Hatena::ブログ(Diary)

北の楽園大雪山日記

2010-01-24

1月24日 層雲峡の滝でアイスクライミング!

層雲峡温泉街から車で約5分ほどの場所にある銀河の滝。

ここはアイスクライミングメッカです。銀河の滝はおおかた凍り、休日の今日もアイスクライミングを楽しむ人々が数人いました。下の写真にも数人写っていますが見えるでしょうか?この滝のスケールを感じられるでしょうか!

f:id:daisetsuzan:20100124183425j:image


層雲峡には他にもアイスクライミングのできる滝がいくつもありますが、この銀河の滝は初級編だそうですよ〜。素人の私には考えられません!

f:id:daisetsuzan:20100124183431j:image:w240 f:id:daisetsuzan:20100124183430j:image:w240

f:id:daisetsuzan:20100124183432j:image


隣の流星の滝は、水量も多く、またほぼ垂直に落ちる滝のため勢いも強いので、なかなか全面氷結することはありません。

f:id:daisetsuzan:20100124183433j:image

また、今年の銀河の滝は、一部水が流れているところもありますし、氷の厚みが例年よりはまだ薄いので、水が流れているところから時々ガシャーンと大きな音をたてて氷が落ちる場面も見られました。

アイスクライミングを楽しむ人にも緊張が走ります。

下には石狩川が流れ、アイスクライミングをする人はこの石狩川を渡渉していきます。冬は夏よりも流量が減るので、渡渉しやすいところを選べば、長靴でいけます。

f:id:daisetsuzan:20100124183429j:image:w240 f:id:daisetsuzan:20100124183436j:image


滝の対面の森では、エゾモモンガがどうもいるようです。こんな痕跡をちょこちょこ見かけました。

f:id:daisetsuzan:20100124183435j:image

トドマツの葉を食べたあとやフン、尿など、「ここにいるよ〜」と言わんばかりの痕跡を残し、今、モモンガたちはどこにいるのでしょうね♪


photo・文/木守りりんご

1月24日 二重大雪山!

今日は面白い現象に出会いました!

よく大雪山の様子を写真に撮る場所へ行ってみると、いつものように黒岳と桂月岳が見えます。でもよーく見ると、桂月岳の上に角のような影があります。

f:id:daisetsuzan:20100124183427j:image

ん?と不思議に思い眺めていると、、、だんだん様子が変わってきました!

f:id:daisetsuzan:20100124183428j:image

そして、刻々と姿を変え、特に桂月岳が二重になってしまいました!!まるで桂月岳が2つあるかのように錯覚してしまいます。

f:id:daisetsuzan:20100124183426j:image

この後はどんどん影が消えていきました。およそ3分ほどの間に刻々と姿を変えて最後は消えていくこの現象。沈んでいく陽が山を照らし、そのとき出来る山の影が、雲をスクリーンとして映し出されているのだそうです。

この条件が重なったときに見られるものなので、今度は大きな二重黒岳を見てみたいものです♪

それにしてもたまたま行った先で、このようなものに出会えるとは、タナボタでした☆

 photo・文/木守りりんご