Hatena::ブログ(Diary)

誰が得するんだよこの書評 RSSフィード

2017-01-25

グロテスクなんだけど読み始めたら止まらない系のマンガ5選

グロいの苦手なんですけども、たまに面白いのもあるから困る。


メイドインアビス

ぶっちゃけ、これを紹介したくてこの記事を書きました。「わたしが知らないスゴ本は、きっとあなたが読んでいる」で紹介されていたので読んでみたのですが、噂にたがわずスゴイ本。底の見えない大穴を探検するというシンプルな構成ながら、「風の谷のナウシカ」的な異世界生物にわくわくするし、時には「ダンジョン飯」的に食糧現地調達サバイバルものになるし、なんか絵柄もほんわかしていいっすなあ、という代物。でも、のほほんとした空気からいきなり、生きるか死ぬかのシビアな展開がまってるんですね。で、当然、グロいと。この落差はなかなかないですね。まだ完結していないのですが、今一番続きが気になるシリーズといっても差し支えありません。


ベルセルク

圧倒的な完成度を誇るファンタジー。おそらくジャンヌ・ダルクとかがいた時代の中世フランスを舞台にしています。物語初期の傭兵時代編は最高でしたね。そこから人智を超えた怪物に遭遇してしまい、それを人力でなんとか倒していくあたりも面白い。徐々にファンタジー要素が強くなって、戦闘がまた別のゲームになっていくわけですが、ここもけっこう好きです。ただ最近は展開が遅すぎて正直もうちょっとなんとかなんないのかな、と思ったりしますね。さて、グロいところは、あるといえばあるんですけども、スクリーントーンをあまり使わない、パサパサとした質感のタッチなので、そこまできつくないかなあ、という感じです。まあ、例外的な場面もありますが。


寄生獣

もはや定番なのかもしれないんですけども、バイオホラーの傑作といいますか、人間中心主義を木っ端微塵にぶっ飛ばす超エキサイティン!なセリフに満ちた本作は外せないような気がします。食物連鎖の中で捕食される側になってしまうという設定ですので、グロくないはずはないんですが、必然性のあるグロさですね。まあ、あと最初は気持ち悪かった触手のミギーも、より気持ち悪いのがいっぱい出てくるので、相対的にマシにみえてきて最終的にはミギーかわいいよミギーという心境に至るから不思議なものですね。



アイアムアヒーロー

ゾンビもの。やっぱり最初の5巻ぐらいまでが緊張感ありましたが、謎解き要素がまだあるのでなんだかんだ追いかけています。この作者の「ルサンチマン」もけっこう面白くてオススメです。4巻で完結するので手軽。






フランケン・ふらん

正直この作品を紹介するのは犯罪的というか、心の傷跡をばらまくような行為なので、とても申し訳ない気持ちでいっぱいなのですが、名作です、名作なのです。バイオテクノロジーに精通したブラックジャックが、毎回毎回とんでもないソリューションで患者の難題を解決するという話。なのですが、発想がマジキチなんですよね。生命倫理が体育館の裏でゲロ吐いているような、そんなホラーに仕上がってます。男二人から同時に告白された女の子が「どっちか選べなーい」みたいにぶりっこしてたら、謎の技術で身体丸ごと分裂して女の子が二人になり、内面の葛藤が物理的に存在する二つの身体同士の衝突に置き換わってしまう話とか、そんなのです。あと、1巻が一番グロいです。事故で損傷した身体を修復する間、一時的に人間の頭を〇〇に移植して、とか、もうね、ほんとやめてほしい。これは本気でやばいやつです。

2016-12-31

誰が得するんだよこの本ランキング・2016

年末の恒例行事。この1年で僕が読んだ本からのベスト本の選出です(出版年ベースになっていないのでご留意ください)。かつては実用書・フィクションからそれぞれトップ10を選んでいたものですが、今年は忙しくてその気力がないので適当に紹介して、お茶を濁す感じです。


続きを読む

2016-11-20

「アステロイド・ツリーの彼方へ (年刊日本SF傑作選)」読書会の模様

2015年の日本SFのベスト短編集。先日の誰得読書会の課題本にしました。読書会では10点満点で点数をつけて4人で選評したのですが、一番高得点を獲得したのは伴名練「なめらかな世界と、その敵」(平均8.7点)。複数の世界をなめらかに渡り歩くことが日常化した世界を映像的に面白く表現しており、絶賛されていました。

以下は、各短編の僕の採点(10点満点)、そして議論の過程で出てきた主な意見の紹介となります。 

続きを読む

2016-10-03

「君の名は。」が好きすぎる人向けの4作品

よすぎた。

よすぎて魂が完全に浄化された。

具体的にどこがどうよかったか、これ見よがしに分析したいのだけれども、それすらかなわないほど没頭してしまった。仕方がないので、「君の名は。」が好きすぎる人向けの作品を4つ紹介してお茶を濁したい。ネタバレは容赦なくしている。



グレッグ・イーガン「貸金庫」(「祈りの海」収録)

朝起きたら見知らぬ部屋にいて、見知らぬ他人に成り変わっているという設定だと、この短編が面白い。「君の名は。」では幸いにして、東京のイケメン男子にしてくださぁい! という願いの叶った三葉であったが、これが中年のおっさんの身体だったとしたら途端にホラーだったであろう。この短編の主人公の状況はさらにひどく、朝起きて自分が誰の身体に乗り移るかは完全にランダムになっており、その度に必死に周囲の状況を把握し、うまく話を合わせて乗り切る、ということを繰り返している。固有の身体を持たない、この精神は、いったい何なのか。「君の名は。」どころの騒ぎではなく、「俺の名は。」という感じである。

わかる。爽やかな恋愛物を紹介してほしいのに、アイデンティティの話とかぶっちゃけどうでもええねん、とあなたが思っていることは痛いほどわかる。というわけで、「バタフライエフェクト」である。



バタフライ・エフェクト

簡単に言うと、例の酒をかっくらって歴史を改変しようとしたら、初期条件のわずかな違いが最終的に大きな影響を及ぼすというカオス理論に導かれて、岐阜の代わりに東京に隕石が落ちてきてしまい、完全に裏目に出てしまう、という映画。もちろん、そんな悲劇を回避するために何度も何度も例の酒をかっくらうわけですが、その都度、想像もできないような因果に翻弄されるわけですな。マジかよ、これ解あんのかよ、というハードモードなので、その分、収束を迎えたときの爽やかさは尋常ではありません。「君の名は。」のラスト好きにはたまらないはず。



ミッション:8ミニッツ

惨劇を防ぐために、惨劇を起こることを知らない無数の人々を動かす、という設定が面白いなら、この映画ですね。惨劇まで8分間しかないので、余計なことしている暇が一切なく、最短距離で、最善手を打ち続けないといけないと死ぬという緊張感があります。また、途中、ものすごく美しいシーンがあります。





森絵都「カラフル」

他人の身体だったら、どうせ自分の人生じゃないし、好き放題やってみるか、という解放感に関しては、これ。主人公は一時的に、いじめられっ子の中学生男子として生きるはめに陥ってしまい、人生縛りプレイでもしてんのこれ? という感じに戸惑いを覚えつつも、それでもできる範囲で好き勝手したりする話です。周囲の「こいつ、なんか人が変わったようになってんな」という反応が楽しかったりする点は共通してますね。こう書くとあんまり面白くなさそうですが、実はめちゃくちゃ面白いです。

2016-07-30

神は現場に宿る――「シン・ゴジラ」がプロジェクトXで泣ける

エヴァ新劇場版Qが消化不良すぎて、こんなん作ってる暇があるんだったら、はよエヴァの次回作作らんかいなどと思っていたら、想定外によかったです。エヴァ新劇場版・破よりも面白いんじゃないかっていうぐらいです。

だって、使徒みたいな怪獣が東京湾に上陸しているのに、手持ちの駒にエヴァはなくて自衛隊しかないわけですよ。圧倒的に絶望。そして怪獣映画的なスリルもありますが、災害ものでもあります。ゴジラは、津波であり地震であり原発であるんですね。まあ、しかもおまけに核兵器でもあるんですが。とにかく、そうした動く災害、歩く絶望をどうやって食い止めるか、被害の拡大をどう防ぐか、知恵を絞り、泊まり込みで働き続ける官僚政治家たちのドラマとなっています。とにかく会議、根回し、交渉、総理レク。大量の青いドッチファイルを抱えながら走り回る姿に感動します。エンディングで中島みゆきが流れてもなんら不思議ではない。以下、ネタバレでつらつらと書きます。

続きを読む

2016-05-22

セクシュアル・マイノリティの視点でみる「他人の嗜好に土足で踏み込むマジョリティの無神経さ」 ――「わたしはロランス」

セクシュアル・マイノリティを描いた映画。マイノリティであることを変に持ち上げたり、ヒロイックな気分に浸るための手段として利用したりせず、ただただ淡々と、息苦しいシーンが続く。印象に残ったシーンは3つある。

1つは、肉体的に男性の主人公が、自分のジェンダーは女性だとカミングアウトし、大学教師としてクラスに登壇するシーン。昨日までは長身イケメンの教師がいきなり化粧して女装してくるわけではある。クラスの空気は真冬の釧路湿原みたいに凍る。このときの、居た堪れなさはすごい。

2つ目は、主人公が教授会から圧力をかけられて辞職せざるを得なくなった日に、やさぐれながらバーに入って酒をあおろうとしていた時に、見ず知らずの男が興味本位で声をかけてきた時、主人公がぶちぎれるシーン。この個人の趣味の問題に、他人が土足でずかずか足を踏み入れてきた感じが、半端ではなく、ついかっとなって殴った主人公の気持ちが大変よくわかる。たしかに、殴りたくなるほどうざい。特に悪気があるわけではないマジョリティの、異質なものに対する「それってちょっと変じゃないですか」というツッコミが、いかに無神経で、腹立たしく、そして寛容さに欠けるものであるかを鮮烈に描いている。

3つ目は、主人公が元恋人(女性)と何年かぶりに出会って、よりを戻すのかと思いきや、なんか会話が上滑りして、以前みたいな親密な感じでなく、結局ほとんど会話を交わすことなく立ち去ってしまうシーン。かなり不思議なシーンで、状況だけみると、とても悲しい出来事ではあるのだけど、なぜか解放感のあるような演出になっている。自分のジェンダーをカミングアウトした結果、職を失い、恋人(ヘテロ)にもふられ、息詰まる思いを抱えながら放浪した主人公が、恋人を失うことが決定的になったシーンなのである。もうこれで失うものは何もない(あとの人生にはアップサイドしか残っていない)という、開き直りなのだろうか。よくわからない。

2016-04-16

「伊藤計劃トリビュート」読書会の模様

国産SF界の期待の新星・伊藤計劃が若くして亡くなった後に刊行されたトリビュート短編集。

追悼のような辛気臭い短編は一つもなく、伊藤計劃が残した「テクノロジーによって変容する人間と社会」という問題意識を共有したうえで、伊藤計劃なんて超えてやるぜ的な野心にあふれた傑作ぞろいです。以下は、各短編の僕の採点(10点満点)、参加者の平均点、そして議論の過程で出てきた主な意見の紹介となります。なお、最高得点は平均8.2点を獲得した長谷敏司「怠惰の大罪」。これでもまだ長編の序盤だというから恐ろしい。早く完成版が読みたい。

続きを読む

2016-01-01

私の恋人 / 上田岳弘

何を書いても地球規模、少なくとも文明の栄枯盛衰は書くし、なんだったら人類も軽く絶滅させる……という作風で一部の界隈で人気を博している上田岳弘が、これまたすっごいパーソナルでテーマで勝負してきたなあ、と思って読んだ。内容は、理想の恋人を妄想する男が、その理想を満たす女性に実際に出会うことなく死に、なぜか転生し、また死に、三度目の正直とばかりに今生の生でなんとか「私の恋人」に辿りつくという話だった。全然パーソナルじゃなかった。というか、人生を三度繰り返してやっと辿りつくって、恋人に求めるハードル高すぎるんじゃないですかねえ。まあ、この辺は一周回ってもはやギャグとして面白いのでよいです。

本題としては、その三回の生と対応する形で、人類の歴史も振り返っているところですね。人間は三度の大きな運動を経験するとのことです。一つ目は、全ての大陸に人間が伝播していった過程。二つ目は、その全ての大陸の人間同士がいかなる価値観によって統べられるか、というイデオロギーの闘い。ちなみに、これは自由主義・資本主義が勝ったことになっています。そして三つ目は、人工知能と人間の闘い。まあ、このあたりの話は小林「AIの衝撃」にも書きましたが、かなり面白い仮説を立てています。ただのハチャメチャな小説ではなく、ハッとさせられるところもありました。

2015-11-23

人間を超えるAIは可能だとして、その時を見越して、人間は何ができるか――小林雅一「AIの衝撃」

人間と同じように物や概念を認識し、自律的に思考する人工知能が、もうすぐできるのではないか、という話。僕にとってこの話が衝撃だったのは、人間の脳の分子レベルのリバースエンジニアリングにまだ手つかずの状況なのに、それでも人工知能はすでに飛躍的に進化している、という点だった。この分野で著名な発明家(現グーグルの人工知能研究のトップ)レイ・カーツワイルは、こんなことを言っている。

まずバイオテクノロジーがある程度進歩して脳の構造がだいたいわかってきて、その次にナノテクノロジーで非侵襲的なナノボットで脳の活動を内側からリアルタイムでモニタリングし、脳の物理的なプロセスを完璧にシミュレーションする、そしてそれをハードウェア上で実現するのがAIということで、だいたいこの地点に技術レベルが到達するのが2045年

しかし、この2015年の段階でも脳科学で得られた知見と、高速化したコンピュータの恩恵によって、自動運転車が実現間近なくらいにはAIはものになっている、というのだ。素晴らしい。いいぞ、もっとやれ。本書は、最近の動きを簡単に把握するには便利な一冊だった。

続きを読む

2015-11-17

フェイスブックに浸食された村社会でお互いに「いいね」を送りあう気持ち悪さに耐えかねて自殺、とみせかけて社会を丸ごと殺しにかかる――ハーモニー(劇場版)

会話が多すぎてやばい、画面が動かなすぎてやばい、と評判を聞いて観る前は不安でいっぱいだったんですが、想定以上によかったです。絵は奇麗ですし、やはり原作の設定の良さがいきていますね。プライバシーが消失した近未来の管理社会が舞台で、誰もが自分の評判を気にして生きており、他人から「いいね」をもらうためにやさしく振舞おうと努力せざるをえない。フェイスブックを開かなくても拡張現実によって、リアルでその人を認識した瞬間に、その人の評判がわかるようになっており、もう本当にうっとうしいし、うんざりするような社会なのです。

そうした息苦しさから逃れるために、自分の身体は公共のためのリソースなんかじゃない、社会に飼いならされた豚をやめて自分の身体は自分のものだと宣言しよう、などと主張するテロリストがでてくるのも自然です。まあ、そのテロリストの真意は全く別のところにあるわけですが……。とにかく、中盤まではかなり引き込まれました。終盤のラスボスのスピーチも心にぐさっと刺さってきてよい。「屍者の帝国」を超える面白さです。

以下ネタバレ

続きを読む