Hatena::ブログ(Diary)

北の楽園大雪山日記

2011-03-29

3月29日 冬の大雪山の絶景!

今日は黒岳へ登った方から写真をいただきました!なかなか見ることの出来ない、冬の大雪山の様子がわかる貴重な写真です。

f:id:daisetsuzan:20110329215151j:image f:id:daisetsuzan:20110329215152j:image:w240

今日の黒岳は風がとても強く、雪けむりが舞っていたそうです。イワウメの花がらも風雪に耐えるように、地面にへばりついて生えています。

f:id:daisetsuzan:20110329215157j:image:w240 f:id:daisetsuzan:20110329215156j:image:w240

頂上は雪があまり積もっていません。風の強さを物語っています。

f:id:daisetsuzan:20110329215150j:image

頂上で、雪けむりや霧が晴れるのを待っていると、時々、烏帽子岳や北海岳が見え隠れします。

f:id:daisetsuzan:20110329215200j:image

f:id:daisetsuzan:20110329215202j:image

f:id:daisetsuzan:20110329215203j:image


石室周辺はさらに風がふきさらし、雪が舞い、視界はきかず、自分のトレースも見失うほど。

石室はご覧の通り、すっかり雪に埋もれています。トイレは不思議なことに入口の周辺だけ、まるで除雪したように雪がありません。風の吹き方のせいでしょうか。

f:id:daisetsuzan:20110329215154j:image

f:id:daisetsuzan:20110329215155j:image

頂上からはスキーで滑り降りてきたそうですが、雪質がとても良く、最高に気持ちが良かった!とおっしゃってました。

f:id:daisetsuzan:20110329215158j:image:w240 f:id:daisetsuzan:20110329215159j:image:w240

f:id:daisetsuzan:20110329215201j:image

マネキ岩の上から下を見下ろすと、急斜面!

f:id:daisetsuzan:20110329215204j:image

下界ではフクジュソウやフキノトウが出てきたりと、だいぶ春めいてきましたが、大雪山上はまだまだ冬のようです。


photo/清水氏

3月29日 氷瀑まつり終了!

層雲峡氷瀑まつりは3月27日をもって終了しました!お祭りが終わると、いよいよ春が近付いてくるような気がします。

f:id:daisetsuzan:20110329215208j:image:w240 f:id:daisetsuzan:20110329215205j:image:w240

層雲峡園地も雪がとけはじめ、草がみえはじめました。

f:id:daisetsuzan:20110329215207j:image

エゾシカもそんな草を食べに山を降りてきています。

今年も無事に越冬できた逞しいエゾシカたちは、食欲旺盛です!f:id:daisetsuzan:20110329215206j:image

photo・文/ペンション山の上 木守

2011-03-28

3月28日 クマゲラのお手入れ

今日は風は強いですが天気が良く、山も良く見えます!ニセイカウシュッペ山の槍もご覧の通りくっきり!かっこいい!

f:id:daisetsuzan:20110328183302j:image

f:id:daisetsuzan:20110328190128j:image

層雲峡の森も少しずつ雪どけがはじまり、地面がみえはじめたところから、エゾシカがやってきて草を食んでいます。

f:id:daisetsuzan:20110328183301j:image

スノーシューで歩いていると、クマゲラの巣をいくつか見つけました。以前見つけた古巣には、ナント!お手入れした跡が!!クマゲラがノミのように嘴を使って、入口を削ったあとがオレンジ色になっています。しかも中に何かいそうな気配が!!?

f:id:daisetsuzan:20110328183258j:image

f:id:daisetsuzan:20110328183259j:image

クマゲラは、その年に使おうとする巣をお手入れすることがあります。たとえば、生きた木にクマゲラが穴を開けても、木はその傷口を直そうとする治癒力があるので、穴がだんだん狭くなります。しかし、クマゲラはその木を気に入ると何年も巣に利用するので、小さくなった入口を嘴で削って、穴を広げて修繕したり、穴の中のゴミ等を外に捨てたり、お掃除にくるのです。

そのお手入れした形跡のある木から約60mほど離れた所にたつハンノキにも巣穴が。この穴も良く見ると出入りしている様子です。

もしかしたら夜間、寝に戻るためのねぐらかもしれません。

f:id:daisetsuzan:20110328190129j:image

f:id:daisetsuzan:20110328183300j:image


クマゲラが今年も層雲峡でペアになり、子育てをして、無事に育っていくと良いな〜☆

f:id:daisetsuzan:20110328183303j:image

photo/ケン・木守

文/木守

2011-03-24

3月24日 層雲峡の柱状節理

今日は、まず紅葉谷を散策しました。すると、入口でさっそくエゾシカ軍団にあいました。

f:id:daisetsuzan:20110324204055j:image:w240 f:id:daisetsuzan:20110324204054j:image:w240

層雲峡の国道沿いでは、ようやくエゾシカが現れるようになりました。今日は珍しく、立派な角をもつオスの群れも見ました。

f:id:daisetsuzan:20110324204046j:image:w240 f:id:daisetsuzan:20110324204045j:image:w240

さらに珍しいものをみつけました!ヒヨドリが雪の上で座って休憩?!何をしているのでしょう???

f:id:daisetsuzan:20110324204043j:image:w240 f:id:daisetsuzan:20110324204048j:image:w240


f:id:daisetsuzan:20110324204050j:image:w240 f:id:daisetsuzan:20110324204049j:image:w240

石狩川上流の川辺の薄氷

日中の気温は上がり、ところどころでプチ雪崩も起きています。この時期の散策は、いつもより気をつけないといけません!

f:id:daisetsuzan:20110324204053j:image:w240 f:id:daisetsuzan:20110324204052j:image:w240


スノーシューで散策していると、層雲峡らしい景色に出会いました。柱状節理群です。圧巻の眺めです!!

f:id:daisetsuzan:20110324204041j:image

国道沿いにそびえ立つ鬼巣岩も迫力あります。

f:id:daisetsuzan:20110324204044j:image

同じ岩でも、朝、昼、夕方と見る時間によって、そして、さし込む光の加減によって、雰囲気が変わる気がします。夕方の黄金色の光に照らされた鬼巣岩は、何だかやわらかい表情に感じます。

f:id:daisetsuzan:20110324204047j:image

photo/ケン・木守

文/木守

2011-03-21

3月21日 久々の散策

今日は朝から吹雪。強い風が吹きつけています。

昼過ぎから少し風雪もおさまり、スノーシューで運動がてら散策することにしました。

真勲別の森を歩いていると、枯ち木の皮の裏にエゾマイマイカブリが越冬中〜。昆虫たちはこうやって厳しい冬を越すのですね〜。こりゃまた失礼しました!

f:id:daisetsuzan:20110321184435j:image

f:id:daisetsuzan:20110321184436j:image

コゲラが作った小さな巣と脆くこわれた木の中をのぞいてみると・・・ハチの巣が出来ていました。どうやら、ひとつの生きものの巣が他の生きものを支えているようです。

f:id:daisetsuzan:20110321184432j:image

f:id:daisetsuzan:20110321184433j:image

歩きつかれてひと休み。コクワのつるが木に絡まり、ちょうどブランコのようになってました。大人の男性が腰掛けても大丈夫なほど頑丈で、ゆらゆらと心地の良いブランコ。

f:id:daisetsuzan:20110321184434j:image:w240 f:id:daisetsuzan:20110321184431j:image:w240

アトリ、カワラヒワの群れが道路上に群れています。家畜飼料のおこぼれにあずかっているようです。

f:id:daisetsuzan:20110321184429j:image

f:id:daisetsuzan:20110321184428j:image

吹雪の合間をぬって行った散策でしたが、空を見上げると青空!森に行けば、いつも様々な発見があります。

f:id:daisetsuzan:20110321184427j:image

photo/ケン・木守

文/木守

2011-03-15

3月15日 雌雄のクマゲラ

今日は層雲峡でクマゲラを見ました。今年初めてのクマゲラです。最初、オスだけが倒れかけのトドマツで採餌をしていましたが、その後、メスも鳴きながらやってきました。

f:id:daisetsuzan:20110315184805j:image

f:id:daisetsuzan:20110315184803j:image

1時間ほどあちこりで採餌を続け、ねぐらへ戻って行ったもよう。層雲峡のクマゲラは今年も健在のようです。

f:id:daisetsuzan:20110315184802j:image

f:id:daisetsuzan:20110315184806j:image

f:id:daisetsuzan:20110315184808j:image

f:id:daisetsuzan:20110315184809j:image

photo/ケン・木守

文/木守

2011-03-10

3月10日 プチプチ♪ ウソの食事

今日は、午後から大雪です。雪はねしてもおいつかないくらい、じゃんじゃん雪が降っています。黒岳の積雪も、年明けは例年より少なめだったのが、ここ最近の雪で例年の積雪量に近付いてきました。1月には黒岳5合目で200cmほどだったのに、3月10日現在で350cm。

そんな吹雪の今日は、散歩もちょっとだけ。近所を歩いていると、大きなカツラの上からプチプチプチ、と音がしました。

見上げてみると、ウソが3羽。首の周りのピンク色の毛がめんこいプチプチプチという音は、カツラの芽を食べている音でした。

f:id:daisetsuzan:20110310174740j:image:w240 f:id:daisetsuzan:20110310174737j:image:w240

この吹雪の中、ウソたちは一生懸命食事をしていて、私が木の下にいてもおかまいなし。あとひといきで長く厳しい冬を乗り越えられるよ!

f:id:daisetsuzan:20110310174741j:image

f:id:daisetsuzan:20110310174742j:image

photo・文/木守

3月10日 3月10日は渓谷味豚の日♪

今日は3月10日、味豚<ミトン>の日です!渓谷味豚とは、清流石狩川の水と上川町産のもち米で育った美味しい上川ブランド豚です。

このミトン。とってもやわらかくて、くせのない豚肉で美味しいです!層雲峡や上川町にはミトンを使った料理を食べることができるお店がいくつかあります。今日はそのうちの一軒、層雲峡にあるビアグリルキャニオンへ行ってきました!

3月10日〜13日まで期間限定で、渓谷味豚を使ったオリジナルメニューが登場!この中からカプリ風の料理と煮込料理を選びました。これがまた、美味しい!!味豚はジューシーでコクがある。脂身はくせがなく、あまくて美味しい。煮込料理は、ナイフがなくてもほろほろっとほぐれて、お箸でも食べられるほどやわらかい。

f:id:daisetsuzan:20110310182838j:imagef:id:daisetsuzan:20110310182839j:image
カプリ風料理煮込料理

他にも味豚を使用したカレーやパスタなどもあり、お手ごろな料金で味わうことが出来ます。14日以降でも通常のメニューに味豚を使用した料理があります。

また13日まで、渓谷味豚のウィンナーがあたるスピードくじもあります。さらに、アンケートに答えると抽選で、味豚がもらえるキャンペーンも同時に行なっています。

f:id:daisetsuzan:20110310182837j:image大当たり〜!!

ぜひこの機会に上川町の自慢のブランド豚、味豚を味わってみませんか。

もっとメニューを見たい方は、ビアグリルキャニオンのホームページもご覧下さい☆ ⇒層雲峡・山のイタ飯と洋食屋・ビアグリルキャニオン《BeerGrillCanyon》

photo・文/ペンション山の上

2011-03-08

3月8日 オジロワシ舞う

層雲峡を散歩したら、ふと空を見上げてみてください。

オジロワシがくるくると円を描くように舞っているのが見えるかもしれませんよ。

f:id:daisetsuzan:20110310174739j:image

よく見られるのは、大雪山黒岳ロープウェイ駅のすぐ横にある映月峰の上。見上げると、時々、出没します。上昇気流をうまくとらえて、ふわ〜っと気持ち良さそうに舞う姿を見るだけで、層雲峡の雄大な自然を感じることができます。

時には、低空飛行していることもあり、そんなときはシャッターチャンス!そんな写真を撮りに層雲峡へ来てみませんか?

f:id:daisetsuzan:20110310174738j:image


photo・文/木守

2011-03-07

3月7日 目の前のコゲラ

層雲峡の流星銀河の滝へいってきました。銀河の滝は一部とけているものの、まだ凍っています。流星の滝は、こころなしか凍結部分が減り、水量が多くなったような気がします。

f:id:daisetsuzan:20110307211301j:image f:id:daisetsuzan:20110307231952j:image:w240

そんな流星の滝河畔の木に、2羽のコゲラがいました。私の目の前にやってきて、一心不乱に木を突いています。餌を採っているようです。

f:id:daisetsuzan:20110307211302j:image:w240 f:id:daisetsuzan:20110307211300j:image:w240

コゲラは小柄な上に、うまい具合に森の木々と同化するような羽色をしていてわかりにくいですが、ギィーギィーと木戸が軋むような声で鳴きくので、その音の発信源を探すと見つかります。

下の写真の中に2羽のコゲラがいます。皆さんはどこにいるかわかりますか?

f:id:daisetsuzan:20110307211305j:image

目の前にいるコゲラをじっくり観察してみました。

綺麗な縞模様、意外とふさふさしている羽毛、か細い足なのに逆上がりのような体勢でしっかりと枝を掴む様子、風でなびいてベッカムヘアのようになった頭の毛、などなど。

f:id:daisetsuzan:20110307211306j:image

f:id:daisetsuzan:20110307211307j:image

f:id:daisetsuzan:20110307211303j:image

見れば見るほどめんこいコゲラ。しばらくするとギィーギィーと鳴いて2羽一緒に飛んで行きました。

まだまだ雪が降り氷点下の日々が続く層雲峡。しかし、国道沿いのヤナギの芽が膨らみつつあり、春の足音も少しですが聞こえてきています。

f:id:daisetsuzan:20110307211304j:image

photo/ケン・木守

文/木守

2011-03-06

3月6日 黒岳の雪質 最高です!

大雪山黒岳では、ここ毎日のように雪が降っていて、パウダースノーを越える雪質、『シルキースノー』です!

黒岳スキー場は最近、外国人の方も多くなってきて、山岳スキーを楽しんでいらっしゃいます。5合目から1合目までは急斜面で上級者コースだそうですが、今日は、そんな5合目から滑り降りてくる様子を写真におさめてくださった方から写真をいただきました。主に登山道を滑り降りてきたようです。

f:id:daisetsuzan:20110307224924j:image:w240 f:id:daisetsuzan:20110307224925j:image:w240

f:id:daisetsuzan:20110307224926j:image

f:id:daisetsuzan:20110307224923j:image

ロープウェイ下のコース(ダウンヒルコース)は急斜面なうえに、迷いやすいそうです。目印もありますが、視界が利かないような天候のときも多くあります。また、これからはだんだんと気温が暖かくなり、雪崩の危険もあります。行かれる際は、自己責任のもと、十分にご注意下さい。

f:id:daisetsuzan:20110307224927j:image

photo/くげがお氏

2011-03-02

3月2日 スノーシューで散歩♪

大雪山麓の森、陸万のキャンプ場周辺を散歩してきました。エゾモモンガでもいないかな〜と思ったのですが、なかなかいるものではありませんね。野鳥も少ない中、シマエナガやハシブトガラの集団にまじってキバシリが目の前に飛んできました。木を縦に移動しながら、木の中で越冬している虫をついばんでいました。

f:id:daisetsuzan:20110302183040j:image

河畔を歩いていると、岩の上にのった雪がキノコのようになっています。

f:id:daisetsuzan:20110302183035j:image:w240 f:id:daisetsuzan:20110302183041j:image:w240

石狩川の本流も、流れはあるものの、雪で覆われて渡れるところもありました。

f:id:daisetsuzan:20110302183037j:image:w240 f:id:daisetsuzan:20110302183038j:image:w240

もう少し暖かくなってくると、雪がとけ、水量が多くなるので、この河畔の景色もそろそろ見納めです。

f:id:daisetsuzan:20110302183039j:image


陸万の森にはカツラの大木も多く残っています。今日は時々雪が降り寒かったのですが、カツラの大木のそばにいると、とても暖かく感じられました。

f:id:daisetsuzan:20110302183036j:image

photo/木守

3月2日 アイスクライミング

銀河の滝では、まだアイスクライミングに挑戦している人が多くいました。

暖かい日が続いた先日は、銀河の滝の氷もだいぶとけかかっていましたが、また少し寒さが戻り、氷が大きくなったようです。

f:id:daisetsuzan:20110302190345j:image

f:id:daisetsuzan:20110302190344j:image

まだアイスクライミングは可能のようですが、層雲峡周辺でも春の足音がきこえてきていますので、お早めに〜☆

photo/ケン

文/木守

2011-03-01

3月1日 氷瀑まつり 3月27日まで開催中!

3月に入りましたね〜。層雲峡も気温が氷点下とはいえども、少しずつ寒さも和らいできているような感じがします。

昨夜は氷瀑まつりの会場へ行ってきました。石狩川の川辺で開催中の層雲峡氷瀑まつり、夜は大変冷え込みますが、美しい氷の世界はこの冷え込みによって作られています。

f:id:daisetsuzan:20110301123916j:image

雪のドームや、ライトアップされた氷のオブジェ、氷瀑神社などもあります。また、売店もあり、冷えた体をあたためてくれるラーメンやうどん、甘酒なども販売しています。

f:id:daisetsuzan:20110301123912j:image:w240 f:id:daisetsuzan:20110301123913j:image:w240

f:id:daisetsuzan:20110301123915j:image:w240 f:id:daisetsuzan:20110301123914j:image

層雲峡氷瀑まつりは3月27日までロングラン開催中!冬の層雲峡が、大自然の魅力で皆様をおもてなし致します☆

f:id:daisetsuzan:20110301123808j:image

f:id:daisetsuzan:20110301123917j:image:w240 f:id:daisetsuzan:20110301123918j:image:w240

photo・文/ペンション山の上 木守

3月1日 黒岳スキー場2日間共通券 + 宿泊パック

ペンション山の上では、大雪山黒岳スキー場2日間共通券(ロープウェイ+リフト乗車券)と宿泊をセットにした大変お得なパックをご用意いたしました!

また、黒岳の湯にも入り放題(当日中10:00〜21:00)!浴衣やタオルなどアメニティも完備しておりますので、突然、予定を変更して宿泊することになっても、大丈夫!スキー、ボードであそんだあとは、温泉でのんびりして、ゆっくり一日の疲れをいやしてはいかがでしょうか?

層雲峡で一番お得なパックです!ぜひご活用下さい☆

素泊りパック (黒岳スキー場2日間共通券込み)

 1室1名 9400円

 1室2名 8400円

 1室3名 7600円

   小人6100円

朝食付きパック (黒岳スキー場2日間共通券込み)

 大人 10400円

 小人 7900円

1泊2食付きパック (黒岳スキー場2日間共通券込み)

 大人 12400円

 小人 9900円


黒岳スキー場は日本一早く天然雪で滑れて、さらに5月までOPENしているスキー場!ふかふかのパウダースノーを求めてやってくる海外の方も多くいらっしゃいます♪

ペンション山の上の宿泊パックなら、2日間、存分に黒岳を満喫できるとお客様にもご好評いただいております。皆様のお越しをお待ちしております☆

ご予約、詳細等のお問い合わせはお気軽にどうぞ!

  お問い合わせ⇒ リゾートペンション山の上

           北海道上川郡上川町層雲峡

           TEL 01658-5-3206

HP:http://www.sounkyo.com/fuyunokurodakesukiseason.html

f:id:daisetsuzan:20101202213324j:image:w240 f:id:daisetsuzan:20110215220442j:image:w240