大学受難 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2010-03-12 当世学生 二足のわらじ 厳しい就職 学外で専門技術 このエントリーを含むブックマーク このエントリーのブックマークコメント

就職氷河期になると脚光を浴びる大学生らの「ダブルスクール現象」に、新たな動きが広がっている。かつては司法試験簿記検定などの対策、語学習得といった資格大学の専攻に関連するものが主だった。だが最近は、専攻とは畑違いの服飾デザインや、コンピューターグラフィックスCG技術を身に付けたいと通うケースが、目立つという。 (中沢佳子

 「バンタンデザイン研究所」(渋谷区)は受講生の三割がダブルスクール族。ほとんどが就職意識する二、三年生で、大学で服飾を専攻していない学生も多い。その一人、洋服の販売職を目指す大東文化経済学部二年の塩原慶一郎さん(20)は「服を売るには、色彩や布地の知識、ディスプレーの技術も必要」とダブルスクールを決めた。大学との両立は大変だが「大学勉強する経済学は幅広すぎる。でも、洋服しか見えない環境だと世の中が分からなくなる」と語る。

 中央大学商学部三年の信沢俊介さん(21)は「おもちゃ製造会社就職し、おもちゃの企画をやりたい」と、グラフィックデザインを学んでいる。学部の勉強は、おもちゃデザイナーという希望の道と無縁に見えるが「時代がどんなデザインを求めているかが分かり、意義はある」という。

 「専門技術は必要だが、それだけでは就職できない時代」と就職戦線の厳しさを語る同研究所PR室の林口雅さんは、大学と学外の学校で異なる二つの専攻を持つ「ダブルメジャー」を勧めている。「大学では教養を深め、広い視野を養える。両立できれば、大卒と専門技術という二つの強みが手に入る」

 CG映像クリエーター養成する「デジタルハリウッド」(千代田区)でも、主に社会人が対象の夜間クラスの受講生のうち三割がダブルスクール族という盛況ぶり。主流は美大生だが、法学部文学部医学部学生も増えた。ニーズの高まりを受け、四月にダブルスクール専用クラスを新設する。

 「CG映像技術は、住宅自動車医療司法など各分野で活用されていく。働く場が広がると考えて学生が集まるようです」と広報担当川村めぐみさんは話している。

◆3年で倍増 内定率低迷と連動

 東京都内専修学校など三百五十七校でつくる「東京都専修学校各種学校協会」(渋谷区)の二〇〇八年度の調査では、加盟校の学生に占めるダブルスクール族の割合は0・6%で、三年前に比べて二倍に増えた。

 同協会の有我明則事務局次長は「ダブルスクールの増加は、就職内定率の低迷と連動する。最近は、就職できなかった既卒者や、大学中退して専修学校に入り直すケースも増えた」と指摘する。

 文部科学省によると、今春卒業予定の大学生就職内定率は、昨年十二月一日現在で前年同期より7・4ポイント低い73・1%。一九九六年の調査開始以降、最悪だった。

 有我事務局次長によると、ダブルスクール族は今後も増えるとみられ、「やりたいことが決まらないまま大学に進む学生が多く、入学後に自分職業イメージが固まり、必要な専門知識を学外で学ぶという流れだ」と分析している。

2010-03-06 高校無償化の除外論浮上 朝鮮学校、教育方針は… このエントリーを含むブックマーク このエントリーのブックマークコメント

 「高校無償化制度から除外すべきだ、という意見が出ている朝鮮学校中井洽拉致問題担当相が対象から外すよう文部科学省側に要請し、鳩山由紀夫首相も「どんな教育をしているのかみえない」という発言を重ねている。実際はどんな学校か。

 東京都北区にある、東京朝鮮中高級学校。1946年創立の同校の生徒数は、高級部(高校)が563人、中級部(中学)が164人。朝鮮籍の生徒が若干多いものの、韓国籍の生徒もほぼ同数いる。同校は「戦後の当初は朝鮮籍だけだったが、韓国籍が後からでき、在日社会のなかで韓国籍の人たちが徐々に増えていった」。言葉文化といった民族教育を重視して韓国籍でも子どもを通わせる保護者も少なくない。

 グラウンドには、緑色の人工芝が広がっていた。サッカーラグビーの公式戦会場として使われている。ラグビー部は昨年、全国大会出場をかけた都代表決定戦まで進んだ強豪だ。同校は今年度、ボクシングラグビー東京都アスリート育成推進校(155高校)の一つに指定された。

 各教室では、女性先生や女子生徒は民族衣装のチマ・チョゴリ姿。授業は朝鮮語だ。英語の授業では、先生英語朝鮮語で話しながら、生徒たちの机の間を回って教えていた。

 黒板の上には、故・金日成主席と金正日総書記の肖像画が並べて掲げられている。慎吉雄校長(60)によると、肖像画は、2002年までは各朝鮮学校で掲げられていたが、朝鮮籍韓国籍を問わず保護者から「抵抗がある」との声が上がり、同校では義務教育段階の中級部で外し、高級部だけ残したという。

 過去10年間の大学進学をみると、毎年200〜300人いる卒業生のうち、朝鮮大学校東京都小平市)に進む生徒が48人〜90人。一方で日本大学にも47人〜105人が進学し、東大京大早慶にも合格者を出しているという。教科書日本大学受験意識し、進学校向けの教科書を参考にしながら「中の上」のレベルを目指して独自に編集しているという。拉致問題は記載していないが、「明らかな犯罪行為だったとしっかり教えている」(慎校長)。北朝鮮ミサイル発射については「人工衛星だ」と説明しているという。

 同校には東京都補助金が交付されており、09年度の額は約630万円。中、高級部を合わせた年間予算約4億円の1%強だ。都には財務関係書類やカリキュラム財産変更届といった書類を提出している。慎校長は「首相は『中身が見えない』と言うが、確認にはいつでも応じる。日本の多くの人に学校を直接みてもらいたい」と話す。

 同校によると、北朝鮮本国は、日本にある朝鮮学校への資金援助や奨学金などとして、総額で年間200万ドル(約2億円)を出している。同校が受け取った額は、ここ5年間は年20万円〜10万円という。


朝鮮学校 学校教育法上は一般の小中学校、高校ではなく「各種学校」に位置づけられている。文部科学省によると、日本幼稚園〜高校の各段階にあたる学校が全国で計73校(うち休校8校)あり、児童生徒数は約8300人。うち、高校無償化の除外論が出ている高校段階の「高級部」は11校(うち休校1校)、生徒数は約1900人。学費は、東京朝鮮中高級学校の高級部では初年度納付金は約53万円。

2009-11-13

大学全入時代 生き残りへ危機感募らせる専門学校

下は2007.10.27の記事。

この時点で、大学はまだ余裕がある状態で景気もよかった。

このころから専門学校の経営破たんを、聞くようになっていた。

大きな原因は、大学の専門学校化。

専門学校や短大から4年制大学への鞍替えが少し前に行われてきたという事実もあった。

専門学校や短大を出でも、学歴的にはほとんど評価されない。世間的には高卒と同等扱いを受けている問い事実があって、専門学校や短大から4年制大学へ転換がされてきた。事実、学生をあつめてきた。あるいは集めることができた。


大学の志願者数と入学者数がほぼ同じになる「大学全入時代」に入り、全国の専門学校が生徒獲得に苦戦を強いられている。文部科学省によると、専門学校の入学者数は4年連続で減少し、少子化が進んでも堅調に推移してきた専門学校人気に陰りが見え始めているという。背景には、高校新卒者の就職率改善に加え、美容師やマンガ家の養成などで大学が“専門学校化”していることがあるようだ。

■閉校

 大阪市西区の日生看護専門学校は今年3月、経営環境の悪化などを理由に廃校し、75年の歴史に幕を閉じた。平成16年4月から男子生徒の募集も始めたが、看護師養成の4年制大学の急増などで生徒確保が困難になり、閉校を決めたという。

 同校を運営していた財団法人日本生命済生会付属日生病院の濱田耕太郎事務長は「国の医療制度改革の影響もあり、病院をめぐる経営環境は年々厳しさを増していた。選択と集中の観点から経営資源を病院に集中することが適切と判断した」と本音を漏らす。

大学進学率50%超

 文科省の学校基本調査(速報値)によると、専門学校の入学者数は平成15年の33万8264人をピークに減少に転じ、昨年は30万834人、今年は28万2045人にまで落ち込んだ。大阪府内でも昨年、4校が廃止となり、生徒数も一昨年に比べ5693人減少。医療、服飾、衛生関係などすべての分野で前年度を下回った。

 社団法人全国専修学校各種学校総連合会事務局の柴田真成さんは「景気回復や高校新卒者の就職率の改善はもとより、専門学校で教えていた分野に大学が進出してきたことが追い打ちになっている」と分析する。

 少子化の影響で地方国立大や中堅以下の私立大の競争率が低下し、昨年は高校新卒者の大学進学率が初めて50%を超えたことも背景にあるという。

■せめて短大は…

 「生き残りをかけた挑戦が奏功した結果だと思う」。全国でも珍しい美容師養成課程を7年前に開設した大阪府堺市の堺女子短大。8年前に定員割れした志願者数は美容師課程の開設後、定員の約2倍の300人前後で推移している。全国の私立短大の数が10年間で2割近くも激減し、各短大が定員確保に苦しむ中で異例の数字を維持している。

 「美容師の技術を学べる上、『せめて短大は出てほしい』という親の希望をかなえられるのが人気の理由では」と同短大企画広報室の末松嘉久さん。短大経営の“成功例”の一つとして注目が集まっている。

 年々減り続ける生徒をいかに取り込むか。大学経営の多角化が進む中で専門学校も生徒の確保に躍起だ。今夏には大阪府内の30校が合同で高校生対象の体験講座を開催。一部の学校は対象を中学生にまで下げており、“冬の時代”を見据えた取り組みが本格化している。

 大阪府専修学校各種学校連合会の福田益和会長は「学生の絶対数は減る一方だが、大学の数は逆に増えており、学生がさらに大学に流れることが予想される。この逆風をどう乗り切るか、どの学校も難しいかじ取りを迫られている」と話している。

大学全入時代●

 18歳人口の減少で国内の大学・短大は、志願者数と入学者数がほぼ一致する「全入時代」を迎える。今春の入試で入学者数が定員を下回る「定員割れ」となった4年制の私立大学の割合は、過去最悪だった前年とほぼ同じ39・5%だった。

 一方、今年3月に高校を卒業した生徒の大学・短大現役進学率は前年度比2ポイント増の51%と初めて5割を超え、浪人生を含む進学率54%とともに過去最高となった。

 文部科学省は今春にも全入時代に突入すると予想していたが、平成19年度の入学者数は69万8000人で、志願者数77万2000人の90%だった。文科省は「志願者が想定以上に多かったが、進学率は着実に上昇している。全入の方向に進んではいることは確か」としている。