仏像の中に立てこもった8人の男たち

03年09月20日17時30分から数え始めた村人たち。

 毎日朝4時に日付を変えています。
 最近は読書の感想メインかな?
 
 この仏像8人男の紹介 仏像8人男をアンテナに加える 仏像の中の商店街(Amazonインスタントストア) Twitter


TVアニメーション「魔法少女まどか☆マギカ」公式サイト
 

2004-04-17 2004年度椎名の日

[]『ガングレイヴ』最終話(26話)「破壊者たちの黄昏」 12:33

仏像評価 9

最初と最後は日本語の題名なんですね。

「男の物語」としてはとてもいい幕の引き方でした。仁義仁義ー。

ブランドンとハリーはミレニオンのファミリーである以前にファミリーだった。ファミリーを何よりも大切にするブランドンがハリーを撃てなくて当然ですね。

「調和だ秩序だと聖人面していたビッグダディもかつては悪逆非道をしてきた、彼も偽善者だ」と言うハリーに対し、「ビッグダディは自らの過ちを知っていた。だからこそ調和を求めたのだ」と言うブランドン。ブランドン、いいこと言ったよ。

2004-04-03 久しぶりに満足な目覚めだった日

[]『ガングレイヴ』24話「LAST BULLET」 17:10

仏像評価 9.5

質高し。画も話も。

グレイヴがオーグマンの研究所を破壊。ハリー・マクドゥエル失脚。四天王とオーグマンの絶大な力を失ったハリーにミレニオンの幹部が反逆したのだった。ビッグダディの遺志を継ぐ老人が首謀者。

刺客に追われる中で、ベアの残したオーバーキルズ、そして妻のシェリーをも失うハリー。

一方、グレイヴはスペリオール化した九頭文治と最後の戦い。戦う2人から笑みが漏れる。前回の戦いとは違った清々しい戦い。ぼろぼろになりながらも勝つグレイヴ。

2004-03-13 朝一番十兵衛ちゃんの日

[]『ガングレイヴ』23話「DAUGHTER」 01:19

仏像評価 9

グレイヴとベア・ウォーケンの決闘。

ミレニオンの男同士の悲しい戦い。ビッグダディと娘の板挟みになったベアは娘を選び、ビッグダディ(&マリア)とハリーの板挟みになったブランドンはビッグダディを選んだ。

ベアは刀で勝負。銃に太刀打ちできるのかと思いましたが、スペリオール化したベアの刀一振りは屋敷をぶったぎる威力なのでした。でも慢心ゆえにベア敗退。というか無理のある慢心だったような。ベアの性格を考えると。それともスペリオール化の影響か。

最後はグレイヴにけじめをつけてくれるように頼むベア。ベアは最後に娘、シェリーと過ごした日々を思い出していた。引き金を引くグレイヴ。

残るは、九頭とハリーか。

機関銃付棺桶を破壊されたのは痛いと思った。

2004-03-06 H林堂高田馬場店に行ってきた日

[]『ガングレイヴ』22話「REMORSE」 01:11

仏像評価 9

リーにとらわれたミカを助けるために、リーの待つ地下鉄の駅に向かうグレイヴ。

ボブの復讐に燃えるリーはミカを盾にしてグレイヴを攻撃。抵抗できないグレイヴ。しかしそこにDr.トキオカが登場。隙を見せたリーを攻撃してミカを救出したグレイヴは地下鉄で逃げる。追うリー。

Dr.トキオカの開発した対スペリオール弾によりリーを撃退するグレイヴ。だが、リーとの戦いの中でDr.トキオカは致命傷を負っていた。Dr.トキオカによる最後のグレイヴのメンテナンス。グレイヴに残された稼働時間はあと10日。

グレイヴはとうとうミカと2人きり。

2004-02-29 ホワイトが熱い日

[]『ガングレイヴ』21話「DUTY」 20:03

仏像評価 9

生前のグレイヴの最初の上司、ウィッジとゲーリーに匿ってもらうミカ。

グレイヴは単身、ミレニオン本拠へ向かう。

一方、ボブの復讐に燃えるリーはウィッジ、ゲーリーの家へ。ボブを失った悲しみをグレイヴにも味わわせるために。

リーによりウィッジ、ゲーリー殺害。ミカはとらわれの身に。

前回で退場かと思った九頭文治は再び登場。自らをスペリオールにしようとしていた。なんだかもう「ミレニオン」として戦うつもりはなくて、単にグレイヴとの決着をつけようとしているだけにみえます。

2004-02-21 2回目の簿記2級前日

[]『ガングレイヴ』20話「BROTHER」 03:45

仏像評価 8.5

ミカは微妙に邪魔な気もするけど話の展開のためには居てもらわないと。

グレイヴの復讐は続く。

今回はかつての弟分、九頭文治との戦い。

「なぜ裏切ったんだ」と問いながら様々な手段でグレイヴを攻撃する文治。対ネクロライズ用兵器をもった文治にグレイヴは苦戦するが、ミカに危害を加えようとした文治にきれたグレイヴは復活し、文治撃破。

九頭文治やベア・ウォーケンは敵に回ってしまうのは惜しいですね。

  • 視聴
    • R.O.D -THE TV-』13話「続・紙々の黄昏」
    • R.O.D -THE TV-』14話「紙葉の森」
    • 『GUNSLINGER GIRL』12話「共生 - simbiosi -」
    • カレイドスター』45話「レオンの すごい 過去」
    • 鋼の錬金術師』19話「真実の奥の奥」
    • 『ガングレイヴ』20話「BROTHER」

2004-02-15 ぶっちゃけありえない日

[]『ガングレイヴ』19話「SUPERIOR」 16:00

仏像評価 9

記憶を取り戻しつつあるグレイヴはミレニオン幹部のパーティー会場を襲撃。しかしそれはグレイヴを引き寄せるための罠だった。十数年ぶりの再会を果たすグレイヴとハリー。

今回はグレイヴVSスペリオール化したボブ。当初は機能障害のために押されていたグレイヴだが、また1つ記憶を取り戻したグレイヴはボブを撃破。

次回は九頭文治戦? 九頭はやっぱりブランドン殺害事件の真相は知っているようで、心の中でブランドンを「兄貴」と呼ぶのだった。

ベア・ウォーケンは娘さえいなければグレイヴの味方になるんだろうな……。

2004-02-08 二日酔いの日曜日

[]『ガングレイヴ』18話「GRAVE」 21:34

仏像評価 8.5

だいたい1話と同じなのかな? でも全然違った見方ができますね。過去編を観た後だと。

今後のミレニオン幹部とグレイヴとの戦いに期待。どんな再会を果たすのだろうか。

2004-01-30 今回は寝坊しないように2時には寝たい日

[]『ガングレイヴ』17話「MIKA」 02:37

仏像評価 9.5

MIKAとはマリアとビッグダディの娘の名前。

ハリーがボスになって10年以上。オーグマンをつくる技術を手に入れたミレニオンは裏社会だけではなく表の世界にも進出しつつあった。「自由」を求めてさらなる高みを目指すハリー。

マリアに娘がいるということを突き止めたハリーは、マリアたちの殺害を指示。

平和に暮らすマリアとその娘ミカ、執事のトキオカのもとにやってくる暗殺者たち。それは予期されていたことだった。当初の取り決め通り、マリアが囮になって、ミカを逃がす。わけがわからずトキオカの車に乗せられるミカ。囮になったマリア死亡。彼女は最後にビッグダディの姿をみた。

車が向かうのはトキオカ執事の弟、Dr.トキオカのアジト。そこにはビヨンド・ザ・グレイヴ、かつてのブランドン・ヒートが、いる。

オーグマンの襲撃によりトキオカ執事も死亡。

ミカは独り、なんとかDr.トキオカのもとへ。

襲撃されるDr.トキオカの移動基地(装甲トラック)。悲鳴をあげるミカ。反応するグレイヴ。こうして話は1話にリンクする。

こうやって観てきて改めて1話になると、話への思いが強くなるので、オーグマンが変だとか、作画微妙な時があるとか(ブランドン編後編の作画は演出とあっていてとても良かった)、グレイヴが変だとか、そういうのは結構どうでもよくなります。

放映開始当初に脚本の黒田洋介が「敢えて「萌え」は入れない」とか書いていた気がしますが、納得。確かに彼の言うところの「萌え」は入っていないのでしょう。

組織古参幹部の(たぶん)たった1人の生き残り、ベア・ウォーケンは哀愁漂いまくり。ベア・ウォーケン、ビッグダディらのオッサンたちの話は本当に良かった。ベア・ウォーケンはこれからどのようにグレイヴと向き合っていくのだろう。

  • 視聴
    • 鋼の錬金術師』16話「失われたもの」
    • 『ガングレイヴ』17話「MIKA」

2004-01-25 蟹文献を読まねばならぬ日

[]『ガングレイヴ』16話「LETTER」 16:42

仏像評価 9

ブランドンが生前にDr.トキオカに託した手紙がビッグダディのもとに届く。ブランドンはハリーの裏切りを知ってなお、最後までハリーのことを信じていたのだった。

ブランドンの生まれ変わり、ビヨンド・ザ・グレイヴを呼び出すためのものをマリアに渡したビッグダディは単身ハリーのもとへ。「ミレニオンは私だ」。ブランドンへの仁義を通そうとハリーに銃を向けるビッグダディ。しかし九頭に銃を落とされる。おとなしくマリアと暮らしていてくれないかと言うハリーに、ブランドンの本当の思いを語るビッグダディ。ブランドンを奪ったのはお前だと逆上するハリー。ハリーに撃たれ、ビッグダディ死亡。ああついにオヤジが……! 最高だったよビッグダディ。

ビッグダディを殺すだけでは飽き足らず、ビッグダディに関係するもの全てを破壊すると言うハリー。マリア危うし。

 

 
<< 2018/08 >>
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

1980 | 01 | 02 |
2003 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2004 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 12 |
2010 | 03 |
2011 | 05 | 06 | 07 |

 ローゼンメイデンリンク(頑張って最新化中!……だったはずなんだが)

東方Project関連記事 『ローゼンメイデン・トロイメント』感想 翠星石関連記事 水銀燈関連記事 真紅関連記事 『ローゼンメイデン』全般記事

 視聴(クリックすると感想一覧へ)
  『うえきの法則』『ガラスの仮面』『ガンパレード・オーケストラ』『かしまし〜ガール・ミーツ・ガール〜』『IGPX』『SoltyRei』『蟲師』『交響詩篇エウレカセブン』『ARIA』『ゾイド ジェネシス』『ふしぎ星の☆ふたご姫』『GUN×SWORD』『ローゼンメイデン・トロイメント』『苺ましまろ』『スピードグラファー』『ハチミツとクローバー』『かみちゅ!』『極上生徒会』『機動戦士ガンダムSEED DESTINY』『魔法先生ネギま!』『まほらば』『ああっ女神さまっ』『BECK』『スターシップ・オペレーターズ』『巌窟王』『舞-HiME』『プラネテス』『蒼穹のファフナー』『ローゼンメイデン』『KURAU Phantom Memory』『鋼の錬金術師』『絢爛舞踏祭 ザ・マーズ・デイブレイク』『サムライチャンプルー』『忘却の旋律』『マリア様がみてる〜春〜』『GANTZ』『恋風』『クロノクルセイド』『ガングレイヴ』『PEACE MAKER 鐵』『なるたる』『マリア様がみてる』『十兵衛ちゃん2 ―シベリア柳生の逆襲―』『R.O.D -THE TV-』『カレイドスター』『GUNSLINGER GIRL』『Avenger』『高橋留美子劇場 人魚の森』『フルメタル・パニック?ふもっふ』『LAST EXILE』『ガドガード』『TEXHNOLYZE』『D・N・ANGEL』『魔探偵ロキRAGNAROK』『機動戦士ガンダムSEED』

なかのひと