Hatena::ブログ(Diary)

北の楽園大雪山日記

2012-05-30

5月30日 エゾリスと花

層雲峡園地でエゾリスにばったり出会いました。

小枝につかまって、モミジの花を手繰り寄せて食べています。

f:id:daisetsuzan:20120614185234g:image

お花も食べるのですね〜♪

人にも興味津々のようです♪

f:id:daisetsuzan:20120530152717j:image

f:id:daisetsuzan:20120530152521j:image

f:id:daisetsuzan:20120530152351j:image

ph/ケン

文/木守

2012-05-17

5月17日 今日もクマゲラ!

今日もクマゲラに出会いました!

5月7日に会ったクマゲラとは別の個体です。

f:id:daisetsuzan:20120517230623j:image

5月上旬、ドロヤナギに新しく作ったらしきクマゲラの巣を見つけました。

使っているか使っていないのかは、その時はわからなかったのですが、今日もそこを通ると、なんと!巣穴からメスのクマゲラが顔を出しました!!

f:id:daisetsuzan:20120517230622j:image

頭にちょこんと赤いベレー帽をかぶっているのがメス。オスはもっと大きな赤い帽子をかぶっています♪

卵を温めているのかな?

新しい命がまた森の中に誕生するのかな?

最近、よくクマゲラに遭遇します♪

稀少なクマゲラにたびたび遭遇できる大雪山山麓の自然に感動!

大雪山周辺の森は伐採もされていて、さまざまな問題も起きていますが、それでもまだ生き物たちが生きていける自然が残されているのかもしれません。

クマゲラに会うとそんなことを感じさせられます。

そして、ずっとずっと生き物たちが安心して暮らせるような森を残していきたいと願わずにはいられません!!

f:id:daisetsuzan:20120517230621j:image:w240 f:id:daisetsuzan:20120517230620j:image:w240

f:id:daisetsuzan:20120517230619j:image:w240 f:id:daisetsuzan:20120517230618j:image:w240

ph/ケン

文/木守りりんご

2012-05-15

5月15日 エゾリスの出産

上川町の岩尾内川周辺の森で、クマゲラのねぐらを見つけました。

4つほど穴があいていましたが、下の方の穴からなにやら巣材のようなものが見えます。

エゾリスが出てきました!この巣には、クマゲラではなくエゾリスがすんでいるようです。

f:id:daisetsuzan:20120516152756j:image

エゾリスは警戒心が強く、人の気配を感じるとすぐ逃げていきますが、今日はなぜか逃げていきません。

巣に執着している様子から、どうやらこの巣で子供を産むのか育てている最中なのかもしれません。

f:id:daisetsuzan:20120516152757j:image

エゾリスこっこが森の中を駆け回る頃が楽しみですね♪

ph/ケン

2012-05-11

5月11日 層雲峡・大雪山写真ミュージアム オープン!

5月1日に層雲峡にあたらしく素敵なスポットが誕生しました!

日本を代表する山岳写真家であり、大雪山写真の第一人者の市根井孝悦さんの写真ミュージアムです。

層雲峡.comでも度々登場する、旧層雲峡小学校の跡を使って建てられた、とても素敵なミュージアムです♪

木のぬくもりを感じられる館内にひとたび足を踏み入れると、層雲峡や大雪山の魅力が、館内に飾られた大きな写真パネルの数々で迫力満点で伝わってきます!

大雪山の雄大な景色や厳冬期の様子など普段はみることのできない景色もみることができます。

入場料も300円とリーズナブル!喫茶コーナーもありますので、ゆったりくつろげます。

層雲峡へお越しの際は、ぜひぜひ立ち寄ってみてください☆

http://museum.sounkyo-daisetsu.jp/info.html

文/ペンション山の上

2012-05-08

5月8日 シマフクロウに会った!!!!!!

今晩のおかずはテンプラにしよう〜♪と山菜を採りに森に入りました。

ピーマンはまだ高いから、コゴミでも採るか!と探して歩いていると、バサバサバサ!と何かが飛び立つ音。

ふと見上げると、大きな大きな鳥が2羽飛び立ちました。

全体的に灰色っぽいのが印象的でした。

f:id:daisetsuzan:20120509114827j:image

それは番のシマフクロウ!!!

あわてて車に戻り、カメラを持ってきて写真をパチパチパチ!!!

しっかりカメラ目線でこちらを見ています。

f:id:daisetsuzan:20120509114814j:image

特別天然記念物で稀少なシマフクロウ。なかなかお目にかかることはできません。

番でいたということは、これから繁殖かもしれません。

このような大型の生き物が生きていける環境がまだあるということ、そしてこのような生き物と同じ時を過ごしているということが奇跡のように感じられます。

いつまでもいつまでも豊かな自然がありますように。

私たちも願うばかりではなく、努力していかないといけないと考えさせられました。

f:id:daisetsuzan:20120509114812j:image

 ph/ケン

2012-05-07

5月7日 クマゲラの巣、みーつけた♪

近頃、クマゲラに会っていません。

今時期は、産卵か抱卵くらいの時期なので、いつもよりさらに出会いにくい時期です。

クマゲラに会いたいな〜、クマゲラの声を聞きたいな〜、クマゲラの姿を一目みたいな〜、と思いつつ、出会えないだろうクマゲラを求めて森へ行きました。すると・・・

先日、クマゲラの巣を見つけました!

新しく削った痕があるので、「今年作ったばかりの巣だ〜!営巣に使うと良いなー♪」と喜び、とりあえず、写真だけ撮って帰り、家で写真をよく見てみると・・・

f:id:daisetsuzan:20120509115859j:image

ちょっとぶれてますが、よーく見てください!

なんと!!クマゲラが巣から顔を出していますよ!!

クマゲラは既にこの巣をしっかり使っているようです。

ちょっとこの写真からはオスメスの正確な判断が付きにくいですが、どうやらオスのようですね。

抱卵中でしょうか。そそくさと退散です。

こっこが産まれるのが楽しみです♪

この大雪山の森にクマゲラがはばたくのが何よりの楽しみです。

ph/ケン

文/木守りりんご

2012-05-06

5月6日 春の女神・エゾヒメギフチョウ

今日は旭川の森へ行って、エゾヒメギフチョウに会いました。

木々もようやく芽吹いて、サクラも咲き始めました森で、1年ぶりに会った春の女神。

私にとっては、どんなに暖かろうと、どんなにサクラが咲こうと、やっぱりこのチョウに会わないと春が始まりません!というわけで、エゾヒメギフチョウの撮影大会のはじまりはじまり〜♪

f:id:daisetsuzan:20120506214751j:image

f:id:daisetsuzan:20120506214750j:image

f:id:daisetsuzan:20120506214749j:image

f:id:daisetsuzan:20120506214748j:image

他にもコツバメ、越冬あけのルリタテハ、エルタテハなどもいて、チョウがあちこち舞っていました。

f:id:daisetsuzan:20120506214752j:image

f:id:daisetsuzan:20120506214753j:image

f:id:daisetsuzan:20120506214754j:image

春の女神に会うことができて、今春も良いスタートをきれそうです!

 ph・文/木守りりんご

2012-05-02

5月2日 層雲峡の春

f:id:daisetsuzan:20120502232410j:image

層雲峡はここ数日、とても暖かいです。

嬉しい春の味覚、山菜も徐々に伸びてきています♪

今日は、ヤチブキ(エゾノリュウキンカ)やフキヨモギなどを採りました。

f:id:daisetsuzan:20120502232413j:image

f:id:daisetsuzan:20120502232407j:imageヤチブキ

層雲峡園地では、蝶が飛び回っていました。

f:id:daisetsuzan:20120502232417j:image

f:id:daisetsuzan:20120502232412j:image:w240 f:id:daisetsuzan:20120502232411j:image:w240

写真は、エゾスジグロシロチョウクジャクチョウ、コヒオドシです。

エゾエンゴサクなども咲きはじめました。

f:id:daisetsuzan:20120502232409j:image

これから木々が芽吹き、花々が咲き、少しずつ少しずつ色鮮やかな季節に変化していきます。

園地の前を流れる石狩川は、雪融け水で増水しています。

f:id:daisetsuzan:20120502232415j:image

f:id:daisetsuzan:20120502232416j:image

しかし、その川の色は、茶色!!山の土や川底などが削られて、このような色になっています。

地元の人に聞くと、雪融けの川がこのような茶色になっているのは、最近のことなのだ、とのこと。

上流の山の木が伐採されているしるし、と嘆いていらっしゃいました。昔は雪融け水は澄んでいた、という事実に私もショックを受けました。

川が教えてくれる自然の実態にもっと注意を払わなければならないと感じました。


 文/ペンション山の上

2012-05-01

5月1日 ミズバショウ、開花中!!

上川から層雲峡までの国道沿いでは、現在、ミズバショウがあちらこちらで開花中です!!

f:id:daisetsuzan:20120502232408j:image

途中で、駐車場へ車を停めて見ることもできる水芭蕉園もあり、そこでは木道を散策しながらミズバショウを愛でることができます。

のんびり散策していると、そこここからミズバショウの甘い香りがしてきます。ミズバショウって、とても良い香りがするのですよ〜♪皆さん、ご存知でしたか?

ゴールデンウィークに層雲峡へ来られる際は、道路脇の満開のミズバショウもオススメです☆

文/ペンション山の上

Connection: close