Hatena::ブログ(Diary)

Let’s Do Something Nice-Good!! このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter

0001 | 01 |
1900 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2000 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2005 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2012 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 12 |
2013 | 01 | 11 | 12 |
2014 | 05 |

2013-11-27

[][][]第2回アイドル楽曲大賞2013 投票内容 第2回アイドル楽曲大賞2013 投票内容を含むブックマーク 第2回アイドル楽曲大賞2013 投票内容のブックマークコメント

ブログを更新すること自体が久々ですね。というか、この1年は楽曲大賞関連のエントリしかないですね……


はじめに…今回はろくに曲を聴けてません。というのも、現在、長期出張中でホテルに寝泊まりしているのですが、検索した動画を見るのにやたら時間がかかるせいで楽曲評価のモチベーションが一気に下がりまして……

言い訳はこれくらいにしときましょうか。去年までは、楽曲枠(3〜4)・インパクト&ネタ枠(1〜2) で投票していたが、今年はそういうのを一切抜きにして、自分が気に入った曲だけを選ぶことにしました。そうでもしないと足りないんだ弾が。

それでは、楽曲部門・アルバム部門・推し箱部門の順に紹介していきます!コメントは投票時のものと同じだったり違ったりします。ちなみに過去3回の投票内容は…

2012:http://d.hatena.ne.jp/dai-sy/20121202/p1

2011:http://d.hatena.ne.jp/dai-sy/20111130/p1

2010:http://d.hatena.ne.jp/dai-sy/20101130/p1


インディーズ/地方アイドル楽曲部門】


(1) NEBAPPE☆MITOPPO / 水戸ご当地アイドル(仮) [1.0 pts] (詞:大塚利恵 曲・編:鎌田雅人)

D

水戸の方言と名物をアピールしつつも少しかっこいい曲名。曲中でも地域の特徴や名物などをラップ調で詰め込んでおり、いかにもアイドルが歌うご当地ソングのテンプレ的な曲だなあと思った。しかし、サビの「ねばっぺ」連呼はまさにこれしかないという感じ、「ねばって」だとインパクトが非常に弱い。かつて久住小春が「こんにちぱ」という曲を歌っていたが、半濁音の持つ力はやっぱり偉大だと実感しました。


(2) ミッドナイトConfusion / Especia [2.0 pts] (詞・曲:SAWA 編:SAWA+Schtein&Longer)

D

なにこの楽曲派ホイホイ。楽曲が放つ力がすごすぎて見事に絡めとられた俺がいますよ。キラキラっぷりが半端ない!こんなの、好きにならないわけがないですよ!そして、何度も聴いているうちに気分が晴れやかになっていくのがよくわかる。いつの間にかMVのアウトロ部分でのオッサンみたいな表情になってた。


(3) LANA -セカイノハズレ- / TOMOSUKE × Jazzin'park [2.5 pts] (詞:Jazzin'park 曲・編:TOMOSUKE、Jazzin'park)

D

音ゲー枠。LANAの曲はどれも好きなんだけど、特に好きなのがこの曲。軽快でハネたリズム、そしてピアノの音色が心地良いジャズテイスト満載の曲。そこにLANAこと村上来渚の透明感のあるヴォーカルがいい感じにマッチしている。現場での盛り上がりを考慮する必要がないからこそ、こういう曲が制作できたのではと思う*1。あと、女性アイドル楽曲に入る男声コーラスが好きだということを再認識しました。サビのコーラス大好き。

しかし、企画としてはどうしてもひなビタ♪の影に隠れてしまった感が否めない。いや確かに「めうめうぺったんたん!!」とか「ちくわパフェだよ☆CKP」とか楽しいし好きなんですがね。


(4) 超絶絶賛上昇中!! / ちぇり→☆ボンボン [2.0 pts] (詞・曲・編:キタムラユウキ

D

HIFで見たアイドルその1。ここ2〜3年で女性アイドルグループにもBPM170overの4つ打ち楽曲が少しずつ増えてきたという印象があるんだけど、そんな中でひときわ目立つBPM190という超絶アッパーで攻撃的なトラック。それを小学生含む若い子達に歌わせるという良い意味での狂い具合を絶賛したい。ボーナストラックで「わるだくみ」が上手く言えずに何度も録り直したと言っていたが、最近の動画を見る限りそうでもないようで歌唱力も上昇中という印象。


(5) Lady Silence / Le Siana [2.5 pts] (詞:有本隆 曲:岡本潤 編:福本裕介)

D

HIFで見たアイドルその2。作詞者には「『吉野で義経と別れた静御前』を和風で」という依頼が来ていたようで。難しい依頼ではあるが、作詞者の解釈がうまくハマって美しい詞に仕上がっている。また、アレンジにもそれと同じくらい細かい指示が来ていたのだろうなというのは想像に難くない。篠笛と琴の音色が印象的で、そこにEDM的な要素も散りばめつつの4つ打ちダンスポップ…まさに平安時代と21世紀の邂逅とでも言うべきでしょうか。Le Sianaはまだ「見つかった」という感じはしないが、見つかった際には間違いなくこの曲が再評価されるのではないかと思う。




【メジャーアイドル楽曲部門】


(1) 恋するフォーチュンクッキー / AKB48 [3.0 pts] (詞:秋元康 曲:伊藤心太郎 編:武藤星児

D

作詞・作曲・編曲の全てがうまく噛み合ってできた良曲。ここ数年のAKB48のシングル曲は一応すべて聞いてるんだけど、数回聞いただけで歌詞・メロディともに耳に残る曲は「フライングゲット」以降なかった。そして、48系列の楽曲で常にいい仕事をしてきた武藤星児さんのアレンジも非常に良い。批判する要素が何一つ見つからない。2番終わりから大サビに入るまでの間奏なんて最高じゃないですか。


(2) DD JUMP / Dancing Dolls [1.0 pts] (詞:つんくDancing Dolls、UccaxxxxxLaugh 曲:つんく塩川満己 編:塩川満己)

D

曲名の頭3文字がDDJなのがいいですね!それだけの理由で選んだ感があるのは気のせいだよ気のせい。曲名からは予想できないがモーニング娘。の「LOVEマシーン」をサンプリングしている。アレンジの方向性としては本家のupdatedよりこっちのほうが好きだったり。繰り返し聞いてもそこまで飽きないのはポイント高い。


(3) でんでんぱっしょん(Ryu☆Remix) / でんぱ組.inc [2.5 pts] (詞:畑亜貴 曲:玉屋2060% 編:Ryu☆

D

こっちにも音ゲー枠!ついにアイドル楽曲にもBPM200over&4つ打ちの楽曲がやってきた。Ryu☆が得意とするハッピーハードコア路線で、Ryu☆曲をよく聞いている人なら20秒も聞けば「あぁ、これはRyu☆だな」と思うはず。リミックスの方向性としては「恋する☆宇宙戦争っ!!(Ryu☆Remix)」に非常に近い。歌を切り取って隙間に埋めていくスタイルで、いつもの声ネタは少なめとなっている。


(4) Tacata' / MAX [2.0 pts] (日本語詞:MOMO"mocha"N.  原曲詞:Raul Rodriguez 曲:Mario Romano、Salvatore Sapienza 編:okaerio)

D

原曲TacabroTacata'」、原曲から既に中毒性のある曲なのだが、それに日本語詞をつけたらさらにひどくなった。正直言って、MAXはもう活動しているのかどうかすらも分からないような存在だったのだが、この曲でMAXの存在感が一気に増した。それにしても「アダムとイブとTacata'」「アカアオキイロTacata'」辺りの歌詞は本気で狂ってる、良い意味でも悪い意味でも。


(5) イジメ、ダメ、ゼッタイ / BABYMETAL [1.5 pts] (詞:NAKAMETAL・TSUBOMETAL 曲:KxBxMETAL・TSUBOMETAL・TAKEMETAL 編:教頭

D

曲名の時点で俺の心にグサグサ突き刺さるのだが…それ以上に強烈なメッセージ性をもったこの曲の歌詞がががが(中学・高校時代のイヤな思い出がフラッシュバック)。イジメはダメですよ絶対!*2また、激しいメタルサウンドがこの曲のメッセージ性をさらに強めているような感じもする。俺の心もさらにえぐられ…イジメはダメですよ絶対!(大事なことなので2回言いました)




【アルバム部門】

(1)入口のない出口 / ももいろクローバー [1.0 pts]

D

※あの空へ向かって / ももいろクローバー (詞:ももいろクローバー 曲・編:久保田真悟)

このアルバムといいAKBの公演曲といい、大人の事情があったのはわかるけど出すタイミングが遅すぎるよ!!俺がももクロに興味があったのは主に無印時代ということもあり、懐かしさとともに一つも飛ばさずに聞くことができた。中でも特に「あの空へ向かって」が好きでして…初めてももクロを見たときのことを思い出す。Jazzin'parkの久保田さんのアレンジがいいんだな。


(2)TOMOSUKE×Jazzin'park presents LANA / TOMOSUKE×Jazzin'park [2.0 pts]

D

※LANA -キロクノカケラ- / TOMOSUKE × Jazzin'park (詞:Jazzin'park 曲・編:TOMOSUKE、Jazzin'park)

インディーズ部門だけでなく、アルバム部門にも票を入れちゃいました!メジャーデビューする前のソロプロジェクトという点でコピンク*とよく似ているような気がする。楽曲の方向性は全然違うけど。配信限定アルバムなのでレンタル等はできないが、それでも1500円出して買う価値は充分にあると思う。ハズレ曲はないし、リミックス2曲も良い出来。ほとんどの曲がjubeatに収録されている*3けど、難易度は抑え目で俺みたいな平凡なプレイヤーでもフルコンが狙えるのがいい(LANA曲の赤譜面フルコンしたことないけど!)。

もしLANA曲限定のライブがあったら絶対行くよ、たとえコピンク*みたいに静岡だけでやったとしても絶対行くよ。


(3)コピンクス! メロディーズ 〜star chart〜 / コピンク* [3.0 pts]

D

※兎tocome(feat. コピンク) / コピンク* (詞:竹屋なかこ、児玉雨子 曲・編:依田伸隆)

そして本家コピンク*に3.0pts入れたのですよ。ハロプロ楽曲大賞ではアルバム部門がないので、ここで入れなきゃいつ入れるか?今でしょ!という感じで投票した次第であります。

楽曲のクオリティの高さは語るまでもないでしょう。曲についてはほとんどが生演奏でしっかり作られていて、詞については児玉さん独特のセンスが光る。さらに制作秘話を読むとより一層楽しめる。ハズレ曲なんて存在しない。そして、それをきっちり歌いこなす佳林ちゃん素敵。今年3月のスペシャルライブでの生歌は本当に本当に本当に良かった。あのライブ中に俺は何度涙をこらえただろうか。


【推し箱部門】

KSDD

KSDDは仮の姿、本当の推し箱はBerryz工房です。


来年はもっともっとアイドルソングを聞ければなと思います。やっぱり今年は聞いた量が少なすぎた。能動的に動かないとダメですね。

*1:現場のことを考え出すとモータウンっぽいリズムになってしまうと思う

*2:する側・される側の両方を経験した人の意見

*3:ただしプレイには「マイリクエスト楽曲」から事前に選ぶ必要あり

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/dai-sy/20131127/p1