Hatena::ブログ(Diary)

Let’s Do Something Nice-Good!! このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter

0001 | 01 |
1900 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2000 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2005 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2012 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 12 |
2013 | 01 | 11 | 12 |
2014 | 05 |

2008-12-27

[][][][][][]第5回・俺的ハロプロ楽曲大賞2008 前編 第5回・俺的ハロプロ楽曲大賞2008 前編を含むブックマーク 第5回・俺的ハロプロ楽曲大賞2008 前編のブックマークコメント

今年は「これだ!」という曲がなく、上位は混戦模様。去年の俺的3位『笑顔YESヌード』が今年発売されていれば、今年の俺的1位になっていただろうなと思う。

しかし、去年の俺的10位の曲が今年の俺的10位に入れるかどうかは微妙。今年の俺的楽曲大賞には、「『これだ!』と思える曲はないけど、良曲は多い」という特徴がある。


それでは発表に移りましょう。今年のノミネート曲はこちら。カバー・リミックス、メロディーが同じ曲、非ハロプロ曲は対象外となっている。また、ゲキハロの曲*1が追加されている。

前編では30位〜11位まで一気に発表します!主要アレンジャー*2の曲の最高順位のところには、「○○○○最高順位」と書いてあります。また、今年から、各曲の作詞・作曲・編曲者を載せることにしました。


第1回〜第4回までの結果はこちら。

第4回・俺的ハロプロ楽曲大賞2007(前編後編

第3回・俺的ハロプロ楽曲大賞2006(前編後編

第2回・俺的ハロプロ楽曲大賞2005(前編後編

第1回・俺的ハロプロ楽曲大賞2004(前編後編


30位 涙の色 / ℃-ute (詞・曲:つんく 編:藤澤慶昌)

ラテン系のアレンジ、そして、「別れ」に主眼を置いた歌詞…俺は「秋」を連想してしまうんだけど、発売されたのは「春」。編曲の藤澤さんはギタリストだけど打ち込みもそれなりにできるようで。ラテンハウスっぽい感じに仕上げているのがDDJポイント*3


29位 マジ グッドチャンス サマー / Berryz工房 (詞・曲:つんく 編:平田祥一郎

去年までは中学生の恋愛の唄が多かったけど、この曲を境目に高校生の恋愛の唄が増えてきた。Berryz工房の7人も大人の階段を昇っているんだなぁと実感。平田さんのシンセ全開のアレンジもいい感じ。バスドラムをもうちょっと強くしてほしかった。


28位 マイラブ / Buono! (詞:岩里祐穂 曲・編:井上慎二郎)

素肌ピチピチ』以来のスカ。ブラスは打ち込みなんだろうけどあまり気にならない。イントロを聴くだけで気分が高まってくる。ところで、今の中学生〜高校生って「リンダリンダ」知ってるのかなぁ?


27位 アナタボシ / MilkyWay (詞:2℃ 曲・編:斎藤悠弥)

今までのハロプロ楽曲にはないタイプの曲。テンポが非常に速くて、聴くとテンション上がる。あと、タンバリンの音色がキラキラした感じを醸し出している。誰か俺にスターライトタンバリンをください。


26位 BE / Berryz工房 (詞・曲:つんく 編:湯浅公一

中学時代の合唱コンクールを彷彿とさせるような曲。歌詞に出てくるのは「君」と「あの子」で、「僕/私」が出てこないのはなぜだろう。ベリメンソプラノアルトを分けてたらさらに順位は上がっていたはず。


25位 ガラクタノユメ / Buono! (詞:岩里祐穂 曲・編:A-bee

サビ前の「カンカン!」を楽しみにしながら聴いている…というのは半分本当で半分嘘。イントロ(0〜7秒くらい)の部分も結構気に入っている。あと、Cメロがあることに驚いた。ベリキュー系楽曲では初?


24位 地球と月 彼と私 / 石川梨華紺野あさ美仙石みなみ澤田由梨音楽ガッタス (詞:まこと 曲:つんく 編:湯浅公一) [湯浅公一最高順位]

胸さわぎスカーレット』のギターをシンセブラスに置き換えたような曲。そのため、ベリが歌ったとしても特に違和感はない。もし竹内コーラス大賞2008があるなら、この曲は2位かな*4。特にサビのコーラスがお気に入り。


23位 REAL LOVE / 菅谷梨沙子Berryz工房 (詞・曲:つんく 編:AKIRA

今年のAKIRAアレンジの楽曲は俺の好みのツボを押さえたような感じで非常によろしい。そして、それを梨沙子に歌わせるという試みも面白いと思う。ただ、間奏のセリフがなぁ…これがなければ15位以内に入ってたんだけどなぁ……


22位 じゃなきゃもったいないっ! / Buono! (詞:川上夏季 曲:小林哲也 編:知野芳彦)

この曲はha-jのベースがカッコいいな…特に「ハランがバンジョー!!」のところ。ha-jはアレンジャーとしても使ってほしい。あと、Aメロの歌詞が地味に韻を踏んでおり*5、印象に残りやすくなっている。


21位 Cafe Buono! / Buono! (詞:川上夏季 曲・編:木之下慶行)

この曲のアイマス動画があることに俺は驚いた → [動画]。この曲はモータウン調だが、『ニシキカザレ』とは違ってロック色が強くなっているのが特徴。この曲を深夜に聞くと無性に腹が減って困るのだが。


20位 イメージカラー/ 矢島舞美鈴木愛理℃-ute (詞・曲:つんく 編:平田祥一郎

シンセブラスが華やかに響き渡る、爽快感あふれるポップス。ドライブしながら聴きたい。イントロ〜Bメロまでは割と複雑なリズムなのに、サビで4つ打ちになっちゃうのはJ-POPだし仕方ないことなのか……


19位 Kiss! Kiss! Kiss! / Buono! (詞:岩里祐穂 曲:井上慎二郎 編:西川進

西川進最低順位(笑)。それでも19位なんだから凄いとしか言いようがない。2番Aメロと2番サビ後の間奏に入るブルースハープのカッコ良さは『友情 純情 oh 青春』以上。あと、前奏などに入る久保田薫のコーラスが印象的*6


18位 LALALA 幸せの歌 / ℃-ute (詞・曲:つんく 編:平田祥一郎

自作BMSの中で今年一番プレイした曲。どことなくガラージっぽい感じがする。平田さんにしては珍しく軽快でハネた感じのアレンジになっており、それが俺の琴線に触れた。歌詞がしっかりしていればTop10も有り得たんだけどなぁ……


17位 ロッタラ ロッタラ / Buono! (詞:岩里祐穂 曲:井上慎二郎 編:西川進

ドラムやベースが生じゃなくでもあまりガッカリせずに聴けるのは、中山信彦のプログラミング能力によるところが大きい。また、この曲は「ロッタラ」の連呼が印象的。ロッタラロッタラロッタラ…ロッタラロッタラロッタラ…ふぅ…(賢者タイム


16位 リゾナント ブルー / モーニング娘。 (詞・曲:つんく 編:鈴木Daichi秀行) [鈴木Daichi秀行最高順位]

Daichiさんがここまで出来るとは思わなかった。しかし、もう一押しが足りないような気がしたので、残念ながらTop10入りならず。どうでもいいことだが、「冷めた娘じゃ」が「冷めた紅茶」にしか聞こえない。


15位 カリスマ・綺麗 / メロン記念日 (詞・曲・編:コモリタミノル

軽快でハネた感じのアレンジはやっぱりコモリタさんのほうが一枚上手。自前のコーラスも相変わらずカッコいいし。しかし…ブートキャンプを5分でギブアップしてしまうような人が綺麗になれるとは到底思えないのだが。


14位 バケツの水 / Buono! (詞:岩里祐穂 曲:Gajin 編:佐久間誠

2番まで聴いて「良い歌詞だなぁ」と思ったところにCメロが来てうるっときてしまう。俺の胸のバケツにはきっと水じゃなくて有機溶媒(アセニトとか)がたまっている。軽快なアレンジとか水滴っぽい音とかも良い感じ。


13位 Last Forever / Buono! (詞:川上夏季 曲・編:西川進

これも歌詞がいいんだわ。卒業をテーマにした曲に弱いんだよな俺。初聴で「Top3あるかも?」って思ったけど、結局13位に落ち着いた。この曲の西川さんのアレンジはシングル曲と比べると打ち込み色が強いが、それでも一定のクオリティを保っている。


12位 ガチンコでいこう! / Buono! (詞:岩里祐穂 曲:ムラマツテツヤ 編:西川進

Buono!はこれで9曲ランクイン。村石さんの力強いドラム演奏には思わずションベンちびりそうになったぜ。たとえちびったとしても「はいどんまい」だぜ。ドラムがここまで力強いにもかかわらずポップな感じに仕上がっているのも面白い。


11位 記憶の迷路 / High-King (詞・曲:つんく 編:江上浩太郎

どこかのブログに「コナミ音ゲー曲っぽい」とあったが…確かにNAOKI横田商会がこんな感じのユーロビートを作りそう。ギターソロ後のカッコいいアレンジにはgood-cool…もとい、グッとくる。というか、ギターソロの存在が残念すぎる*7


後編(12/28)に続く

*1DVDが発売されたもののみ

*2:基本的に3曲以上アレンジした人。例外あり

*3:マノポイントのパクリ

*4:3位は『CLAP!』(俺的35位)、1位は後述

*5:それぞれ「り」で区切っている

*6:「チュチュ、チュチュチュチュ」という感じのコーラス

*7:鎌田浩二の16分音符刻みのギターソロ自体は嫌いじゃないんだけど、入れる曲を選べとゆいたいです

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/dai-sy/20081227/p1