Hatena::ブログ(Diary)

Let’s Do Something Nice-Good!! このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter

0001 | 01 |
1900 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2000 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2005 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2012 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 12 |
2013 | 01 | 11 | 12 |
2014 | 05 |

2000-06-16

[][][][][]2004年12月17日(金) 俺的ハロプロ楽曲大賞2004(後編) 2004年12月17日(金) 俺的ハロプロ楽曲大賞2004(後編)を含むブックマーク 2004年12月17日(金) 俺的ハロプロ楽曲大賞2004(後編)のブックマークコメント

それじゃあ昨日の続き。


10位 ロボキッス / W(4)

初披露となった北海道W&Bコンでは、振り付けに見とれてしまい、歌詞を全く覚えてないという事態に陥るヲタが多数。それだけ振り付けは秀逸。PVも良い。PV部門4位というのがそれを証明している、俺は初めの30秒ぐらいしか見てないけどな。それでも良いと判断できる。で、結局田中直が編曲に関わったのかどうかは分からずじまい……


9位 恋の呪縛 / Berryz工房(12)

俺が3年振りに本格的に振り付けを覚えようとした曲である。さらに、イベントで朝早くから並んで待ったという思い出もある。単に曲の良さだけでなく、こういうのも加味されてTOP10入り。この曲、歌詞も好きだ。聴く人によって、様々な解釈ができると思う。しかし…嗣永の「どうやって私守るのよ」が「メモるのよ」とか「眠るのよ」にしか聞こえないんですが。


8位 DANCE DANCE DANCE / 後藤真希(60)

「サヨナラの〜」c/w曲。ミュージカル見てないけど、この曲の良さは分かる。その割に本物の順位は低いな。なぜだ。4月辺りに何回もリピートして聞いてたような気が。アレンジは単調なように思えるが、上手くまとまってる。つーか、早くこの曲をB-kara以外で配信してください。


7位 あなたなしでは生きてゆけない / Berryz工房(6)

初見・初聴は2月のキッズFCツアー。最初は「どうせ小学生だろ」なんて思ってたのだが……「滅茶苦茶かわいいのが1人いるぞ」…そして今に至るわけだ。しかし、それだけではここまで上位には来ない。この曲は、なんと言っても編曲が良すぎ。今年のAKIRAベストアレンジは、ハロプロ以外の曲を含めたとしてもこの曲になるだろうと、俺は勝手に判断する。


6位 初恋 / 松浦亜弥(22)

風信子」3曲目収録。映画「ほたるの星」を見る前から、この曲はよく聴いてた。「ほたるの星」で思わず涙しそうになったということもあり、6位にランクイン。もしかしたら、この曲単体でも泣けるかもしれない。それぐらい歌詞は良い。何でこっちを表題曲にしなかったのだろうかとつくづく思う。


5位 ズキュンLOVE / ミニモニ。(9)

矢口がいなくなった後のミニモニ。ではこれが最高傑作。それまでは、根底にあるコンセプトを忘れてしまったかのような曲が多かったし。「ズキュンって音が聞こえるくらいの恋愛よ始まって」この歌詞はGood。一瞬、本当につんくが詞を書いてるのかと疑ってしまうが、それ以外の部分を聴くと、やはりつんく作詞だなと思えてしまうのであった。


4位 恋のテレフォンGOAL / 安倍なつみ(26)

ピロリン」パワーは凄まじい。恐らくこの言葉がなければここまで上位には来ないだろう。これは名曲というより、迷曲だ。いや、迷曲の中の名曲なのかもしれない。以前、日記で安倍の歌えるジャンルの狭さを批判したことがあったが、この曲によってそれが一気に吹き飛ばされた。ただ、23歳の安倍がこれを歌って踊る姿には羞恥プレイ以上のものを感じる。


3位 白いTOKYO / ZYX(2)

1年前の曲にも関わらず本物の順位でも2位。しかし、売り上げは2万にも満たなかったが。売り上げと曲の良さは比例しないということを示している。ZYXを2曲だけで終わらせたのは非常にもったいない、そう俺は思う。しかし、それが逆にこの高評価につながったのではないか、とも考えられる。歌詞・編曲は、満点に近い得点を与えられるぐらい完成度が高い。これを聴いて多幸感を感じる人だっているかもしれない。毎年、冬になったら聴きたい曲である。また、一度生で聴いてみたい曲でもある。


2位 恋してごめんね / 松浦亜弥(18)

これを聴くと、必ずといっていいほど生物実験のレポートを思い出す。午前2時〜午前4時に、これ(ラジオ音源)をエンドレスで聴きながら、生物実験のレポート(特に考察辺り)を書いていたからだ。エンドレスで聴いても飽きないというのがポイント。また、演奏陣は今年の曲の中では一番豪華。10人ぐらい起用してたはず。歌詞もなかなか良い感じ。深く解釈する気にはならないのだけども。1位とは接戦だったのだが…コンサートに来なかったのが響いたな。


1位 蝉 / Berryz工房(33)

W&Bコンで、Berryz工房がちゃんと歌った唯一の曲。つまり、それ以外は全て口パクだったってことなんだが。恐らく、今のBerryz工房だからこそ歌える曲だろう。この曲を聴くと、祖母の家に泊まったことを思い出す。1泊2日だけど。歌詞とその思い出を比較しようかと考えたが、あまり一致しないのでやめた。あの頃は携帯電話なんてものは全然普及してなかったなぁ。あと、「トランプとか始まったら夢中になる」…多分カトゥーだよね?


コメント:今、改めて2004年の俺的楽曲大賞を作っても、Top3の順位は変わらないと思う。
トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/dai-sy/20000616/p1