいです。今ひとつ、ぎしぎし、ごわごわ感がぬけません。

石けん+お酢のリンスというのは、アルカリ+酸性で中和させる、というだけではなく、アルカリで開いたキューティクルを酸でまた閉じさせる、という意味もあります。その、閉じた感じ=するすると手触りがよくなる感じが、あまり感じられなかった。

使用量の問題かなあ?わたしの髪は太くて長くて量が多いので、キャップ1杯では足りないのかもしれない。それとも市販の石けんではなく手作り石けんと組み合わせるとよくなるのかな?収斂作用というのは、じゅうぶんに感じました。毛穴がきゅっとしまる感じが確かにありました。夏場の入浴剤とかにはよさそうな気がします。

まだたっぷりあるのでもうちょっと実験してみます。あ、石けん洗濯にはじゅうぶん使えてる感じがあります。

[]女子マネージャーの誕生とメディア −スポーツ文化におけるジェンダー形成− 高井昌吏(著) ミネルヴァ書房 15:58 女子マネージャーの誕生とメディア −スポーツ文化におけるジェンダー形成− 高井昌吏(著) ミネルヴァ書房を含むブックマーク 女子マネージャーの誕生とメディア −スポーツ文化におけるジェンダー形成− 高井昌吏(著) ミネルヴァ書房のブックマークコメント

女子マネージャーの誕生とメディア―スポーツ文化におけるジェンダー形成

この頃の『しゃにGo』の展開、ことに女子マネ(ひな子)と男子マネ(氷河)の描き方・扱い方にかなり違和感を感じてた。そしたらいいタイミングで図書館のスポーツコーナーに*1こんなばっちりなタイトルの本があったので借りてきた。

体育会系=ホモソーシャルホモフォビアミソジニーによって成り立つ)を支える者、またそれを支えたい者が女子マネっていうことでいいのだろうかね?で、女子マネにはむしろそのホモソーシャル的集団の構成員以上にミソジニー(というか女子間のコミュニケーションに対する嫌悪感・不信感)が強い場合が多く、結果、男性集団の美化がなされるって論。

それには賛成するし、まんだらけの店員にアンケートしてまで「マンガにより形成されたイメージ」を追ってる努力は認める*2が……。

ここにやおいやBL系な視点というものが欲しかったなーと思う。それらを愛好する女性こそがホモソーシャル的集団を支えている、ホモフォビア+ミソジニーなんじゃないかと思うんで(特にやおい)。ミソジニーはともかくなんでホモフォビア?と思うかもしれないけど、わたしは同じにおいを感じるよ。この視点がないから、第二部第四章の5『少女マンガにおける「男の友情」の相対化』の部分はすげえピントはずれなものになってる。この人はたぶんやおい同人誌なんてものの存在は知らないんだろうなぁ。それが女子のジャンプ購読者数を押し上げてる部分が、かなりあるんだが。そんで、それを愛好する人たちと実際に女子マネになってしまう人たちとの間にはどんな違いがあるのかってことの方が、わたしは興味がいったんだが。

最後に

「女性スポーツ集団に憧れる男性」「女同士の人間関係、女の友情に憧れる男性」という構図はほとんど成り立たないのである。

って言い切っちゃってるのもどうかと思う。じゃあなんで『下妻物語*3が男によって書かれ、女だけでなく男にも人気があるんだろう?

この著者の性的志向異性愛で、いろんな点でマジョリティで、世界が狭いんだろうなあということを、強く強く感じてしまった。

自分がなんでBLだのJUNEだのやおいだのが好きなのか、と悩んだり興味があったりする人には参考になる一冊かも。

*1:明らかにこれは「女性学」か「社会学」あたりにおかれるべきもんだと思うが……。

*2:ご本人は中学でマンガを「卒業」したそうで、マンガに関する知識がないのだそうな。1972年生まれというのになんと前時代的な……。

*3:ちなみに嶽本野ばらがこれを書くに当たって一番くりかえし読んだのは『花のあすか組』だそうな。昨日図書館で立ち読みした本に書いてあった。あの本やっぱり借りてこよう。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/dadako/20060928