Hatena::ブログ(Diary)

北の楽園大雪山日記

2010-11-12

11月12日 森の豊作!

今年、層雲峡周辺の森では様々な実が豊作のようです。

ドングリ、クルミ、ヤマブドウ、ツルウメモドキなどなど。クマも野鳥もリスもネズミも大忙しの秋だったかもしれません♪

f:id:daisetsuzan:20101112172526j:image:w240f:id:daisetsuzan:20101112172524j:image:w240
クルミツルウメモドキ
f:id:daisetsuzan:20101112172530j:image:w240f:id:daisetsuzan:20101112172529j:image:w240
シナノキ

クルミは、堅くて厚い果肉のような部分に包まれていて、その中から普段見るような姿が現れます。

f:id:daisetsuzan:20101112172527j:image:w240 f:id:daisetsuzan:20101112172525j:image:w240

堅くて厚い皮の部分は、だんだんと腐ってポロッと脱げます。これをエゾリスやネズミたちはかじって中身を食べます。

エゾリスやネズミは土の中にクルミを埋めて、また後で食べたりしますが、うっかり忘れて、地面に埋められたままになったものが、また発芽しクルミの木となります。自然は本当にうまいこと出来てます〜。

清川の水芭蕉園では、落ち葉の間からミズバショウが顔をひょっこり出していました。間もなく雪という暖かい布団の下で春を待つことになります。

f:id:daisetsuzan:20101112172528j:image

photo・文/ペンション山の上