Hatena::ブログ(Diary)

Let’s Do Something Nice-Good!! このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter

0001 | 01 |
1900 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2000 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2005 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2012 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 12 |
2013 | 01 | 11 | 12 |
2014 | 05 |

2012-12-27

[][][][][][]第9回・俺的ハロプロ楽曲大賞2012 各賞発表 第9回・俺的ハロプロ楽曲大賞2012 各賞発表を含むブックマーク 第9回・俺的ハロプロ楽曲大賞2012 各賞発表のブックマークコメント

年末恒例の企画が今年も始まってしまいました!(実はこの出だしは毎年ほぼ一緒)

今年もいつものように締め切りに追われています。まぁ12月は仕事がとても忙しかったし、初めての海外出張もしちゃったし、仕方ないよね。決してサボっていたわけではないよ。というかそのせいで「2012アイドル名曲50選(仮)」が中止になりそうだよ……


ここから、各賞の発表に移るのだが…その前に、いくつか変更点の報告をしておこう。

  1. MV部門」を考察編から各賞発表に移動する。
    • 毎年、考察編の終盤でひっそりと行われていたMV部門。去年は考察編が途中で止まったため、ついに発表しないまま今年の楽曲大賞を迎えてしまった。今年もそうなりそうな予感がしたので、今年からは各賞発表の最初に発表することにした。
  2. 「最優秀演奏者賞」を廃止する。
    • プログラミング+ギター+コーラス」のみでほとんどの曲を作ってしまう現状を少しでも改善してほしいという願いを込めて、2007年から設置された賞だが、改善されないどころか「プログラミング+コーラス」のような楽曲が増えてしまった。また、モベキマス全グループの楽曲クレジットを記載しているサイトが存在せず*1、ここ数年はCDもオンラインレンタルや有料ダウンロードで済ませるため自らクレジットのチェックができないという状況が続いていた*2。これらの理由により、この賞を廃止することとした。

上記を踏まえて、ここで発表するのは、【MV部門・特別賞・最優秀アルバム賞・最優秀コーラス賞・最優秀編曲者賞】の5つとなります。


(1)MV部門

※急いで投票したので、MV部門の投票曲及びポイント割り振りを忘れてしまいました。そのため、ここには投票していない曲を載せている可能性があります。また、ポイントは結果発表が終わり次第載せます。


最優秀:Loving you Too much / Berryz工房 [3.0 pts]

D

どうです?みなさん楽しそうじゃないですか。俺が一番見たいのってメンバーみんなが楽しそうにしているMVなんですよ(3年前の「ライバル」とかね)。あと私服っぽい衣装もポイント高いね。そして屋外でのロケも好きだし…俺の好きそうな要素をふんだんに詰め込んだこのMV、最優秀になるに決まってるでしょそんなの。


次点:行け! 元気君 / 萩原舞 [??? pts]

D

次点1つめ。Ust番組「萩原舞ですが、、、なにか??」の企画で制作されたMV。こちらも屋外で撮影されたもので、ロケ地巡りerにとってはロケ地が分かりやすいから行きやすくていいですね。俺はまだ行ってないけど、いつか行きたいものだ。


次点:超HAPPY SONG / Berryz工房×℃-ute [??? pts]

D

次点2つめ。今年はベリキューメンがハロプロキッズとしてハロプロに加入してちょうど10周年の年でした。今はBerryz工房℃-uteとして活動しているけど、元は同じハロプロキッズの仲間である…そんな感じが衣装から伝わってくるMV。良いじゃないですか。


(2)俺的特別賞

特別賞:cha cha SING / Berryz工房 (詞:Mukek Jongmankhong 日本語詞:つんく 曲:Sudsan Wongsamut 編:大久保薫) [2.0 pts]

次点:Loving you Too much / Berryz工房 (詞:Apisit Opasimlikit 日本語詞:つんく Rap詞:U.M.E.D.Y. 曲:Thana Lawasut 編:鈴木Daichi秀行

次点:超HAPPY SONG / Berryz工房×℃-ute (詞・曲:つんく 編:大久保薫


俺的楽曲大賞でノミネートされなかった曲の中で、最もいいと思った曲に贈られる。

今年は「cha cha SING」が特別賞、そして俺が投票した曲の一つでもある(投票ポイントは30日に発表します発表済みです)。原曲はトンチャイ・メーキンタイ*3の「raw mah sing*4」。「Loving you Too much」とどっちにするか悩んだけど、民族音楽っぽさが出てる曲が割と好きというのもあって、「cha cha SING」を特別賞とした。「ちゃーちゃらちゃちゃちゃららーちゃーちゃらっちゃっちゃっちゃー」という非常にわかりやすくて覚えやすいサビも良い。

次点にはそのc/wの「Loving you Too much」。トンチャイ・メーキンタイ「Too Much So Much Very Much」のカバー。カバー曲なんだけど、今のベリに凄く合ってる曲だと思う。Daichiさんの明るい感じのアレンジもいいんだよね(若干のスパガっぽさを感じるけど)。ベリヲタにはこっちのほうが人気あるんだろうな。

次点2つ目は「超HAPPY SONG」。俺的楽曲大賞では、「Because happiness」「幸せの途中」のアレンジ違いという扱いになるため、本編のほうにはノミネートされなかった。2つの曲を合わせて新たな曲が生まれることに対する驚きを主に評価したけど、スクラッチが追加されていたりするのも俺的にはグッドだったりする。


(2)俺的最優秀アルバム賞

最優秀:『(13)カラフルキャラクター』 / モーニング娘。

次点:該当なし


最優秀アルバム賞は、本家楽曲大賞で対象となっているアーティストのアルバム全てが対象となっている。

今年は娘。の『(13)カラフルキャラクター』が俺的最優秀賞。このアルバムは何と言ってもシングル曲が強すぎるんだわ。それゆえにアルバム曲が相対的に弱く感じられたのだが、何度も聴くうちに各曲の良さがわかってきた。本編でいくつ紹介できるかな?

次点は安定の該当なし。ベリの『愛のアルバム(8)』も℃の『第七章「美しすぎてごめんね」』も、アルバム新録曲は全部飛ばさず聞けるレベルなんだけど…「甘酸っぱい春にサクラサク」「青春劇場」の2曲が邪魔くさいのよね。特に「青春劇場」はベリVer.と℃Ver.でアレンジが違うという力の入りようだけど、そこまで力を入れるべき曲なのかこれは?


(4)俺的最優秀コーラス賞

最優秀:The 摩天楼ショー / モーニング娘。 (コーラス:つんく竹内浩明、CHINO)

次点:恋愛ハンター / モーニング娘。 (コーラス:道重さゆみ譜久村聖鞘師里保竹内浩明

次点:cha cha SING / Berryz工房 (コーラス:つんく清水佐紀、CHINO

特別賞:会いたい 会いたい 会いたいな / ℃-ute (コーラス:CHINO、望月英莉加、T3's)


つんく以外のコーラスが最も良かった曲に賞が贈られる。今年は「The 摩天楼ショー」がぶっちぎりで最優秀。CHINOさんが歌メロに重ねるコーラスで、竹内さんがウーアー系のコーラスと役割がはっきりしている。つんくはいつも通り歌メロをそのまま歌っていて、大部分はCHINOさんのコーラスと重なるんだけど、1ヶ所だけ重ならない部分があり、そこでガクッとなってしまう*5

次点には「恋愛ハンター」。サビのコーラスの展開がハロプロ楽曲における竹内さんコーラスの王道って感じがして好き*6。実は竹内さんってプラチナ期の娘。曲でほぼ全くコーラスを担当していなかったんだよね。それが今年に入って4曲も!!俺としては嬉しいけど、「高橋さんが卒業したことによる歌唱力低下を補うため」と推測できてしまうのがねぇ。

次点2つ目に「cha cha SING」。この曲はBメロのCHINOさん*7の高音コーラスが光る。一番音が高いところは歌声とアレンジが混み合っている部分でコーラスなしでも問題ない部分なのだが、そこをごまかさずちゃんと歌っているところを評価した。

今回、特別賞として「会いたい 会いたい 会いたいな」を入れた。この曲のコーラス単体では入賞する程のものでもないのだが、音ゲーマーには割とお馴染みの望月さんがコーラスに参加していたのが俺にとって衝撃的だったもので。


(5)俺的最優秀編曲者賞

最優秀:大久保薫*8

次点:michitomo*9


最優秀編曲者賞は、本家楽曲大賞で対象となっている曲を手がけた編曲者全員が対象となっている。「3曲以上編曲」が条件で、それを満たさない場合はどんなに良アレンジでも次点止まりとなる。

最優秀賞は大久保薫(初)。俺的楽曲大賞では2006年から大久保さんアレンジの曲はノミネートされていたが、しばらくの間はあまり上位に来ることはなかった。これまでに「オケヒが余計」だの「シンセブラスがしょぼい」だの好き勝手書いてきた記憶がある。

それでも、昨年「Only you」が初のTop3入り、「有頂天LOVE」も6位に入った。そして今年…「One・Two・Three」「ワクテカ Take a chance」といった娘。のEDM路線で大久保さんの持ち味が一気に花開いたと思う。大久保さんのアレンジはもはやワロタレベルではない、俺はそう断言する。

次点にはmichitomo。こちらもEDM路線で非常に面白いアレンジをしてくれた。それ以外の路線の楽曲も魅力的なものが多い。アイドル楽曲大賞の投票内容も考慮に入れていいなら、michitomoさんが最優秀だったと思うな。


楽曲部門の順位発表は明後日から!

*1Wikipedia娘。曲の演奏者はある程度記載されているけど、それ以外は…

*2:そういう人のために歌詞カードのダウンロードサービスがあればいいのに!

*3:ธงไชย แมคอินไตย์

*4:เรามา Sing

*5:サビ終わりの「My love」

*6:「字ハモ→ウーアー系」×2。この曲では字ハモ→なし→字ハモ→ウーアー系

*7:確定ではないけど…

*8:『One・Two・Three』『cha cha SING』『プリーズ ミニスカポストウーマン!』など

*9:『こんな私でよかったら』『Going my ↑』『UPPER ROCK』など