Hatena::ブログ(Diary)

Let’s Do Something Nice-Good!! このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter

0001 | 01 |
1900 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2000 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2005 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2012 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 12 |
2013 | 01 | 11 | 12 |
2014 | 05 |

2009-04-07

[]たまりにたまったビデオテープの行く末 たまりにたまったビデオテープの行く末を含むブックマーク たまりにたまったビデオテープの行く末のブックマークコメント

ハロの番組を録画したビデオテープってどうしてる? - Witch Hunting Girlscouts

このエントリのブクマコメに、「今まさにこの問題に直面している。」と書いたのが先月の9日。それから1週間後、上のエントリを参考にしながら出した結論は、「重要なもの以外は捨てる」だった。理由は、膨大なビデオテープを全てDVDにするのが非常に面倒だと思われたから。そして、録画したはいいが一度も見ないものがほとんどだったから。

今回の引っ越しで整理したビデオテープはおよそ120本。そこから20本を残し、残り100本を捨てた。ちなみに、「重要なもの」とは以下の通り。

これ以外のものは捨てた。45Lのゴミ袋で3つ分。後悔はしていない。

これだけで終わるのもアレなので、なぜビデオテープがここまでたまったのかを時間軸に沿って書いていこうか。ちなみに、録画はすべて3倍です。


99年の終わり〜2000年が始まった頃は、ただ漫然と「うたばん」を見て「Mステ」を見て…といった感じで、ビデオテープに録画するという行為は一切しなかった。

しかし、当時推していた市井紗耶香娘。を卒業したあたりで考え方が変わる。昔の「うたばん」「Mステ」を録画しておかなかったことを激しく後悔した。「二度と後悔することのないように、娘。の出演する番組は全部残そう」…そう思った俺は、「おねモー」の録画から始めた。年末の特番は全部録画。それだけでビデオテープ何本分だっただろうか。

01年春からは「ハロモニ」や「MUSIX!」といった道東では見られない番組を、札幌に住む姉に頼んで送ってもらうことにした。当時の娘。は全盛期で、2時間の特番も頻繁にあった。そのため、部屋のビデオテープは急速に増えていった。そんな生活が2年くらい続いた。

03年春に札幌に引っ越した。その時はビデオテープを捨てるといったことはせず、半分を札幌に持っていき、半分を実家に残した。TVhの番組も自由に録画できるようになり、より一層ビデオテープが溜まるようになった。しかし、録画したはいいが見ないビデオテープも同時に溜まっていった。ネット(というか2ch)にハマってしまったために、録った番組を見る時間が減っていったためだ。

そのため、04年6月からビデオテープの整理を始めることにした。日記で「ビデオ処理」という言葉を使っていたのがこの頃だった。しかし、ビデオ処理には予想以上の時間がかかった。確か、終わったのが05年3月だったかと。この時期は大学生活の中で一番暇な時期だったにもかかわらず、なぜここまで時間がかかったんだろう……ちなみに、未見の番組の合計時間は50時間くらい。ビデオ処理の最中に録画した番組を含めると130時間くらいか?

それと同時に、ビデオテープのラベルに番組名*1と録画可能な部分の時間を書くようにしていった。【番組A→24→番組B→番組C→7→番組D】といった感じに。数字が時間(分)。20分番組ならAとBの間に録ればいいことが分かるし、5分番組ならCとDの間に録ればいいことが分かる。

04年にこれだけ頑張ったおかげで、05年はビデオテープをほとんど買わずに番組を録画することができた。俺は04年にベリヲタになったが、ベリ以外の番組も普通に録画していたため、録画する番組の量が極端に減るということはなかった。

しかし、そんな生活も長くは続かなかった。06年に入り、研究室生活がスタート。ゴールデンタイムに家にいることが極端に少なくなってからは、隙間に番組を録画することができなくなった。そのため、大勢の中にゲストが1人だけといったようなバラエティ番組の録画は無駄だと感じたので、ここでやめることにした。

07年まではYouTubeニコ動などがあるため、歌番組をビデオテープに残す必要があまりなくなったこと、そして、「ベリキュー!」を打ち切ったTVhに対する失望で「ハロモニ@」を見なくなったこと*2…08年春には、録画してまで見る番組がゼロになった。そして、ビデオデッキを使うことがほとんどなくなったまま今に至る。

09年春にはビデオテープを大量に整理し、大阪に持っていったビデオテープは20本程度。しかし、現在、ビデオデッキがないためにそのビデオテープを見ることはできない。やっぱりビデオテープは全部捨てるべきだったのかとか、ビデオデッキだけは安物でも持っておくべきなのかとか、色々と考えてしまうけど…DVDレコーダーがなけりゃ何も始まらないということだけは確か。

*1:内容も簡単に書いてた

*2MouTubeの絶望的なまでのつまらなさも原因

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/dai-sy/20090407/p1