Hatena::ブログ(Diary)

Let’s Do Something Nice-Good!! このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter

0001 | 01 |
1900 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2000 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2005 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2012 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 12 |
2013 | 01 | 11 | 12 |
2014 | 05 |

2011-12-29

[][][][][][][]第8回・俺的ハロプロ楽曲大賞2011 前編 第8回・俺的ハロプロ楽曲大賞2011 前編を含むブックマーク 第8回・俺的ハロプロ楽曲大賞2011 前編のブックマークコメント

年末恒例の企画も今年で8回目となります。今回から、旧サイトで発表していたときのスタイルを少し取り入れることにしました。

  1. 30〜11位を30〜21位と20〜11位、10〜1位を10〜4位と3〜1位で区切り、間にコメントを入れる
  2. 順位に色を付ける

1はTIFレポでやったような感じです。コメントでは書き漏らしたことを書く予定です。2は色があったほうが読みやすいと思ったので採用しました。曲名やアーティスト名はキーワードリンクが入ってしまい見栄えがあまり良くないので今回は順位のみとしました。ちなみに当時(第1回)と同じ色を使っております。

それでは発表に移りましょう。今年のノミネート曲はこちら。カバー・リミックス、メロディーが同じ曲、非ハロプロ曲は対象外となっている。

前編では30位〜11位まで発表します!主要アレンジャー*1の曲の最高順位のところには、「○○○○最高順位」と書いてあります。


過去3回分(2008〜2010)の結果はこちら。第1回〜第4回の結果も見たい方は、第5回〜第7回の前編から飛んでください。

第7回・俺的ハロプロ楽曲大賞2010(前編後編

第6回・俺的ハロプロ楽曲大賞2009(前編後編

第5回・俺的ハロプロ楽曲大賞2008(前編後編


【30 → 21】

30位 フランキンセンスΨ / 夏焼雅 ※SI☆NA*2 (詞・曲・編:BOUNCEBACK

SI☆NAに与えられた初のオリジナル曲、SI☆NA解散で埋もれてしまうかと思いきや雅ちゃんがカバーするという形で音源化された。現場向きのノリではないが4つ打ちでかっこいい曲。歌詞を見ると頭が痛くなってくるのは何故?


29位 真っ白いあの雲 / Berryz工房 (詞・曲:つんく 編:板垣祐介)[板垣祐介最高順位]

3年目にして板垣さん俺的Top30入り!これまではバラード系楽曲でも編曲の粗が目立っていた板垣さん、この曲は何とか合格点だと思う。まぁ、どちらかというと歌詞を評価したんだけどね。Bメロの歌詞が特に良いんだな。


28位 21世紀的恋愛事情 / 真野恵里菜 (詞:三浦徳子 曲:泰誠 編:大久保薫

サビとイントロ間奏がBPM180の4つ打ち…今年俺が聞いた4つ打ちアイドルソングの中では最速*3、それだけで大幅加点だ。Aメロも高速4つ打ちならもっと加点していたし、Top10入りもあり得たのだが……


27位 女のプライド / Berryz工房 (詞・曲:つんく 編:平田祥一郎

全体的にハネたリズムだが、スクラッチだけはハネない曲。スクラッチのリズムパターンは完璧に覚えてしまったね。歌では「寂しくないわ」と言っているものの、間奏のピアノが寂しさを何となく醸し出しているのが良い。


26位 青春のセレナーデ / 真野恵里菜 (詞:三浦徳子 曲:泰誠 編:河合英嗣

90年代J-POPみたいな曲。ブラス(多分シンセ)がなかなか良い感じ。ピアノメインの曲を歌い続けてほしいという思いは今も変わらないけど、こういったちょっと古い感じがする曲もまた歌い続けてほしかったりするんだよね。


25位 Sweetie / 吉川友 (詞:大華奈央香 曲:corin. 編:michitomo)

サビの高音メインのメロディが良い。サビ前半ですら結構高いのに後半さらに高くなるからね。かわいらしい曲調なのに歌うのが難しそうに感じる曲ってのもあまりないよなぁ。iTunesmoraで買えないのが本当に残念。


24位 キアオラ・グラシャス・ありがと / 嗣永桃子 (詞:三浦徳子 曲・編:八木雄一)

Buono!の楽曲に「かっこよさ:かわいらしさ=1:2」くらいの比率を求めてしまう俺にピッタリな曲。馴染みのない他国の言葉をAメロに入れることでインパクトが1.5倍、それを桃子が歌うことでかわいらしさが1.5倍となっている。


23位 桃色スパークリング / ℃-ute (詞・曲:つんく 編:平田祥一郎

「ライバルの皆さん」は数十回聞いても「ネパールの皆さん」にしか聞こえないけどそれが普通だよねきっと。80年代を彷彿とさせる正統派アイドルポップ。かわいらしさがあふれ出る感じが良いですね。アレンジもしっかりしていて僕、満足!


22位 かっちょ良い歌 / ハロー!プロジェクト モベキマス (詞・曲:つんく 編:朝井泰生)

5バージョンあるうち、手持ちのBerryz工房Ver.だけ聞いて評価した。村井さんとJOEさんの演奏が素晴らしいのは全てに共通しているから問題ない。楽曲面では文字通りの「かっちょ良い歌」となっている。コンサートで生バンドで聞きたい曲。


21位 自転車チリリン / スマイレージ (詞・曲:つんく 編:藤澤慶昌)[藤澤慶昌最高順位]

切ない系の歌詞が心にしみる…どうやらつんくが本領発揮したようだ。最後の「チーリーリーーーン!」で切なさ大爆発。あと、好きな人の家を通るときに部屋の電気を見るというのは中学時代にやったことがあるよ。懐かしいな。



24位コメント「馴染みのない他国の言葉を詞に入れる」三浦さん作詞の曲といえば、他に鹿賀丈史Ja-nay」がある。サビの「モジャベリタトゥイネ」、スワヒリ語で1,2,3,4という意味らしいです。モジャベリタトゥイネヨロシク!

それでは、20位〜11位、いってみよう。


【20 → 11】

20位 シューティング スター / スマイレージ (詞・曲:つんく 編:湯浅公一

モータウンサウンドの曲はほぼ毎回俺的Top30に入ってるような気がするなぁ。モータウンシャッフル)+かわいらしい感じの曲に滅法弱いので仕方ないね。でも、どうせなら生ブラスでアレンジしてほしかったなー。


19位 好きだな君が / 道重さゆみ譜久村聖 (詞・曲:つんく 編:大久保薫

大きな体してるのに全部かわいすぎる熊井ちゃん(違。1文字ずつ切りながら歌うBメロの破壊力がとにかくハンパないし、「あたまヨシヨシしてあげる」の破壊力もハンパない。あと、大久保さんはこういう路線もいけるのね。


18位 Midnight Temptation / ℃-ute (詞・曲:つんく 編:湯浅公一

ジリリ」以来久々となる湯浅さんのアップテンポ+4つ打ち+カッコいい系楽曲。特に間奏ラスト4小節、8分バスドラにギターが絡むところがヤバいマジヤバい。アレンジだけで順位をここまで上げたと言ってもいいと思う。


17位 きっかけはYOU! / 吉川友 (詞:大華奈央香 曲:オオヤギヒロオ・大華奈央香 編:michitomo)[michitomo最高順位]

クセがないミドルテンポ4つ打ちの曲…言い換えればハロプロっぽくない曲だね。この曲はサビのメロディが好き…16分混じりのリズムがメインのサビだけど、サビ終わりが4分のみになるところが特にね。


16位 BOMB BOMB JUMP / Berryz工房 (詞・曲:つんく 編:平田祥一郎

ココロのバトンでボン・ボボンボ〜ン☆(違。「思い立ったら 吉でっせ」を良い方向に発展させたような感じの曲。メインパートの裏でボンボン言ってるのが良いんですよね。あと、Aメロの熊井ちゃんパートが良い味出してる。


15位 ブラボー! / モーニング娘。 (詞・曲:つんく 編:鈴木俊介

ドラムなどは打ち込みなんだけど十分に満足できる出来のロック系楽曲。Aメロで「カイカイカイ」「カーイ!」とか言ってるけど歌詞もなかなか良いんですよ。ただ、会社の甲斐さんを思い出してニヤニヤしてしまうので非常に困る。


14位 あっと驚く未来がやってくる! / ドリーム モーニング娘。 (詞・曲:つんく 編:平田祥一郎

ドリムスにはそれほど興味がないのに、曲を聴くと誰のパートなのか大体分かってしまう自分がいる。アレンジは良い意味で平田さんらしさ全開…「白いTOKYO」みたいですね。なぜこの曲をシングルで出さなかったんだろう。


13位 ブスにならない哲学 / ハロー!プロジェクト モベキマス (詞・曲:つんく 編:平田祥一郎

初聴ではあまり良い印象を持たなかったのだが、次第に好きになっていった。平田さんの本気を垣間見たアレンジ、竹内(浩)さん*4とU.M.E.D.Y.さんの本気を垣間見たコーラス。あとは歌詞さえ良ければ……


12位 一丁目ロック! / Berryz工房 (詞・曲:つんく 編:朝井泰生)

各賞発表でも書いたけど、サビのドラムのはっちゃけっぷりが良い。そこに加わる「アーーーウォウウォウ」コーラス。この力強さがたまらないね。ハロプロのロック系楽曲は常にこのクオリティを維持できれば問題なしだと思う…難しいとは思うけど。


11位 partenza 〜レッツゴー!!!〜 / Buono! (詞・曲:NaNa★MUSiC 編:Sunny Boy)

Buono!らしくない曲だというのは事実だが、こういうバキバキなエレクトロ系楽曲を歌えるのは現時点でBuono!しかいないというのもまた事実。完全にこっちの路線に流れてしまうのはアウトだけど、1年に1曲くらいはこういう曲があってもいいと思う。



11位について、「サングラスで変身」の後の「キーン!」って音で、とある音ゲー曲*5を思い出してしまった件について。ヨシーダサーーン!


後編(12/30)に続く

*1:基本的に3曲以上アレンジした人。例外あり

*2:特別にこういう表記にしました。

*3アニソン寄りのもの除く。次点はファンタ☆ピース「君だけに…LOVE YOU」の175

*4:こう書かないとスマの竹内(朱)さんと勘違いする人が出そうなので

*5:28秒、1分7秒、1分32秒の辺り

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/dai-sy/20111229/p1