Hatena::ブログ(Diary)

北の楽園大雪山日記

2010-11-12

11月12日 森の豊作!

今年、層雲峡周辺の森では様々な実が豊作のようです。

ドングリ、クルミ、ヤマブドウ、ツルウメモドキなどなど。クマも野鳥もリスもネズミも大忙しの秋だったかもしれません♪

f:id:daisetsuzan:20101112172526j:image:w240f:id:daisetsuzan:20101112172524j:image:w240
クルミツルウメモドキ
f:id:daisetsuzan:20101112172530j:image:w240f:id:daisetsuzan:20101112172529j:image:w240
シナノキ

クルミは、堅くて厚い果肉のような部分に包まれていて、その中から普段見るような姿が現れます。

f:id:daisetsuzan:20101112172527j:image:w240 f:id:daisetsuzan:20101112172525j:image:w240

堅くて厚い皮の部分は、だんだんと腐ってポロッと脱げます。これをエゾリスやネズミたちはかじって中身を食べます。

エゾリスやネズミは土の中にクルミを埋めて、また後で食べたりしますが、うっかり忘れて、地面に埋められたままになったものが、また発芽しクルミの木となります。自然は本当にうまいこと出来てます〜。

清川の水芭蕉園では、落ち葉の間からミズバショウが顔をひょっこり出していました。間もなく雪という暖かい布団の下で春を待つことになります。

f:id:daisetsuzan:20101112172528j:image

photo・文/ペンション山の上

立川の充爺立川の充爺 2010/11/15 21:15 これぞ自然の輪廻というもの、よーく観察しておるの〜。感心じゃ!雪が降り積もる前にリスやネズミ達が大急ぎで食べ物をかき集めている様子が本当に目に見えるようじゃ!
真冬への短い間の様子をまたまた詳しく教えてください。

daisetsuzandaisetsuzan 2010/11/16 14:36 立川の充爺さま

 今度は大急ぎで食べ物を食べている生きものたちにも出会ってみたいですが、なかなか会えませんね〜。食痕は見つけられるのですが。。。
厳冬への準備が着々と進んでいる自然の様子、少しでも伝わると嬉しいです(^^)

投稿したコメントは管理者が承認するまで公開されません。

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証