Hatena::ブログ(Diary)

Let’s Do Something Nice-Good!! このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter

0001 | 01 |
1900 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2000 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2005 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2012 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 12 |
2013 | 01 | 11 | 12 |
2014 | 05 |

2012-12-29

[][][][][][][]第9回・俺的ハロプロ楽曲大賞2012 前編 第9回・俺的ハロプロ楽曲大賞2012 前編を含むブックマーク 第9回・俺的ハロプロ楽曲大賞2012 前編のブックマークコメント

年末恒例の企画も今年で9回目となります。去年、「俺に彼女ができて俺的楽曲大賞を中止せざるを得なくなる可能性も0ではないが……」なんて書いたら、今年の4月に本当に彼女ができたんですよ*1。でもなぜか今年の年末も東京にいるんですよ。色々あって半年で別れたらしいですよ。しょっぱいね。

それでは発表に移りましょう。今年のノミネート曲はこちら。カバー・リミックス、メロディーが同じ曲、非ハロプロ曲(※例外あり)は対象外となっている。

※例外:THE ポッシボーアップアップガールズ(仮)吉川友北原沙弥香といった元ハロプロエッグ所属の方。ただし、能登有紗は本家楽曲大賞でもノミネートされなかったことから、俺的でもノミネートしていません。

前編では30位〜11位まで発表します!主要アレンジャー*2の曲の最高順位のところには、「○○○○最高順位」と書いてあります。


過去4回分(2008〜2011)の結果はこちら。第1回〜第4回の結果も見たい方は、第5回〜第8回の前編から飛んでください。

第8回・俺的ハロプロ楽曲大賞2011(前編後編

第7回・俺的ハロプロ楽曲大賞2010(前編後編

第6回・俺的ハロプロ楽曲大賞2009(前編後編

第5回・俺的ハロプロ楽曲大賞2008(前編後編


【30 → 21】

■30位■ なんじゃこりゃ?! / THE ポッシボー (詞・曲:本上遼 編:本上遼、原田勝通)

今回から再度ノミネートされるようになったポッシが早速ランクイン。最近のポッシの曲はかつてのメロン記念日っぽい感じのが多くて結構好きだったりする。Aメロのデケデケッ、デケデケッって鳴ってるところが好き。


■29位■ 初恋サイダー / Buono! (詞:NOBE 曲:しほり 編:宮永治郎)

久々に俺的に当たりと思えるBuono!*3。宮永さんはメロン記念日の曲で定評のあるアレンジャーだし、そりゃ良い楽曲ができあがるわけだ。間奏のピアノとかかっこいいじゃないですか。あ、俺に「キスをあげるよ」と言ってくれる方、常時募集中です。


■28位■ 私の時代! / モーニング娘。ロッキーズ (詞・曲:つんく 編:平田祥一郎

前々から「BPM180程度の4つ打ちの曲がハロに欲しい」って書き続けてきたけど、その願いがようやく叶った。4つ打ちでこれだけアップテンポだと電波ソングみたいになってしまいがちなんだけど、その辺をうまく避けていて良い。


■27位■ ここから始まるんだ! / 吉川友 (詞・曲・編:SmileR)

SmileRというボカロPによる提供曲。ボカロP云々は抜きにして、こういうエレクトロポップは大好物なので、そこそこ高い位置に来てしまうのよ。サビのキーが高くて歌うのが難しそうなんだけど、イベントではちゃんと歌えてるんだろうか…?


■26位■ 好きよ、純情反抗期。 / スマイレージ (詞・曲:つんく 編:大久保薫

シングルでは「夢フィフ」以来の80年代臭漂うマイナーコード。トランス気味のアレンジが妙にハマるね。サビの後さらにAメロが来るのが特徴的。こういう曲こそリミックスを聞きたいんだけど、最近リミックスやってくれなくて悲しい。


■25位■ バンザイ!〜人生はめっちゃワンダッホーッ!〜 / 真野恵里菜 (詞・曲:本上遼 編:本上遼、原田勝通)

曲名からつんく作詞と信じて疑わなかったのだが違ってて驚き。この本上さんって人はいったい何者なんだろうか。何もかも忘れて楽しい気分になれる曲。さて現実の真野ちゃんは焼肉程度でバンザイしてくれるだろうか…?


■24位■ もう、子供じゃない私なのに… / Berryz工房 (詞・曲:つんく 編:前嶋康明

前嶋さんによる初期娘。曲を思い出させるまったりしたアレンジに、千奈美のかわいらしい声が乗ることで良い方向に相乗効果を生み出している。千奈美をフィーチャーしたのは大正解だと思う。来年はコンサートで聴けますように。


■23位■ マーブルヒーロー / アップアップガールズ(仮) (詞・曲・編:PandaBoY)

PandaBoYさんのJ-CORE路線第2弾。意外とJ-CORE路線なアイドル曲ってそんなにないからPandaBoYさんの存在は有難い。出だしがどことなくももクロっぽいんだけど、やっぱり若干意識しているところがあるのかなあ。


■22位■ ドットビキニ / スマイレージ (詞・曲:つんく 編:大久保薫

カカカカカカカカ…というサビのフレーズが特徴的。しかも歌詞を見るとカじゃなくて夏だという…ここの部分はコーラスに注目してみると面白い。サンバ系の曲でここまでアップテンポなのって今までのハロプロ楽曲にはなかったと思うな。


■21位■ こんな私でよかったら / 吉川友 (詞・曲:サカノウエヨースケ 編:michitomo

サカノウエヨースケ提供のこの曲、全体的にメロと譜割りが特徴的で良いんですよ。michitomoさんのアレンジもシャレオツだしね。ところでAメロであっあっ言ってるコーラスがなんか気になってしまうのは俺だけでしょうか。


21位「こんな私でよかったら」は、鳳での「会い会いな」発売記念イベントの前にサカノウエさん本人が歌ったアコースティックVer.もなかなか良かった。吉川さんだけでなく、サカノウエさんにも歌い続けてほしいね。

それでは、20位〜11位、いってみよう。


【20 → 11】

■20位■ イチバンガールズ! / アップガップガールズ(仮) (詞・曲・編:michitomo

「UPPER ROCK」のc/w曲なんだけど、むしろこの曲のほうがUPPER ROCKじゃね?って思わせる程にアッパーなロック系楽曲。ハロプロのロック系では最近全くないBPM200超えとなっている。イントロの少しずつ速くなっていくところがいいね。


■19位■ 行け!元気君 / 萩原舞(℃-ute) (詞・曲:つんく 編:板垣祐介)[板垣祐介最高順位]

板垣さんのロック系楽曲の中では控えめな感じのアレンジなんだけど、これくらいがちょうどいい気がするよ。ピアノの音が入ってくるAメロが特に好きかな。あと、サビ前でテケテケテケテケって自分で言っちゃうのがかわいい。*4


■18位■ ピョコピョコ ウルトラ / モーニング娘。 (詞・曲:つんく 編:平田祥一郎

10期加入後初となるシングル曲。サビの歌詞は乗ってる気分というよりかは頭が狂ったような感じがするんだけど…まぁそこがいいんだけどね。楽曲としてはテクノポップ系かな。音ゲーで例えるならS-C-U曲っぽい。


■17位■ Boys be ambitious! / GREEN FIELDS (詞:牧穂エミ 曲・編:はたけ

はたけアレンジってので全く期待していなかったけど、この曲に関してはシンプルなアレンジが逆にハマってて良く思える。俺が単にシャッフルリズムに弱いだけかもしれないけど。あと、間奏のリコーダーにほっこりさせられる。


■16位■ 青春ど真ん中 / モーニング娘。天気組 (詞・曲:つんく 編:大久保薫

やっぱシャッフル(この曲の場合はモータウンかな?)を高く評価しちゃうわ俺。10期メンのフレッシュな歌声によく合っていると思う。この曲はラストにエピローグ的なAメロがあって、最後に言ってる「ふぅ…」が特にいいんですよ。


■15位■ ズンタカマーチ〜人らしく生きよう〜 / ℃-ute (詞・曲:つんく 編:高橋諭一) [高橋諭一最高順位]

これぞハロプロにしかできない曲!というかハロ以外はやろうとしないだろう。こういう昭和くささ満開の曲はヘタすりゃ大怪我しかねないからね。℃-uteの歌い方もさることながら、コーラスも特徴的で面白いと思う。


■14位■ カリーナノッテ / コピンク (詞:児玉雨子 曲:依田信隆 編:???)

コピンクことかりんちゃんさんのソロ!曲全体から丁寧に作られている印象を受ける。それゆえ、現場で披露する機会が与えられないのが本当に残念。この曲のアレンジャーは不明だが*5ハロプロ楽曲の専属アレンジャーに欲しいくらいだ。


■13位■ Mythology〜愛のアルバム〜 / Berryz工房 (詞・曲:つんく 編:松井寛

現場で盛り上がれる系の曲ではないが、歌とアレンジ併せて充分に聴かせてくれるからそれだけで満足。それにしても、松井さんアレンジなのに女子流っぽさをあまり感じないのはつんくの詞と曲にクセがありすぎるからだろうか。


■12位■ サイリウム / アップアップガールズ(仮) (詞:大華奈央香 曲・編:michitomo

コンサートの必需品のことを面白おかしく歌ったネタ曲かと思いきや全然そんなことはなく。ミドルテンポの明るい4つ打ちなんだけどいい歌詞だから思わず涙が出そうになるんだぜ。ちなみに俺はいつも同じ波長の532nmだよ!


■11位■ フォレフォレ〜Forest For Rest〜 / DIY (詞・曲:MEG.ME 編:生田真心

48系列曲、星野奏子曲でお馴染みの生田真心アレンジだが、彼女たちに提供した楽曲には存在しないかっこいいK-POP路線。そこに「河原でBBQ」「野山へアウトドア」といったSATOYAMAチックな詞が乗るんだからたまらない。


板垣さん最高順位が出てしまったので、本家での上位候補「悲しきヘブン」は俺的Top30に入らなかったということになる。俺的では真ん中より上には入ると思われる(まだ確定ではないけど)。サビのピロピロした音がSession9っぽくてそこそこ好き。それが嫌だという人もいるみたいだけど。


後編(12/30)に続く

そうそう、今日は阿佐ヶ谷ロフトA第1回アイドル楽曲大賞2012の結果発表イベントがあるよ!俺は行くよ!交換会用のCDなんて何も持ってきてないけど!

*1:仮面イベ表彰の翌週

*2:基本的に3曲以上アレンジした人。例外あり

*3:「Partenza」も俺的には当たりだけど、あれは変化球だと思うからノーカンにしたい

*4うさんくさいポップスでも自分でテケテケ言ってる曲が紹介されてたけど、それは別にかわいくないわw興味のある方は「ハイティーン・ゴーゴー」で検索しましょう

*5:たぶん作曲の依田さんが編曲もやってるんだと思うけど

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/dai-sy/20121229/p1