Hatena::ブログ(Diary)

北の楽園大雪山日記

2013-07-26

7月26日 黒岳、開花リレー!

黒岳では高山植物による開花リレーが見られます!

そろそろ春の花々が咲き終わる今時期、バトンタッチで次々と初夏〜夏の花が咲き、山を色鮮やかに彩っています。

f:id:daisetsuzan:20130727103226j:image:w240f:id:daisetsuzan:20130727103342j:image:w240
エゾヒメクワガタマルバシモツケ
f:id:daisetsuzan:20130727103344j:image:w240f:id:daisetsuzan:20130727103229j:image:w240
ナガバキタアザミハイオトギリ
f:id:daisetsuzan:20130727103230j:image:w240f:id:daisetsuzan:20130727103337j:image:w240
ミヤマサワアザミヤマハハコ

ダイセツトリカブトも大きな蕾をもち、早くも花開いている株がありました。この花をみつけると、もはや秋の気配すら感じられます。

f:id:daisetsuzan:20130727103341j:image

大雪山には、日本産の約4割に相当する約240種の高山植物が生育し、まさに花の楽園です。この花の楽園・大雪山、花の美しい時期はほんの束の間。

あっという間に秋の風が吹いて木々が色付き、葉が落ちて、10月初旬には雪が降り始めてしまいます。

今の時期、大雪山を歩いていると、春から秋先までの花々を見つけることができ、四季をギュッと凝縮した「北の自然」をあらわしているように感じます。

ゆったりと四季を感じに大雪山へ登ってみませんか?花の黒岳へは、ロープウェイ、リフトを使って7合目まで登れます。そこから頂上までは1時間ちょっとの登山道。7合目まででも十分森林浴ができます。

f:id:daisetsuzan:20130727103228j:image

f:id:daisetsuzan:20130727103227j:image

ph/ ケンタッキーおじさん

文/木守りりんご

2013-07-23

7月23日 クマゲラの思い出

今年は春先に低温が続いたことから、層雲峡周辺の森の雪解けはとても遅れていました。

大雪山にはまだ雪がだいぶ残っているほどです。

森の植物や生き物たちも例年のリズムとは異なっていました。

クマゲラ繁殖も全体的に遅めで、確認した中で最も遅かったものは、ナント!7月11日の時点でもまだヒナたちが巣にいました。

稀に見る遅さです!

f:id:daisetsuzan:20130723141950:image

この巣は、昔、使った古巣を手入れして、再度使っています。巣口を手直しした形跡がありました。

両親が餌を運んでくるのを、今か今かと待っているヒナたちが、巣口から顔を出していますね。

f:id:daisetsuzan:20130723141951:image

周辺にあった食痕↓

f:id:daisetsuzan:20130723141952j:image

季節のリズムがちょっと変わるだけで、自然は敏感に察知し、周辺環境や気候などに巧みに合わせて、命をつないでいく力があることを、クマゲラの子育てを見て感じることができました。

冷房や暖房機器に頼ってしまう人間からすると恥ずかしい限りで、自然から学ぶことは沢山あります。

f:id:daisetsuzan:20130723141944j:image f:id:daisetsuzan:20130723141946j:image

f:id:daisetsuzan:20130723141945j:image f:id:daisetsuzan:20130723141948j:image

f:id:daisetsuzan:20130723141947j:image

☆追伸☆

6月3日のブログで紹介したキタキツネの子は、こんなに大きくなりました!元気に育っています^^

車にひかれないようにねー!

f:id:daisetsuzan:20130723141949j:image

f:id:daisetsuzan:20130723141943j:image

ph/西田さん、チーホさん、ケン

文/ペンション山の上

7月23日 エゾモモンガのかわい〜い写真♪

ペンションのお客様から、層雲峡周辺で撮影したエゾモモンガの可愛い写真をいただきました。

あまりにめんこいので、たくさん載せます!各写真をクリックすると、もう少し大きい写真で見られます。

f:id:daisetsuzan:20130723141941j:image:w240 f:id:daisetsuzan:20130723141937j:image:w240

f:id:daisetsuzan:20130723141940j:image:w240 f:id:daisetsuzan:20130723141938j:image:w240

f:id:daisetsuzan:20130723141936j:image

f:id:daisetsuzan:20130723141942j:image f:id:daisetsuzan:20130723141939j:image

おめめがクリクリで、仕草も何もかもが可愛いエゾモモンガ

カメラ目線バッチリの写真や自然体のエゾモモンガの写真をたくさん頂戴しまして、ありがとうございました!

他にも、層雲峡周辺や大雪山で撮影したお客様からの写真を層雲峡.comではお待ちしておりますー!!

ph/ 西田さん

2013-07-21

7月21日 エゾツツジが見頃!!

現在、黒岳頂上から石室への途中、ポン黒ではエゾツツジが満開です!

今までこんなにエゾツツジがあったっけ?と皆、口にするほど、たくさん咲いています!!年によってことなるものなのですね。

斜面が鮮やかなピンク色に染まる様子は見ごたえがありますよー!

f:id:daisetsuzan:20130722121716j:image

他にも沢山の高山植物が咲いています。マネキ岩を過ぎたあたりの9合目からはチシマノキンバイソウが斜面をおおい、とても綺麗です。

f:id:daisetsuzan:20130722121719j:image

f:id:daisetsuzan:20130722121723j:image:w240f:id:daisetsuzan:20130722121722j:image:w240
ウスユキトウヒレンチシマツガザクラ
f:id:daisetsuzan:20130722121720j:image:w240f:id:daisetsuzan:20130722121718j:image:w240
ミヤマリンドウイワギキョウ
f:id:daisetsuzan:20130722121717j:image:w240f:id:daisetsuzan:20130722121721j:image:w180
ヒメイワタデサマニヨモギ

赤石川の周りにはバイケイソウがニョキニョキニョキ。地味な色の花ですが、よーく見てみてください!とてもかわいらしい花が咲きますよ。

f:id:daisetsuzan:20130722121715j:image

赤石川の残雪は、もう7月半ばも過ぎたのにこの通り!川の渡渉には十分気を付けてください。

f:id:daisetsuzan:20130722121714j:image:w240 f:id:daisetsuzan:20130722121713j:image:w240

2013-07-19

7月19日 北鎮岳の「ハクチョウとチドリの雪渓」

 大雪山には、この時期でもまだ残雪が多くありますが、その雪渓がさまざまな形に似ていることから、名前が付けられて、多くの登山客に親しまれている雪渓があります。

そのひとつに、黒岳から登り、頂上に立つと見える、北鎮岳斜面に出来る白鳥と千鳥が舞っているような雪渓を望むことができます。

f:id:daisetsuzan:20130720142157j:image

f:id:daisetsuzan:20130720142200j:image

雪どけの状態にもより、雪が多すぎても溶けすぎても、白鳥と千鳥は現れません。

現在はまだ見られます!ぜひ黒岳に登られた際は、チェックしてみてください!

今は、黒岳登山道をトカチフウロやオオカサモチなどの花々が彩っています。

f:id:daisetsuzan:20130720142201j:image:w240f:id:daisetsuzan:20130720142159j:image:w240
トカチフウロオオカサモチ
f:id:daisetsuzan:20130720142156j:image:w240f:id:daisetsuzan:20130720142155j:image:w240
イワギキョウとエゾイワツメクサエゾヒメクワガタ

photo/ケンタッキーおじさん

2013-07-14

7月14日 北海岳へ!

今日は黒岳から北海岳へ行きました。

石室周辺の雪はだいぶとけましたが、ポン黒の下には若干残雪があります。

f:id:daisetsuzan:20130715140719j:image

黒岳石室から北海沢、北海岳方面へ進みます。

北海岳への登りはきつく、ぐんぐん標高を上げていきます。

その分、眺めは抜群!途中、イワブクロやイワヒゲの群生なども目を楽しませてくれます。

f:id:daisetsuzan:20130715140716j:image:w240 f:id:daisetsuzan:20130715140717j:image:w240

f:id:daisetsuzan:20130715140711j:image北海岳への登り

北海岳頂上からは旭岳、白雲岳、黒岳、そしてはるか遠くにはトムラウシまで見えます。

f:id:daisetsuzan:20130715140714j:image北海岳頂上

f:id:daisetsuzan:20130715140715j:image旭岳

f:id:daisetsuzan:20130715140712j:image白雲岳

f:id:daisetsuzan:20130715140710j:image黒岳

f:id:daisetsuzan:20130715140713j:imageトムラウシ

絶景はもとより、大雪山でしか見ることができないキバナシオガマなどの固有種など、多くの高山植物を愛でながら歩くのも登山の醍醐味ですね。

f:id:daisetsuzan:20130715140720j:image:w240 f:id:daisetsuzan:20130715140718j:image:w240f:id:daisetsuzan:20130715140709j:image:w240 f:id:daisetsuzan:20130715140707j:image:w240

photo/ケンタッキーおじさん

文/木守りりんご

2013-07-13

7月13日 大雪山はおおにぎわい!

3連休初日の今日の大雪山は、たくさんの登山客でにぎわっていました。

黒岳の頂上や石室にも人がいっぱい!テント場にはカラフルなテントでいっぱい!

f:id:daisetsuzan:20130714112114j:image:w240 f:id:daisetsuzan:20130714112112j:image:w240

f:id:daisetsuzan:20130714112118j:image:w240 f:id:daisetsuzan:20130714112113j:image:w240

天候にも恵まれた今日は、黒岳頂上から眺める景色が最高です。

f:id:daisetsuzan:20130714112110j:image

北鎮岳に今時期に現れる「ハクチョウとチドリの雪渓」もばっちりわかりますね。

f:id:daisetsuzan:20130714112109j:image

現在の赤石川の様子です。

雪解けが進み、少しずつ赤石川の流れが見え始めてきました。

まだ雪渓の上を渡る状況ですが、雪解けが進むと川を渡渉することになります。

それにしても、この日本離れしたような雪渓!今年は暑い夏ですが、この景色を見ているだけでひんやりとした山の空気感が伝わってきますね。

f:id:daisetsuzan:20130714112107j:image:w240 f:id:daisetsuzan:20130714112108j:image:w240

赤石川の先、美ヶ原も雪で覆われていますが、登山道も現れています。

北海岳へのとっかかりは、まだまだ雪。

f:id:daisetsuzan:20130714112119j:image:w240 f:id:daisetsuzan:20130714112111j:image:w240

登山道の雪がとけたところには、順次、パトロールの方々が、ロープをはっていってくださっています。

もしかしたら、ロープなんてない山の方が良いのかもしれませんね。

でも、ロープをはる必要がある、というのは、どういうことか、ということです。

石室から赤石川へ向かう途中に、こんな登山道があります。

f:id:daisetsuzan:20130714112106j:image

登山道が歩きにくいからと、登山者がどんどん登山道外の植生を踏んで歩いた結果、ほかにも、けもの道のような道ができています。

そのようなことが増えた結果、本来の登山道以外に何本も道ができてしまっています。

そこでロープが必要になってくるのですね。

登山道がぐちゃぐちゃだからといって、ロープの外を歩かないようにしてくださいね。

この大雪山の高山植物たちは、厳しい環境で生きているが故に非常にデリケートで、ひとたび踏まれてしまうと、なかなか植生が回復しにくいものです。今は綺麗な花々を愛でることができていますが、それらが見られなくなってしまうのは悲しいです。

ルールとモラルを持って山を楽しんでいきましょう!

f:id:daisetsuzan:20130714112120j:image:w240 f:id:daisetsuzan:20130714112117j:image:w240

f:id:daisetsuzan:20130714112116j:image:w240 f:id:daisetsuzan:20130714112115j:image:w240


photo/ ダブルチェックおじさん

文/木守りりんご

2013-07-08

7月8日 浮島湿原

今日は浮島湿原へ行っていました。

ここは、標高約870mの高層湿原です。面積は約22ヘクタール、周囲は約3Kmあり、大小70余りの沼が点在しています。

f:id:daisetsuzan:20130709180403j:image:w240 f:id:daisetsuzan:20130709180402j:image:w240

高層湿原は、標高が高いことが等が影響し、植物が秋に枯れてもほとんど腐ることなく枯れ残り、それらが厚い泥炭の層になったもので、沼のなかには浮島ができているものもあります。

湿原部にはエゾヒツジグサなどの水生植物、モウセンゴケなどの湿性植物、チングルマなどの高山植物が生育し、湿原の周辺部は、アカエゾマツを主とする亜寒帯林と特異な環境をつくりだしています。

今日はとても良いお天気でしたので、真っ青な空が湿原の水面に映り込み、素晴らしい景色を見せてくれました。

f:id:daisetsuzan:20130709180401j:image

f:id:daisetsuzan:20130709180400j:image

f:id:daisetsuzan:20130709180359j:image

今は、ワタスゲイソツツジ、エゾゴゼンタチバナ、ヒメシャクナゲなどが咲いています。

f:id:daisetsuzan:20130709180404j:image:w240 f:id:daisetsuzan:20130709180357j:image:w240

f:id:daisetsuzan:20130709180354j:image:w240 f:id:daisetsuzan:20130709180356j:image:w240

これからはトキソウやタチギボウシなどの湿原ならではの花々も咲きそろいます。

駐車場から湿原まではチップの敷かれた道を歩き、湿原には木道が整備され、ハイキングにはおすすめの気持ちの良い場所です。

f:id:daisetsuzan:20130709180353j:image:w240 f:id:daisetsuzan:20130709180355j:image:w240


ph/ ダブルチェックおじさん

文/木守りりんご

2013-07-04

7月4日 黒岳の花々

7月に入りました!

黒岳では、エゾノハクサンイチゲ、トカチフウロ、ウコンウツギなどが続々と開花し、賑わいを見せてきています。厳しい環境にもめげずに咲く花々を見ていると、登山で疲れても励まされる感じがしませんか?

f:id:daisetsuzan:20130706150038j:image:w240 f:id:daisetsuzan:20130706150043j:image:w240

ここ数日は、天気の良い日が続き、雪解けもだいぶ進んでいます。

f:id:daisetsuzan:20130706150044j:imagef:id:daisetsuzan:20130706150042j:image

そして、頂上からの眺めも天気の良い日は期待を裏切りません♪

f:id:daisetsuzan:20130706150041j:image

雪解けが進んだといえども、石室から先、雲ノ平、北鎮岳方面や北海岳、北海沢方面はまだ雪だらけ。例年と比べても、この雪の量はなかなかのものです。まだまだスパッツなどの装備は必要です!

f:id:daisetsuzan:20130706150039j:image

ph/ダブルチェックおじさん