Hatena::ブログ(Diary)

Let’s Do Something Nice-Good!! このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter

0001 | 01 |
1900 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2000 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2005 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2012 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 12 |
2013 | 01 | 11 | 12 |
2014 | 05 |

2009-12-29

[][][][][][][]第6回・俺的ハロプロ楽曲大賞2009 前編 第6回・俺的ハロプロ楽曲大賞2009 前編を含むブックマーク 第6回・俺的ハロプロ楽曲大賞2009 前編のブックマークコメント

2004年から始まったこの企画も今年で6回目!回を重ねるごとに、俺的楽曲大賞に費やす時間が明らかに増えていってるのだが…これはどういうことだろう?

今年は30位付近の順位決めにかなり苦心しました。「この曲は5段階評価では4だけど、何としてでもここで紹介したい!」と思わせる曲が多かったんですよね。


それでは発表に移りましょう。今年のノミネート曲はこちら。カバー・リミックス、メロディーが同じ曲、非ハロプロ曲は対象外となっている。また、ゲキハロの曲*1が追加されている。

前編では30位〜11位まで一気に発表します!主要アレンジャー*2の曲の最高順位のところには、「○○○○最高順位」と書いてあります。


第1回〜第5回までの結果はこちら。

第5回・俺的ハロプロ楽曲大賞2008(前編後編

第4回・俺的ハロプロ楽曲大賞2007(前編後編

第3回・俺的ハロプロ楽曲大賞2006(前編後編

第2回・俺的ハロプロ楽曲大賞2005(前編後編

第1回・俺的ハロプロ楽曲大賞2004(前編後編


30位 School Days / ガーディアンズ4 (詞:川上夏季 曲:BOUNCEBACK 編:日比野裕史

太鼓の達人13」に収録されたこの曲(ただし歌は別の人)。ラスサビ後半に1・2番サビとは全く別の歌詞を用意する川上さん*3、そしてその部分の歌詞でグッときてしまう俺。川上さん巧いなぁ。あと、アレンジはカラフルな感じで結構好き。


29位 18才の季節 / 真野恵里菜 (詞:三浦徳子 曲:経塚泰誠(たいせい) 編:高橋諭一)[高橋諭一最高順位]

最近はヲタ受けが悪そうなジャンルのアレンジばっかりやってた諭一さんだけど、久々に王道アレンジきたよ!この曲の構成は非常に不思議で、初聴ではどこがサビなのかよく分からないままに曲が終わってしまったのだが*4


28位 負けん気!強気!元気!前向き! / 雪野のえる starring 北原沙弥香 (詞・曲・編:前山田健一)

軽快!ポップ!ロック!さぁや!…何だこのノリ。シンセブラスの音はもっと大きめでよかったかな。それにしても、北原さんの歌い方って米倉千尋に近いな。時々や行にhが付いてしまう辺りがそっくり[参考動画]*5


27位 It's You / 道重さゆみ(モーニング娘。) (詞・曲:つんく 編:田中直

「セクシー」と「下世話」を履き違えていない大人びた曲に仕上がっていることは評価できる。しかし、それを歌うのはまさかの道重さんだという…初聴では違和感しか抱かなかったのだが、その違和感も1年経つと逆に面白く感じられる。


26位 はぴ☆はぴ サンデー! / 月島きらり starring 久住小春(モーニング娘。) (詞・曲・編:前山田健一)[前山田健一最高順位]

サビ前までの小春の歌声を聞いて「これは…女版宮崎吐夢!」と叫んだのはきっと俺だけ。この曲はアレンジの質もさることながら、「かわいらしい感じのAメロ・Bメロ、そして元気な感じのサビ」という展開も面白い。


25位 ラブチク / 月島きらり starring 久住小春(モーニング娘。) (詞・編:村井大 曲:Antonio Lucio Vivaldi、村井大)

この曲はヴィヴァルディの『春』をサンプリング。これが『春』じゃなくて『

』だったらなぁ…歌いながら『V』ができたのに。誰もが知っているメロディに4つ打ちを基調としたバックトラックが乗っており、聴くと春のポカポカ陽気を感じさせてくれる良曲。


24位 Take It Easy! / Buono! (詞:三浦徳子 曲:つんく 編:西川進

ベースに100s山口寛雄、そしてドラムに佐野康夫を起用。曲自体は爽やかなカントリーロックなんだけど、演奏は非常に熱い。それを「Buono!に合ってない」という理由だけで糞曲だと判断されてしまうのが残念でならないなぁ。


23位 Early Bird / Buono! (詞:川上夏季 曲・編:木之下慶行)

去年の俺的21位『Cafe Buono!』に続き、今年も木之下さんアレンジのモータウン調の楽曲がランクイン。Buono!の3人に毎日「おはよう!」って言われたら毎日4時間残業でもやっていけると思うんだ俺。というか「起きろ〜!」って言われたい。


22位 ぁまのじゃく / S/mileage (詞・曲:つんく 編:藤澤慶昌)

中学生くらいの女の子の日常を歌詞にする能力においては多分つんくのほうが秋元康より上…そんなことを再認識させてくれた。アレンジに関してはきれいにまとまっていて良いんじゃないかと。間奏のギターが若干不快なくらい。


21位 Love & Peace=パラダイス / 真野恵里菜 (詞:三浦徳子 曲:経塚泰誠(たいせい) 編:大久保薫)[大久保薫最高順位]

今年の大久保さんのアレンジは娘。・ベリ・℃ともに微妙なものが多かったのだが、なぜか真野ちゃんで本気を出した!シンセブラスの音色が華やかで良いとは思うのだが、ピアノを随所に入れるなどの工夫が欲しかったかな。


20位 ゴール / Buono! (詞:AKIRASTAR、岩里祐穂 曲:AKIRASTAR 編:AKIRASTAR、井上慎二郎)[AKIRASTAR最高順位]

元ネタが云々とかはよく分からないけど、それでもこの曲の良さは分かる。まず第一に…岩里さんの歌詞(特にサビ)が良い。次に…1分以上あるアウトロが壮大な感じで良い。あとは…キックが4つ打ちなのも良いかな。


19位 はじめての経験 / 真野恵里菜 (詞:三浦徳子 曲:KAN 編:たいせい)[たいせい最高順位]

初めて役満を聴牌したときに「来い、發、来い」なんて願ったことを思い出す…そういう曲ではありません。この曲は2文字の言葉を3回繰り返すAメロが非常に秀逸。あと、イントロと間奏のピアノが初夏の爽やかな風を感じさせてくれる。


18位 わたしのたまご / しゅごキャラエッグ!(第2期) (詞:川上夏季 曲・編:木之下慶行)[木之下慶行最高順位]

木之下さんはモータウンビートの楽曲をいくつ作れば気が済むんだ…まぁアレンジが堅実だから許せるけど。この曲は間奏のQuinNのピアノが良い味出してる。これでブラスが生だったらもっと上に行けていたと思う。


17位 Top Secret / HANGRY & ANGRY (詞・曲:角田崇徳 編:Daniel Merlot)[Daniel Merlot最高順位]

全て中位にまとまった去年と違い、今年は上位3分の1に3曲ランクインさせたハンアン。ダニエルさんの手腕は確かなもの。ズシンとくる重厚なアレンジに対して、「カッカカッ」ってハンドクラップ音(?)がアクセントになっている。


16位 One's LIFE / 梅田えりか岡井千聖萩原舞(℃-ute) (詞・曲:つんく 編:AKIRA

イントロと間奏だけでご飯3杯いける。どことなくせつなさを感じるんですよね。この曲最大の特徴であるラップは3連符(6連符?)メインであり、ハロプロ楽曲…いや、アイドル楽曲でもなかなか聞く機会がないのでかなり新鮮。


15位 DON'T SAY GOOD-BYE / メロン記念日×BEAT CRUSADERS (詞:ヒダカトオル 曲:BEAT CRUSADERS

毎年20〜11位の間に必ず1曲ランクインするメロン記念日。今年はメロンらしいロック系楽曲が入ってきた。サビの力強さは半端じゃない。YouTubeラジオ音源ではなくCDのクリアな音質で聞けていればTop10入りもあったかも。


14位 レスキューレスキュー! / 松浦亜弥 (詞・曲・編:コモリタミノル

そして、毎年20〜11位の間に必ず1曲ランクインするコモリタさん提供曲。どうせ今年もマイナスランキング行きだろうなー。この曲はメロディとアレンジがAメロ→Bメロ→サビと盛り上がっていく感じで、これぞ王道といった感じがする。


13位 MY BOY / Buono! (詞:三浦徳子 曲:つんく 編:西川進)[西川進最高順位]

ハロプロ楽曲では類を見ない超高速4つ打ち*6ということで大幅加点。時折バスドラが8分刻みになるのもポイントで、思わず「それなんて『FASCINATION MAXX』?」って言いたくなる。歌詞に力強さがあれば鬼に金棒だっただろう。


12位 3、2、1 BREAKIN' OUT! / モーニング娘。 (詞・曲:つんく 編:田中直

今年の娘。曲で、「俺の求める娘。像」と一番マッチしていたのがこの曲。過去の俺的楽曲大賞でも書いたけど、娘。楽曲にはやっぱりストレートな力強さを求めてしまうんですよね。田中さんのブレイクビーツを基調としたアレンジも○。


11位 秋麗 / モーニング娘。 (詞・曲:つんく 編:AKIRA

冬うらら』のアンサーソング…なわけない。最近の娘。曲は「辛気臭さ」という負の要素が強くて、アレンジがちょっと良くても「辛気臭さ」にかき消されてしまうのだが、この曲はそれに打ち勝つくらいの質の高いハウス系アレンジで満足度は高め。


後編(12/30)に続く

*1DVDが発売されたもののみ

*2:基本的に3曲以上アレンジした人。例外あり

*3つんくもやる時はやるけど、それはバラード系に限られており、こういうポップな曲では滅多にやらないと思う

*4:というか、今でもよく分かってない

*5:「や・ゆ・よ」が「ひゃ・ひゅ・ひょ」になってしまう

*6:「これ以外にもBPM200超えで4つ打ちのハロプロ楽曲あるよ!」という方は是非とも俺に教えてください

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/dai-sy/20091229/p1