ブログトップ 記事一覧 ログイン 無料ブログ開設

トリスタンはハマーズでした このページをアンテナに追加 RSSフィード

 | 

2004-12-21

[]ニート

  • http://kiri.jblog.org/archives/001277.htmlの追記部分。双方様々に言葉を紡いでいるが、一般社会の側もニートの側も"嫌な思いをしたくない"で利害が一致しているってだけの事じゃないだろうか。ニートの側のそれは見えやすいが、自分としては特に社会の側の(=我々の)"嫌な思いをしたくない"っていう単純である種無責任な思いがそれと言う明確な姿をとらぬままに巧みに常識の中に編みこまれ、不寛容の障壁をなしていることの問題だと思う。「自分は一所懸命やってる」っていうような人の、やらないでいることに一所懸命なものが気になるし鼻につく。
  • 不寛容の好例。http://shinta.tea-nifty.com/nikki/2004/12/neet_ron.html#more。こちらは話を単純化すれば話が単純になるっていうだけの話。「フリーライドの余地をなくせ」って、社会全体が貧乏だった頃は自然とそういう状態だったのだろうが、今それをやったらどんな感じの社会になるんだろうか。経済的に締め上げられるのが嫌で今みたいな社会になったんだと思うんだけど、その点単純に逆行させればいいの? それってあれだ。詰め込み教育とゆとり教育の振り子運動〜な話みたい。それは困ったら問題を単純化してそこに押し込めるっていうとても適切に場当たり的でまさに現代日本社会の積み上げてきた方法論を地で行くステキ解決方法なのでは。で、行き過ぎるとこんどはゆとりとかいいだしそう。
  • 経済にリフレ派な施術をするのと同じように考えてるんだろうか。それってカテゴリミステイクじゃないのかと。
  • 下から3,4つめのパラグラフについて。勢いで適当な事かいてて蛇足だ(いや実感ではあるんでしょうが)。専門職では大卒エリートは役に立たないって話はまちがいで、専門職としての熟練が役に立つ条件でしょう。むしろ学歴高い方が習熟が早い事も多そうだけど。そもそも熟練と学歴は無関係。下から5つ目のパラグラフはおかしくないけどそれに続く2つは余計っていうか話の筋が違う。大卒エリートとただの大卒も違うし。つうかこういう筋では、ちゃんとした(学歴ではなくて発想力においての)エリートと、受験勉強が出来ただけのにせエリートが同じ権限を持たされて、後者が前者の考えた事を台無ししがちだってあたりのことが問題の方向性じゃないかしら。パートのおばさんよりも仕事しないホワイトカラーってのはそういう話でしょ。そもそも「世の中を本当は誰が支えてるかが分かる」こととニートの問題は関係ない。大体自分はがんばってるって言いたいだけじゃん。本と、がんばる度合いと社会の支持に役立つ事は全然比例しないから。ああほんとなんで関係ない話を如何にも意味があるかのようにするんだろ。
  • つうかなんで人間性を工学的に扱おうとしないんだろう。こういうタイプの人がエルゴノミクスデザインな道具とか使ってたら或る種の自己矛盾だと思うけど(これは言いがかり)。「身近な人間が言わない」事を問題にするのではなく、必ずそのメッセージが届くようなプログラムを社会の仕組みとして作るってのが本筋だと思うが。うーん「ファイナルアンサー」ってのは拙速な気が。
    もちろんそれですべてきれいさっぱり問題解決ってことになるわけは無いが、ええと欧米はそれなりにこういう方向はむいてるんじゃないんでしょうか。そんなイメージがあってさあ、んで事大的な方向ってご時世じゃない(アメリカのアレは後進国の反動でしょう?まあ日本も後進国だと思ってますが(ヨーロッパ中心主義者>自分。だって現代ではヨーロッパが一番妥当に見えるんだもん))んだしさあっていうか事大も困難だろ。ならガンガンまねしろや欧州、得意技じゃろうがあ。などと吼えたい気分の獣がセカイの中心。
  • 要するに自分は、非常に大きなウェイトを占めるにせよ経済が全てじゃないのは明らかなのに、経済しかないような振りをしないでーそこは逃げないでー(号泣)という人なのだと思いました。逃げかどうかは経験的にわかることで、日本社会はそう判断できるだけの経験を十分に積んだと思っていると。重商主義って何世紀の話だよと(ちょっとちがうか)。

[][]しばしばエクスキューズ

  • 基調として、日記では中の人ではなく言説さんに物申すので、うがーとなるけれど、コメント欄は中の人とのコミュニケーションになるのでちょっと丁寧になる。あと、「思考停止」という手垢のついたフレーズもできれば封印したい方向。

[]ラップ

  • 最近ラップを聴こうと取り組んでいるのだけれど、横隔膜がきっちり使われてそうなものでないとへぼくて聴けないらしい。よって、しゃべりの延長線を越えないものや、歌謡になってるものはアウト。エミネムは歌謡になってる範囲としてアウト。聞いた範囲の日本人のものはしゃべりの延長でパワーがないのでアウト。もちろん音楽として聴く話で、何をうたってるかはどうでもいいモードなので。で、The Rootsがまず聴けるみたい。ハイレベルだと思ったらビッグアーティストなのね。

kawakami18kawakami18 2004/12/21 12:42 R30です。厳しいコメントありがとうございます。
なんていうか、「勢いで書いた」まったくその通りなんですが(笑)、アレを書きながら僕が考えていたのは「切込隊長ってリバタリアニストじゃなかったのか。じゃあ何で彼はニートに対してそこまで優しく手をさしのべようとするのか」っていう、その論理的整合がよく分からなくなったんですよ。
たぶん僕は、以前のエントリ読んでいただければ分かると思いますが、本音ではリベラリズムの立場なので、悪い奴に課税すればすべて解決するなんて思ってはいません。
でも切込隊長ならそう考えるのかと思っていた。だからこのエントリは(1本目のエントリに出ていた)切込隊長的ロジックを詰めるとこういう結論になるはずだよね?というのを書いてみたんです。
それから、最後から3,4つめのパラグラフは一応「台詞」として書いてあるので、ご指摘の通り筋はずれてますし、暴論混じってますハイ。
社会的プログラムというのが、恐らく玄田教授はじめ多くの人が必死に考えていることだと思うのですが、僕も申し訳ないけど思いつきませんね。ブログにそこまでのアドボカシーを常に盛り込めと言われても、これは無理ですばい。思考停止に対するご批判は、甘んじて受けますが。

dalmacijadalmacija 2004/12/21 12:51 うわーkawakami18さんってR30さんだったんですね。くそーそうだったのか。いや、すみません、むしろ結構ファンなので、自分が気に入らない事を書いてらっしゃったことに過敏になるというキモオタ反応を起こしてしまいました。』

dalmacijadalmacija 2004/12/21 13:04 なにに関係する話と言うわけでもないのですが、日本人(と限れるかどうかわかりませんが)って、自分が経済環境の中で戦う為の武器と、生活者・消費者としての自分の生活実感(ヒューマニティ)を上手にどころか接続しようともしない傾向があるような気がします。経済の思考で生活に切りかかるような態度が目立って痛々しいというか、経済戦場思考に侵食されたヒューマニティが端的に人間自身を歪め傷つけていると言うか。自分としてはなんでそんなに一方的に自らヒューマニティを攻撃しなきゃいけないのか不思議に思っています。

kawakami18kawakami18 2004/12/21 13:15 カネ以外に、宗教観というもう1つの「根っこ」がないからじゃないでしょうかね。何となくですが。

dalmacijadalmacija 2004/12/21 13:25 「宗教観」として明確な形は無いにせよ、「日本人の常識」は十分に宗教的だし、基盤としての強固さは持っているように思います。宗教観あるじゃんと。でも、だとすれば、こんな社会も「そういう宗教だから」っていうしゃれにならない話になりそうで、それも自分は嫌だし・・・っていう。

dalmacijadalmacija 2004/12/21 13:27 それに、「宗教観」としてしまうとあまりにレディメイドなブラックボックスのように思えて、本当に人間ってそんなに保守的なものなのかなという疑問もわいてきます。

dalmacijadalmacija 2004/12/21 13:32 うーん。そういう日本人だからこそニートのような話ではすぐに馬鹿を馴致するって話になっちゃうのかもしれませんが。でも、経済観念弱い→馬鹿っていうのも昔から有効性に限定のついたステレオタイプなんじゃないかとは思うんですが。

 | 
Connection: close