高歌放吟

2008-05-31

東北出張(のようなもの)から戻りました。おお疲れた。国内で飛行機に乗ったのは人生で二回目ではなかろうか。いつも中華航空だの東方航空だのを利用しているので、JALの親切・丁寧ぶりにちょっと感激した。

泊付き出張は私的時間まで食われるので嫌いです。長期研修に至っては憎んでいると言っても過言ではない。職場で業務をこなしている方がいいよ。しかし今日、業務が回っていない職場での連日タクシー帰宅話(勿論サービス残業)を聞いて、何とかならんのかと思いました。人の補充がないところに休職者・退職者が出ると、残された者は悲惨だ…。

昨日・今日で用を済ませてそのまま観光もせず帰ってきた事に悔いはないのですが、牛タンを食べ損ねたのは惜しかった。そうそう、純米吟醸一ノ蔵。好きです。もちろん一本買って帰りました。一ノ蔵って大学学祭で売りつつ飲んで以来じゃないかな。漫研おでん屋+日本酒5種を格安販売するという伝統は絶えてしまったらしいけれど、思えば私たちと先輩の学年はちょっと酒全般を愛しすぎだったような。あそこで冷酒の味を覚えて人生がより楽しくなったように思う。

長い移動時間の間、「続きはどうするかな」と構成を考えていました。玄奘三蔵には護衛などいらぬような気がするなあ。10+10+10+αで色々含めて50Pくらいの本になればいい。2年後くらいに(敗北宣言)。だって今、揺り戻しが!あまりに予想どおりなので半笑いですよ。

仙台駅の小さな本屋海外文庫の品揃えに感嘆して、つい図書館で読むつもりだった5冊を買ってしまいました。いいんだこの二社は買い支えるんだ。萩の月と一緒に送ったよ。

チャリオンの影 上 (創元推理文庫)

チャリオンの影 上 (創元推理文庫)

チャリオンの影 下 (創元推理文庫)

チャリオンの影 下 (創元推理文庫)

リンク集