ツージーのブログ 「アート・美術・視覚文化・幼児造形・子ども」 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2012-01-07

[]個展、辻大地展「ゆらぐ鏡」の様子が紹介されました!!

アートの展覧会を紹介する有名なブロガー幕内政治さん

f:id:daichida:20120123130027g:image


f:id:daichida:20120123130028g:image

「ex-chamber museum」

のサイトで、私の個展の様子が紹介されました。




【辻大地展「ゆらぐ鏡」《9/24》 in  unseal contemporary ギャラリー


■以下は紹介作品と文章です


f:id:daichida:20110924092601j:imagef:id:daichida:20110924092549j:imagef:id:daichida:20110924092536j:imagef:id:daichida:20110924092502j:image



f:id:daichida:20110924092440j:image




辻大地さんは動物が化けた子供のような、

なんともかわいく純朴な肖像画がずらりと並んでいました。

縦長の大きな作品4点の等身大の迫力、

それぞれに一貫する色調や季節感を演出する背景のモチーフなどが

奏でる臨場感に惹かれます。

顔に残る動物の痕跡に遊び心も感じます。




f:id:daichida:20110924092839j:imagef:id:daichida:20110924092814j:imagef:id:daichida:20110924092806j:image


f:id:daichida:20110924092735j:image




また、画面を水平方向にカットして分割し、

ずらして展示された作品のユニークさにも唸らされた次第。

このアプローチ自体に新しさはそれほど感じないものの、

画面をカットするという行為は少なくとも

僕には危うさへとは繋がらず、

何とも痛快にリズミカルな立体構造が創出されていて

そのユーモアが素直に心に響き、軽やかな高揚も届けてくれます。





また、特に背景での筆遣いに水墨画のような感触を

感じるのも興味深いです。

さまざまな色調に樹木などのシルエットが

ほぼ影の色で描かれて、「和」、というわけではないのですが、

細やかな筆捌きながらしっかりと画面の主人公を引き立て、

えとしても「影」をしっかりと全うしているあたりにも感じ入ります。

f:id:daichida:20110924092716j:imagef:id:daichida:20110924092658j:imagef:id:daichida:20110924092645j:image


f:id:daichida:20110924092613j:image



f:id:daichida:20110924093114j:imagef:id:daichida:20110924093103j:imagef:id:daichida:20110924093052j:image

f:id:daichida:20110924093023j:image


f:id:daichida:20110924092946j:imagef:id:daichida:20110924092933j:imagef:id:daichida:20110924092923j:image

f:id:daichida:20110924092859j:image



f:id:daichida:20110924093006j:image

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証