Hatena::ブログ(Diary)

Let’s Do Something Nice-Good!! このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter

0001 | 01 |
1900 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2000 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2005 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2012 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 12 |
2013 | 01 | 11 | 12 |
2014 | 05 |

2007-12-24

[][][][][]第4回・俺的ハロプロ楽曲大賞2007(前編) 第4回・俺的ハロプロ楽曲大賞2007(前編)を含むブックマーク 第4回・俺的ハロプロ楽曲大賞2007(前編)のブックマークコメント

本物のハロプロ楽曲大賞の直前に行われるこの企画も今年で4回目。4年連続で自分のTop30を発表し、3日以上かけて本家と比較しているヲタはきっと俺だけ。だって他所で見たことないもん。

今年は就活の移動時間などを活用して曲を聴き、年内にやらなければならない実験の手を止めてコメント書いたり…今年も大変だった。もしかしたら帰省できないかも。

今年の選考方法は前回と同じ…にしたかったのだが、ノミネート曲の数が例年より5割増しで、何度も曲を聴いてる余裕がなかったので、こんな感じになってしまった。

(1)曲を1回聴いて5段階評価

(2)5段階評価の時点で、その中での上下をある程度決める

(3)もう1度曲を聴いて「5」の曲を並べ替え

(4)「4」の曲を聴いて並べ替え

(5)これでTop30確定

今年のノミネート曲はこちら。カバー・リミックス、メロディーが同じ曲、非ハロプロ*1は対象外となっている。また、ゲキハロの曲*2が追加されている。ちなみに今年は聴いたことがない曲が一つもない。頑張ったな俺。


第1回〜第3回までの結果はこちら。

第3回・俺的ハロプロ楽曲大賞2006(前編後編

第2回・俺的ハロプロ楽曲大賞2005(前編後編

第1回・俺的ハロプロ楽曲大賞2004(前編後編


前編では30位〜11位まで一気に発表します!今年から、主要アレンジャー*3の曲の最高順位のところに、「○○○○最高順位」と書いてあります。


30位 キラキラ冬のシャイニーG / 田中れいな

この曲といえば、娘。コンでのFukuさん…まぁそれはいいとして、この曲はどう聴いても80年代アイドルソングっぽい。『シャイニーG』『赤フリ』『安心感』で湯浅公一80s三部作いっちょあがり。これ、編曲が齋藤真也だったら面白かったんだけどなぁ。


29位 付き合ってるのに片思い / Berryz工房

ハピ☆マテ』『経験値上昇中☆』の路線…すなわち大久保薫の王道。ハロプロでは初めてだと思う。この路線の曲は結構好きだ。ベースは種子田健*4で、ベリの曲でアレンジャー以外の人がベースを弾いてるのは『にぎやかな冬』以来2年ぶり。


28位 BE ポジティブ! / モーニング娘。

順位仮決定の段階ではTop30外だったが、最終的にランクイン。この曲は軽快なサックスが非常に心地良い。特に間奏は素晴らしいの一言に尽きる。娘。のコンサートで保田さんが演奏したら面白いと思うのだが、実現しないかなー。


27位 桜チラリ / ℃-ute

℃-uteの現場でほぼ毎回聴いた曲。一人でこの曲を聴くとどうしてもクラップを入れてしまう。『大もて』と同じくらい女の子らしい曲で、男性の声が一切入ってないので不快感を覚えない。コーラスがいつものCHINOさんかと思いきや稲葉さん。


26位 サクラハラクサ / Berryz工房

桜2連続だが、これは故意ではない。2番が終わった直後の、つんく+女性声*5の更に加工がかかった「サクラハラクサクラハ〜」が好き。この加工部分がなかったら、平凡な曲名(『Love Me Crazy Baby』とか)になってたんだろうなぁ。


25位 くちびるで止めて / 安倍なつみ

軽やかな感じのポップス。きれいにまとまってるが、何か物足りないのも事実。でも、25歳の安倍さんが唄うポップスとしてはこれが最適解だと思う。あー、無理をしてでも「アコースティックなっち」行っておけばよかったかなぁ*6


24位 チャンス! / 月島きらり starring 久住小春(モーニング娘。)

織田哲郎家原正樹ライン再び。『恋☆カナ』程のキャッチーさはないが、ある程度のクオリティは保っている。きらレボが終わった後も織田さんと家原さんは使い続けてほしいなぁ。特に家原さんはつんくワークスでも使ってほしい。


23位 ボン キュッ!ボン キュッ!BOMB GIRL / モーニング娘。 [鈴木俊介最高順位]

名ドラマー・佐野康夫が約2年半ぶりに帰ってきた!!!*7もうそれだけで嬉しいっす。「やっぱこの路線の曲は生演奏じゃなきゃな!」…『チャンス チャンス ブギ』と聴き比べながらそんなことを思った俺。つーかこれが全部打ち込みだったらTop50にすら入らないよ。


22位 旅の真ん中 / THE ポッシボー

ポッシボーはまだ一度も生で見たことがない…というか顔と名前が一致しない…それでも1曲ランクイン。間奏〜ラスサビのアレンジが特に好きだ。この曲のAメロを聴いて、トシちゃんの『恋=Do!』をふと思い出してしまったのは俺だけでいい。


21位 FANTASY / 美勇伝

Daichiさんにしてはまともなアレンジ。いつものDaichiさんなら「これでもか!」ってくらいにオケヒ*8を入れるはず。だけどこの曲はかなり控えめ。初聴からまだ10日しか経ってないけど、もう50回くらい聴いたぞ。


20位 女 Day by Day / 松浦亜弥

俺は男だしAB型だけど、歌詞は割と共感できる。特に2番。最近俺も「非常識な帰宅時間」が多いけど、それは友人2人と夜中に某ラーメン屋の肉チャーハンを食ってるからだという説が浮上*9。曲自体は四つ打ちでそこそこ良い。


19位 ディスコ クイーン / 中島早貴萩原舞

イオンSCイベの俺的テーマソング。この曲を聴くと、「ジャスコクイーン」が真っ先に頭に浮かんでくるので。この曲は最初から最後までヴォーカルのディレイが凄いね。イヤホン半挿しで聴くとよくわかる。ここまでディレイが凄いハロプロ曲って他にあるかな?


18位 寒いから冬だもん〜どうもこうもないっすよミキティ〜 / 藤本美貴岡井千聖萩原舞

「冬+平田祥一郎+130前後のBPM=キラキラした感じの曲」という、俺的楽曲大賞の上位が確実な路線。歌詞に「ミキティ」と「ハギティ」が出てくるのに「チサティ」が出てこないのがどうしても納得できない俺。


17位 HAPPY TO GO! / 松浦亜弥

作詞作曲編曲コモリタミノル!Aメロのコーラスで自己主張!まぁそれは別に構わないけど。松浦さんがソロでポップな曲を唄うのって結構久し振りだよね。俺はこういう曲を待ち望んでいたんだよ。バラードばっかじゃ飽きる。


16位 元気+ / モーニング娘。 [鈴木Daichi秀行最高順位]

なんか妙にハマる曲。「やさしいこえがーきこえーるー」が頭から離れないんだよね。真夜中に家でこの曲を聴きながら一人で盛り上がってたら、次の日に下の階の住人から苦情が入ったというエピソードがある。


15位 私立共学 / ℃-ute [高橋諭一最高順位]

諭一さんアレンジのスロー〜ミドルテンポ*10の楽曲は時々大当たりするんだよなぁ*11。某所での℃-ute曲限定のランキングで順位が低かったのが結構ショックだったり。そんなに過小評価するんだったらベリにくれ。


14位 都会っ子 純情 / ℃-ute

「(『呪縛』+『なん恋』)÷2」な曲。順位もそんな感じ*12。セリフがなかったらもう少し順位が上がってたかな?あと、この手の平田さんの曲は℃-uteよりもベリのほうが似合ってると思う。楽曲大賞だから歌い手がどうこうってのは考慮に入れてないけど。


13位 アンフォゲッタブル / メロン記念日

Folder5『MY MIRACLE』*13でお馴染み(?)上野浩司の作編曲。ロックじゃないメロンの当たり曲ってかなり久々な気が。俺好みのディスコサウンドだけど、あっさりした感じがあって少々物足りない。だからといってオケヒを大量に入れられると非常に困るのだが*14


12位 シークレット / 後藤真希

今年のバラードの最上位。10年記念隊の公演で聴いて「これ、実はいい曲じゃん!」って思ってから評価が上がった。バラードなのにシンセベースが強烈でついつい聴いてしまう。まぁ、田中直の打ち込みベースは熊井ちゃんのお墨付きだし*15


11位 恋の魔法はハビビのビ / 月島きらり starring 久住小春(モーニング娘。)

バラライカ』程ではないけど中毒性抜群な四つ打ち曲。電波ソングっぽい曲に小春の歌声が乗ると、脳溶解能*16が高くなってやばい。これが月島きらりの力……ひかるVer.も聴いたけど、そこまで脳溶解能は高くなかった。


後編(12/26)に続く

*1THE ポッシボーハロプロ卒業までの曲が対象

*2DVDが発売されたもののみ

*3:4曲以上編曲したアレンジャー

*4:「ギター:種子田健 ベース:高山一也」となっているが、『経験値上昇中☆』では「ギター:高山一也」となっているので、恐らく「ギター:高山一也 ベース:種子田健」が正しい。

*5桃子だと思ったのだが、もしかしたらこの声もつんくかもしれん。

*6エントリーシートを書くために大学を自主的に休んでるのにコンサートに行くのはさすがにマズいと思ったから回避した。

*7:安倍さんの『愛ひとひら』以来(クレジットには記載されていないが、キーボードの五十嵐さんが自身の日記で言及している。)、つんく作詞作曲に限定するなら松浦さんの『夢』以来

*8オーケストラヒットの略

*9:午前1時まで出前可なので、出前を注文して研究室で食っている。週1ペースで。

*10BPMで大体100〜110くらい

*11:去年の『空がある』もそうだった

*12:『呪縛』2004年9位、『なん恋』2005年17位で、「(9+17)÷2=13」

*13Folder5の曲の中で唯一俺が高校時代にレンタルした曲。他の曲は大学時代にベストアルバムをレンタルして済ませた。

*14:今年の娘。のある曲を暗に批判してみた

*15:バスツアーのミニライブで「Berryz工房の曲の中で好きな曲は?」という質問に、『女子バスケット部』を挙げ、「久々に聴いたらハマった」「あとベースが良い」と言っていた。

*16:いや実際に溶けたら大問題だけど

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/dai-sy/20071224/p1