Hatena::ブログ(Diary)

北の楽園大雪山日記

2010-01-31

1月31日 上川町営中山スキー場

今日は、お天気もよかったので、上川町内にある町営の中山スキー場へ行ってきました。

層雲峡から上川町までの道中、また中山スキー場でも見られたのが、オオワシやオジロワシ。大空を堂々と舞う姿が見られます。

スキー場は無料で、近所の町民が滑りに来ていました。

f:id:daisetsuzan:20100131163430j:image

f:id:daisetsuzan:20100131163423j:image


ここのスキー場は下のようなロープ塔でゲレンデの上まで運んでもらいます。

これがなれない私にはスキーより至難の業でした。。。

f:id:daisetsuzan:20100131163425j:image:w240 f:id:daisetsuzan:20100131163424j:image:w240

f:id:daisetsuzan:20100131163429j:image


スキー場のすぐ横にあるジャンプ台。これは上川町出身の原田選手が幼い頃から練習していたジャンプ台です。

晴れた日には大雪山連峰が見え、眼下には上川町の町並みが見えるこのような環境でオリンピックメダリストが育ったのですね!

f:id:daisetsuzan:20100131163427j:image:w240 f:id:daisetsuzan:20100131163428j:image:w240

こういう素朴な雰囲気のスキー場でのんびり生きものや自然を感じながらスキーをするのも楽しいものです♪

f:id:daisetsuzan:20100131163422j:image雪の下をネズミが歩いた痕

中山スキー場へのアクセスは、道央道・比布JCより旭川紋別道経由、愛山上川ICより国道39号上川町方面へ、上川町「栄町」を左折し道道640号に乗り現地へ。

営業は09:30〜16:30まで、ナイターは21時までです。

営業日や詳細は上川町までお問い合わせ下さい☆

photo・文/木守りりんご

2010-01-29

1月29日 クマゲラの森

f:id:daisetsuzan:20100129163832j:image

層雲峡のクマゲラの森をスノーシューで奥まで歩いてみました。

この森は、クマゲラの生活圏内です。クマゲラのねぐらや営巣木になりそうな大きな木も多く残っています。

f:id:daisetsuzan:20100129163833j:image

毎年この時期に食痕や鳴き声、あわよくば姿も見られることもありますが、最近鳴き声すら聞けません。ちょっと寂しいです。

このクマゲラの森。工事の予定があり、昨秋にはボーリング調査なども行なっていて、昨夏まで姿を見せていたクマゲラはすっかり見られなくなりました。

これが工事や調査と関係があるのかないのか、クマゲラに聞いてみないことにはわかりませんが、例年見られるクマゲラが見られなくなったという事実だけは変わりません。

一見豊かに見える北海道の自然も、実は微妙なバランスで成り立っていて、そのバランスがひとたび崩れてしまうと、私たち人間の力ではどうにもこうにも出来ない状態になる、ということだけは、このブログをお読みの方に知っていただきたい、と思い、今後もここ層雲峡のクマゲラの森のこと、随時、ご報告して、皆様と一緒に見守り、考えていきたいと思います。


photo・文/木守りりんご

2010-01-26

1月26日 氷瀑まつりのライトアップ

今日はすごいブリザード!目の前が真っ白で見えないくらいです。昨日の夕方から雪がすごい勢いで降り続き、あれよあれよと一晩で50cm以上積もりました。なので、今日は一歩も外へ出られず。

そのため、写真屋さんに現在行なわれている氷瀑まつり会場のライトアップ風景写真をいただいたので、皆様にはそちらをたっぷりご紹介☆

f:id:daisetsuzan:20100126185233j:image

暗くなってから22時までライトアップされるのですが、昼間とはまた異なり、ライトに当たりキラキラと氷が光る様子は、ぜひ一度は見てほしい美しさ!

f:id:daisetsuzan:20100126185242j:image:w240 f:id:daisetsuzan:20100126185241j:image:w240

f:id:daisetsuzan:20100126185240j:image:w240 f:id:daisetsuzan:20100126185234j:image:w240

f:id:daisetsuzan:20100126185239j:image:w240 f:id:daisetsuzan:20100126185236j:image:w240

昼間の氷瀑も自然な美しさで、こちらも必見です!

f:id:daisetsuzan:20100126185238j:image

f:id:daisetsuzan:20100126185235j:image:w240 f:id:daisetsuzan:20100126185232j:image:w240f:id:daisetsuzan:20100126185237j:image

厳しい冬の層雲峡が表現する氷の祭典。ぜひお越し下さい!

photo/戸舘写真館

文/木守りりんご

2010-01-25

1月25日 今年初!バードウォッチング

午前中、天気も良かったので、今年初の紅葉谷へ散策してきました。

のんびり紅葉谷を歩いていると、周囲を小さな野鳥がたくさんやってきて、あっという間に取り囲まれました。

すぐ手の届きそうな距離にゴジュウカラコゲラ、ハシブトガラ、シマエナガがいます。

f:id:daisetsuzan:20100125141404j:imageハシブトガラ

f:id:daisetsuzan:20100125141405j:imageカケス

警戒心の強いカケスだけは、こちらを非常に意識してギャーギャーと鳴いていますが、ほかの鳥たちは、私の存在に気付いているはずだけど「我関せず」といった感じで、各々が思い思いに蕾や枝をつついて飛び回っています。

その場に佇んでいると、森の中にとけこんでいきそうな錯覚さえ覚えるほど、全てが「自然」で、その場に居合わせてもらえたことがありがたい気持ちになりました。

f:id:daisetsuzan:20100125141406j:image

さてさて、そんな余韻にひたりつつ、紅葉谷の奥へ歩いていくと、いろんな生きものたちの痕跡を見つけました。

f:id:daisetsuzan:20100125141412j:image f:id:daisetsuzan:20100125141411j:image

f:id:daisetsuzan:20100125141413j:image f:id:daisetsuzan:20100125141410j:image:w240

キツツキ類が木をつついた痕、野鳥種子類を食べた痕、エゾモモンガがマツの葉を食べた痕などを見つけては、その時の可愛らしい様子を思い浮かべたりして・・・。

自然の中にいると、想像力豊かになれそうですね☆

帰り道にホテル大雪の斜面で7〜8頭のエゾシカの群れに会いました。

f:id:daisetsuzan:20100125141408j:image

チビ角がついたオス2頭に、メス、そしてまだあどけない顔をしている仔鹿もいました。

f:id:daisetsuzan:20100125141409j:image

雪がまだそんなに深くないので、足で下草を見つけて食べているようです。段々雪が深くなってくると、今度は木の幹を食べます。シカたちの食事も変化していくのですね☆

軽く散歩程度の紅葉谷でしたが、沢山の生きものに出会えました。今年もよろしくねー!

f:id:daisetsuzan:20100125141403j:image

photo・文/木守りりんご

2010-01-24

1月24日 層雲峡の滝でアイスクライミング!

層雲峡温泉街から車で約5分ほどの場所にある銀河の滝。

ここはアイスクライミングメッカです。銀河の滝はおおかた凍り、休日の今日もアイスクライミングを楽しむ人々が数人いました。下の写真にも数人写っていますが見えるでしょうか?この滝のスケールを感じられるでしょうか!

f:id:daisetsuzan:20100124183425j:image


層雲峡には他にもアイスクライミングのできる滝がいくつもありますが、この銀河の滝は初級編だそうですよ〜。素人の私には考えられません!

f:id:daisetsuzan:20100124183431j:image:w240 f:id:daisetsuzan:20100124183430j:image:w240

f:id:daisetsuzan:20100124183432j:image


隣の流星の滝は、水量も多く、またほぼ垂直に落ちる滝のため勢いも強いので、なかなか全面氷結することはありません。

f:id:daisetsuzan:20100124183433j:image

また、今年の銀河の滝は、一部水が流れているところもありますし、氷の厚みが例年よりはまだ薄いので、水が流れているところから時々ガシャーンと大きな音をたてて氷が落ちる場面も見られました。

アイスクライミングを楽しむ人にも緊張が走ります。

下には石狩川が流れ、アイスクライミングをする人はこの石狩川を渡渉していきます。冬は夏よりも流量が減るので、渡渉しやすいところを選べば、長靴でいけます。

f:id:daisetsuzan:20100124183429j:image:w240 f:id:daisetsuzan:20100124183436j:image


滝の対面の森では、エゾモモンガがどうもいるようです。こんな痕跡をちょこちょこ見かけました。

f:id:daisetsuzan:20100124183435j:image

トドマツの葉を食べたあとやフン、尿など、「ここにいるよ〜」と言わんばかりの痕跡を残し、今、モモンガたちはどこにいるのでしょうね♪


photo・文/木守りりんご

1月24日 二重大雪山!

今日は面白い現象に出会いました!

よく大雪山の様子を写真に撮る場所へ行ってみると、いつものように黒岳と桂月岳が見えます。でもよーく見ると、桂月岳の上に角のような影があります。

f:id:daisetsuzan:20100124183427j:image

ん?と不思議に思い眺めていると、、、だんだん様子が変わってきました!

f:id:daisetsuzan:20100124183428j:image

そして、刻々と姿を変え、特に桂月岳が二重になってしまいました!!まるで桂月岳が2つあるかのように錯覚してしまいます。

f:id:daisetsuzan:20100124183426j:image

この後はどんどん影が消えていきました。およそ3分ほどの間に刻々と姿を変えて最後は消えていくこの現象。沈んでいく陽が山を照らし、そのとき出来る山の影が、雲をスクリーンとして映し出されているのだそうです。

この条件が重なったときに見られるものなので、今度は大きな二重黒岳を見てみたいものです♪

それにしてもたまたま行った先で、このようなものに出会えるとは、タナボタでした☆

 photo・文/木守りりんご

2010-01-23

1月23日 層雲峡氷瀑まつり 開催中!!

皆様、遅ればせながらあけましておめでとうございます!

山の上ブログスタッフがようやく層雲峡へ戻りましたので、今年もブログを再開したいと思います!

本年もどうぞよろしくお願いいたします。

今年も、本日、1月23日、層雲峡氷瀑まつりが始まりました!

f:id:daisetsuzan:20100123213939j:image


石狩川の水を使って作られる氷瀑

昼間は水色に輝く氷がとても美しく、夜はライトアップされて一層美しく映えます。

f:id:daisetsuzan:20100123213944j:image:w240f:id:daisetsuzan:20100123213937j:image:w240

f:id:daisetsuzan:20100123213942j:image:w240f:id:daisetsuzan:20100123213941j:image:w240

今日はオープニングセレモニーとして氷瀑太鼓や餅まき、氷瀑ウェディング、花火などがあり沢山の見物客でにぎわいました。

f:id:daisetsuzan:20100123213940j:image

氷瀑まつりは3月28日まで。皆様のお越しをお待ちしております!

photo・文/木守りりんご